2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月に作成された記事

2019年3月25日 (月)

世界の鍵を握るイスラエルとベネズエラ情勢

どうも使わせてもらっているココログ、リニューアルしてから評判が悪い・・・不具合は多いし、二フティーのブログ広場のコメント欄には「リニューワル」などと言う造語が登場 --;・・・確かに。「元に戻せ!」と言うコメも・・・これまた確かに!
と言うことで、本題へ。主なる論点は二つ。

Ⅰ ベネズエラ首都空港にロシア軍機、兵士と装備品輸送との報道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000028-jij_afp-int
3/25(月) 16:14配信

重要箇所一部抜粋~
>ベネズエラ当局はロシア機に関する情報を公開していない。AFPはカラカスにあるロシア大使館に取材を試みたが、回答は得られなかった。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やはり要注意のようですね、ロシアがベネズエラに軍隊を派遣、その詳細もまだはっきりしない・・・アメリカはグアイドを暫定大統領にしてマドゥロ政権転覆を目論んでいる・・・ここにも炎の導火線が一つ。
さて次です、毎度お馴染みなんですが、負傷者が出たことで今度の報復は前回より過激なものとなるような気配。

Ⅱ 緊急!ガザのロケット弾・民家直撃で負傷7人:テルアビブ周辺 2019.3.25(日本時間17:00)
http://mtolive.blog.fc2.com/blog-entry-1919.html

今は旧約聖書に登場するペリシテ人はいない、と言われてますが、見ているとなんかハマスなど、ペリシテ人のDNAを受け継いでいるような気すらしますね。
カタールからの財政支援金は、ハマスの幹部連中が着服してガザ地区の一般市民まで届かないらしい。電気も一日に数時間、かなりひどい状況のようです・・・当然、ガザの住民はハマスに対して怒りの矛先が向きますわね?そうした状況から目を逸らすために、イスラエルにロケット弾を打ち込んでいるという御仁もいますが・・・どこの国、組織もその上層部が腐敗しているのは古今東西、万国共通のようです。
結局のところ、悲惨なのは我々一般市民なんですね、悲しい事に。


914289001001489640360no


イスラエルも
米、ゴラン高原承認署名へ=イスラエル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000003-jij-m_est
3/25(月) 5:47配信

と、ご存知のように、北部と南部と二方面に警戒をしなければなりません。ま、極論を言えば、南部は放っておいてもいいとしても、北部はそうはいかないでしょう。シリア、ヘズボラ、イラン、トルコ、そしてロシアと・・・これは多いなる脅威になることでしょう。
そう言うわけで、こちらにも炎の導火線が既にセッティングされているわけですね。

私は最近時々思うのですが、あのトランプ大統領、良し悪しは別として、終末時計の秒針を進めるために神がセッティングした人物かもしれないと。

であるので、現代のイスラエル国家の再建、その過程、ウラがどうであれ、「偽ユダヤ人による偽イスラエル」と断定するのは早計であると、私は思うのです。確かに欧米NWOの思惑や、第二次世界大戦、ホロコーストの目的がイスラエルの再建に一躍かったとしてもです。
2000年近くも世界中に流浪の民として離散して、そのアイディンティティーを保ち、国家再建などと言うのはまず不可能なのだから。普通であれば、とうの昔に移住先の国家に同化するか、民族として絶滅していたと考えるのが常識でしょうからね。
すべてをコントロールするマエストロは主なる神なのだし、その思い計るところは、到底人知が及ばない場合だってあるでしょうから。
その答えはいずれわかることでしょう。

それから、米露 Showdown(対決)は避けられないような気がする・・・アメリカに巣食う金融マフィアと軍産マフィアを相手にトランプが勝てるとは私には思えない・・・そんなヤワな連中ではないでしょう? 
あとは来月の9日でしたっけ?に迫ったイスラエルのクネセト(国会)選挙の行方・・・ネタニヤフの右派リクードが主導権を握れるのか?
経済はリセッション入りしたと見ていいのでは?あまりにも災害が多すぎます。
平和なようで、あんがい一歩間違えると危ない状況なのです。

PS:うん?ココログ・・・記事を書いていて感じましたが、少しは使い勝手が良くなったか?否、なんでこんなに行間が開くの?
下手にいじると記事そのものをダメにするから、仕方がないか・・・とほほ。

やはり納得いかず、これで少しマトモになったかな?

2019年3月23日 (土)

ココログ記事投稿画面がリニューアル~はっきり言って改悪

試運転中~、はっきり言って使いづらくなった。

まったく持って意味のない投稿であることを断っておきます。

まだユーチューブ動画の貼り付けも出来ない。

画像の挿入をしてみようと思う。


次に「通常エディタ」画面からでないと、記事のコピペができないようなのです。

わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。先の天と地とは消え去り、海もなくなってしまった。

また、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために着飾った花嫁のように用意をととのえて、神のもとを出て、天から下って来るのを見た。

また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである」。

黙示録 21:1~4

そう言えば、トランプさんがイスラエルによるゴラン高原領有を宣言しました。
これが今後、どのような波紋を投げかけ、どう展開していくのか?
冬眠中の熊、ロシアは冬眠から醒めるのだろうか?

あ、そうそう、リンクの貼り付けはどうだろう?

http://8559.teacup.com/saviorcoming/bbs
やはり「リッチテキスト画面」からではコピペは無理・・・

13年近くココログ使っているので引っ越したくないしで。

さて、とりあえず投稿出来るか?出来なきゃ、ブログ終了?

続きを読む "ココログ記事投稿画面がリニューアル~はっきり言って改悪" »

2019年3月16日 (土)

本日の一口聖書

弟子たちを力づけ、信仰を持ちつづけるようにと奨励し、「わたしたちが神の国にはいるのには、多くの苦難を経なければならない」と語った。

使徒行伝 14:22

しかし、このことは知っておかねばならない。終りの時には、苦難の時代が来る。

第二テモテ 3:1

わたしは戦いをりっぱに戦いぬき、走るべき行程を走りつくし、信仰を守りとおした。
今や、義の冠がわたしを待っているばかりである。かの日には、公平な審判者である主が、それを授けて下さるであろう。わたしばかりではなく、主の出現を心から待ち望んでいたすべての人にも授けて下さるであろう。

第二テモテ 4:7~8

兄弟たちよ。わたしはすでに捕えたとは思っていない。ただこの一事を努めている。すなわち、後のものを忘れ、前のものに向かってからだを伸ばしつつ、
目標を目ざして走り、キリスト・イエスにおいて上に召して下さる神の賞与を得ようと努めているのである。

ピリピ書 3:13~14

あなたがたは、主にあっていつも喜びなさい。繰り返して言うが、喜びなさい。
あなたがたの寛容を、みんなの人に示しなさい。主は近い。
何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。
そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るであろう。

ピリピ書 4:4~7

* 結果、一口ではなくて、5口になってしまった --;・・・何故に人生とは、かくも厳しく辛いものなのだろうか?

私は思う、敵がイン・プラントした巧妙なる意訳、誤訳等もあるにはあるだろう、しかし大勢には影響がないと私は信じる!

聖書は全知全能の神により、当初からそのオールマイティーとも言える御力により守られて来たのだ!

聖書を少なくとも5回(としておこう^^;)通読した方であればわかるはず。あの芸術的ともいえる旧約から新約への聖書の「お見事!」としか言いようのない一連の流れ・・・

確かに矛盾的、解らない箇所もある。But! それは人間の浅はかな知恵、知識に過ぎないのではないか?

そもそも聖書には、その詳細が書かれていない箇所もあるし、すべてを語っているわけでもない・・・必ず、隠されている真理がある。しかしながら、何度かこのブログ上でも書きましたが、「人間の救い」には聖書一冊で必要充分なのです。

聖書こそ信仰の土台であると私は信じます・・・聖書はイエスを証しする。

2019年3月13日 (水)

ブレイク=タイム~アタックNO.1~最終回

私が小学生の頃・・・

ヒロインは鮎原こずえ・・・

時代を感じる・・・歳も感じる(笑)

いやあ~、巨人の星もそうだけど、熱い!!

生ぬるくてはやはりダメなのかな?

2019年3月 7日 (木)

ダニエル書の十本の角に関する一考察

昨日、アミール師のユーチューブ動画(掲示板の方に張り付けあり)を見ていて、興味深い点があった。

いわゆるダニエル書、黙示録に出てくる十本の角です。
一説には世界を10のブロックに分けて分割統治すると言う説もありますが、私的には、反キリストはヨーロッパからのユダヤ系の人物ではないか?と以前から考えていましたので、私はこちらの説を支持しております。

これは以前、別のソースからも耳にしたことがあります。何かと雑音が多いSDA(セブンスデイ・アドベンティスト教団)の動画からですが、すべてを否定するべきではないと思いますね。(個人としての)反キリストがローマ教皇、第二の獣がアメリカとする説には同意出来ませんが。

かつて、ロン=ワイアット氏が「モーセ契約の箱」はゴルゴダの丘(絶壁付近)、それも主イエスが磔刑に架けられた真下にあるという説を発表した経緯もありますし、私はこの信憑性はかなり高いと信じている。聖墳墓教会内の場所ではないと私は思う。

コンスタンティヌス帝の母君が好みにまかせて場所を特定したとする学者、先生もいることだし、コンスタンティヌス帝が見たという十字架はあの忌まわしき、「アンクー十字」であったという伝承もありますからね。

と話が逸れましたので本題へ。

アミール師によると、西ローマ帝国崩壊後(やがてその中枢地域は、カール大帝のフランク王国により統一されるわけですが)、東方面からゲルマン系民族を始めとして、西への大移動がありましたね。

世界史的に見ても、古代の10部族から3部族が消滅、もしくは同化して(注;これは私の推論)、7部族に収斂したのはヨーロッパだけだと言う。

ちょっとメモをしていたので転記してみます。

西ゴート族~スペイン

 

アングロサクソン族~イギリス

 

フランク族~フランス

 

アレマン族~ドイツ

 

ブルグンド族~スイス

 

ランゴバルド族~イタリア

 

スエビ族~ポルトガル

そして

ヘルール族

 

東ゴート族

 

バンダル族

は、消滅もしくは同化した可能性も私は否定せずで、合わせて10となり、マイナス3で、ダニエル書の記述の通り、「3本の角が抜け落ちて、そこから一本の小さい角(反キリストの事)が生えて来る」と。

個人的にはEU本部、タクシス家のベルギーを含むベネルクス3国、かつてのハプスブルグ帝国のオーストリアなども気になるところですが、まあいいでしょう --;

それから今はまだわかりませんが、その中心はイギリス(ブレグジット問題の落としどころはどうか?)ではなくフランス、ドイツとなるような気がします。実際に欧州連合軍構想が動き出していますから。

何でもドイツのペルガモン博物館には、古代ギリシャのゼウスの座(だったかな --;?)、イシュタル(セミラミスがオリジナルで、ビーナスその他の呼び名もセミラミスのことです)の門があるんだそうな。

そう、ニムロデ~セミラミス~タンムズ(クシュ~ニムロデ~セミラミス(ニムロデの母でクシュが結婚させ、出来た子がタンムズ)という汚らわしい近親相姦、偽りの三位一体を思い浮かべる方も多いでしょう。

フランスにはパリ=ロスチャイルド家、スイスにはパリ=ロスチャイルド分家がありますし、ロスチャイルド発祥の地はドイツのフランクフクトと来る。

南欧地区(スイスも?)は、イタリア出身のサヴォイ一族(ヴェネツィアの黒い貴族出身)が管理していると言っても過言ではないでしょうしね。

そういうわけで、おそらくフランスかドイツ、ダークホースとしてイタリアあたりから、反キリストは登場するのではないかなあ~?

いずれにせよ、そう遠くない将来に偽メシヤとして、世界から、もちろんイスラエルからも歓喜の声をもって、颯爽と登場するでしょう。

フランスのマクロン、オーストリアのクルツあたりが、よく話題には上がりますがさて?ノーコメントとしておきます^^;

真実はその時にはわかることでしょうから、今時点での私にわかる範囲でこの記事を書いてみた次第です。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »