2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« イスラエル北部のテンションが上がっている~要注意 | トップページ | 今朝、ふと脳裏をよぎった聖句 »

2018年2月25日 (日)

アメリカ大使館、5月にエルサレム移転

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00026691-houdouk-soci

2018年5月に「大使館エルサレム移転」

2/24(土) 21:08配信

アメリカのトランプ政権は、イスラエルにある大使館のエルサレムへの移転について、計画を大幅に前倒して、2018年5月に行うと発表した。
これは、トランプ大統領が2017年、イスラエルの首都をエルサレムと認定したことにともなう措置で、アメリカ国務省は23日、イスラエル建国70周年にあたる5月14日に、大使館を、テルアビブからエルサレムに移すと発表した。
当初は、2019年末までの移転を目指すとしていたが、移転時期を大幅に早めることになる。
これを受けて、パレスチナ側は「受け入れられない措置だ」と強く反発していて、中東和平に向けた取り組みは、さらなる難航が予想される。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちょっとこれには驚き・・・動きが早過ぎる。
当面はエルサレムの領事館を使って、テルアビブの大使館と連携するようです。
イスラエル建国70周年記念日に合わせたところが、物質的な意味だけに留まらず、何か気になると言えば、気になる予感が。

ビッグ・イベントとしては、その前に来月、ロシアの大統領選挙がありますね。

そしてまた別の嫌な予感が、平昌オリンピックが今夜、閉会。
あの北の総帥=金正恩・・・侮れない、なかなかの策士ですよ。善悪、好き嫌いは別にして客観的に見てですがね。
あの韓国の大統領、文氏が赤子に見える・・・いいように踊らされていますね。
まだ、パラリンピックが残ってますが、北と米が再び、チキンレース・バトルを再会する模様です・・・朝鮮半島有事となった場合、当然のことながら日本も無事じゃすまないでしょう。

早けりゃ、来月にもアメリカは北朝鮮攻撃に打って出るという噂すらある一方(戦力を太平洋方面に集めているからでしょうが、戦争ビジネスは準備だけで儲かるらしいから、イコール即攻撃と、判断しない方がいいかもしれません)、いや、北討伐と中東と、二正面軍事作戦はいくらアメリカと言えど不可能、北は放っておいて、中東において軍事作戦を強化すると見ている専門家も。北とは「プロレスごっこ」を演じることが出来るが、中東では不可能だと。

確かに!あちらは宗教が絡んでいて「アラーホ=アクバル!」と、舞台設定が自爆テロを平気で仕掛けてくる、正に命を賭けた真剣勝負そのものだし。
米軍もしっかりとシリア国内で、ユーフラテス川東部に軍事基地を設立して、クルド人をたぶらかして利用しようとしていることからもわかります。アメリカが中東から手を引くことは無いと私は考えますね。ロシアにやられっぱなしではありますが --;

かと言って、極東有事が100%ないとは言い切れないとも思うので、油断は禁物と考えていた方が賢明でしょう。

いずれにせよ、シリアが主戦場になってしまった今、イランとイスラエルの緊張状態は続くだろうし、イスラエルのF-16戦闘機が1機、撃ち落されて手仕舞いとも思えず、また勃発するのは時間の問題でしょう。
その背後にロシアとアメリカが蠢いているのは説明する必要もないこと。
トルコの動きにも要注意ですね。

さて、平昌冬季オリンピックが終わり、ロシア大統領選挙があり、そして5月14日のアメリカ大使館のエルサレム移転、その後、ロシア・サッカーワールドカップと・・・ロシアがワールドカップをどの程度重視しているかわかりませんが、2018年・・・夏が来るまでは要注意でしょうか?

« イスラエル北部のテンションが上がっている~要注意 | トップページ | 今朝、ふと脳裏をよぎった聖句 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ハレルヤ
主の御名を賛美致します

弟が無事に、滑り止めの私立高校と、第一志望の公立高校の両方に合格することが出来ました!
皆様のお祈りと励ましに本当に感謝致します。

学校の卒業遠足にも無事に参加することが出来たみたいです
本当に良かったです。

母親を刑事告訴すると言っていた加害者達は、急に沈黙して何も言わなくなりました。
皆様の祈りに感謝致します。


あの後、加害者達が逮捕されなかったので、弁護士に相談しましたが、学校と警察を動かすには莫大な弁護費用がかかるみたいで、依頼を引き受けてくれる弁護士が一人もいませんでした。

とりあえず、弟と母親は病院で診断書をもらって警察に被害届けを出しました。

弟は全治2週間の見込みと言われて、いま治療中です。

弟の話を詳しく聞いてみたら、実は中学2年生の時から既にいじめを受けていたようで、2年生の時に学校で顔を殴られて鼻血を出して鼻が曲がったことがあったみたいです。

いじめに気付かなかった私達家族も不甲斐なくてショックで、反省すべき点が沢山見つかりましたが、その時に学校がどのように問題を対処したのかが疑問です。

それで今、学校側に責任追求しているところです。


加害者が告訴しなくなったのは良かったのですが、母親の怒りが収まらなくて、加害者達に弟と母親の治療費を支払わせたいから訴訟を起こすと言っているようです。

ただ、今回の件は闇が深いので、あまり深入りしない方が賢明だと私は思います。

それで今、母親を説得しているところです。

母親は未信者なので、自分で復讐しなくても主が復讐して下さるということを知らないから、どうしても自分の手で復讐してしまうのです。

ただ、このあいだ日曜礼拝に父親を連れて行ったら、教会の方が真剣に父親の話を聞いて弟のために祈って下さったので、その行動を見た未信者の父がとても感心していました。

弟のいじめ問題をきっかけに、家族が救われそうです。


実は、今回の暴力沙汰は、家族伝道のために弟と母親に聖書とマンガ聖書とマンガジェネシスを全巻買い揃えて、いざ渡してあげようと思っていた矢先に起こった出来事でした。

私は家族の救いと携挙をいつも祈り求めていたので、主が応えてくださったのだと思います。

ただ、事件が起こった時は、私は気が動転してパニックになってしまったので、私もまだまだ信仰が足りないなと実感しました。

私と私の家族のために断食祈祷までして下さった方がいらっしゃったので、私もパニックにならずに冷静に断食祈祷するべきだったと思いました。


ともかく、弟が受験の2日前に、顔と首と頭を怪我させたれた時はショックでどうなるかと思いましたが、無事に合格できて良かったです。

今この書き込みを見ている方の中で、いじめの問題に悩んでいる方がいらっしゃいましたら、どうぞイエスキリスト様を信じて祈ってください。

神様は虐げられている人の味方です。

この証しを虐げられている人々の救いのために用いて下されば幸いです。

本当にありがとうございました。

くるみさん、本当に良かったですね!
万事を益にして下さる主、ハレルヤですね。

それから、くるみさんの今回の証し、大きく用いられますように。

「メーソンの黒い教皇」と言われたアルバート·パイクをご存知でしょうか? 彼は世界の統一には、3つの世界大戦が必要だと「予言」したそうですが、私はこのジュゼッペ・マッツィーニへのアルバート·パイクへの手紙が偽書だと今まで思ってきました。でも、最近はもしかしたらこの書簡は正真正銘の本物かもしれないと考えてます。

神に背き、主を受け入れない人々の中には、本当に悪魔に取り憑かれた者がいて到底普通の人間では想像出来ないような能力を持った者がいるのです。おそらく、アルバート·パイクは神の預言者、A prophet of Yahwehと、見事に対峙するようなA prophet of Lucifer、すなわち悪魔の預言者。

彼らは弁証法的プロセス、正ー反→合のプロセスを時には人為的に操作しうる能力があるのかもしれません。ただ、神の意思なくそれが許されるとは思いはしませんが。ちなみにエマニュエル·マクロンの学生時代の研究テーマはヘーゲルとマルクスについてで、ENA時代に教授の紹介で哲学者ポール・リクールの校正を担当した事もあります。

私個人の経験から、なるべくキリスト者には、もう「教会」に行かない事をおすすめします。何故なら、聖書の預言を吟味する限りにおいては「教会」は反キリストを決して識別出来ないし、反キリストを補佐するだろう偽預言者(ヨハネの黙示録)に加担する怖れさえあるからです。それだけなく、最近、世界各地の「教会」は黒いスピリットで覆われてしまったというのが私の結論です。

