2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 久々に?ザアカイ=レポート | トップページ | アメリカ大使館、5月にエルサレム移転 »

2018年2月10日 (土)

イスラエル北部のテンションが上がっている~要注意

平昌冬季オリンピックが始まり、極東は政治的思惑も絡み、米韓北と日本もか・・・お互いに腹の探り合い、情報戦、駆け引き状態でしょうが、中東情勢(冬季オリンピックには関係ないだろうし)が緊迫の度を増してきているようです。

仮想通貨市場は言わずものかな、NY市場も乱降下激しく、この先、経済テロの可能性ありで、もういい加減にしてくれよ!!と言いたいところです。マモン教(拝金教)に取り付かれた人類の哀れな姿・・・と言うか、本質か?・・・この世の君のやりたい放題・・・あ~、絶句!

さて、簡単には無視できない情報を列記しておきます。

http://www.sankei.com/world/news/180210/wor1802100035-n1.html
イランの無人機撃墜 イスラエル軍

↑と関連して、これはリンクのみより、記事内容を引用した方がいいでしょう。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180210/k10011324091000.html
イスラエル軍戦闘機 シリア越境攻撃で反撃受け墜落

2月10日 18時45分

>イスラエル軍の戦闘機が隣国シリアへの越境攻撃を行ったところ、逆にシリア側の反撃を受けて墜落し、その後、イスラエル軍はさらなる攻撃に乗り出していて、双方の軍事的な緊張が高まっています。

イスラエル軍は10日、シリアの軍事施設に越境攻撃を行っていたF16戦闘機1機が、シリア側の地対空ミサイルの反撃を受け墜落したと発表しました。
戦闘機はイスラエル領内に戻って墜落し、パイロットら2人は脱出したものの、けがをして手当てを受けているということです。

この越境攻撃についてイスラエル軍は「シリア側からイラン製の無人機が飛来したことから、これを迎撃したうえでシリア国内にあるイランの軍事施設を攻撃したものだ」と説明しています。

これに対してシリアの国営テレビは「軍事基地を攻撃するイスラエル側に反撃し、複数の戦闘機を撃墜した」と反撃の成果を強調しています。

イスラエルは、敵対するイランがシリア内戦に介入したあともシリア南部に居座り軍事拠点を築いているとして、これまでもたびたび越境攻撃を行っていますが、イスラエル軍の戦闘機が反撃を受け墜落するのは異例です。

その後、イスラエル軍はシリア国内の合わせて12か所にさらなる攻撃を行ったことを明らかにし、シリア側もこれに反撃しているもようで、双方の軍事的な緊張が高まっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これらのことを裏付けるように、知る人ぞ知るアミール氏の短いユーチューブ・アップデイト。
残念ながら、日本語字幕版はまだのようです。興味ある方は先取りでどうぞ。


*それにしてもイスラエルがF-16戦闘機が撃墜されたと認めて、アナウンスするのは異例ではないかな??
かなりアタマに血が昇っているかもしれない・・・本気でやるつもりなのだろうか??

聖書預言的には、まずはヒズボラ(レバノン)、シリアでしょう、イランはいましばし、黒幕として活動をするのだろう。

« 久々に?ザアカイ=レポート | トップページ | アメリカ大使館、5月にエルサレム移転 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々に?ザアカイ=レポート | トップページ | アメリカ大使館、5月にエルサレム移転 »