2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月に作成された記事

2018年9月25日 (火)

イスラエルが追い込まれた?

http://blog.canpan.info/jig/archive/6749

NO:5246 9月26日『ロシアが始めた中東総支配への一歩』 [2018年09月25日(Tue)]

ロシアのプーチン大統領は、シリアにおける自国の関与が、大きな成果を挙げたことを踏まえ、思い切った新方針を、打ち出し始めているのかもしれない。ロシアは東地中海とシリアの領空を、すべて電子管理することを決めたのだ。

 

このシステムが作動し始めると、この領域を飛ぶ航空機の、衛星ナビゲーションは使えなくなり、機内に積まれたレーダーや、通信システムも、作動不可能となるということだ。それはロシア軍の電子対抗機能が、非常に高いレベルであることから、疑う余地もあるまい。

 

加えて、ロシア政府はシリアに対して、S300ミサイルを今後2週間以内に、引き渡すと発表した。このS300ミサイルが、シリアの手に渡れば、シリアの空域に外国のミサイルや、戦闘機が侵入すれば、たちまちにして、撃墜されることになろう。

 

この二つのシステムが稼働し始めれば、たとえアメリカと言えども、容易にシリアやロシアに手をだすわけには、いかなくなるということだ。もちろん、イスラエルもしかりであろう。

 

そこで問題になるのは、シリアやロシアと良好な関係にある、レバノンのヘズブラやイランの革命防衛隊は、この新システムによって妨害、阻止されるとは限らないという点だ。ヘズブラと革命防衛隊は、我が物顔で行動できるように、なるのではないのか。

 

そうなれば、このシステムの導入はイスラエルにとって、極めて危険な状況を生み出す、ということになる。しかも、イスラエルと国境を接する、シリアの南部には相当数の革命防衛隊員や、ヘズブラのメンバーがおり、彼らはミサイルを所有しているのだ。

 

その危険な状態にあるイスラエルを、アメリカが守ろうとして、地中海海域で動き出せば、ロシアはそれを阻止する動き、出る可能性があろう。アメリカとて手無益な戦闘を、ロシアと始めるつもりはなかろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先だってのロシア機撃墜事件に対してロシアが動いた模様。

実質的な飛行禁止区域の設定と言っていいでしょう。

これでイスラエルも堂々と??シリアに対して手を出せなくなるかもしれません。

以前、藤原ネットラジオで「中東でロシアは電子戦を掌握した」と話してましたが、どうやら本当らしいです。

さて今後、イスラエルはどう出るか?指をくわえて傍観しているような国とも思えず・・・

2018年9月20日 (木)

ロシアがシリア空域にノー・フライ・ゾーン(飛行禁止空域)を設定するって??

シリア、イドリブの総攻撃が懸念されていましたが、トルコとロシアのトップ会談の結果、回避。
「非武装地帯を設定する」ということでとりあえずは危機が遠のいたと思いきや --;

↓ 間髪いれずに以下のような事故?作為犯的攻撃?がありました。

ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000083-jij-m_est
シリア沖でロシア軍機撃墜=イスラエルに「原因」と非難

9/18(火) 18:03配信

【モスクワ時事】ロシア国防省は18日、シリア沖の地中海で17日夜にロシア軍機がシリア政権軍の地対空ミサイルの誤射で撃墜され、兵士15人が死亡したと発表した。

 ロシアを後ろ盾とするシリア政権軍がイスラエル軍の攻撃に対応していた際に起きており、国防省は「イスラエル軍の無責任な行動の結果」と強く非難した。

 一方、ロシアのプーチン大統領は18日、「このような悲劇的な状況で人が亡くなるのは常に不幸なことだ」と述べたが、イスラエルを直接非難することは避けた。中東情勢をめぐりプーチン氏はイスラエルのネタニヤフ首相と頻繁に会談を重ねており、事態が先鋭化しないよう配慮した可能性がある。

 ロシア国防省によると、イスラエル軍のF16戦闘機4機が17日夜にシリア北西部ラタキア近郊の標的を攻撃。ロシア軍機IL20はラタキア近郊ヘメイミームのロシア空軍基地に戻る途中だった。

 国防省は、イスラエルの戦闘機がロシア軍機を盾にしてシリア政権軍の地対空ミサイル攻撃を防いでいたと主張。イスラエルがロシア側に攻撃を通告したのは攻撃の約1分前だったとし、「われわれは相応の報復措置を取る権利を持つ」と表明した。

 タス通信によると、ロシアのショイグ国防相は18日、イスラエルのリーベルマン国防相と電話会談し、撃墜について抗議した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さ~て、戦後の日本とは違った意味で、「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び・・・」でここまでやって来たロシア。

おそらく怒り心頭でしょう。そしてロシア軍部にもおそらくは不満が溜まっているだろうし、核戦争回避の努力は評価されるべきでしょうが、忍耐しすぎると腰抜け呼ばわりされるし、プーチン失脚の可能性まで言及されるようになってきた、当然でしょう。

おまけに今回の軍事作戦にはフランスの海軍が参戦しているというではないですか。

そんな折、未確認、確実なる裏付けのある情報とは言えないのですが、ロシアがイスラエルに対する報復として、シリア上空からレバノン一帯において、飛行禁止空域を設けるという話が。

