2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月に作成された記事

2018年12月24日 (月)

Pastor Jon~最高だぜ!まさしく主の選びの器だぜ!

* 板の方には先に投稿しましたが、是非ともこの20分ほどの動画、拡散したくこちらにも。加筆、訂正箇所有り。

私は個人的に、このPastor Jon Couson が大好きです!
強え~!私もこうありたいと、彼の証しとメッセージを聞いて何度思った事か・・・
前妻と当時16歳の娘が先に交通事故で召され、今また愛息が先に召されようとされている。

なんか病気との闘いだったK牧師の晩年、前夜式での平安に満ちた御尊顔が、ご子息のピーター・ジョンさんとダブりました・・・
肉体の死は、栄光へと向かう旅立ちなのはアタマではわかっている、義の冠が待っているのだ。
しかし・・・そこまで理性的に、機械的に割り切れるほど、私は出来た人間でもないし、出来損ないのキリスト者。まったく成長しない反面教師的な恥さらし的存在です。
あの時も、またそのうち会えますよね、笑顔で見送ってさしあげようと思っていましたが、思わず天を仰いで涙が頬を濡らしてしまいましたっけ・・・

また、日本語訳をして下さっている木下女史には感謝以外の言葉が見つかりません。この場を借りて御礼を申し上げる次第です。

さて、パスター=ジョンはまだ健在ですが、先に天で待っているK牧師、K牧師夫人、そして漁師さんことM牧師・・・本当に、一歩間違えれば諸刃の剣であるウェッブ上を通して、主が情けない私に遣わして下さった牧師先生方・・・

私も早く再会したいし(漁師さんとは生でお会い出来なかったのが残念ですが)、生のコーソン師と会うのはおそらく物理的に、経済的に不可能だろうから、天では是非ともお会いしたい方の一人です。もちろん、彼のファミリーともですね。

主のなさることは素晴らしい!間違いなく、人智を超えた神の計画を信じる次第です・・・
たとえ今わからなくとも・・・きっとやがてわかる時が来ることでしょう。

 

2018年12月19日 (水)

ああ、エルサレム

23:37ああ、エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、おまえにつかわされた人たちを石で打ち殺す者よ。ちょうど、めんどりが翼の下にそのひなを集めるように、わたしはおまえの子らを幾たび集めようとしたことであろう。それだのに、おまえたちは応じようとしなかった。

23:38見よ、おまえたちの家は見捨てられてしまう。

23:39わたしは言っておく、
『主の御名によってきたる者に、祝福あれ』
とおまえたちが言う時までは、今後ふたたび、わたしに会うことはないであろう」。

マタイ23:37~39

6:1「さあ、わたしたちは主に帰ろう。
主はわたしたちをかき裂かれたが、またいやし、
わたしたちを打たれたが、
また包んでくださるからだ。

6:2主は、ふつかの後、わたしたちを生かし、
三日目にわたしたちを立たせられる。
わたしたちはみ前で生きる。

6:3わたしたちは主を知ろう、
せつに主を知ることを求めよう。
主はあしたの光のように必ず現れいで、
冬の雨のように、わたしたちに臨み、
春の雨のように地を潤される」。

ホセア6:2~3

レムナント・ユダヤ人の悔い改め、救いは再臨直前、ハルマゲドンの時なのだろうな、きっと。
なんでもイスラエルでのクリスチャン人口は2%くらいらしい。翻って日本は更に少数で0.7~1%くらいらしい・・・一人でも多くの日本人が救われんことを。
Panorama03

2018年12月 7日 (金)

パリは燃えているか??

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000001-jij_afp-int
エッフェル塔や美術館が8日に閉鎖へ抗議の暴徒化恐れ

 

どうも一般市民、民衆の怒りは治まらない模様。 日本にもかつては「土一揆、打ち壊し」と民衆の抵抗はあったが、やはり地理的にヨーロッパであるということ、国民性、歴史の重さの違いなのか? レベルが違い過ぎる・・・
なんせ1789年のフランス革命で、常識では考えられない、一国の国王、王妃(ルイ16世、マリー・アントワネット)を裁判にもかけずにギロチン刑に処した前科のある国なのだから。 むろん、フランス革命のウラには綿密なる計画があったわけだが。
マラー、ダントン、ロベスピエールに代表される「ジャコバン党」とは別名、「ヤコブの党」=サタンを神と崇拝するカバリスト系のユダヤ革命であって、ブルボン王朝打倒と言う目的があったのだ。
 
フランス=ブルボン家は、イギリス=ウィンザー家の源流と違い、ベネツィア起源の黒い貴族と言われるゲルフ家の血流じゃなかったからかな?そこまで調べてないのでわかりませんが --;
さて、フランスの混乱、どうなりますか? 今回は計画的なスポンサー付きの司令塔がいる動乱とも思えず? マクロンの運命やいかに~?
それとも?穿った見かたをするならば?マクロンに与えられたミッションとは?? ヨーロッパに救世主=反キリストを登場させるべく、地ならしをする偽バプテスマのヨハネ的なものなのか? 結論を出すにはまだ早いか・・・今しばし様子を見るのがベターかな?
ヨーロッパ各国の華麗で華やかな表の顔と、どす黒い反吐が出そうなウラの顔・・・
オ~♪シャンゼリゼー~♪ どころではないだろう。
こちらの方がフィットする?

 

28
 

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »