2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ロシア弱腰説、トランプの恫喝に恐れをなしたと言われるが? | トップページ | 中東の火薬庫と化したシリア~危機はまだ終わっていない »

2018年4月15日 (日)

シリア情勢~今後

シリア情勢、最悪のシナリオはひとまず回避されたようで。

本日は手抜き、でも石堂女史のブログ「オリーブ山便り」に重要なことが書いてあったので紹介します。

http://mtolive.blog.fc2.com/blog-entry-1755.html

一部抜粋~

<石のひとりごと:今後について>

今後どうなるかだが、残念ながら、予測不能な中東に加えて、予測不能なトランプ大統領が、世界を動かしている。専門家でも予測を述べられる人はいないだろう。

米露が戦争を始める可能性は、まだまだ残されているが、それ以上に、イスラエルとイランが戦争となり、ヒズビラが山のようにミサイルを飛ばしてきて、アメリカが介入。米露の戦争に発展していくシナリオの方が可能性は高いかもしれない。

そうなれば、ロシアとイランと同盟になっているトルコも介入してくるだろう。いよいよゴグ・マゴグの戦いの気配だが、そうなると、イスラエルにはまもなく大きな地震が発生し、中東は大混乱になるということである。(エゼキエル38章)

しかし、今は一応落ち着いている。今日の聖書箇所には次のように書いてあった。

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなた方は救われ、落ち着いて信頼すれば、あなた方は力を得る。」イザヤ書30:15

追記~

スプートニクの報道によると、さっそく?

シリア北部アレッポで爆発が発生、少なくとも20人が死亡した。15日、CNN Türkテレビ局が報じた。

スプートニク日本

同局によれば、爆発が起きたのはアレッポ南部のイランの練習キャンプ。キャンプ近郊では戦闘機が捕捉されたが、戦闘機の国籍は不明という。

https://jp.sputniknews.com/incidents/201804154784308/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イランの練習キャンプというのが気になるが・・・

だいぶ慎重に記事を書くようになったが、まだまだ未熟で申し訳ないです。

« ロシア弱腰説、トランプの恫喝に恐れをなしたと言われるが? | トップページ | 中東の火薬庫と化したシリア~危機はまだ終わっていない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさんを始め皆さん、殉教する準備は出来たでしょうか?

私は今の人間は「携挙」ではなく、「殉教」によってのみ(666の刻印を身体に焼かれることを拒絶すること)救われる事が可能だと思ってますが、私達は肉体の死より、魂の死(second death)を本当は怖れなくてはならないのです。

世界に悪を見いだす事態が、原罪であり、それを融解させるのは「許し」、もしくは「イエス·キリスト」の許しです。人間の心が調和を乱す。

アメリカやロシアではなく、ヨーロッパに注目してください。

ヨーロッパでは、EUが「復活ローマ帝国」だと認識されるような、と言うよりは確信させらるニュースが毎日伝えられています。

つい10日ほど前にも、ストラスブールの欧州議会(バベルの塔をモチーフにした)でそれを目撃させるような事件が起きました。

また1年半井内に欧州委員会が、単一欧州軍を設置する計画に着手したと言う報道もありました。

リヨン在住さん、ヨーロッパの情報ありがとうございます。

私も反キリストはヨーロッパからの説を支持するものです。
ダニエル9:27の成就までは、まだひと悶着、ふた悶着ありそうな気がしますが、EUにその先は行き着くのでしょうね。

また情報がありましたら、遠慮なく書き込んで下さい。

もうこの世に未練はありませんので(せめて家族だけでもキリストの福音を受け入れて欲しいものですが)、すべてを主の御手にですね。

リヨン在住さんへ

教会時代に生きる私達は、殉教によって救われるのではなく、イエスキリストの福音を信じる信仰のみによって救われます(信仰義認)。

もしも殉教によって救われるとしたら、今生きている私達はまだ誰も救われていないことになります。

信仰義認が適用されず、殉教による義認が求められるのは大患難時代の間で、大患難時代の前半の3年半はイエスを信じるだけで殺され、後半の3年半は獣の像を拝まず、獣の刻印を拒否することによって殺されます(黙20:4)。

教会時代の終了は携挙で、大患難時代の始まりは反キリストとイスラエルの7年間の契約です。

今はまだ反キリストがイスラエルと契約を結んでいないため、大患難時代は始まっていません。

反キリストが登場するのは聖霊内住のクリスチャンが地上から取り去られた後です(∥テサ2:7)。
このときに、教会時代のすべての聖徒が復活します。


くるみさんへ

携挙を信じるのは自由ですが、私は自分たちだけが助かれば良い、と言う一部の独善的なプロテスタント系「教会」の人々の態度に非常に疑問を感じているのです。

『再臨のキリスト』は、この世、旧世界を滅ぼす為にやって来られる。キリスト者なら、この見解に疑問をお持ちでしょうか?

また、キリスト者なら、イエス·キリストも神も我々より遥かに慈悲の心、思いやりの心がある事に疑問をお持ちでしょうか?

この世界は不治の病に冒されているとは言え、多種多様の生命に満ちあふれています。仕方なく滅ぼされる命(イスラエルびとへの「陶器の例え」、をここで挙げるのは不謹慎かもしれませんが、人なら出来の善し悪しは心でしょうか?)の立場を全く考慮せずに、携挙を声高に主張する人ほど、真っ先に取り除かれると、『再臨のキリスト』の立場になったら理解出来ませんか? 滅ぼされる命も、あなたと同じ神の被造物です。神から見たら本来は全て被造物は自分の似姿。あなたが思っているよりも遥かに価値ある存在です。

何事もそうですが、聖書は、局部に囚われずに、全体の文脈の中で理解する必要があります。

神は旧約では、「主の日」を待ち望んでもいけないとも言ってるのです。

テサロニケから引用から本当に私は携挙が起きるのかは疑問ですが、イエス·キリストの花嫁の例えから、たとえ艱難期に地上にいても、神に選ばれた人々は聖別され安全に艱難期も過ごす事が出来(誰からもそうだと分かり)、聖別されなかった圧倒的な人々は恐怖と恥で街を歩くのでさえもはばかられる、と言った事態は確実に起きる、と思っていたりします。

そして、それは間近ではないかと。

ザアカイさんへ

”せめて家族だけでもキリストの福音を受け入れて欲しいものですが“

こうした思いはキリスト者共通の悩みのようですね。あなたの悩みが解決しますように!

『イエス·キリスト』はアルファであり、オメガであられるお方。宇宙の始まりから終焉までの全てを知っておられるお方。

神は“Be holy, because I am holy “, イスラエルびとに『私のように神聖になれ』ともおっしゃっています。

宇宙の始まりから終焉まで全てを知ってしまう事、今の人間からすると、その絶対の孤独を神と共有すると言う意味においてどれほど勇気がいることなのでしょうか?

かつて出会った神学の本で、神は自分の友として人間を創造した、と言う解釈に感動しましたが、この神の絶対の孤独を察する事が、救う、救われない、かというより最近は重要じゃないかと思ったりしています。

絶対の孤独を知る勇気の無い者は(今の人間は何十億年も一人で過ごす事に耐えられるでしょうか?)、神を求めるな、でしょうか?

 あなたの民と、あなたの聖なる町については、七十週が定められています。
 これはとがを終らせ、罪に終りを告げ、不義をあがない、永遠の義をもたらし、幻と預言者を封じ、いと聖なる者に油を注ぐためです。
 それゆえ、エルサレムを建て直せという命令が出てから、メシヤなるひとりの君が来るまで、七週と六十二週あることを知り、かつ悟りなさい。
 その間に、しかも不安な時代に、エルサレムは広場と街路とをもって、建て直されるでしょう。
 その六十二週の後にメシヤは断たれるでしょう。ただし自分のためにではありません。
 またきたるべき君の民は、町と聖所とを滅ぼすでしょう。その終りは洪水のように臨むでしょう。
 そしてその終りまで戦争が続き、荒廃は定められています。
 彼は一週の間多くの者と、堅く契約を結ぶでしょう。そして彼はその週の半ばに、犠牲と供え物とを廃するでしょう。また荒す者が憎むべき者の翼に乗って来るでしょう。
 こうしてついにその定まった終りが、その荒す者の上に注がれるのです」。 (ダニエル 9:24-27)

別解釈
くるみさんはじめまして、レビと申します。
ダニエル書のこの章に使われている全ての君というのは、イエス様の事だとすると7年間の契約は、イエス様との契約という事に成ります。つまり、ここでは、君と荒す者と憎むべき者の3人が出てくるという事です。
そうすると、僕は、この契約というのは、黙示録の額に天の父の神の名(ヘブライ語)とイエス様(ギリシャ語または、アラム語)の印を押す事だと考えます。


リヨン在住さんへ

コメントの返信ありがとうございます。
聖書の解釈は様々ですが、結局は真理のみが成就するのだと思います。
もしも携挙がクリスチャン達の独善的な願望ならば起こらないでしょうし、神の真実の約束ならば成就するでしょう。
神は御自分の約束を絶対に守る方です。
世界は人間中心ではなく神中心ですから、私達の願いに関係なく主の御心のみが成就します。
そして、神の御心は聖書に記されています。


レビさんへ

コメントありがとうございます。
私は不勉強なもので、聖書のすべての神学的な解釈は存じ上げません。
聖書研究をするならば、中川健一牧師のハーベストタイムをお薦め致します。
牧師さんに聖書解釈について考えを述べたり質問されるのも良いかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシア弱腰説、トランプの恫喝に恐れをなしたと言われるが? | トップページ | 中東の火薬庫と化したシリア~危機はまだ終わっていない »