そうなった場合、コメントしてますが、「イスラエルは大人しく従うだろうか?」、「ロシアは本当にイスラエル戦闘機を撃ち落すのか?」という疑問も・・・確かに。

何はともあれ、この案件は、今後のイスラエルとロシアとの関係を見極めるうえで重要なことには間違いなし。ここは焦らずに、結論を急がず、慎重にワッチしましょう。

ゴグとマゴグに関係しますゆえ・・・

なお、イスラエルのやることは何でも許されると勘違いしている頭がイカれ、知ったかぶりの、のぼせ上がった和製シオニストがいますが、イスラエルのクリスチャン人口は2%ほどらしい。
誰が伝道したわけでもないのに、イエスをメシヤと認めるメサニック・ジューが増加し、「イエスこそメシヤだった」と遺言した、故カドリ師のようなウルトラ・オーソドクス・ジューのラビだっています。また、神による人類の救済計画がユダヤ人から始まりユダヤ人で終わるということに異論はない。
愛すべき素晴らしい働きをしているユダヤ人もそりゃ、たくさんいますよ。

しかしながら、ゼカリヤ書12,13章やマタイ伝23:37~39(他にもありますが)を読めばわかるように、ユダヤ人のマジョリティーが心底悔い改め、神の民として立ち返るのは主イエスの地上再臨の時。「エルサレムのために祈れ」に対しても異論はない。

シオニスト・イスラエル政府はNWO=フリー・メーソン=イルミナティに乗っ取られてますよ。そのシンボルたる「万物を見通すルシファーの目」はイスラエル最高裁、聖墳墓教会他あちこちに散りばめられています。
欧米のユダヤ国際金融財閥、ロスチャイルド、ロックフェラー、モルガン、ジョージ=ソロス、キッシンジャー、IT関係ではグーグル、FBのザッカーバーグ、故人ではブレジンスキーなど、明らかなる背信のユダヤ人サタニスト連中じゃないですか。闇の部分を見ずして、イスラエル・マンセー!を唱えるのはおかしいと言わざるを得ません。実際に世の中はあの「シオン長老の議定書」の通りになって来ているではないですか。偽書だと否定する人は勝手にそう思っていればいいですがね。

かと言って反対に、何でもかんでもアンチ=セミティズム、偽ユダヤ人とするのもこれまた極端な発想でしょう。物事はある程度、客観的にニュートラルに見るべきです。

確か民数記だったかな?「二本の銀で造ったラッパ(銀は金に対して不完全を意味する)」が、イスラエルと教会の予表、たとえであるとの説にも異論なしです。そういった意味では親ユダヤとも言えるのです。

話が脱線した --;

最後に英語のわかる方、参考として、8分ほどなので動画を貼り付けておきます。残念ながら日本語字幕はありません --;

2018年9月 9日 (日)

ユダヤ歴新年=5779~ラッパの祭り

本日の日没より通称「ラッパの祭り」=ユダヤ歴新年、ロシュ=ハシャナーとなります。
毎年、このユダヤの秋の例祭の時期になると「いよいよ携挙か!?」と騒ぎ立てる人がいますが、あまり意味はないと私は考えます、やめましょう(笑)
「終末疲労」が悪化するだけです --;
確かに春の一連の祭り~過ぎ越し、種入れぬパンの祭り、初穂の祭り、ペンテコステは、イエスの十字架刑による死(贖い)、復活、聖霊降臨により、主の初臨の時に成就しました(レビ記23章を参照下さい)。
しかし秋の一連の祭り、ラッパの祭り、贖罪日、仮庵の祭り、要するに携挙、再臨、千年王国の予表はまだ成就してません。
ただ今年の秋の違うところは、今注目すべきシリア(世のほとんどの人、及び日本人は遠い異国の地くらいにしか考えてない)が、いよいよ最終コーナーを回るかもしれない情勢。
アメリカが仕掛けたアラブの春というペテン、その走狗であるIS、アル・ヌスラなどのテロリストたちの最終討伐を敢行すべく、いよいよロシア航空宇宙軍が北西部のイドリブで空爆を始めました。地中海にもロシア黒海艦隊、北方艦隊から海軍網が張り巡らされています。
あのピンポイント爆撃の正確性で、その攻撃性能の高さを見せたカスピ小艦隊もスタンバイOKとのこと。
「シリア軍は化学兵器を使う」、いや「ホワイトヘルメットなどを使ったアメリカによるシリア侵略の為の口実造りの偽旗作戦だ」と、情報戦も盛んです。
ちなみに私は、今までの経緯からして、後者じゃないかと見ております。
私はプロ=イスラエルでもアンチ=イスラエルでもありません、客観的視点で考察しているつもりです。
実際にユーフラテス東岸、クルド人地区に軍事基地をシリア政府に無許可で築き上げて陣取っていること事態、違法駐留以外のナニモノでもない、ここは石油が出るから。
そういうわけで今はまだ、ロシア空軍がジャブ空爆を始めたばかりで、アメリカ軍が今後、どう動くか?あのトランプ政権内でみんな追放された中で唯一マトモなマティス国防長官も解任のうわさがあるとか。
携挙抜きにしても、今年の秋はホットになるかも知れないので、シートベルトの用意くらいはお忘れなく。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »