2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ジャマール=カシオギ氏に対する一考察 | トップページ | ハマスとの停戦が招いた~イスラエル連立与党が崩壊の危機へ »

2018年11月 2日 (金)

偽預言を鵜呑みにするな!

現代において、本物の預言者かどうか?

あまりにも軽率に「神が語られた」とか、「神に示された」・・・とか、口にしたり、ブログに書いたりする人がいる。
特に胡散臭いのが個人預言の類 --;

中には本物の預言も絶対にないとは言いませんが、あまりにもカリスマ系に傾倒しているクリスチャンをみているとウンザリとされられる・・・99.9%は自分の考え、思いを勝手に語っているだけではなかろうか?

判断基準として、以下の聖書箇所が、参考になろうかと。

18:20ただし預言者が、わたしが語れと命じないことを、わたしの名によってほしいままに語り、あるいは他の神々の名によって語るならば、その預言者は殺さなければならない』。
18:21あなたは心のうちに『われわれは、その言葉が主の言われたものでないと、どうして知り得ようか』と言うであろう。
18:22もし預言者があって、主の名によって語っても、その言葉が成就せず、またその事が起らない時は、それは主が語られた言葉ではなく、その預言者がほしいままに語ったのである。その預言者を恐れるに及ばない。

申命記18:20~22

28:8わたしと、あなたの先に出た預言者は、むかしから、多くの地と大きな国について、戦いと、ききんと、疫病の事を預言した。 28:9平和を預言する預言者は、その預言者の言葉が成就するとき、真実に主がその預言者をつかわされたのであることが知られるのだ」。

エレミヤ書28:8~9

真の預言者というものは、旧約の時代においても、現代においても、それはもう過酷な運命で、この世的視点からは決して天真爛漫な仕事人ではない。まさに命がけなのだ。

そうして考えてみると、かつて一世風靡した、ピーター=ワグナー、ベニー=ヒン、トッド=ベントレーなど聖霊の第三の波系の連中は、明らかなる偽預言者と言えますわね?!

アミール師などは、わざわざ「非預言者団体の者」などとアナウンスするくらい。「預言は聖書に書いてあるではないか」と。好感持てます。

結論として、自称=預言者にはロクなのがいないと独断と偏見で言わせていただきます。
それを鵜呑みにするクリスチャンもいかがなものかなあ~?ましてや牧師先生が偽預言に引っかかる、神がそう語った、などと言うと・・・私はそのような先生からはドン引きしますね。アタマの中がおめでたいとしか言いようがない --;

最後になりますが、この中川師の3分動画もお役に立つことでしょう。
今は終わりの時代、「蛇のように聡く、鳩のように素直であれ」ですよ。

« ジャマール=カシオギ氏に対する一考察 | トップページ | ハマスとの停戦が招いた~イスラエル連立与党が崩壊の危機へ »

宗教関連」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん御機嫌よう。
ちょうど、中川師の前の動画で、今までの歴史で、携挙したのは、エノクと、エリヤと、イエス様だけと言っていたので、上の記事を読んで閃いたような、閃きませんか?下の聖句は、次に携挙される全ての人に当てはまる?

ヨエル書 3章 1~2節
その後わたしはすべての人にわが霊を注ぐ。あなたたちの息子や娘は預言し老人は夢を見、若者は幻を見る。その日、わたしは奴隷となっている男女にもわが霊を注ぐ。

マラキ書  3章 16~17節
そのとき、主を畏れ敬う者たちが互いに語り合った。主は耳を傾けて聞かれた。  神の御前には、主を畏れ、  その御名を思う者のために記録の書が書き記された。わたしが備えているその日に彼らはわたしにとって宝となると万軍の主は言われる。人が自分に仕える  子  を憐れむようにわたしは彼らを憐れむ。


マラキ書 3章 23~24節
見よ、わたしは大いなる恐るべき主の日が来る前に預言者エリヤをあなたたちに遣わす。彼は 父 の心を子に 子 の心を父に向けさせる。わたしが来て、破滅をもってこの地を撃つことがないように。

レビさん、どうも。
な~る。
ヨエル書の↑の聖書箇所は、ペンテコステの時に既に成就してますね。
聖書のデュアリティーからすると、終末のどこかの時点で再び、起こる?のでしょうね。
でも今はまだ時至らずでしょう。
その時期がわかれば、何の苦労もないと思うのですがね。

