2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ロンドン VS モスクワ | トップページ | ロシア弱腰説、トランプの恫喝に恐れをなしたと言われるが? »

2018年4月11日 (水)

軍靴の足音が聞こえる・・・アラーミング・シリア

4/12:追記

読み返してみたところ一部、誤解を招きかねない箇所がありましたが、戦争勃発の日時を指定する意図はありません。
今度ばかりは、可能性は低いかもしれませんが、トランプお得意のブラフ?的発言もありそうだし・・・これまた可能性は低いでしょうが「や~めた」とはならないでしょうけど?
相手が相手だけに、アメリカと言えどもそう簡単に即軍事行動に打って出るとも思えませんので。しかしながら、やるとなったら「時間はたっぷりある」とも思えません・・・

お詫びと訂正を兼ねて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今度ばかりは本気でヤバイかもしれない、シートベルトの準備を。

17:1ダマスコについての託宣。
見よ、ダマスコは町の姿を失って、荒塚となる。
17:2その町々はとこしえに捨てられ、
家畜の群れの住む所となって、伏しやすむが、
これを脅かす者はない。

イザヤ 17:1

49:23ダマスコの事について、
「ハマテとアルパデは、うろたえている、
彼らは悪いおとずれを聞いたからだ。
彼らは勇気を失い、
穏やかになることのできない海のように悩む。
49:24ダマスコは弱り、身をめぐらして逃げた、
恐怖に襲われている。
子を産む女に臨むように痛みと悲しみと彼に臨む。
49:25ああ、名ある町、楽しい町は捨てられる。
49:26それゆえ、その日に、若い者は、広場に倒れ、
兵士はことごとく滅ぼされると
万軍の主は言われる。
49:27わたしはダマスコの城壁の上に火を燃やし、
ベネハダデの宮殿を焼き尽す」。

エレミヤ 49:23~27

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

対シリア合同軍事行動の可能性か 米英仏首脳が連携強化
4月11日 11時42分

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180411/k10011398561000.html

欧州国際機関 “72時間以内飛行注意を” シリア情勢緊迫で
4月11日 11時44分

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180411/k10011398581000.html

トランプ米大統領が南米公式訪問をキャンセル シリア化学兵器疑惑で
4/11(水) 12:40配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-43721763-bbc-int

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シリア、イラン、イスラエルばかりではなく、米露に加え、英仏まで出張る模様。

東地中海、コーカサス地方を中心に、アメリカとロシアは戦争の準備が整っていて、臨戦態勢が完了、スタンバっているという・・・

また、目的はわからないとしながら、アメリカ空母=ハリー・S・トルーマン率いる空母打撃軍が、母港バージニア州から地中海に向かって出航したとスプートニクが報じている。

私ごときには、なってみないとわからないが、これは一週間、一ヶ月先の話ではなく、48~72時間以内の話であるという。

こりゃ、北朝鮮核問題は後回しになりそう、いくらアメリカでも両面作戦は無理でしょう。何せ相手がロシアなのだから。

中東エリアだけにおさまるとも限らず、エスカレートしたらロシアとアメリカ間でICBMの撃ち合い、または海底からのSLBMの攻撃もあるかもしれない。EMP爆弾というブラック・アウトする恐ろしい兵器まであるしで。そうはなって欲しくないところですが・・・

今こそ霊的備えを。

全知全能、万物の創造主である父なる神(YHWH)、受肉され人となり(初臨)、十字架上で全人類の罪を贖われ(贖罪)、死んで葬られ、三日目に甦られ(復活)、昇天され、再び来られると約束(再臨)されたイエス=キリストこそ唯一の希望であると私は信じます。

最後に使徒信条を。

使徒信条

我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず。

我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。

主は聖霊によりてやどり、おとめマリヤより生まれ、

ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、

死にて葬られ、陰府にくだり、三日目に死人の内よりよみがえり、

天にのぼり、全能の父なる神の右に座したまえり。

かしこよりきたりて生ける者と死にたる者とを審きたまわん。

我は聖霊を信ず、聖なる公同の教会、聖徒の交わり、罪のゆるし、

からだのよみがえり、とこしえの命を信ず。

アーメン

« ロンドン VS モスクワ | トップページ | ロシア弱腰説、トランプの恫喝に恐れをなしたと言われるが? »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

アメリカがシリアを攻撃したら、ダマスカスは文字通り廃墟になりますね、、。もしイスラエルも参戦したら、まさにエゼキエル38章が成就されますね。
携挙がとても近いと思います!

Fumioさん、コメントありがとうございます。

これは私の推論ですが、エゼキエルの大預言も関わっている可能性が高いと思ってます。
いつ、どのようなかたちかは、今回の場合、不確定要素が多すぎるのでなんとも言えませんが。

キプロスの英空軍機が臨戦態勢に入ったとスプートニクが報じているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロンドン VS モスクワ | トップページ | ロシア弱腰説、トランプの恫喝に恐れをなしたと言われるが? »