2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月に作成された記事

2020年4月27日 (月)

主を待ち望め

ずいぶんブログから離れてしまってます・・・世の中、コロナ一色でどうも書くべきことが閃かないで困ったものです。終末時計は明らかに進んでいる、しかしながら天界、及び地下水面では動いているのでしょうが、表面上は止まってしまっている錯覚を覚えます。

原油価格がだいぶ暴落して来てますが、このことがこの先どうなるか?気になる情報はこのくらい?

明るい未来は予測不可能ですね・・・しかし希望は確かにある・・・一人でも多くの方が主の差し出された手に触れることが出来ますように。

37:34主を待ち望め、その道を守れ。
そうすれば、主はあなたを上げて、国を継がせられる。
あなたは悪しき者の
断ち滅ぼされるのを見るであろう。
37:35わたしは悪しき者が勝ち誇って、
レバノンの香柏のようにそびえたつのを見た。
37:36しかし、わたしが通り過ぎると、
見よ、彼はいなかった。
わたしは彼を尋ねたけれども見つからなかった。
37:37全き人に目をそそぎ、直き人を見よ。
おだやかな人には子孫がある。
37:38しかし罪を犯す者どもは共に滅ぼされ、
悪しき者の子孫は断たれる。
37:39正しい人の救は主から出る。
主は彼らの悩みの時の避け所である。
37:40主は彼らを助け、彼らを解き放ち、
彼らを悪しき者どもから解き放って救われる。
彼らは主に寄り頼むからである。

詩篇37:34~40

2020年4月 8日 (水)

過ぎ越し=キリストの十字架の型

ユダヤ歴によると、本日8日、日没より過ぎ越しの祭りが始まります(4/8~16)。

この過ぎ越しの一連の祭り=春の例祭~過ぎ越し→種入れぬパンの祭り→初穂の祭り(レビ記23章)は、新約的にはキリストの十字架→死→復活にあたります。これはすでに、主イエスご自身により成就されました。おっと!忘れてはいけない、7週の祭り=ペンテコステがありましたね。

ついでながら秋の例祭であるラッパの祭り、贖罪日、仮庵の祭りが携挙、再臨、千年王国の型とされ、これはまだ成就しておりません。

Photo_20200408181201

マタイ、マルコ、ルカによる共感福音書とヨハネによる福音書で、若干の違いがあるのですが、ヨハネ伝に基づけば、過ぎ越しの羊がまさに屠られようとしている時、キリストが十字架にお架かりになり、バプテスマのヨハネの言「見よ、世の罪を取り除く神の子羊」となり、文字通り我々のメシヤ=救い主としての使命をやり遂げてくれたのは何と感慨深いものでしょうか・・・

4:11このイエスこそは『あなたがた家造りらに捨てられたが、隅のかしら石となった石』なのである。
4:12この人による以外に救はない。わたしたちを救いうる名は、これを別にしては、天下のだれにも与えられていないからである」。

使徒行伝 4:11~12

この暗黒?というにはまだ?大げさかもしれませんが(大患難期はこんなものじゃないでしょう)、サタンがいよいよ自分の時が短いのを知り、自分の手駒を使い活動が活発化してきているこのご時世、秋の例祭の成就が待ち遠しいものです。

御霊も花嫁も言う、来てください、一刻も早く。マラナタ・・・

最後にいつもチェックしているブログ、オリーブ山通信で見つけた動画です。Happy Passover!

 

 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »