2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« エゼキエル戦争の影 | トップページ | イランで動きあり »

2021年1月14日 (木)

動画紹介

1時間20分近くと長編動画となりますが、必見のメッセージです。

Pastor JD 知っている人は知っているでしょう。

コロナワクチンの話題とラスト部分の証の紹介(これには私も泣けた)・・・是非、時間を取って見てください!

長いですが絶対見て損はありません!

あえて掲示板ではなく、ブログのアップ記事として紹介いたします。それだけ重い内容ですから。

 

恵み深き天の父なる神様

もう見た方もいるかと思いますが、どうぞ一人でも多くの方が

この動画のメッセージを通して、聖書の神だけが本物の神である、他にはいない

そして御子イエスだけが天の御父へと導いてくださる唯一の方であると

信じる方が起こされますように

万物の絶対なる真理を知らしめてくださいますように

わが神、わが主、イエス=キリストの御名においてお祈り申し上げます

Amen

 

 

 

 

« エゼキエル戦争の影 | トップページ | イランで動きあり »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

よい動画を紹介してくださり、どうもありがとうございました。
ワクチンが獣の刻印であるとの解釈は、広く知られるようになったと思います。またこの動画を通して、より詳しいニュアンスも知ることができました。私もワクチンは打ちません。

ただ、個人的な意見でしかありませんが、これが獣の刻印となることに完全には納得できない部分があります。
信仰を持ちながらも、知らずにワクチンを接種するキリスト者はいると思うからです。騙されてはならない、と警告はされていますが、このコロナパンデミックを、神様から与えられた悔い改めの機会だ、と捉えて、ワクチンに疑いを持ったことがない場合は、ワクチンの完成を主に感謝して受ける人さえいると思うんです。

ワクチン接種が、信仰を捨てることや獣を礼拝することと連動するなら納得できるんですが、ワクチン接種だけで刻印を押されてしまうのでしょうか。
もちろん動画で説明された一つ一つの事柄は納得できるもので、とても厳粛な気持ちになりました。


マグダレナさん、いつもありがとうございます。

ブログ内には補足説明として書きませんでしたが、仰せの通り、コロナワクチン=獣の刻印であるとは私も結論付けておりません。
その点に関しては同意いたします。
聖書にもある通り、我々の知るところは一部であり、完全無欠にはわかりませんものね。

ただ、その布石、誘導であることは疑いないかと思ってます。

以下に、それなりの説得力のあるブログ記事の抜粋を貼り付けておきますね。
お役に立てればいいのですが。

引用~

mRNAがポリエチレングリコール(PEG)でコーティングされているため、体内に浸透できますが、患者の細胞に浸透する前に患者の免疫系によって破壊されるため、病気(回復抵抗)の症状が出ます。

*RNAフラグメントが細胞のリボソームにコードされる前にmRNAが(体の免疫系に)攻撃された場合、意図したとおりの免疫プロセスが開始されません。これは、科学者が警告するmRNAプラットフォームの課題の1つです。


mRNAを包むポリエチレングリコール(PEG)によってヒトの免疫系が過剰反応し、アレルギー反応を引き起こします。

https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/20210115/

* 神様による御守りかもしれませんね・・・

ザアカイさん
早速ご返信くださり、どうもありがとうございます!
ワクチンが布石であることは確かですね。
ワクチン証明がなければ、経済活動や社会活動から締め出されるかもしれないことを危惧していましたが、現実味を帯びてきました。もう国境も越えられないかもしれない…。

これまで当たり前にできていたこと、当たり前に会えた人、当たり前にいつでもアクセスできていた情報、話すことが許されていた内容、これらのものが突然奪われる日がくるのかもしれません。
正直なところ憂鬱です。

しかし「最後まで耐え忍ぶものは救われる」。

そして
「死も、命も、天使も、支配するものも、現在のものも、未来のものも、力あるものも、高い所にいるものも、低い所にいるものも、他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできない」

ですね!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エゼキエル戦争の影 | トップページ | イランで動きあり »