2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 苦難に満ちているこの世 | トップページ | イラン(シリア)、アメリカ(英)、イスラエル、ロシア~まずは最優先的にマークせよ »

2019年6月25日 (火)

イランを何としても葬り去りたいアメリカという世界最大の暴力団国家

今現在、国際時事問題はシリアが気味悪いほど静か。

アメリカとイランがHot過ぎるくらいHot!

偽旗作戦がうまく行かず、イライラしているのか?超高額ドローン、グローバル・ホークがイランに撃墜され、怒り心頭、前代未聞の制裁を発表した。

それにしても国家元首であるハメネイ師を制裁対象にしたのは驚きとともに、やはりアメリカのパワー・エリート連中をウラから操っているのはサタンもしくは高位のデーモンなのだなと改めて実感。もっとも、イラン政府の重鎮連中も怪しいと言えば怪しいですがね。こちらにはこちらで、「ペルシャの君」がいるのでしょうかね?

もちろんイスラエル国家のパワー・エリート連中もご多分にもれず、パリサイ派サンヘドリンの流れを汲む、カバリスト=ユダヤ人のサタニスト連中でしょう。主イエスが「へびよ、マムシの子らよ」と糾弾したように(マタイ23章参照のこと)。

兵糧攻めをするつもりでしょう。絞り上げるだけ絞り上げて。

ふと私は気がついたのでした・・・ああ、あれは太平洋戦争前の日本の状況と似ていると。

どう逆立ちしても呑めない、妥協できないハル・ノート戦術と同じだと・・・その先にあるのは・・・パールハーバー、真珠湾攻撃。

次のアメリカ大統領選挙までイランが持ち堪えられるとは思えない。それすら五里霧中であるわけだし。

さて、イランは戦前の日本と同じ道を辿るのだろうか?

スケープ・ゴートにされるのは、何時の時代も弱者である無垢な一般市民・・・イランには命がけでキリスト者となった者もいるのです、イランでの改宗はまさしく死刑ととなり合わせなのです・・・

しかしながらエゼキエル書から判断するに、イランが壊滅的な打撃、国家崩壊、消滅と言う事にはならないと思うのだが・・・

そして、アメリカほど人類を殺戮して来た国家は歴史上ない・・・これまたエゼキエル書38章のメイン・プレーヤーにはならない事から、大きな付け払いが待っているのだろうか?その一方で、アメリカのキリスト者の中には手本とすべき立派な方々も大勢いる。彼らにはエスケープの道が残されていると信じたいです。

私はいつも思うのです・・・江戸時代末期、徳川慶喜の時のように、King of Kings 来るべきメシヤなるイエス=キリストに、無血開城、大政奉還とはいかないものかと。

否、サタンの忠実なる僕であるNWO連中がそんな事するはずがない。やはり聖書の預言を変える事は、人間には出来ないのだ。

この世の悪を根こそぎ取り除くには、とことんまでやりたい放題やらせる。他に方法はないのだろう、残念ながら。

« 苦難に満ちているこの世 | トップページ | イラン(シリア)、アメリカ(英)、イスラエル、ロシア~まずは最優先的にマークせよ »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

リヨン在住さん、いつも貴重な見解ありがとうございます。

>今のフランスの有り様からすると、マクロンが訪問した国は皆頭がやられると言った感じでしょうか? 日本もおそらく駄目になるでしょう。

→ええ、もう既に日本はダメになっていると感じます。
メディアは結構、マクロンと安倍の会見報道やってますよ。
これで益々、おかしくなったりして?

マクロン大統領が訪日中ですが、そっちは大丈夫ですか? 私は最近マクロンを見てると背後に赤い十字架があるように見えて感じてなりませんが、日本のテレビで映るマクロンはそう見ませんか?

多分、そうした雰囲気でユンケル委員長は完全に頭をやられれてしまったと思います。ユンケル委員長とメイ首相が欧州理事会(EUサミット)で養老院で後先がもうわずかの老人のように包容をかわしていますが、表情から見るとあれはユンケル委員長がメイ首相に(反キリストの帝国)EUを崩壊させてくれとメッセージを送っているのです。

今のフランスの有り様からすると、マクロンが訪問した国は皆頭がやられると言った感じでしょうか? 日本もおそらく駄目になるでしょう。多分、今回のG2大阪サミットはEUが(事実上の)「世界政府」になったと世界中の人間が認識する事になるのでしょうか?

反キリストの登場でフランスは事実上滅亡しましたが、今回のマクロン訪日で日本もそうなるかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 苦難に満ちているこの世 | トップページ | イラン(シリア)、アメリカ(英)、イスラエル、ロシア~まずは最優先的にマークせよ »