ちなみに私は「携挙」を否定する立場で、キリスト者は新約、ヨハネの黙示録と同等に旧約における父なる神の預言をもっと真剣に受け入れるべきだと考えています。

例えば、ゼカリヤかホセアかそれ以外かは忘れてしまいましたが、神は「世の終わりにまず3分の2の人間(人類)を見捨て、残りの3分の1を鍛えに鍛えあげる」と明確に宣言しています。父なる神は三位一体の神の厳しい、我々を鍛え神聖さとは何かと教えてくれる側面ですが、「携挙」を期待するような甘ったれた気持ちでは到底助からない。「私をこの世の救済の為の神、キリストの道具として使って下さい」と、艱難期に常に祈るこれくらいの気概がないと。

ハレルヤ!

リヨン在住さん、ハードボイルドなコメントありがとうございます。

アルバート=パイク、知ってますよ、信仰を持つ以前から・・・私、導かれ方が変わってましたもので。
アダム=ヴァイスハウプト、マッツィーニ、ジョン=トッドなどはもちろんのことで。

以前、私が師事していた方の一人も、「終末には教会が変質する、追い出されたとしてもそれは祝福だ」とよく言ってましたっけ。
すべての教会がおかしくはならないでしょうが、エキュメニズムに賛同する教団、教派は増えてくるものと私も思います。そのミッションを受けたのがバチカンなんでしょうね。

携挙は意見の分かれるところで、真っ向対立ですね。
私はなってみなけりゃわからないとの立場ですが、そう遠くないうちに結論が出る気もします・・・

PS:参考としてゼカリヤ書13章で記述されている1/3は、レムナントのユダヤ人に関する記述で、ローマ書11章、黙示録12章、ダニエル書全般とリンクして、終末のユダヤ人の救い(大艱難期の7年はユダヤ人の救いの完成《イエスこそメシヤであったと悔い改める》のためであるとの解釈のようです)、「イスラエル→異邦人→ユダヤ人=神の人類救済計画の完成」とする解釈もあるようです。
新約のイスラエル=教会(異邦人)、置換神学を否定する、メサニック=ジュー的解釈ですが、あながち的外れとも私には思えず・・・う~む?

 ザアカイさん、こんばんは。
 くるみさんへ。 一先ずよかったですね。子羊村の「ギブアの日」のコメント、ふるっていました。感動しましたよ。くるみさんて、若いんだね。てっきり同年輩かと思っていました。お母さんとよく相談して、事後取り決めてください。平安をお祈りします。アーメン。

 リヨンさんへ。私見では、携挙はあると思います。聖書に書いてあるからです。小羊の言葉に聞き従うことの出来ない人は、クリスチャンでも落第するとも、聖書に書かれています。
 1966年にヨベルの年が始まりました。翌年に、イスラエルはエルサレムを回復しました。預言の成就です。それから、ヨベルがひと巡りして、今年で二年目。今年は、重要だと思います。
 日航機123便が撃墜?されてから、今年で33(キリストの生涯)年目。阪神大震災1995が起きてから、23年(シリウスナンバー23)が経過。東日本大震災が起きて、今年で丸七年が経過しようとしている。今年には、何かあると思うのは、私だけでしょうか? 主よ、来たりませ。
 

>アルトさんへ

お祈りありがとうございます。
前にこちらでコメントした時に、色々とアドバイスして下さりありがとうございました。
相談する機関について両親が参考にさせていただきました。
弟の朗報をお伝えできて本当によかったです。

私も、アルトさんの行政訴訟の問題解決のためにお祈りさせていただきますね。
コメントありがとうございました。

アルトさん、くるみさん、いつもコメントありがとうございます。

アルトさんの仰るように、今年、ひょっとしたら?何かありそうな気が私もします・・・
本当にマラナタです。


アルトさんへ、ザアカイさんへ

聖書に厳格に忠実であることは(「教会」ではなく)、非常に良い事です。そしてそれは一種の賭です。もし聖書に1%の猛毒でも混ざっていたら、救いは絶望的になるという意味において。現在欧州全域(もしかしたら全世界も)はこの事を再認識、もしくは試されている過程でしょう。

私は「携挙」を扱う、どう解釈するかも含めて、キリスト者はより旧約を参考にすべきだと以前から考えています。もう少しキリスト者は旧約を嫌わないで読むべきであると。

例えば、ヨハネの黙示録は、ある意味で旧約の特にダニエル書や他の預言書の父なる神が宣言した事の焼き直しに過ぎません。

もしかしたら、「携挙」は特に神が愛される人々においては特別にそのような措置が為されるのかもしれません。しかし、その恩恵にあずかる事が出来るものはどれくらいだと思いますか?


旧約ゼカリヤ書第13章8、9節に
『全地はこうなるー主の御告げー
その三分の二は絶たれ、死に絶え、
三分の一がそこに残る。
わたしは、その三分の一を火の中に入れ、
銀を練るように彼らを練り、
金をためすように彼らをためす。
彼らはわたしの名を呼び、
わたしは彼らに答える。
わたしは「これはわたしの民」と言い、
彼らは「主は私の神」と言う』

とあります。この箇所は異邦人、またキリスト者以外にも『神もしくはイエス·キリストの救い』は等しく及ぶという約束以外の何があるでしょうか?そして、この過程で沢山の者(おそらく殆ど)が、神の試練に耐えられず脱落してゆくのです。

また私はこの箇所を、この地上に生きる言葉事態が罪なのであって、神により『銀を練るように』、もしくは『金をためすように』鍛えられなければ救いを得られないと解釈しています。

人の子、イエス·キリストの教えは罪ある人々がハートの道、主と同じく無条件の愛の道を行ける事を可能とするものです。

旧約でも神は『決して主の日を待ち望んではならない』と厳しく戒めています。それは神が愛する統べての被創造物にとって悲しみの日であるからだと言う事を我々は再認識しなければなりません。

でもキリスト者が「携挙」を信じることは、他人への思いやりがあれば全く問題ないとおもいます。常に主の傍らにいたいと言う望み、渇望が本当にあるならば間違いなく救いを得るでしょう。おそらく艱難期に地上にあっても『聖別』の恵み享受すると言う意味において。

我々は神の道具である真実を忘れてはなりません。(神の)道具は所詮は道具であり、それを認識するのが幸せなの手段、最も手っ取り早い救済の手段なのです。神に対して自分の権利を主張してはなりません。

リヨン在住さん、誤解を招く書き方をしてしまったようです。
貴殿の言う「携挙」は、「艱難期前掲挙はないとのこと」だと思い、その事を前提に書きました。

>もしかしたら、「携挙」は特に神が愛される人々においては特別にそのような措置が為されるのかもしれません。しかし、その恩恵にあずかる事が出来るものはどれくらいだと思いますか?

→はっきり言って私にはわからないとしか言えません。

あとご指摘のゼカリヤ書の箇所からですが、反キリストが第三神殿に立ち、神宣言して騙された、偽メシヤであったとわかり、荒野へ逃げるユダヤ人でも、この箇所から推察するに、地上再臨まで生き残れるのは3人に1人であろうとする解釈です。

ましてや、黙示録からもわかるように、全世界規模においては、想像を絶するものとなることは承知しているつもりです。

論点をこの二つにしぼり、補足しておきます。

確かに私は、「プロテスタント系教会に属するキリスト者」が信じるような、すなわち「一般の人」の前から突然キリスト者が消えてしまうような「艱難期前掲挙」はないと思っています。

でも、新約での『花嫁の例え』や『主の日は突然盗人のようにやって来る(その時に殆どの人は信じていなかった事を目にして後悔するでしょう)』との警告から、艱難期が始まる直前に必ず神に選ばれた人々の『聖別』が起こる、と私は疑いようもなく信じています。

それらの人々(おそらく百人に一人くらいでしょうか?)は、決して「地上の権力」によって犯される事はないし、あらゆる災いから守られる。またそれらのも『聖別された人々』は「聖別されなかった人々」の誰から見ても、それは明らかで、自分が選ばれなかった事は(恥としても)絶対の事として認識される。こういった意味での「艱難期前掲挙」は必ず起きると信じています。というか、もう秒読みではないでしょうか?

もしかしたら『主の再臨』と艱難期のスタートは同一時点ではないでしょうか? そして『聖別された人々』は日本であってもフランスであっても1日の違いもなく、全く同じ事を伝えられる。

「反キリストが第三神殿に立ち、神宣言して騙された、偽メシヤであったとわかり、荒野へ逃げるユダヤ人でも、この箇所から推察するに、地上再臨まで生き残れるのは3人に1人であろうとする解釈です。」

→こうした見解はあまり共感出来ません(素直に聖書を読む限り、そうは思えません)。神の救いの順序からして優先はあるでしょう。しかし、ユダヤ人を必要以上に異邦人である我々以上に持ち上げる必要もないし、かといって嫉妬から、ユダヤ人、イスラエル人(びと)を排除するのも良くないわけです。

 ザアカイさんこんばんは。
 リヨンさんへ。話を混乱させる意図はありません。あくまで、私見ですと断っておきます。
 我が国は、イエス派ユダヤ人が建国しました。聖武天皇は始祖皇帝です。しかし、聖武天皇とその実子石川広世(正統ダビデ王権継承者)が、失脚させられました。その後倭国の王族藤原仲麻呂らに王位を簒奪されましたが、この仲麻呂も吉備真備ら蘇我氏の家臣団に粛清されました。ここからが重要です。真備らは、石川広世を復権させませんでした。なぜか?
 仲麻呂のような奴らが、また現れて主の家柄を二度と再び危機にさらすわけにいかなかったからです。キリストの血を引くダビデ王家の石川広世の血脈はここに封印されたのでした。再臨する主イエスは、この石川広世の直系家系に生まれまれるはずです。ということは、エルサレムをイスラエルが回復したのが、1967年ですから、すでに主は地上に生きているはずですね。そうでなければ、エルサレムが回復されるはずがないからです。
 携挙が、どうして起きるか? それは聖書に書かれているからでもあるのですが、携挙しなければ、この地球で起きる大災害で人類も動植物も絶滅に追いやられるからです。
 「崩」という漢字がその真相を示しています。山が崩れる。この意味の真意は? それは、夜空に月が二つ現れたときに、世界中の山が崩れる大惨事が起きるといういみです。
 「惑星ニビル」。聞いたことあるでしょう。 このニビルが、地球に近づいてきます。すると近日点に差し掛かった時、ちょうど地球からは月が二つに見えるわけです。つまり月とニビルが双日ならず双月の状態で観測されるのです。
 ニビルは、超楕円軌道で太陽を回っています(3500年周期)。木星ほどもある地球の1300倍ほどの容積です。これが、地球に最接近するのです。地球は大きな磁石ですが。ニビルも1300倍もある磁石です。こんなでかい磁石が最接近したらどうなるでしょうか? 地球の地表面がひっくり返ります。
 地球は自転により楕円です。北極と南極を結んだ直径と赤道の直径と差は、正確には忘れましたが、14KMほどあります。
 南極が、ひっくり返って赤道に来たら、南極は海の中、海没します。逆に、赤道がひっくりかえって極点にきたら、海は逃げ去り、地表を露わにします。もうお分かりでしょうか。
 島々は逃げ去り・・・、これが黙示録にはきちんと書かれているではありませんか。 
 だから、こうなるまえに携挙するのです。主が。
 偽メシアは、ソロモン第三神殿にはたちません。しかし、偽メシアはすで我が国に現れています。天皇家です。
 「荒らす憎むべきもの」が、「聖なるところ」に立ったなら・・・・、これは、ソロモン第三神殿のことではありません。正統ダビデ王室の玉座のことです。であるから、我が国の今の皇室こそ、「荒らす憎むべきもの」の正体なのです。
 そして、もう一つ情報があります。サタニストとは、倭国藤原北家カナン人結社のことでが、こいつらが最後の切り札にしている者がいるとのこと。この切り札が、私見では、孝明天皇の血筋をひいているらしいということです。真実は解りません。それを、京都に匿っているというはなしが私の耳に入りました。こやつが、主の再臨の前後、現れるというらしいです。真偽のほどは解りません。
 そして、私は、このザアカイ氏のブログから、全世界に福音が述べ伝えられ始めると信じています。ここは私の最後の砦なのです。主を、木の上に立って見て、ああ、この人がメシアだ!   ここは、マサダ砦ですよ。ザアカイさん。   小羊を小羊と見定める者は、みんな携挙されると思います。そうでないものは、消えてしまえばよい。
 結局とりとめのない文章になってしまいました。悪しからず。
 
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イスラエル北部のテンションが上がっている~要注意 | トップページ | 今朝、ふと脳裏をよぎった聖句 »