2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

« 米ロの Show down は起こり得るか?? | トップページ | イザヤ17、詩篇83篇?、エゼキエル38章~成就の可能性がゼロではなくなったか? »

2023年5月23日 (火)

キリスト信仰までの The long and winding road?

子羊村でレビさんからリクエストがあり、久々にブログを書いてます。

信じたきっかけとなったのは、1995年頃、某牧師先生の書いた一冊の著書。
バブル崩壊後の不景気は「今までの循環性のとは違いそうだ」何かおかしいと感じていたんです。
本屋の平台にあってその本を買うのに、3日続けて通い3回目に買ったんです。
気になってしょうがなかったんですね。

その本を読んで目から鱗、この世を支配運営し、サタンを崇拝する悪魔主義者のピラミッド構造を知り、溜飲が下がる思いでした。な~る!と思わず納得。

子供のころから誰に教えてもらったわけでもなく、神は全知全能、最強で唯一神でなければならない、多神教的考えが嫌いでした。例として鳥山明氏でしたっけ?ドラゴンボール、漫画としては面白くて少年ジャンプで毎週読んでましたが、神様が、それも強い神があとからあとから出てくる・・・これは気に入りませんでしたね。「そんなの神じゃねえだろよ!」と(笑)

ついでながら小2の遠足で動物園の猿山でも、「人間になったサルって見たことも聞いたことないよな?」と幼心に思い、進化論には否定的で、創造論はすんなりと受け入れられました。

一神教的な下地はあったのかもしれません。しかしまだ陰謀論と聖書の終末論の知識どまりで、信仰を持つにはまだ時間がかかりました。
それからですね、大学がミッションスクールだったので、入学時にいただいた聖書があり、私の場合特殊かな?まず読んだのが黙示録とダニエル書^^;
そして四福音書を読んでから、創世記から通読へと。

もともと気休めに過ぎない宗教など大嫌いな人間なので選択肢はただ一つ、キリスト信仰しかなかったのですね。

そして2,000年を超えた頃から、取引先、同業者がバタバタと倒産・・・他人事じゃない、己の無力さを嫌と言うほど知らされ、私は生きているんじゃない、生かされているんだと思うようになり、自分にはサタンの陰謀に勝てる救世主が必要だとなり、トマスじゃありませんが、「わが神、わが主」なるイエス=キリストへとたどり着いたのですね。

それとは別件で、否、関係あるか?
初めて教会の礼拝に出席した翌日だか翌々日、なんとも言えない平安に満ちた心の落ち着き、5月の爽やかな風が自分の心と体を吹き抜けていく感覚、犬の散歩中に、そよ風に吹かれ空を見上げると、悲しくもないのに?不思議と涙があふれ頬を濡らす・・・こんな平安に満ちた日々が毎日続けばいいのにと思いましたよ(しかしこの世と関わっていると?5日間しか続かなかったですがね^^;)。生きていてこのような体験は初めてでしたね。まさしくエル=シャロームでしたよ。

ここまで来たら、もう後戻りは出来ない。終末の入り口にいるのは間違いない。罪の贖いの十字架、復活から昇天、そして再臨。そうそうそして携挙ですよ。
聖書を読む限りこれから世の中益々、悪化の一途をたどるでしょうが、我々には万軍の主、King of Kings であるイエス=キリスト という最強の神の御子がいらっしゃる。

こんな腐りきった世の中ですが、希望は間違いなくありますからね。

主よ、来たりませ~マラナタ。

« 米ロの Show down は起こり得るか?? | トップページ | イザヤ17、詩篇83篇?、エゼキエル38章~成就の可能性がゼロではなくなったか? »

主イエス=キリストの愛」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん証しを教えて頂き有り難う御座います。
>子供のころから誰に教えてもらったわけでもなく、神は全知全能、最強で唯一神でなけ>ればならない、多神教的考えが嫌いでした。例として鳥山明氏でしたっけ?ドラゴンボ>ール、漫画としては面白くて少年ジャンプで毎週読んでましたが、神様が、それも強い>神があとからあとから出てくる・・・これは気に入りませんでしたね。「そんなの神じゃね>えだろよ!」と(笑)
僕も同じような考えでした。小学2,3年の頃読んだ手塚治虫のブッダを読んでその中に出てくるブッダが悟った所、全ての命は宇宙の根源から生まれ根源に帰るみたいなシーンが有りましてそれを、創造主だと理解しました。
それで、小学2,3年の頃でしょうか、突然、こちらは何もしてないのに喧嘩を吹っ掛けられて殴られるという理不尽を初めて経験するのですが、プライドはズタボロになるし、悔しくて悔しくてしょうがないわけです。それでいろいろ考えるわけです。そいつに、どんな手を使って勝ったとしても上には上がいてどこまでいってもきりがないわけです。じゃあ一番上は誰かといえば、創造主になる訳です。そうしたらどうしても勝てない、それで、納得すれば、プライドも納まるし悔しさも納まった訳です。
後、主キリストについては、まだ納得していない訳です。
誰かの、サバイブという歌に出てくる、イエスなのかい答えが見えるのかいという歌詞。
これは、陰謀なのか、それとも、主キリストのお仕組みなのか、それで、今まで、続いているのですが、納得いくまで行きそうでしょうか?

レビさん、さっそくのコメントありがとうございます。
レビさんのレベルまで行っていれば問題ないと思いますよ。

私のレベルではうまく説明できなくて恐縮なのですが、父なる神のご配慮というか、イエス様は我々人間のために、人間にも見えるためにこの世に救い主という形で来てくださった、正真正銘の神であると私は認識しております。

人の形を取らなければ、「見よ、世の罪を取り除く神の子羊」ヨハネ1:29とあるように、人間には原罪が存在するので、犠牲の子羊として、人間としてこの世に来てもらうしか他に人類救済の方法はなかったのだと。
神に出来ないことはありませんし、人間の理解の範疇を超えてますゆえ。

ちなみに今でも三位一体は私のおバカな頭では理解できないでいます ーー;

この辺りが私の限界ゆえお許しを。


レビさん おはようございます ザアカイさん こんにちは

重要な(命に係わる)事なので敢えて書かせてもらいまし
皆様 宜しゅうお願い申し上げ奉り捲り上げ候~ふ ドンドコドコドコ カシコミカシコミ~~
                                   神道はアカン
ワタスィは キリストに関しては こういう事実があると見ましゅ 

旧約聖書の全てがキリストを語っており旧約・新約は一体で一点の矛盾もない 
 ユダヤ人は太古から聖書に書いてある通りの方々で 旧約時代も新約時代も今も同じ 
原罪の観念はないし メシア像は モーゼのような預言者だし解放者だし 人だし 
 当時から聖書(現実・事実)と大きくかけ離れ(ズレ)ている
クリスチャンはキリストによって聖霊を賜り 
 聖書の通りユダヤ人の不従順によって知恵を頂いている

旧約の預言通り 人は神をコズいたり唾をかけたり 遂には殺害に至る訳だから 
栄光の神キリストは 神の片鱗も見せずオーラもヘッタクレもあったもんじゃね 完璧な人だった

自由意志の創造は必ず反逆とセットで現れ 人も御使いも同様である 
 だから贖いは創造主が必然 ところが御使いは既に一人一人試されてる 
そして必ず同じ選択をする 悪霊どもの 神嫌いは永遠に変わらない

聖書と現代ユダヤ人・イスラエル国 そして世界(人類)の歴史は全て イエスの証言者であり 
私たちの目に見えるもの見えないもの 全ての存在は 現代イスラエルの神の存在の顕れである

この世界は神だけの世界 神しか生きていない 神しか存在していない
全てのものは神によって存在している 神の中に神に包まれて囲まれて存在している

よってキリストは人類にとって唯一必要な方 イエスの磔刑は最も重要な出来事である
他は全て意味がない 偉そうに言ったりして でも事実だし

あああああああああああああああああああああああああああああそんでんでん水むす(gのパクリ)

あッ!なストさん、相変わらずの文体ですが、フォローな投稿感謝。
頷きながら読ませていただきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米ロの Show down は起こり得るか?? | トップページ | イザヤ17、詩篇83篇?、エゼキエル38章~成就の可能性がゼロではなくなったか? »