2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

« 続・赤い牝牛 | トップページ | ディープ=インパクト? »

2022年10月11日 (火)

イスラエルのガス田~父と蜜の流れる地であった

ノードストリームがテロ攻撃?にあい、ヨーロッパへのガス、石油の供給が滞っている中、イスラエルからのエネルギー輸出が注目を浴びてます。

以下、機械翻訳ですが、F・ディモーラ師のサイトから興味深い記事がありましたのでとりあえず転載いたします。

この記事を読むとなんとなくですが、ロシアのウクライナ=NATO(米)との紛争と、エゼキエル38章との点と線とがわずかながらも繋がりつつある気がしないでもありません・・・

キーワードは、エネルギー戦略と戦利品でしょうか?

ロシアとイスラエルとの関係も以前ほど友好的とも言えなくなりましたし、今後の展開の一助となるかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

https://frankdimora.typepad.com/the_last_chronicles/2022/10/fjdimoragmailcom-download-the-last-chronicles-of-planet-earth-october-4-2022-edition-by-frank-dimora.html


以下は、私の預言書The Last Chronicles of Planet Earthの255ページからの私自身の引用です。私の引用を読みたい場合は、このリンクをクリックしてください。
https://frankdimora.typepad.com/files/the-last-chronicles-of-planet-earth-june-21-2012-edition-by-frank-dimora-1.pdf

「主はイスラエルが石油とガスのこれらの宝物に恵まれると言われたので、中東の経済は非常に近い将来に変わると期待できます。石油とガスの力の変化は戦争を始める可能性があり、その戦争はエゼキエル戦争になる可能性があり、私は11章で取り上げます。
イスラエルがこれまでよりもさらに多くの石油を発見するのを見守りましょう。

2012年、私がその声明を出したのは、神が真理であり、もし神が私たちにイスラエルが石油とガスを発見するとおっしゃるなら、私たちがしなければならなかったのは、ニュースで報道されている石油とガスの発見を目撃するためにニュースを見ることだけだったからです。
今日も、まさにそれが起こったことです!
下には預言が見られ、それからイスラエルのために巨大なガスが見つかるというニュースが見えます。

イスラエルは、石油とガスのニーズを他の国々に依存していた状態から、非常に短期間で主要な石油・ガス輸出国になったことを思い出させてください。
なぜこのようなことが起こったのでしょうか。エゼキエル書38-39章の預言を読むと、イスラエルが多くの国々によって攻撃されることがわかります。これらの国々はイスラエルを追いかけて戦利品を奪います。
イスラエルの敵が追い求めているものの一部は、彼らの石油だと私は信じています!

今、世界の問題を見てみましょう。ロシアはヨーロッパへのガス供給を遮断し、ちょうど先週、ヨーロッパへのノルド・ガス・ラインの4か所が爆発的にヨーロッパの供給を遮断するのを見ました。
このレポートは、次のリンクで読むことができます" https://news.yahoo.com/fourth-gas-leak-discovered-near-094600370.html.
ご存じの通り、ロシアは今、戦争の道を歩んでおり、石油の流れのコントロールが、この現在の戦争で大きな役割を果たしていると私は信じています。
ロシアが石油とガスの流れを支配したいのは疑いようがなく、もし今や石油とガスの巨人であるイスラエルがヨーロッパにガスを輸出し始めたら、ロシアはイスラエルの石油とガスを追いかけ、そうすることでエゼキエル38-39章の預言を成就するかもしれない。

ところで、イスラエルはヨーロッパにガスを送っており、この動きがロシアを怒らせたことは間違いない。
「イスラエルは生産量が22%急増するにつれて、イスラエルはヨーロッパへのガス輸出を計画している」と題されたブルームバーグのこのニュースを読んでください、私は引用します、「イスラエルの天然ガス生産は、政府が数十年で最悪のエネルギー危機が進行中であるヨーロッパへの輸出を増やすことを計画しているため、今年の上半期に22%急増しました。
エネルギー省によると、生産量は6月まで前年同期比108億5000万立方メートルに増加し、イスラエルの近隣諸国への輸出は35%増の45億9000万立方メートルとなった。増加の大部分は、地中海東部のタマル貯水池とリヴァイアサン貯水池からの生産によるものです。
https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-08-24/israel-eyes-gas-exports-to-europe-as-production-surges-by-22

 

考慮すべきもう1つの重要な要素を次に示します。ロシアはウクライナに対して戦争に行くので、イスラエルは何をするのですか?イスラエルは再びガスの掘削を開始し、上記の報告書で読んだ大量の供給を見つけます。
「イスラエルはウクライナ戦争によるガス掘削を更新する」と題された報告書から引用する。

「カリーヌ・エルハラール・エネルギー相は月曜日、イスラエルの地中海海域での天然ガス探査の更新を承認すると発表した - 掘削を1年間停止することを約束してからわずか6ヶ月後。

エルハラールとエネルギー省のLior Schillat局長は、ウクライナでの戦争が好転したため、同省は状況を再考した。新しい政策は、エネルギー会社が掘削し、イスラエルがより多くのガスを輸出できるようにするという呼びかけと一致している。

ロシアのウクライナ侵略と、それに対応してロシア人に課せられた経済制裁は、ヨーロッパがロシア・ガスにどの程度依存しているかを暴露し、エネルギー危機の恐怖を喚起している。
https://www.haaretz.com/israel-news/2022-05-31/ty-article/.premium/israel-to-renew-gas-drilling-due-to-ukraine-war/00000181-1a43-d0eb-a1c9-bac329170000

結論はこれです。石油とガスの供給を持っている人々は、ロシアがやったように供給を遮断すれば、世界に影響を与える力を持っている。最も強力な巨人の二つは、ロシアとイスラエルだ。
ロシアは供給を削減し、イスラエルはガスを供給し始めますが、これはどこに向かっていると思いますか?
ロシアはイスラエルがガスをヨーロッパに供給するのを止めたがるだろうし、私が言ったように、それはエゼキエル38-39戦争の予言につながる可能性がある。
今、世界はガス危機に陥っています。ガスの価格は屋根を通り抜けています。
ここでカリフォルニアは、今日のガスの価格はガロン7.00ドルに近いです。このような価格は何をしますか?

 

« 続・赤い牝牛 | トップページ | ディープ=インパクト? »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

プーチン大統領の思惑はまさにそれなんでしょうね。
NATO加盟の欧州諸国の国民生活を追い込み疲弊させる、そうすればそれらの国々ではウクライナを支援する自国政府への不満が高まり、選挙で政権が変わったり、大きな暴動が起きたりするかもしれませんから。

しかし、原油と天然ガスによる経済封鎖にイスラエルが風穴を開けることになるならば、ザアカイさんのご指摘のとおりで、ロシアとイスラエルの外交関係は破局的な方向に向かっていくことになるのでしょうね。
今後はロシア連邦内の諸国(とくにイスラム系の国)がロシアの外交政策にどういった影響を及ぼすのかにも注目していこうと思っています。

ウクライナ情勢ですが、NATO諸国にとっては今が正念場でしょう。
戦場がNATO域外であるウクライナ国内であるうちに、それぞれの加盟国が自国の経済体制を(準)戦時生産体制に切り替え、臨時に国債を発行してでも、どれだけ本格的な軍事支援をウクライナ軍に行えるかに、欧州の今後がかかっていると思われます。

もしもウクライナがロシアに屈服すれば、ロシアは、ロシア側の兵器だけではなくNATO側の兵器の扱いにも長け、ドローンなどを用いた現代戦の実戦経験も豊富なウクライナ軍を配下に持つことになりますから。

またまた返信が遅くなり申し訳ありません。
どうも最近コメントが入ってもメール通知が来ないもので<m(__)m>

台湾をめぐり日本も対岸の火事ではありませんが、ロシアとNATOの対立と言っても言い過ぎではないでしょう。ウクライナ、中東と要注目ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続・赤い牝牛 | トップページ | ディープ=インパクト? »