2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 2018年9月 | トップページ

2018年10月に作成された記事

2018年10月11日 (木)

エゼキエルの大預言の伏兵なるリビア&スーダン

なんと言うタイムリーな!
昨日、私は板の方に↓のような投稿をしました。

プテ(リビア)情報  投稿者:ザアカイ  投稿日:2018年10月10日(水)12時04分44秒     返信・引用

http://blog.canpan.info/jig/archive/6768
NO:5261 10月11日 『ロシアがリビアもシリア方式取るか欧米懸念』 [2018年10月10日(Wed)]

>ロシアがリビアに武器と兵員を、送り込んでいるということが、欧米で問題になっている。ロシアはリビアもシリア方式で、問題を解決するつもりではないか、という懸念からだ。

~記事全文は上記URLへ~

何か時々刻々と聖書預言へと向かっているような・・・


https://8559.teacup.com/saviorcoming/bbs

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして本日。

https://www.youtube.com/watch?v=OgYfHP2pW1k
スペシャルアップデート 2018年10月10日
Behold Israel / ビホールド イスラエル

アミール師が、この情報を裏付けるメッセージをユーチューブにアップしています。

リビアにロシアが手を突っ込んでいるのは間違いない。私はリビアもチェック入れてましたので。
スーダンはイスラエルに武器庫を爆撃されて泣き寝入りしているということを、私は以前、この板かブログに書きました。スーダンの軍事力ではイスラエルに勝てるはずがなく。
アミール師もこの事件に関してメッセージ中で触れてます。

この恨み晴らさで置くべきか・・・
よって、クシュはいつでもスタンバイだろうと。
しかし、トルコが事実上のスーダンの宗主国だというのは知らなかった --;

後はリビア東部ハフタル将軍が動かしているベンガジ、トブルクの状況次第でしょうが(故カダフィの出来の良いと言われた息子、セイフ=イスラム氏も健在の模様で、南部砂漠に雲隠れして虎視眈々と復讐を狙っているという噂も --;?)。

いよいよ私達の生きているうちに、エゼキエルの大預言が成就する可能性が高くなってきました。
ロシア、イラン、トルコ、スーダン、リビア・・・前線基地がシリアときた。

「聖書の真実性」が証明されるのも時間の問題かもしれませんよ。主の元に帰りましょう、間に合ううちに・・・

38:17主なる神はこう言われる、わたしが昔、わがしもべイスラエルの預言者たちによって語ったのは、あなたのことではないか。すなわち彼らは、そのころ年久しく預言して、わたしはあなたを送って、彼らを攻めさせると言ったではないか。
38:18しかし主なる神は言われる、その日、すなわちゴグがイスラエルの地に攻め入る日に、わが怒りは現れる。 38:19わたしは、わがねたみと、燃えたつ怒りとをもって言う。その日には必ずイスラエルの地に、大いなる震動があり、
38:20海の魚、空の鳥、野の獣、すべての地に這うもの、地のおもてにあるすべての人は、わが前に打ち震える。また山々はくずれ、がけは落ち、すべての石がきは地に倒れる。
38:21主なる神は言われる、わたしはゴグに対し、すべての恐れを呼びよせる。すべての人のつるぎは、その兄弟に向けられる。
38:22わたしは疫病と流血とをもって彼をさばく。わたしはみなぎる雨と、ひょうと、火と、硫黄とを、彼とその軍隊および彼と共におる多くの民の上に降らせる。 38:23そしてわたしはわたしの大いなることと、わたしの聖なることとを、多くの国民の目に示す。そして彼らはわたしが主であることを悟る。

エゼキエル38:17~22

2018年10月 4日 (木)

アメリカの近未来~考えられるオプション

マタイ24章、ルカ21章の預言が現実と化しつつある世の中。

アメリカも水面下で内ゲバの権力闘争が始まっているようです。
トランプに送られた劇薬入りの郵便物、両親の470億円もの脱税幇助疑惑、元不倫相手とされるポルノ女優の暴露本とまあ~、盛り沢山で集中砲火ですわねえ~。

おそらくアメリカには3つのオプションが考えられます。

① 大自然災害~イエロー・ストーンの活動が活発化している模様。また、西海岸のサンアドレアス、中西部地域のニュー・マドリッド断層にも要注意。
  
② 内戦による連邦制国家の崩壊~FEMA CAMP

③ 米露最終決戦~Show Down!

のいずれかが考えられます・・・これに携挙が絡んでくるのでは?と・・・
最後にルカ伝21章から抜粋してみましょう。

日本を襲う台風の大型化かつ凶暴化、インドネシアを襲った大地震と津波、火山の噴火・・・そして、中東ではS-300(地対空ミサイル防御システム) VS F-35(メイドインUSAの最新型ステルス戦闘機) のバトルが見られるのだろうか?イドリブに非武装地帯を設置したはいいが、あのテロリスト連中が大人しく武器を捨てて退却するだろうか??はなはだ疑問である。

21:8イエスが言われた、「あなたがたは、惑わされないように気をつけなさい。多くの者がわたしの名を名のって現れ、自分がそれだとか、時が近づいたとか、言うであろう。彼らについて行くな。
21:9戦争と騒乱とのうわさを聞くときにも、おじ恐れるな。こうしたことはまず起らねばならないが、終りはすぐにはこない」。
21:10それから彼らに言われた、「民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。 21:11また大地震があり、あちこちに疫病やききんが起り、いろいろ恐ろしいことや天からの物すごい前兆があるであろう。

~中略~

21:25また日と月と星とに、しるしが現れるであろう。そして、地上では、諸国民が悩み、海と大波とのとどろきにおじ惑い、
21:26人々は世界に起ろうとする事を思い、恐怖と不安で気絶するであろう。もろもろの天体が揺り動かされるからである。
21:27そのとき、大いなる力と栄光とをもって、人の子が雲に乗って来るのを、人々は見るであろう。
21:28これらの事が起りはじめたら、身を起し頭をもたげなさい。あなたがたの救が近づいているのだから」。
21:29それから一つの譬を話された、「いちじくの木を、またすべての木を見なさい。
21:30はや芽を出せば、あなたがたはそれを見て、夏がすでに近いと、自分で気づくのである。
21:31このようにあなたがたも、これらの事が起るのを見たなら、神の国が近いのだとさとりなさい。
21:32よく聞いておきなさい。これらの事が、ことごとく起るまでは、この時代は滅びることがない。
21:33天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は決して滅びることがない。
 

« 2018年9月 | トップページ