そういう事ですか。ポールシフト→主の日みたいですね。

どうしたら神の声を聞くことができますか。

ヨエル書 3章 5節
しかし、主の御名を呼ぶ者は皆、救われる。主が言われたようにシオンの山、エルサレムには逃れ場があり  主が 呼ばれる 残りの者  はそこにいる。

残りの者の歌
http://otawara-church.com/?p=401

レビさん、どもです。
URLありがとうございます。
非常に参考になりました、重ね重ね感謝申し上げます。

本当に神からのものなのか、見分ける必要がありますね。

まさにこの聖書箇所がぴったりです。

「愛する者たち、どの霊も信じるのではなく、神から出た霊かどうかを確かめなさい。偽預言者が大勢世に出て来ているからです。 イエス・キリストが肉となって来られたということを公に言い表す霊は、すべて神から出たものです。このことによって、あなたがたは神の霊が分かります。 イエスのことを公に言い表さない霊はすべて、神から出ていません。これは、反キリストの霊です。かねてあなたがたは、その霊がやって来ると聞いていましたが、今や既に世に来ています。」
‭‭ヨハネの手紙一‬ ‭4:1-3‬ ‭新共同訳‬‬
http://bible.com/1819/1jn.4.1-3.新共同訳

ふみおさん、フォローありがとうございます。
ここの聖書箇所も頭の中にあったのですが、書き忘れました --;


ヨハネの手紙一 4章 20節
「神を愛している」と言いながら兄弟を憎む者がいれば、それは偽り者です。目に見える兄弟を愛さない者は、目に見えない神を愛することができません。

この場合の、兄弟とは、イエス・キリストを知りそこから出た、全ての宗教の事だと思います。モルモン教、エホバの証人、統一教会、偽預言者等、その上で、間違っていると思うなら、憎むのではなく、正しい方に教え諭す努力をする事の方が愛ではないかと思います。何故なら、羊と山羊を分けられるのは、イエス様だけだからです。

>モルモン教、エホバの証人、統一教会、偽預言者等、その上で、間違っていると思うなら、憎むのではなく、正しい方に教え諭す努力をする事の方が愛ではないかと思います。

→憎む必要はないと思いますけど、正しい信仰に教え諭すのは難しいですよ~

私の所にも月二くらいでエホバの証人の幹部の方が来てましたけど、絶対にイエスの神性を認めませんでした。のらりくらりとはぐらかしながら(笑)
「イエスは天使ミカエルです」と。

3ヶ月近く付き合いましたが、「これだけは譲れません!被造物じゃメシヤにはなれませんよ」
これが最後通牒となり以降、来なくなりました。

レビさん、CTラッセル、ジョセフ=スミス、ブリガム=ヤング、文鮮明は言わずモノかな、連中に関して調べる事をお勧めします。また、彼らの宗教の目的と役割を。
はっきり言いましょう、諜報活動と洗脳、世界人間牧場の創設です。

ま、中には村上密師のように、統一協会の欺瞞に気付いて脱会し、カルト被害者救済活動をしている牧師もいることなので、一刀両断に裁くことはいたしませんが。

それと、板の方に時々投稿してくれる元モルモン教徒の方もいますしね。彼も「何かがおかしい?」と気付いて離れたと証してましたっけ。

“ 神はモーセに言われた、「わたしは自分のあわれもうとする者をあわれみ、いつくしもうとする者を、いつくしむ」。
ゆえに、それは人間の意志や努力によるのではなく、ただ神のあわれみによるのである。”

ローマ書9:15~16

最終的にはここに収斂するのではないでしょうかね?

すいません。言いたかったのは、末端の信者の事でした。
言葉たらずでした。


エマニュエル·マクロンの「欧州軍」発言、日本でもニュースになったでしょうか?

私として、迂闊だったのは今年4月に欧州議会でのマクロンの演説の動画を紹介するのを忘れていた事。

ユンケル委員長を始め、多くの議員が「この世の終わり」が来た事を確信してたのが分かります。

もし、心の準備が出来たら、youtubeでもupされているのでご覧になって下さい。

ええ、なってますよ。
トランプ大統領がパリにてマクロン大統領を批判しているようですね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00000027-jij-n_ame
欧州軍創設は「侮辱的」=トランプ氏、フランスに不快感

これはほんの一例で、ほとんどのメインストリームメディアが報道してます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャマール=カシオギ氏に対する一考察 | トップページ | ハマスとの停戦が招いた~イスラエル連立与党が崩壊の危機へ »