2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 2017年10月 | トップページ

2017年11月に作成された記事

2017年11月16日 (木)

シリアでのイランの動きが活発化

相変わらずの中東ねたで恐縮ですが、事態は急速に風雲急を告げるかの勢いで進行中です。

以下に情報ソースを。
長くなってしまうので、大事なところだけ一部抜粋引用します。

http://blog.canpan.info/jig/archive/6416

NO4746 11月16日 『サウジとイスラエル米を使ってイラン叩きたい』 [2017年11月16日(Thu)]

*しかし、いくらサウジアラビアとイスラエルが協力しても、イランを打倒することは、極めて難しい。もし、そうした行動に出れば、サウジアラビアの石油関連施設は、みな破壊されてしまおう。ほとんどがペルシャ湾岸サイドにあるため、イランにとっては簡単な、攻撃目標であろう。*

*イスラエルにしてみれば、長距離ミサイルでデモナの核施設を攻撃されるか、大都市テルアビブあるいはエルサレムを攻撃されれば、相当の人的被害が出ることになり、国家そのものの存続が難しくなろう。*

*そこで両国が考えたのは、イランとの緊張をあおり、イランの危険性を世界に訴えることにより、アメリカを巻き込んで戦争をする、という考えだ。イスラエルは強力なロビーストを、アメリカ国内に有している。彼らが活発な活動をするであろう。*

*アメリカはこの両国の考えにどう対応するであろうか。アメリカは中東問題では、極めて冷静に自国の利益を、優先している。しかし、イスラエルの安全をないがしろにすることは、アメリカの政治家なかでも大統領には、出来ない危険なものだ。*

*アメリカはサウジアラビアに対しても、応分の神経を使わざるを得まい。アメリカ・ドルの下落を支えているのは、サウジアラビアの資金であり、サウジアラビアの石油とドルが、リンクしているからだ。従って、アメリカはイスラエルとサウジアラビアの 要請に、応えざるを得ないということだ。*

*この問題はアメリカ政界の戦争派と、和平派の対立でもあろう。アメリカの軍人や政治家のなかには、第三次世界大戦を望んでいる者たちがいる、と言われている。アメリカの疲弊した経済を立て直すにも、戦争は必要悪なのかもしれない。*

http://mtolive.blog.fc2.com/blog-entry-1679.html 

イスラエル国境へ近寄るイラン軍事力 2017.11.15(オリーブ山便りより)

アメリカとロシア、ヨルダンは、ヨルダンの要請により、シリア南部を停戦地帯にする案で協議が行われていたが、今週月曜に発表されたところによると、イランを含むすべての外国勢力は、シリア南部から撤退するということで、3国は合意したと伝えられた。

しかし、この合意によると、撤退義務とされる境界線のラインが、イスラエルからわずか5-7キロ地点であることが明らかになった。いいかえれば、イスラエルからわずか5-7キロ地点に、イラン軍が近づいてくる可能性を含んでいるということである。

イスラエルが要求していた撤退ラインは、イスラエル国境から50-60キロだったのだが、これは受け入れられなかったということである。この他にも、撤退期限が定められていないことなどから、イランを地域から排斥するという点では、つめの甘さがあるとイスラエルは指摘した。

すると、ロシアのラブロフ外相は、「イランには、シリアに軍事基地を設置する権利がある。イランがシリアから撤退することをイスラエルに約束した覚えはない。」とのコメントを出した。

ネタニヤフ首相は、「ロシアには、前から伝えてあるが、イスラエルは自分の防衛は自分で対処するだけだ。」との言い返した。(イスラエルは、防衛のためなら、手段をえらばないだろうということ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

板の方に貼り付けておいたのですが、アミール氏もユーチューブビデオで「ロシアはシリアでのイランの活動を公式に承認した」と言ってました。

極東においては、アメリカの空母打撃軍が米韓軍事演習を終えて、北朝鮮から距離を取り始めました。う~む?やはりこちらは、金目当て?もしくは煙幕なのだろうか?

否、油断は禁物か。

状況から察するに、詩篇83篇の預言はやはり既に一連の中東戦争で成就していると見ていいのだろうか・・・

では次に待っているのは・・・イザヤ17章とエゼキエル38章ではなかろうかと考えてしまう。

イスラエルがこのまま大人しく指をくわえて黙っているとも思えず、要注意であるのはたしかであろう。

10:9すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。
10:10なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。
10:11聖書は、「すべて彼を信じる者は、失望に終ることがない」と言っている。
10:12ユダヤ人とギリシヤ人との差別はない。同一の主が万民の主であって、彼を呼び求めるすべての人を豊かに恵んで下さるからである。
10:13なぜなら、「主の御名を呼び求める者は、すべて救われる」とあるからである。

