2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« If it were,possibility?~もし?・・・その可能性は? | トップページ | 復活の順序 »

2019年4月 8日 (月)

エゼキエル戦争はイコール第三次世界大戦なのか??

昨日見たユーチューブ動画。

https://www.youtube.com/watch?v=IAmGpMv8X0Y 

アルマゲドンの谷からのアミール師とジャック=ヒブス師のライブメッセージ。

もっとも印象に残ったのは、アミール師の「エゼキエル戦争は世界大戦ですよ」との発言・・・

私もエゼキエル38~39章はアミール師を知る以前から、散々、ダニエル書、黙示録とともに注目していた箇所でした。

フリーメーソン33階級であったアルバート=パイクがジュゼッペ=マッツィーニに宛てた手紙。

「世界を統一するには3度の世界大戦が必要だ」と言う書簡。

エゼキエル書のこの箇所をサラ~っと読むと、イスラエルをメインに書いているゆえ、ゴグ・マゴグ(ロシア)を筆頭とするイスラム連合軍がイスラエルに攻め込むという。しかし、スーパー・サイエンス的な神の介入により、イスラエルが勝利を得る・・・

しかしながら疑問に思っていたことがありました。果たして?NATO軍はどう出る?腐っても鯛、米軍はどう動く?

常識的に考えれば、地域紛争で済む訳がない。アメリカとロシアの二大軍事大国のバトルは必然ではないだろうか?と。

「はは~ん、アミール師もそう考えていたわけね」と、これで私も確信を得たような気になったのは他でもありません。

注;)ただし、アメリカとロシアが核を撃ち合うとは言って言ってません。

それとよく勘違いしている人が多いのですが、ハルマゲドン=ハル・メギドの丘から一望できるエズレル高原・・・ここに世界の軍隊が集結するのであって、ゼカリヤ書を併読すると、その攻撃の最大のターゲットはエルサレムと思われます。もちろん、2億超の軍隊が一斉にエルサレムに進軍するとは考えにくいので、エズレル高原を含んで?のエルサレム攻撃なのかなあ~?

もっと簡潔明瞭に率直に言うならば、反キリスト率いる世界の軍隊 VS 再臨のキリストと聖者 の構図です。おそらく瞬殺。モノの数秒もかからずに神の陣営の勝利です。

ちょっと話が脱線したので、戻りましょうか。

私の中での疑問の一つであった、「エゼキエル・ウォー=第三次世界大戦」の可能性の確率というかパーセンテージが高くなりました。

ただし、その時は近いかもしれないが、それが何時か?まではなかなか特定するのは難しい。

だいたい、選挙前だと言うのに、ネタニヤフがクレムリンに出向いてプーチンと会談しているのですから。

リビアにおいても国連が認めるセラジ首相率いるトリポリ政府に対し、東に陣取るハフタル将軍率いる軍事政権が西進し、トリポリを陥落させるべく、いくつかの地区を制圧したという情報も出てきています。リビアも動いてきたということでしょう。ハフタル将軍サイドにはロシアが手を突っ込んでいる、もちろんアメリカも黙っていない様子ですが、どうもロシアに分がありそうな気がする。リビアはプテですからね。

さて、ここに私の知る限り、二つの見解があります。

F・ディモーラ説~「イスラエルにはパレスチナ対策の壁が存在する。それはこれから起こる詩篇83篇の預言の成就によって取り除かれる。それからでないと舞台は整わない。」~詩篇83篇の預言・未成就説とでもしておきましょうか。

これに対しアミール説は~「詩篇83篇の預言は一連の中東戦争で成就している、ヨルダン、エジプト、サウジはもはやイスラエルの敵ではない。エゼキエル戦争の起爆剤はイザヤ17章のダマスカスの完璧なる崩壊、これによって、今はそれなりに、良好なロシアとの関係も急変するかもしれない」と。

現状を見る限り、私もアミール師の説に分があるように思っております。しかしタルシシの商人(イギリス)と若い獅子達(米、加、豪)、及びシヴァ・デダン(サウジ)~KJVを読むとよくわかります~は非難するだけに終わる・・・ような気が私にはしないのですよ・・・

米英はロシアにガチで戦いを挑む気がする。ましてや今現在のトランプの言動が本音であれば??尚更のような気がする。エルサレムはイスラエルの首都、ゴラン高原はイスラエル領と露骨にアナウンスしてますからね。ジャレッド=クシュナー、イヴァンカの娘婿夫妻が改宗派ユダヤ教徒だという事も忘れてはならないだろうし。

では、エルサレムの第三神殿建立、反キリストの登場時期はいつか?・・・おそらくはエゼキエルの大預言が成就した後ではないでしょうか?この混沌としたした情勢を、まるで本物のメシヤであるかのように解決し、「平和の君」として颯爽と登場するのでしょう。

あとラプチャー(携挙)は?という論点が残ってますが、今回はあえてスルーします。この前後が一つの候補時期となりそうな気がしないでもないのですが???・・・って!スルーしてねえじゃん --:?

なかなか物事は思うようには進みませんし、忍耐が必要な事でしょう。そもそもよく soon すぐ~の時間軸がこれまた神と人間では差異が大きそうですし --;

しかしながら、霊的備えだけは怠らずにですかね。

Are you serious? Give your life to Jesus Christ.HE is coming soon.~By ポール=べグレー牧師

救われてる?マラナタ~!~By 木下女史

46:9いにしえよりこのかたの事をおぼえよ。
わたしは神である、わたしのほかに神はない。
わたしは神である、わたしと等しい者はない。

46:10わたしは終りの事を初めから告げ、
まだなされない事を昔から告げて言う、
『わたしの計りごとは必ず成り、
わが目的をことごとくなし遂げる』と。

イザヤ46:9~10 

« If it were,possibility?~もし?・・・その可能性は? | トップページ | 復活の順序 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« If it were,possibility?~もし?・・・その可能性は? | トップページ | 復活の順序 »