2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月に作成された記事

2019年8月26日 (月)

秋に向けて波高し?

恒例となってしまった、忘れた頃のアップデイト --;・・・

ちょっと気になる情報、ニュースをいくつかピックアップしてみましょう。

Ⅰ マーケットが荒れてきた

円高ドル安、人民元安、株式市場のジェットコースター相場化など、金融市場が荒れて来ました。

予測されていた事ですが、何か嫌な予感がします。

Ⅱ 香港のデモがとどまる所知らず状態でエスカレート

ハンセン指数もかなり落ちてきているようです。

おそらくデモ隊のウラ側には西側のエージェントが蠢いているものと思われます。中国警察が空砲を撃ったと言う情報も。

香港には李家という大財閥、香港国王がいることだし、人民解放軍もそう簡単には動けないのでしょうか?

Ⅲ イスラエル軍の動きが活発化

9月のイスラエル・クネセト総選挙と無関係ではないものと思われますが、シリアのイラン軍事施設空爆、ドローンを使ったヒズボラ攻撃。

参考記事 ↓

ぎりぎり中東戦争?:イスラエル軍が中東広域でイラン拠点を攻撃か 2019.2.26

http://mtolive.blog.fc2.com/blog-entry-1984.html

>この週末、イスラエル軍が、イラク、シリア、レバノンと中東の広範囲で、イランの拠点をつづけさまに攻撃したと伝えられた。

INSS(イスラエル国家治安研究所)のアモス・ヤディン所長(元イスラエル軍諜報部長官)は、今、イスラエルとイランの紛争が、アメリカとロシアが見守る中、シリア、イラク、レバノン、広域にはサウジアラビアとイエメンも含め、中東全域で、繰り広げられていると語った。

~一部抜粋~

エスカレートするのは時間の問題か?それとも寸止めで終わるのだろうか?

いずれにせよ、中東を舞台とした大戦争へと向かうのは、聖書預言からすれば明らかなのですが。特にシリア・ダマスカスには要注意。(イザヤ17章)

Ⅳ その他として~アマゾン熱帯雨林の火災、2500箇所以上、中国の山峡ダムが変形

など、かなり危険な状況のようです。

 

 

2019年8月 7日 (水)

聖書から学ぼう~原則と但し書き

かなり聖書からの引用が多いですが勘弁願います。

またタイトルの「但し書き」という表現も変なのですが、この方がわかり易いかも?と思い付けました。

4:8その時、ペテロが聖霊に満たされて言った、「民の役人たち、ならびに長老たちよ、
4:9わたしたちが、きょう、取調べを受けているのは、病人に対してした良いわざについてであり、この人がどうしていやされたかについてであるなら、
4:10あなたがたご一同も、またイスラエルの人々全体も、知っていてもらいたい。この人が元気になってみんなの前に立っているのは、ひとえに、あなたがたが十字架につけて殺したのを、神が死人の中からよみがえらせたナザレ人イエス・キリストの御名によるのである。
4:11このイエスこそは『あなたがた家造りらに捨てられたが、隅のかしら石となった石』なのである。
4:12この人による以外に救はない。わたしたちを救いうる名は、これを別にしては、天下のだれにも与えられていないからである」。

使徒 4:8~12

3:24このようにして律法は、信仰によって義とされるために、わたしたちをキリストに連れて行く養育掛となったのである。
3:25しかし、いったん信仰が現れた以上、わたしたちは、もはや養育掛のもとにはいない。
3:26あなたがたはみな、キリスト・イエスにある信仰によって、神の子なのである。
3:27キリストに合うバプテスマを受けたあなたがたは、皆キリストを着たのである。
3:28もはや、ユダヤ人もギリシヤ人もなく、奴隷も自由人もなく、男も女もない。あなたがたは皆、キリスト・イエスにあって一つだからである。
3:29もしキリストのものであるなら、あなたがたはアブラハムの子孫であり、約束による相続人なのである。

ガラテヤ 3:24~29

3:20なぜなら、律法を行うことによっては、すべての人間は神の前に義とせられないからである。律法によっては、罪の自覚が生じるのみである。
3:21しかし今や、神の義が、律法とは別に、しかも律法と預言者とによってあかしされて、現された。
3:22それは、イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって、すべて信じる人に与えられるものである。そこにはなんらの差別もない。

ローマ書 3:20~22

3:28わたしたちは、こう思う。人が義とされるのは、律法の行いによるのではなく、信仰によるのである。
3:29それとも、神はユダヤ人だけの神であろうか。また、異邦人の神であるのではないか。確かに、異邦人の神でもある。
3:30まことに、神は唯一であって、割礼のある者を信仰によって義とし、また、無割礼の者をも信仰のゆえに義とされるのである。

