2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 今日は「復活祭」 | トップページ | 今度は本気か?イランをコーナーに追い詰めるアメリカ »

2019年4月26日 (金)

気になるマクロン発言~EU再編なるか?

ちょっとピン!と来た情報です。

https://jp.sputniknews.com/europe/201904266179780/

マクロン大統領:シェンゲン協定を見直し、加盟国を減らす必要がある

2019年04月26日 17:55

>フランスのマクロン大統領は記者会見で、シェンゲン協定を見直す必要があり、複数の加盟国が除外される可能性があるとの見方を示した。
~中略~
またマクロン氏は、改革後にはシェンゲン協定の加盟国が減少する可能性もあるとし、欧州に到着した移民の受け入れに参加していない国は除外される可能性もあると述べた。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ま、とりあえず今欧州の指導者で一番、話題に上る人物は、良くも悪くも?マクロン・フランス大統領であることに異論はないでしょう。
しかしながら、イエローベストデモの収束の兆しはなし、ノートルダム寺院は燃えちまう、大統領支持率低迷、結果フランス一国すらまとめられない --;?
もしかして?ひょっとしたら?などとデビュー当時は勘ぐられもしましたが、今の時点では、反キリストとしての器ではなさそう・・・

しかしEU加盟国を減らす・・・これは穿った見方をすれば、最終的に聖書の預言通りに、10ヶ国ないしは7ヶ国に収斂させるということではなかろうか?

そこで、私の独断と偏見である事を断っておいて、「偽バプテスマのヨハネ」の役割くらいは演じられるかも?などと・・・

1:1神の子イエス・キリストの福音のはじめ。
1:2預言者イザヤの書に、
「見よ、わたしは使をあなたの先につかわし、
あなたの道を整えさせるであろう。
1:3荒野で呼ばわる者の声がする、
『主の道を備えよ、
その道筋をまっすぐにせよ』」

マルコ 1:1~3

EUにはストルテンベルクNATO事務総長(ノルウェー)、ユンケル欧州委員会委員長(ルクセンブルク)と、アメリカのトランプ大統領よりも毛並み、血筋のいい実力者もいますし、パリ=ロスチャイルド家には次期ロスチャイルド家総帥候補である、アレクサンデル=ロスチャイルドがいます。またスイスには、世界最強の安定通貨と言われるスイス・フラン、ゴールドの番人でもあるパリ分家のベンジャミン=ロスチャイルドが控えてますね。

サタンはキリストの猿真似が得意ゆえ、可能性としてゼロとは言えないでしょう。敵の大将は人間じゃないわけだし。

こうして見ると、やはり反キリストの本命はヨーロッパから登場する気がしてならない・・・

« 今日は「復活祭」 | トップページ | 今度は本気か?イランをコーナーに追い詰めるアメリカ »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

私は一昨年の"マクロン大統領登場"こそ、"黙示録の第一の封印"が解かれた時だと思っています。

ザアカイさんにマクロンがフランス大統領に就任してから、如何にヨーロッパの霊的位相が激変したのか見て欲しいYOUTUBE 動画があります。

"FRANCE 24 English"、動画名"REPLAY - French president Emmanuel Macron addresses EU lawmakers"。

去年4月、マクロンが欧州議会で"初の演説"を行った時の動画です。全て見る余裕の無い時は、"8分16秒~8分20秒"、"12分04~08秒"頃のユンケル委員長の表情に注目して下さい。"マクロンが反キリストだ"と確信に至ったと私はこれで判断しました。

また11分31秒"頃の欧州緑の党に所属すると思われる議員か参考人の女性の表情も。

ちなみに黙示録の獣、十本の角と七つの頭を持つ龍と、その龍が権威を与える合わせ鏡で写したような七つの頭と十本の角を持つ豹に似た獣とは、"古代ローマ帝国"と"終末に現れる復興ローマ帝国"の事で、十本の角は(古代ローマ帝国を分割した)ゲルマン諸部族で、7つの頭とは(おそらく終末に並立する)七人のローマ皇帝達の事です。

この事はマクロンをフランス大統領に導いた"真の実力者"かつ"彼が考える世界統治機関の雛型としてEUを一人で設計した(ユダヤ人)ジャック·アタリ"の著書を見れば明らかになります。

私はジャック·アタリこそ、現在のフリーメイソンの帝王、"現代のアルバート·パイク"と見なしていますが···。

リヨン在住さん、貴重なコメントありがとうございます。
現地在住者の見解は、東洋の島国に住む人間とはまた違った視点で見ている事でしょうから。

ちょっと私は思い違いをしていたかもしれません。終末のEU帝国はヨーロッパ全土を支配下に置くのだろうから、最終的に7ヶ国、及びその指導者がコアとなり、その他は属州(とでも表現すべきか?)という形態を取るのではないか?と。
そしてダニエル書にある「一つの小さな角」が反キリストなる帝王なのでしょう。おそらくは政治家でしょう。

さしずめ、第二の獣は「ローマ教皇」が本命と見てますがね。

紹介いただいたユーチューブ動画見て来ましたが、ちと私には内容的に難しい英語で、よくわかりませんでした。
ユンケル委員長、欧州緑の党に所属すると思われる議員か参考人の女性の表情も・・・私が鈍いのかもしれませんがこれだけでは・・・う~む?

しかしながらさすが、ロスチャイルド銀行出身のエリートだけあってスピーチはお見事!
ジャック=アタリもさることながら、パリ=ロスチャイルド家の現総帥、ダヴィド=レネ=ロスチャイルドからも気に入れられていたのでしょうね。
私はあえて、結論は保留にさせていただきますね。
もうちょっと、時間をかけて見極めたいので。

ま、いずれにせよ、そう遠くないうちにはっきりする事と思われます。

貴重な情報、重ね重ね感謝いたします。
そして私の能力不足をお詫び申し上げます。

https://asspra.com/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2/1138/

プーチン大統領の影武者説をどう思いますか?

う~ん?・・・私も話には聞いていましたけど。
どうなんでしょう?
ただ、世界広しといえど現時点において、善し悪しは別にして、あれだけの能力を持った政治家って・・・そんな何人もいるものでしょうかねえ~?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は「復活祭」 | トップページ | 今度は本気か?イランをコーナーに追い詰めるアメリカ »