ローマ書 10:9~13

13:11なお、あなたがたは時を知っているのだから、特に、この事を励まねばならない。すなわち、あなたがたの眠りからさめるべき時が、すでにきている。なぜなら今は、わたしたちの救が、初め信じた時よりも、もっと近づいているからである。
13:12夜はふけ、日が近づいている。それだから、わたしたちは、やみのわざを捨てて、光の武具を着けようではないか。

同 13:11~12

2017年11月11日 (土)

ヒズボラとシリア、イランを結ぶ点と線

まずはじめに、先週末のANTIFA、BLACK OUT DRILL に関してですが、メサニック=ジューのアミール氏によると、アンティーファ暴動は、人が想定外に集まらず失敗に終わった(実際にプチデモ・レベルの事はあったようです、アレックス=ジョーンズがユーチューブでライブやってた)。
あと停電訓練も実際にあったとの事、ただし、送電網には手を出さなかったとの事です・・・私にはわかりませんが、通常の訓練ではなかったそうな?明らかに別物だそうです。

さて本題へと。

久々にピン!と来る情報にバッティングしました。
トランプじゃないけど、「嵐の前の静けさ」なのだろうか?・・・

NO4741 11月11日 『レバノンは戦争前夜か』 [2017年11月10日(Fri)]

http://blog.canpan.info/jig/archive/6410

*レバノンの首都ベイルートは、かつて中東のパリと呼ばれた街だった。ベイルートにはパリ最新のファッションが持ち込まれ、すぐにコピーが作られ、街にはそれで着飾った若い娘たちが沢山いた。*

*レバノンは十字軍の通過地点であったために、多くの混血が生まれ、レバノン人口の相当部分を占めていた。まさに紅毛碧眼の民だ。彼らのなかにはそうしたことから、フランスの国籍を持つ者も、多数いるのだ。*

*しかし、1970年のヨルダンとPLOとの戦闘後、レバノンにパレスチナ難民が多数流入し、PLOが入ってくると状況は一変した。それまでのレバノンの宗派バランスが崩れ、内紛が頻発するようになった。*

*そして極めつけは、1975年から始まった、レバノン内戦だった。その内戦は15年の長きに及び、やっと終えた。その後、荒廃のベイルートを建て直したのは、サウジアラビアで事業に成功した、ラフィーク・ハリーリ氏だった。彼はその後、レバノンの首相に就任するのだが、暗殺されている。*

*その子息のサアード・ハリーリ氏が、いま首相に就任しているのだ。だが彼はサウジアラビアを訪問中に、暗殺の危険があるとして、辞任を表明した。だが、それはサウジアラビアによって、彼が拘束されたからであろう、というのがもっぱらの推測で、レバノンではハリーリを返せ、という声が高まっている。*

*そして、このハリーリが辞任に追い込まれたのは、サウジアラビアとイスラエル、アメリカによる陰謀だと言われている。他方、サウジアラビアは拘束していないと言い、暗殺の危険はヘズブラとイランの結託による、と非難している。*

*そのため、いまイスラエルとレバノンとの間では、何時戦争が始まってもおかしくない緊張状態が、生まれているのだ。サウジアアラビア政府とクウエイト政府は、自国民に対し早急にレバノンから逃れるよう、呼びかけている。*

*イスラエルにしてみれば、レバノンのヘズブラとイランとの関係が強く、ヘズブラは常にイスラエル側を挑発していると思い、攻撃したいと思っているのだ。イランはいまシリアに入り、シリア軍を支援し、シリアとイスラエルとの国境の、ゴラン高原に駐留しており、レバノン側ではイスラエルとの国境に、ヘズブラが張り付いているのだ。*

*イスラエルはこれではイランに包囲され、やがてミサイル攻撃を受けるだろうという、強い懸念を抱いており、何とかして状況を緊張させ、アメリカ軍にイラン攻撃をして欲しい、と望んでいるのであろう。*

* レバノンの国民にはいい迷惑な話だ。サウジアラビアがハリーリ首相の辞任を迫ったのも、その流れの一部のようだ。*

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当にレバノン国民にしてみりゃ、いい迷惑ですわね。
あんたらだけで勝手にやってくれ!我々を巻き込まないで欲しい!

これは極東の島国の誰かさんにも言えそうですね・・・最近、顔が浮腫んでいる様に見えるのは私だけでないはず・・・いい加減、辞めたらどうよ?ボンクラなんだからさ。

論点を戻しましょう。
これは私的な見解ですが、導入的にまずは

霊の賜物は種々あるが、御霊(みたま)は同じである。
務(つとめ)は種々あるが、主は同じである。
働きは種々あるが、すべてのものの中に働いてすべてのことをなさる神は、同じである。
各自が御霊(みたま)の現れを賜わっているのは、全体の益になるためである。
すなわち、ある人には御霊によって知恵の言葉が与えられ、ほかの人には、同じ御霊によって知識の言(ことば)、
またほかの人には、同じ御霊によって信仰、またほかの人には、一つの御霊によっていやしの賜物、
またほかの人には力あるわざ、またほかの人には預言、またほかの人には霊を見わける力、またほかの人には種々の異言、またほかの人には異言を解く力が、与えられている。
すべてこれらのものは、一つの同じ御霊の働きであって、御霊は思いのままに、それらを各自に分け与えられるのである。
からだが一つであっても肢体(したい)は多くあり、また、からだのすべての肢体が多くあっても、からだは一つであるように、キリストの場合も同様である。

なぜなら、わたしたちは皆、ユダヤ人もギリシャ人も、奴隷も自由人も、一つの御霊によって、一つのからだとなるようにバプテスマを受け、そして皆一つの御霊を飲んだからである。
実際、からだは一つの
肢体だけではなく、多くのものからできている。

第一コリント12:4~14

これは真理ですね。

そこで・・・何の誇るものも持たない私ですが、相手の霊性、力量を見分ける賜物は多少??与えられているような気がします。

それと私に出来ることは、聖書的視点から世界情勢をワッチすること=エゼキエル書33章における警告のラッパ吹き、主のセカンド・カミングの季節を感じ、可能な限りの情報を提供すること・・・

いいところ、この程度でしょう=いわゆる自称、役立たず(笑)

未信者を救いに導く福音伝道の賜物があればいいのですが、残念ながら私には無さそうなので、どうしてもこのような傾向のブログ記事ばかりになってしまうのはお許し願いたい。

そこでなのですが、今我々がフォーカスすべきは、地理的に朝鮮半島は一応、ワッチングでしょうが(私の見解では北朝鮮有事は6:4で無いかもしれない?と予測、預言じゃないですよ、お間違いなく)、やはり本命は、中東でしょう。

もっと焦点を絞るならば、イザヤ17章及びエレミヤ49章のダマスコ(ダマスカス、シリア)とエゼキエル38~39章のはず。

さらに極論を述べるならば、世界情勢に関して、これらに関係なさそうな情報は無視してもいいとさえ思う。

米軍にしても両面作戦は難しいでしょう、また、エゼキエルの大預言が成就するには、その最大の障壁が米軍なのは明らか。いわゆるイラン的表現の「ビッグ・サタン」です --;

そこで、軍事的に米軍に対抗出来るのは世界広しと言えど、ロシアだけでしょう、中国ではまだそこまで期が熟していない。

ひとまずイスラエルは、イスラエルに通じる秘密トンネルをイスラエルに爆破されて怒り心頭のハマスと、追い込まれたのか、それとも米、サウジ、イスラエルが追い込んだのか?のどちらかわかりませんがヒズボラ(レバノンのシーア派組織)、主戦場でもあるシリア、そのエージェントとしてイラン(聖書預言的にイランはまだ裏方役なんでしょうね)に陣頭指揮を任せ、アメリカをどうにかする方向へ舵を切るかもしれません。

ロシアは帝政ロシア、共産主義の実験国家でもあったソ連、そして現代のツァーリなるプーチン率いる新生ロシアと、その歴史上において、アメリカをウラから操っている世界地下帝国の存在に嫌というほど痛めつけられてきたわけで、その本当の敵を知っていますゆえ。

ひょっとしたら?中東紛争では済まず、米露の関が原対戦の勃発が起こっても私は驚きません。

ちなみに余談ですが、プーチンが帝政ロシアのロマノフ王朝末期に暗躍した怪僧ラスプーチンの末裔だという話は聞いてましたが、高原剛一郎師がユーチューブ動画で同じ事を話してました。

「ラスプーチンの孫です、あまりにも露骨なのでラスプーチンからプーチンへと名前をかえた」と^^;

またまた脱線、申し訳ないです。

話を戻すと、この一連の流れから反キリストの登場とダニエルの70週目が始まると私は読みます。それからソロモンの第三神殿の建立か。そこからまた、エレミヤ書にある「ヤコブの苦難(ジェイコブズ・トラブル)」、いわゆる7年の大艱難時代中期へと。黙示録12章からも読み取れますね。

この先を書くと世が明けてしまうので、今回はとりあえず、反キリストが来るべきメシヤであると騙されるイスラエルまでとしておきます。

よって今はマタイ24章前半部分のプロローグ期に入ったと見ています。それだけでも大変な時代なのだと私は日々の生活からも、つくづく感じます・・・ジーザス、早く来て欲しい・・・これが本音です。

イスラエル国内も今はまだ比較的平和らしく、内政に眼が行っている様で、ネタニヤフ首相の汚職疑惑、5度目の聴取とのことで、為政者の十八番でもある苦境を脱するには外敵を作り関心をそちらに向けさせる・・・ひょっとしたら?イスラエル側から仕掛けてくる可能性もあり!?

内紛と言えば、サウジ(シェバ、デダン)も内ゲバの権力闘争とイエメンだけではなく、レバノンでもイランと代理戦争をする気なのでしょうかね?

おそらくこれがあるとすれば?今年最大で最後のイベントとなるのか?ならないのか?

主はご存知でしょう・・・

« 2017年10月 | トップページ