同 3:28~30

ここまでが、原則と捉えて下さい。

置換神学、振り子を振り切り過ぎた反セム主義者、聖書はNWOグローバリスト連中によって、改竄されているとする(誤訳、誤解を招きそうな意訳はあることでしょうが)聖書の権威を貶める自称キリスト者・・・私は、聖書は神の力により守られてきたと信じる者です。神の力を侮るべきではないと思う。

そこでです。

9:1わたしはキリストにあって真実を語る。偽りは言わない。わたしの良心も聖霊によって、わたしにこうあかしをしている。
9:2すなわち、わたしに大きな悲しみがあり、わたしの心に絶えざる痛みがある。
9:3実際、わたしの兄弟、肉による同族のためなら、わたしのこの身がのろわれて、キリストから離されてもいとわない。
9:4彼らはイスラエル人であって、子たる身分を授けられることも、栄光も、もろもろの契約も、律法を授けられることも、礼拝も、数々の約束も彼らのもの、
9:5また父祖たちも彼らのものであり、肉によればキリストもまた彼らから出られたのである。万物の上にいます神は、永遠にほむべきかな、アァメン。

ローマ書 9:1~5

11:1そこで、わたしは問う、「神はその民を捨てたのであろうか」。断じてそうではない。わたしもイスラエル人であり、アブラハムの子孫、ベニヤミン族の者である。
11:2神は、あらかじめ知っておられたその民を、捨てることはされなかった。聖書がエリヤについてなんと言っているか、あなたがたは知らないのか。すなわち、彼はイスラエルを神に訴えてこう言った。
11:3「主よ、彼らはあなたの預言者たちを殺し、あなたの祭壇をこぼち、そして、わたしひとりが取り残されたのに、彼らはわたしのいのちをも求めています」。
11:4しかし、彼に対する御告げはなんであったか、「バアルにひざをかがめなかった七千人を、わたしのために残しておいた」。
11:5それと同じように、今の時にも、恵みの選びによって残された者がいる。
11:6しかし、恵みによるのであれば、もはや行いによるのではない。そうでないと、恵みはもはや恵みでなくなるからである。

11:11そこで、わたしは問う、「彼らがつまずいたのは、倒れるためであったのか」。断じてそうではない。かえって、彼らの罪過によって、救が異邦人に及び、それによってイスラエルを奮起させるためである。
11:12しかし、もし、彼らの罪過が世の富となり、彼らの失敗が異邦人の富となったとすれば、まして彼らが全部救われたなら、どんなにかすばらしいことであろう。

11:25兄弟たちよ。あなたがたが知者だと自負することのないために、この奥義を知らないでいてもらいたくない。一部のイスラエル人がかたくなになったのは、異邦人が全部救われるに至る時までのことであって、
11:26こうして、イスラエル人は、すべて救われるであろう。すなわち、次のように書いてある、
「救う者がシオンからきて、
ヤコブから不信心を追い払うであろう。
11:27そして、これが、彼らの罪を除き去る時に、
彼らに対して立てるわたしの契約である」。
11:28福音について言えば、彼らは、あなたがたのゆえに、神の敵とされているが、選びについて言えば、父祖たちのゆえに、神に愛せられる者である。

ローマ書 11:1~6、11~12、25~28

ともあります。

1948年イスラエル独立宣言、1967年エルサレム奪還~これにより主イエスの再臨の舞台が整いました。

ただ注意していただきたいのは、現代のイスラエル国家と限らず、欧米を含めほとんどの国家の中枢は、NWOグローバリスト=フリーメーソン・イルミナティ=カヴァリスト=サタニストに支配されています。「イスラエルのやる事はすべて正しい」などと言う、極端で盲目的な信仰、考えもこれまたご法度。

イスラエル最高裁にあるシンボルを見れば明らかです、あまりにも露骨 --;・・・

   左上に1ドル札のピラミッド

   万物を見通すホルスの目

   定規とコンパスの噴水

   この建物はロスチャイルドによって企画、奉献

もっとも、現代と限らず、旧約時代のイスラエルの歴史は罪の歴史であって、言うなれば人類の縮図、けっして褒められたものではありませんでしたが。

要するに、聖書の一連の流れを見る限り、神の人類救済計画はユダヤ人から始まり、ユダヤ人がメシヤを拒絶した為(すべてのユダヤ人ではないが)に、救いが異邦人へと及び(教会時代)、ふたたび・・・終末の土壇場にユダヤ人が涙ながらに「イエスこそメシヤであった」と悔い改め、本当の意味での救いが完成に至ると私は信じます。

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »