2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月に作成された記事

2019年12月22日 (日)

神の民か悪魔の民か?終末におけるユダヤ的預言

オリブ山便りより~
http://mtolive.blog.fc2.com/blog-entry-2046.html
ハヌカ・シーズン到来: Happy Hanukah and Merry Christmas! 2019.12.22

一部抜粋~

>多様性に寛容なイスラエルでは、ユダヤ人を改宗させる動きさえなければ、信教の自由は保証されている。クリスチャンたちがここまで安全に、自由にクリスマスを祝うことができる国は、中東では、イスラエルだけである。

日本でも今日から、クリスマスイブ、クリスマスと各地の教会で、クリスマスが祝われている。それぞれの地のクリスマスが祝福されるように!

* 私的には、「神の民」と「悪魔の民」が共存する複雑系国家=現代のイスラエルと理解しております。それは旧約の時代から本質的には変わらない。

現地在住の女性ジャーナリスト=石堂女史のコメントは事実でしょう。
この方のブログを読んでいる人ならばわかりますが、終末論も熟知してます。

イスラエルのエスタブリッシュメント連中のマジョリティーはカバリスト・ジューが多いかもしれませんが、時が来るまでは一応?民主国家のフリをする?
ま、これはイスラエルに限らず日本、アメリカ ヨーロッパ etc ・・・万国共通ですがね。

ゆえに、ここではっきりさせておきたい事があります。

賛否両論あるようですが、知る人ぞ知る?アミール=ツァルファティ氏・・・イスラエル在住のメサニック=ジューで、福音伝道師として世界各国を飛び回り、宣教活動をしているとしても何の不思議もないことがこれでおわかりかと。私は微力ながら応援しております。
プロ・イスラエル、プロ・アメリカでトランプ礼賛はお国柄、イスラエル国民としては致し方のないところでしょうか?
「ベクトルが行き過ぎてバイアスかかり過ぎているんでないの?もう少し客観的に見てはどうかな?」と、日本人である私にはそう感じる時がしばしばあるのも事実ですがね。もっとも敵に囲まれたイスラエルではなく、海に囲まれた日本に住んでいるからという違いから来るのかもしれませんけどね・・・

結論、決して「羊の皮を被った狼」ではない、マラノではないと私は思います、アミール氏の名誉の為にも。神に召された素晴らしい働き人です。

ところが、イスラエルのやる事はすべてが悪で弁明の余地すらないという陰謀論者、それどころか自称キリスト者の中にもいる。
どうしても人間という生き物は極端に走りたがる。イスラエルのやる事はすべてサタニックであるとする事に、私は賛同出来ませんね。
AD70年のエルサレム崩壊でユダヤ人は裁かれ見捨てられた?この手の人に限って、携挙、再臨、ハルマゲドン、千年王国、最後の審判、新天新地=新しいエルサレムに関してはほとんど触れず、ユダヤ・シオニズム陰謀論ばかり・・・
それも大事かもしれませんが、キリスト信仰の真髄は「キリストの十字架上での贖いによる罪の赦し(過ぎ越しの子羊 Passover Lamb)、一度は死に渡されたが、復活され、やがて再臨され神による統治、理想郷の樹立という至上の希望」だと私は思うのですが。

聖書によれば、今はともかく、イスラエルはやがて孤立し、NWOグローバリストサイドにも裏切られ、世界中からの攻撃のターゲットになる。第三神殿が建立され、反キリストを真実なるメシヤとして受け入れ騙されると。いわゆる「ヤコブの苦難」エレミヤ書 30:7

聖書の神は契約の神であるから(アブラハム契約)、ユダヤ人とエルサレムを見捨てる事は決してない(ローマ書11章)。これは好むと好まざるとに関わらず真理です。極端な置換神学に毒され、新約のイスラエルはクリスチャンゆえユダヤ人は見捨てられたとするのは、私は間違いだと思っております。
ただ誤解無きように書いておきますが、新約のクリスチャンは、イエスをキリストだと信じ受け入れ(信仰義認)救いに与った、疑いなきアブラハムの霊的子孫ではあることでしょう。

やがて教会時代に終止符が打たれたならば、再び時代はユダヤ人へと向かいます。いわゆる7年間の大艱難時代です。それはユダヤ人の最後の救いのチャンスでもありますが、当然、地球という惑星全体へと影響する事でしょう。まさに永遠をどこで過ごすかの全人類にとってのラスト・チャンスでもあるでしょう。

ユダヤ人(金満ユダヤじゃなく、マトモなとしておこう)と教会は、パラレルに見るべきかもしれません。
これまた賛否両論あるでしょうが、ジョン=コーソン牧師によると、「キリストの花嫁が教会=クリスチャンだとするなら、父なる神(アドナイ、YHWH)の妻はユダヤ人なのです。」と。どこかの教団の言うような、母マリヤじゃありません、惑わされないように。もちろん、イスラエルの神でもありますが、全人類の神、人間をお創りになった神であることは言うまでもありません。確かローマ書だったかな?パウロもそう言ってますからね。

23:37ああ、エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、おまえにつかわされた人たちを石で打ち殺す者よ。ちょうど、めんどりが翼の下にそのひなを集めるように、わたしはおまえの子らを幾たび集めようとしたことであろう。それだのに、おまえたちは応じようとしなかった。
23:38見よ、おまえたちの家は見捨てられてしまう。
23:39わたしは言っておく、
『主の御名によってきたる者に、祝福あれ』
とおまえたちが言う時までは、今後ふたたび、わたしに会うことはないであろう」。

マタイ 23:37~39

12:7主はまずユダの幕屋を救われる。これはダビデの家の光栄と、エルサレムの住民の光栄とが、ユダの光栄にまさることのないようにするためである。
12:8その日、主はエルサレムの住民を守られる。彼らの中の弱い者も、その日には、ダビデのようになる。またダビデの家は神のように、彼らに先だつ主の使のようになる。
12:9その日には、わたしはエルサレムに攻めて来る国民を、ことごとく滅ぼそうと努める。
12:10わたしはダビデの家およびエルサレムの住民に、恵みと祈の霊とを注ぐ。彼らはその刺した者を見る時、ひとり子のために嘆くように彼のために嘆き、ういごのために悲しむように、彼のためにいたく悲しむ。
12:11その日には、エルサレムの嘆きは、メギドの平野にあったハダデ・リンモンのための嘆きのように大きい。

ゼカリヤ 12:7~11

13:8主は言われる、全地の人の三分の二は断たれて死に、
三分の一は生き残る。
13:9わたしはこの三分の一を火の中に入れ、
銀をふき分けるように、これをふき分け、
金を精錬するように、これを精錬する。
彼らはわたしの名を呼び、わたしは彼らに答える。
わたしは『彼らはわが民である』と言い、彼らは『主はわが神である』と言う」。

ゼカリヤ 13;8~9

14:1見よ、主の日が来る。その時あなたの奪われた物は、あなたの中で分かたれる。
14:2わたしは万国の民を集めて、エルサレムを攻め撃たせる。町は取られ、家はかすめられ、女は犯され、町の半ばは捕えられて行く。しかし残りの民は町から断たれることはない。
14:3その時、主は出てきて、いくさの日にみずから戦われる時のように、それらの国びとと戦われる。
14:4その日には彼の足が、東の方エルサレムの前にあるオリブ山の上に立つ。そしてオリブ山は、非常に広い一つの谷によって、東から西に二つに裂け、その山の半ばは北に、半ばは南に移り、
14:5わが山の谷はふさがれる。裂けた山の谷が、そのかたわらに接触するからである。そして、あなたがたはユダの王ウジヤの世に、地震を避けて逃げたように逃げる。こうして、あなたがたの神、主はこられる、もろもろの聖者と共にこられる。

ゼカリヤ 14:1~5

聖書からの引用が長くなりましたが、終末預言としての性格の強いダニエル書と並びゼカリヤ書も、黙示録に比べユダヤ的色彩が濃いなと思わされますね。

論点があちこちと飛びましたが、今回はこれにて終わりますm(__)m

2019年12月19日 (木)

本日のF・ディモーラ牧師のサイトから

これまたあまりにも長いのでグーグル翻訳で。

一部、不自然な翻訳箇所がありますが、おおまかな大意は読み取れると思います。

なお、ディモーラ師はまだ詩篇83篇の預言は完結していないとの立場。また「マゴグの地のゴグ」はトルコであるとの少数派サイド。

しかしながら、興味深い情報記事を提供してくれるのでチェックしてます。

ただね・・・最近のアップデイト記事は長文過ぎて、日本語だとしても読むのが嫌になるくらいなので、もっぱらグーグル翻訳頼み --;

気になった箇所を引用抜粋します、結果、手抜き記事ですが・・・

http://endtimesresearchministry.com/december-18-2019-can-anyone-stop-bible-prophecy-from-taking-place/

ソロスはなぜトランプを失脚させるためにそんなにお金を使っているのですか?ユダヤ人のソロスのすることは、彼がユダヤ人の国のためにしたことについてトランプを支持すると思うだろうが、そうではない。私の質問に対する答えは、トランプ大統領がイスラエルの友人であり、ユダヤ人国家の最も強力な支持者であることが判明したためです。ソロスがユダヤ人だからといって、彼が親イスラエルになるとは思わないでください。イスカリオテのユダはユダヤ人であり、サタンは彼を使って、イエスを殺した者たちにキリストを引き渡した。これまでのところ、ソロスの行動は彼が本当にイスラエルの友ではないことを示しており、ソロスがしていることはすべて、第三ユダヤ人神殿の再建に直接疲れているゼカリヤの預言を成就するのを助けていることです。

今日のニュースには、予言が行われるのを止めようとしている人々に関連する別の報告がありました。以下のレポートはオリーブ山に関するものであり、神殿の山にも関連しています。知らない場合、オリーブ山は、イエスが王権を取るために戻ったときに最初に踏み出すと言われる場所です。アラブ人の中には、オリーブ山につながるエリアを汚すことによって、キリストがオリーブ山に行くのを止めることができると考えている人もいます。次のレポートの2つのセクションを投稿して、発言内容の概要を説明しますが、記事全体を読むことを強くお勧めします。

アラブ人はユダヤ人の墓石でメシアのプールへの道を開く

「大胆な冒涜行為で、エルサレムのアラブ住民は、ユダヤ人の墓の上に直接階段を敷くために、エルサレムの聖なるオリーブ山の墓石を根こそぎにした。アラブ人は逮捕されたが、翌日、仕事に戻った。 。都市のイスラム教徒の多数派セクションに住む少数のユダヤ人居住者の勇気がなければ、世界最古で最も著名なユダヤ人墓地は、存在の痕跡を残さずに破壊されるでしょう。」

「神殿の丘に隣接するオリーブ山は神殿の奉仕に不可欠な部分でした。儀式的に純粋にするために必要な主要成分であるパラアドゥマ(赤牛)が燃やされた場所です。宗教的遺産の一部としての神殿の丘には、必然的にオリーブ山への攻撃が含まれます。聖書の重要な場所として、神殿の丘に近いため、3,000年以上にわたってユダヤ人墓地として使用されてきました。聖書の人物ゼカリヤ、アブサロム、ハガイ、マラキによって伝統的に特定された墓を含む、150,000を超える墓地が含まれています。」

https://www.breakingisraelnews.com/141789/watch-arabs-pave-way-to-messiahs-pool-with-jewish-gravestones/

予言が行われるのを止めようとする試みが何であろうと気にしません。イエスは最初にオリーブ山に戻って着地します。それが起こるまで、あなたはエルサレムが厄介な石であり、イスラエルに敵対する国家としてエルサレムについてさらに多くのニュースを目撃するでしょう。

Cooltextprophecysign国家がイスラエルに対してどのようにやってくるかについての情報をあなたに与えたので、詩編83の戦争予言に注意を向けたいと思います。詩編83全体を読むことをお勧めします。詩編が私たちに伝えていることは、イスラエルが地図から消し去ろうと考えているアラブ諸国の多くがイスラエルを攻撃しようとしていることです。写真の#8を見ると、ハマスはその攻撃に参加する人々の一人として名付けられていることがわかります。エゼキエル第38章から第39章にあるイスラエルに対する別の戦争についての警告もあり、トルコはイスラエルを攻撃する国の1つと名付けられています。以下では、ハマスとトルコの両方が再びニュースになっているのがわかります。もちろん、ニュースは予言と一致しています。

ハマスはトルコからのイスラエルに対する攻撃を計画している-レポート

「イスラエル警察が尋問した容疑者の写しでは、イスタンブールのハマスのメンバーがエルサレムとヨルダン川西岸での作戦を管理していることが明らかになった。そのような出来事の1つは、エルサレムのニル・バーカット市長に対する暗殺未遂であった。今年初め。」

あなたの人生において、イエス・キリストなしで別の日を過ごさないでください! あなたが何をしたとしても、キリストはあなたを愛しています。 あなたがイエスの下に来て、あなたのすべての罪の赦しを尋ねるなら、キリストは彼らを許すと約束されました。 それが終わったら、キリストと共に歩み始め、キリストはあなたの人生が変わったことを見せ始めます。 聖書の教義を堅持し続けているイエスとの交わりを見つけ、イエスと共に歩み始め、すぐにイエスが戻ってくるのを待ち続けましょう。

2019年12月13日 (金)

1年間で3度目となる総選挙=イスラエルと、ブレクジットにある程度の道筋が見えたイギリス

と、エントリー・タイトル通りになりました。

それにしてもイスラエルは政権樹立が出来ず、クネセト(議会)は解散、とりあえずは暫定政権で行くのでしょうが、その長たる首相ネタニヤフが収賄容疑で司法当局から起訴されている。来年の3月に三回目の総選挙突入という前代未聞であるそうな・・・

どうやらネタニヤフは、虎の尾を踏んだ可能性がありそうですね?あくまでも推測ですが。人物の良し悪しは別にして、今のイスラエル政界で、政治家としての資質の点で、ネタニヤフ以上の人材はおそらくいないのではないでしょうかね?「青と白」のベニー=ガンツ、「イスラエル我が家」のアヴィクトール=リーベルマンにしても、ネタニヤフ以上の人材とは思えない。

ましてや極東の島国の売国首相など、まったくもって比較の対象にもならないし、論ずる価値もない(頼むからこの国を、これ以上破壊するはやめてくれ~!今だけ、カネだけ、自分だけ総理殿)。

穿った見方をすれば、だからこそネタニヤフを失脚に追い込もうとしているのだろうか・・・

欧米を拠点とする大富豪ユダヤ、ユダヤ・カバリスト=タルムーディック・ユダヤであるユダヤ国際金融財閥は、イスラエルに混沌をもたらそうとしているかに思える。今現在のイスラエルは、経済は成長し、ガス、油田と資源が次々と発見され、IT分野では世界トップクラスで、まさしくある意味では「Peace & Safety」であると言える。世界のどこの調査機関か忘れましたが、国力ランキングでは、米、露、英、仏、独、中、日に次ぐ8位にランキングされたそうな。

わが国の四国、米のニュージャージー州ほどの国土面積、人口約800万の小国がです。

しかし、喜んでばかりもいられないのも事実。

ただでさえ、イスラエル北部、ゴラン高原の北側にあるシリアでは、ロシア、イラン、トルコが陣取り、フォーメーションが出来ているのだから。

これに突撃隊のイスラム聖戦、ヒズボラの存在も忘れてはならないでしょう。ヨルダンとの関係も「神殿の丘」を巡ってギクシャクし始めている。

新政権が出来るまで、イスラエルは要注意ではあるかな?と考える次第です。

いつかは「その時が」来る時には来る事でしょう、それもそう遠くないうちに。

さて次です。

イギリスでの総選挙、イギリスのトランプと言われる(笑)首相であるボリス=ジョンソン(あの金髪のぼさぼさヘアー、本当にオックスフォード大学卒なのかね?品格がちょと^^;・・・)率いる保守党が圧勝しそうですね。

5d3815dc240000ff3493662f

ということは、これから先、脱EUの詰めの作業が残っているでしょうが、ブレクジットはほぼ間違いないでしょう。

どうやらイギリスの本当のマエストロであるロンドン・シティのユダ金(ユダヤ国際金融財閥)と英王室は、大陸ヨーロッパではなく、今でも忠実なる植民地であるアメリカと運命をともにする道を選んだ模様。(鉄人28号のリモコンを持った正太郎少年と28号の関係と見ればいいかなと。司令塔は小さくてもかまわないのです、バビロン帝国がそれほど広大な面積をもってなかったように)

エゼキエル38章に出て来るKJV訳でいうところの、「タルシシの商人と若い獅子たち」です。たち・・・と言う事は、加、豪、NZもそうかもしれませんね、行動をともにする?

エゼキエル書から察するに、米英、シェバとデダン(サウジ)はイスラエルに対して軍事支援はしないと読み取れます。と言うことは・・・聖書的に時間軸を辿っていくと、何らかの理由によって、それがロシアとの対決、アメリカ国内の内戦、もしくは天変地異なのかはわかりませんが、米英は終末のメイン・プレーヤーにはなら・・・ない。米英は一蓮托生となることでしょう。もしかしたら、狡猾なるイギリスはある程度の影響力を残すかもしれませんけど?

よって、反キリストなる人物は、ネオ・ローマン・エンパイアなる大陸ヨーロッパから出る可能性が高いのではないか?と考えます。

よく、フランス大統領エマニュエル=マクロン、オーストリア首相セバスチャン=クルツのような若い指導者が取り上げられますが、その人物が誰なのか?などわかるはずもなく、ドイツに新たなカリスマ性を持った人物がメルケルのあとに現れるかもしれませんよね??

時代は7年大艱難期の少し前、エゼキエル38章の成就までのストップ・ウォッチの針が動き出した、世界を見れば温暖化詐欺ではなく、クライメイト・チェンジなる天変地異が起ころうとしている「産みの苦しみ」の時代へ突入していると思われます。

最後に参照箇所として、エゼキエル書38章、ダニエル書9章、マタイ24章、ルカ21章、第一テサロニケ5章、第二テサロニケ2章、黙示録13章を列挙しておきます。

PS;ゼカリヤ書12章、14章(これはハルマゲドンで、その先の預言と思われますが)も聖書預言においては重要な箇所でしょう。

2019年12月 9日 (月)

いくら洗っても消えない汚れ

https://www.youtube.com/watch?v=RaxFWUMPe9Q&list=PLpcwK0VYlJeD6gqhBcbSDAYgbRnF1Atlv&index=2&t=0s

#169 ざっくり黙示録シリーズ6 教会時代、七つの区分 ―サルディス教会― 高原剛一郎

約80分と長い動画ですが示唆深かったです、お勧めします。

動画の最後の方で、我が心臓にグサリ!と突き刺すようなエピソード話を語っておられました・・・

その次第はこうです。「いくら経っても娘が風呂から出てこない。心配になって見に行った所、いくら洗っても汚れが取れないと言っていたそうです」と・・・

私は途中でピンと来ました。身体の汚れじゃなく、心、霊的な汚れなのだなと。たまにはビンゴ(笑)

自分が歩んで来た人生がまさにそのようなものだったからかもしれません。

やってしまった事は取り消せない。時間を巻き戻す事も出来ない・・・ヘブル書にあるように、まさしく諸刃の剣で精神と霊魂、間接と骨髄とを切り離すまでに刺し通された気持ちになりましたね。

51:5見よ、わたしは不義のなかに生れました。
わたしの母は罪のうちにわたしをみごもりました。
51:6見よ、あなたは真実を心のうちに求められます。
それゆえ、わたしの隠れた心に知恵を教えてください。
51:7ヒソプをもって、わたしを清めてください、
わたしは清くなるでしょう。
わたしを洗ってください、
わたしは雪よりも白くなるでしょう。

詩篇 51:5~7

ダビデがバテシェバの件で預言者ナタンから叱責された時に読んだ詩ですね。

善行をいくら積んだところで取り消せるものではない。ただただ信仰を持って、「イエス=キリストの十字架上での尊き贖いの血」で洗ってもらう他に方法、解決法は・・・ありません。いわゆる Born again! ですね。口で言うほど簡単ではありませんがね。

それでも、それは神からのギフトであって、一方的な恵みでもあります。これを無駄にしたくはありません・・・

それほど全能の父なる神の御子のなされた業は偉大で完璧なものなのです。

まさしく「十字架の悩みは、我が罪のためなり」ですね。

板の方にも貼り付けたのですが、この賛美歌で〆ましょう。

 

 

2019年12月 1日 (日)

キリスト者の歩みは山あり谷あり思わぬ落とし穴さえ・・・

また忘れた頃の更新となってしまいました~

「救い」とはキリストの贖いの業を信じて(世の罪を取り除く神の子羊)罪赦され、「我が神、我が主」として受け入れる。へりくだって御前に跪く。

ローマ書 10;9~13 参照

それは神からの憐れみ、一方的な恵みなのですね。いわゆる十字架上での死(贖罪)、復活、再臨ですね。

特別な修行も律法を完璧に実践する必要もない(しょせん人間には無理!律法を完全に成就させたのはイエス様だけ)。

よく言われる「信じるだけで救われる、簡単でしょ」です。

だがしかし、個人差、程度の差はあると思われますが、救われた時のあの清々しい爽快感・・・そう長くは続かない。そんな甘いものではない --;

しばらくして、嫌でも、関わりたくなくとも、耐え難きを耐え~、忍び難きを忍ぶべく、サタンとその手下のデーモン連中、悪魔に魂を売り渡したこの世を支配するNWOグローバリストとその下僕どもの攻撃を様々な形で受けるのです。なぜなら今はまだ、この世はサタンの楽園なのだから。

数十年、数万時間を費やして霊的戦いを戦い抜き、屈辱感、卑しめ、辱め、無力感etcを体験して、遙か遠く及ばぬながらも、キリストに似たものに少しずつ変えられていくのでしょうね・・・「キリスト者の恥さらし」とも言える自分も、そうありたいし、そう願いたいものです。

https://www.youtube.com/watch?v=4WNzsCbLFfA

Prophecy ALERT: “Apocalypse Situations Begin”~"Apocalyptic Events Unleashed in the World"

ポール=べグレー・サイトより。

残念ながら日本語訳付いてませんが、私も、確かに今現在、世界は政治、経済、歴史、宗教、戦争、天変地異、アクシデント、パンデミックと、この世は悔い改めのラスト・チャンスとばかりに揺さぶられている気がします。

あちこちに埋め込まれた地雷、爆弾こそ今はまだ大爆発してませんが、それほど時間に余裕があるとも思えません。

焦点が絞りきれない。ゆえになかなかブログ記事としてまとめる事が難しい、よって停滞気味となる悪循環 --;

キリスト信仰とは至上のギフトであると同時に、巷で言われているほど生易しいものではないと感じる今日この頃です・・・

あの時に味わった、この世のものとは思えない、心の中を吹き抜けていく爽やかな涼風、空を見上げると悲しくもないのに涙が頬を濡らす、この世のことが些細でバカらしくなる。このような状態が一生続けばなんと素晴らしい事かと思ったものですが、この世に接する時間が経過するにつれ元の木阿弥にでしたがね^^;、約一週間ほどは続きましたが、あとはこの世との格闘状態に(涙;)。キリスト者になってから、書けばキチガイ扱いされるようなミステリアスな体験も不思議と増えましたね。

あの時の体験が土台となっている??からなのか?理屈じゃない、素直な己の感覚です(聖霊が働いたのでしょうかね、たぶんそうでしょう)。せっかくの天来の恵み、ムダにしたくはない。心身とも万全とはいかなくとも、ドーピングしながらでも走りぬかねば。でも正直、きっついわ~

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »