2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 絶不調につき・・・(9月23日に関してだけ書いておこう) | トップページ | この秋の3つのサイン?? »

2017年9月30日 (土)

時は流れて~10月へと

一部なのでしょうか?私はそれほどとは思ってませんでしたが特にアメリカにおいて、「黙示録12章の天空のしるし」に絡めた9/23日の掲挙説・・・否、本日30日の贖罪日に修正?・・・結果は??

火を見るより明らか。

早くこのような住み難い現世から離れたいという願望は確かにある。私も以前、「怪しい、偽預言者のデイト・セッティングだ」と結論付けながらも、ひょっとしたら?万が一の可能性に賭けたい、早くこの世の苦難から解放され(このような感情があるようでは一人前の信仰者とは言えないそうな・・・確かに一理あり反論できない)、主にお会いしたい・・・という一縷の願望を捨てきれないもう一人の自分がいた・・・

本当に大変な日々が続く・・・しかも終わりが見えない。実際のところ、待ち疲れる気持ちを否定できない・・・
本番はこれからだというのに、こんなんでどうするのだろう(涙;)

と言うのは、ひょっとしたら?ですが、第二次朝鮮戦争、エゼキエル=ウォーをきっかけにWWⅢへと発展する可能性がある。またAI、ブロック=チェーン金融システム(現金の廃止)の驚異的危険性、世界大恐慌と、これらが掲挙前に起こらないという保障は無いと私は考えるからです。はたまた、頻発する天変地異の犠牲にならないとも限らない。

インドや中東では殉教者だって出ているのです、掲挙前ですよ、当たり前のことですが。

反キリストが登場するための起爆剤が必要とされている。

7年の大艱難期前とは言え、この世を生き抜くのはそんな生易しいものじゃないはずです。苦しまずに楽に召されるのなら、それはそれでもちろんラッキーなことですし。

冷静になって、聖書を精査し、世の中を見るのであれば、まだほんのプロローグに突入か?に過ぎないでしょう。
確かに季節は変わろうとしていると私も感じる、しかし、まだ・・・残念ながら時間がかかることだろう。

再臨、掲挙と言わず、予言全般に関してデイト・セッティングすることのリスクの大きさ・・・私は痛い目に会って既に学習効果を得ていたので、「狼が出た~!」と、思ってましたけどまさにその通りであった。

別に非難したり、鬼の首でも取ったかのように騒ぐつもりもなく・・・わかっていたから。

ただ、空虚さが漂うだけ。
気持ちがわかるだけに責める気にはなれない。可能性としては、かなり低かったとしても。

さて、明日から10月です。あとは「仮庵の祭り」が残っているだけですね。

どうしても秋口はキリストの予表としての、レビ記23章のユダヤの祭りとリンクする、まだ成就していない、掲挙、再臨の話題が避けられません、ラッパの祭りがあることだし。

仕切り直して(特に仕切りなおす必要もないけど)、また一歩前へと進んでいこう。不意打ち的に、思わぬ時に掲挙というパターンもあるでしょうが(聖書にはロトの日、ノアの日とあるので)、私は最悪を想定するパターンを選びます。性格だから仕方が無い --;

何のトラブルもなく、スムーズに掲挙されるとは限らないのだから。

逆に、掲挙が起こり得る起爆剤も世界中に散らばっているとなりますね。でも何だかんだと書いてきましたが、キリストを唯一の救い主として信頼する・・・贖いの対価、恵みを無駄にしないことが一番でしょうかね。

10:9すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。
10:10なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。
10:11聖書は、「すべて彼を信じる者は、失望に終ることがない」と言っている。
10:12ユダヤ人とギリシヤ人との差別はない。同一の主が万民の主であって、彼を呼び求めるすべての人を豊かに恵んで下さるからである。
10:13なぜなら、「主の御名を呼び求める者は、すべて救われる」とあるからである。

ローマ書 10:9~13


最後にぼやき(本音);あ~、今年もこのまま年越しかよ?やってられねえよ・・・とほほ。

« 絶不調につき・・・(9月23日に関してだけ書いておこう) | トップページ | この秋の3つのサイン?? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すなわち、合図の号令がかかり、大天使の声が聞こえて、神のラッパが鳴り響くと、主御自身が天から降って来られます。すると、キリストに結ばれて死んだ人たちが、まず最初に復活し、それから、わたしたち生き残っている者が、空中で主と出会うために、彼らと一緒に雲に包まれて引き上げられます。このようにして、わたしたちはいつまでも主と共にいることになります。ですから、今述べた言葉によって互いに励まし合いなさい。兄弟たち、その時と時期についてあなたがたに書き記す必要はありません。盗人が夜やってくるように、主の日は来るということを、あなたがた自身よく知っているからです。人々が「無事だ。安全だ」と言っているそのやさきに、突然、破滅が襲うのです。ちょうど妊婦に生みの苦しみがやってくるのと同じで、決してそれから逃れられません。しかし、兄弟たち、あなたがたは暗闇の中にいるのではありません。主の日が、盗人のように突然あなたがたを襲うことはないのです。(Ⅰテサ4:16~5:4)

私達はこの世で艱難がありますが、その苦しみは永遠に続くものではありません。

その日がいつかはわからないけど、必ずキリストは迎えに来られます。

聖書によると、人々が「無事だ、安全だ」と言っているやさきに携挙は起こります。

ということは、携挙より先に戦争が起こることは考えられません。

私達は暗闇の中にいるのではないので、主の日が盗人のように突然襲ってくることはありません。

私は聖書の言葉を信じているので、困難な時代の中にあっても安心していられます。

主は携挙の時まで私達信徒を支えてくださいます。

このことをもって携挙まで互いに励まし合いましょう(^^)

くるみさん、コメントありがとうございます。
 
ちょっとネガティブ思考で記事を書いてしまったようです。
そうですね、すべてが杓子定規で測ったようには行かなくとも、原則、聖書の言葉を信じるべきですね。
指摘してくださった箇所は何度も読んでいるのに・・・

感謝申し上げます。

>ザアカイさん

いえいえ。
私も、聖書の約束が信じられなくなることがよくありますよ。

特に携挙に関しては、皆待ちくたびれて疲れていると思います。

ひょっとしたら、携挙なんて無いのではないかと疑ってしまう事もあります。

こういう時こそ、第1テサロニケに書いてある通り、互いに励まし合うことが大事かなと思いました。

ネガティブが払拭されて嬉しいです(*^^*)

携挙の時までザアカイさんと御家族の生活が支えられますように。

また、主が来られる時まで一人一人の生活が守られますように。

主イエス・キリストの御名において。

シャローム

くるみさん、貴殿は私などより信仰の基本がわかってらっしゃいますね。
そしてまた、尊き執り成し、感謝申し上げます。

ま、最悪でも地獄の業火で永遠に焼かれることはないと思うし?(たぶん?)・・・

私の尊敬するJ・コーソン師がメッセージの中で言ってました。

>仕事を失った?妻に逃げられた?いいじゃないか、救われているのだから。
どちらに転んでも、永遠の地獄の業火で焼かれ続けることはないのだから。

でもでも、いつも思うのですが最大の敵って、己自身なのかもしれませんね。

くるみさんを含め、ご家族の上に、溢れんばかりの天来の祝福と御護りがありますように。

われらが愛する主、イエス=キリストの御名においてお祈り申し上げます。

Amen

本当にありがとう!!

>ザアカイさん

こちらこそ、執り成してくださってどうもありがとうございます(*^^*)

アーメンです!

ではでは。

ザアカイさん。何か最近お疲れなんですか?私はザアカイさんの子羊通信が大好きなんです。辞めないでくださいね。お疲れなら少しリラックスして楽しんで下さい。イエス様もその方が喜ばれると思います。聖書にも(あなた方も幼子の様に成りなさい)とイエスが言われてますよ。イエスの足を洗った女の如く、罪があり苦るしんだ女は愛されました。イエス様に甘えるのもさらけ出すのも低くなって良い事ですよ。。私なんか世界一の馬鹿丸出しで感謝してます。私は一日中
ね馬鹿な冗談言って笑ってますよ。イエス様は低い方がお好きなのです。だから…ザアカイさんも童心に戻って漫画でも見て笑い転げたら良いよ。笑いは神様がくれたサプリメントです。たくさん笑って下さい。

サラさん、暖かい労い、励ましの言葉、感謝いたします。
大丈夫です、心配するには及びません。

何かと大変な時代ですが、万軍の主のみ信じ、前進あるのみでやって行きたいと改めて思わされました。

サラさん、本当にありがとう!
サラさんの上に天来の御守りと祝福が豊かに注がれますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 絶不調につき・・・(9月23日に関してだけ書いておこう) | トップページ | この秋の3つのサイン?? »