2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 2017年6月 | トップページ

2017年7月に作成された記事

2017年7月27日 (木)

聖地エルサレム~神殿の丘

結果、イスラエルサイドが折れたというか、妥協したようですね。
ウラはともかく、表のアナウンスとして・・・と、私は捉えてますが。その先はまだ、イスラエル政府が何を考えているかわからない。

パレスチナ、聖地での礼拝再開=イスラエルが治安装置撤去
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00000119-jij-m_est

7/27(木) 19:16配信

 【エルサレム時事】イスラエル当局は27日、エルサレム旧市街の聖地に導入した治安対策のための装置をすべて撤去したことを明らかにした。

 これを受け、パレスチナのムフティー(イスラム教の宗教指導者)は聖地の状態が復元されたことを確認。敷地内での礼拝を再開すると発表した。

 イスラエルは、エルサレム旧市街のイスラム教聖地ハラム・アッシャリフ(ユダヤ教呼称「神殿の丘」)で14日に起きた銃撃事件後、敷地入り口に金属探知機などを設置。パレスチナ人らイスラム教徒が強く反発し、イスラエル政府は探知機撤去と代替措置を発表した。しかし、イスラム教徒は「14日以前の状態に戻すべきだ」との立場を堅持。敷地外での礼拝や抗議デモを続けていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうもこれですべてが解決、めでたしめでたし・・・とは思えないのですよねえ~・・・
かえって、イスラエルがあっさりと引き下がったことに違和感を感じる・・・

今、個人的な手持ちの聖書解釈、情報から、二つの可能性が考えられます。

アミール・トサルファティ氏の見解;詩篇83篇の預言は既に今までの一連の中東戦争を通して成就している。シリア(イザヤ17章を起爆剤としてエゼキエルの預言へと進むだろう)がバイタル・キーとなるだろう。

その一方で

F・ディモーラ師の見解;詩篇83篇の預言はまだ成就してない、これからだ。布陣は整ったように思える。Psalm83Warが、エゼキエル=ウォー(エゼキエルの大預言)への布石となる。(師の情報からしてイザヤ17章は織り込み済みの事と思われる)

こればかりはどうなるかわからないとしか言えない。
なってみなけりゃわからない、逆説的な言い方をすると、時が来ればわかる・・・

ま、どちらに転ぶにせよ、時代は、季節は・・・もうそこまで来てしまっているということだけは間違いないのかなと。

このまま何事もなかったかのように終わるとはどうしても思えない。

5:1兄弟たちよ。その時期と場合とについては、書きおくる必要はない。 5:2あなたがた自身がよく知っているとおり、主の日は盗人が夜くるように来る。 5:3人々が平和だ無事だと言っているその矢先に、ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むように、突如として滅びが彼らをおそって来る。そして、それからのがれることは決してできない。

5:4しかし兄弟たちよ。あなたがたは暗やみの中にいないのだから、その日が、盗人のようにあなたがたを不意に襲うことはないであろう。 5:5あなたがたはみな光の子であり、昼の子なのである。わたしたちは、夜の者でもやみの者でもない。 5:6だから、ほかの人々のように眠っていないで、目をさまして慎んでいよう。 5:7眠る者は夜眠り、酔う者は夜酔うのである。 5:8しかし、わたしたちは昼の者なのだから、信仰と愛との胸当を身につけ、救の望みのかぶとをかぶって、慎んでいよう。 5:9神は、わたしたちを怒りにあわせるように定められたのではなく、わたしたちの主イエス・キリストによって救を得るように定められたのである。

5:10キリストがわたしたちのために死なれたのは、さめていても眠っていても、わたしたちが主と共に生きるためである。 5:11だから、あなたがたは、今しているように、互に慰め合い、相互の徳を高めなさい。

第一テサロニケ5:1~11

主よ、どうか我々取るに足りないこの小さき者を憐れみ、よく見える霊眼を与えたまえ。

EL&P(エマーソン、レイク&パーマ)というバンドが70年代に活躍してました・・・私が中学生の時代。
「聖地エルサレム」という曲を今でも覚えてます。歌詞はイスラエルとはあまり?というかまったく関係なさそうですが(どちらかと言うと出身地イングランドのたとえ歌)、とはいえ、メロディーの雰囲気だけでも「エルサレム」(本音は新天新地のネオ・エルサレムに思いは届きますけど)を感じることができるかなあ~?

PS;ソロモンの第三神殿、ダニエル9:27の反キリストの登場、最後の一週(7年)、ヤコブの苦難(エレミヤ書参照)、黙示録11章、マタイ伝24章と書き出したらキリがなく夜が明けてしまうのでこれにて終了としておきます。

2017年7月20日 (木)

本日の聖句

3:16確かに偉大なのは、この信心の奥義である、
「キリストは肉において現れ、
霊において義とせられ、
御使たちに見られ、
諸国民の間に伝えられ、
世界の中で信じられ、
栄光のうちに天に上げられた」。

第一テモテ 3:16

何も言うことはないことでしょう・・・「世界の中で信じられ」、そう、そこにはユダヤ人と異邦人となんら差別、比較するものはない。

よく「銀の二本のラッパ」がイスラエルと教会にたとえられますが、キリストを信じる者はキリストにあって皆、霊的イスラエルなのです。

23:37ああ、エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、おまえにつかわされた人たちを石で打ち殺す者よ。ちょうど、めんどりが翼の下にそのひなを集めるように、わたしはおまえの子らを幾たび集めようとしたことであろう。それだのに、おまえたちは応じようとしなかった。 23:38見よ、おまえたちの家は見捨てられてしまう。 23:39わたしは言っておく、
『主の御名によってきたる者に、祝福あれ』
とおまえたちが言う時までは、今後ふたたび、わたしに会うことはないであろう」。

マタイ 23:37~39

今現在、神殿の丘(テンプル・マウント)がきな臭い状況です。
イスラエル政府は神殿の丘へのゲイトに、金属探知機を設けました。
これがパレスチナを始めとし、ムスリムの反感を買っているようですが、ユダヤ教右派連中は「今こそその時だ。エルサレムの主権を取り戻す、脅迫には屈しない」という姿勢・・・今はどういうわけか?ムスリムが神殿の丘の管理権を有してます。

近いうちにおそらくは、黙示録11章1~2節から察するに、アル・アクサ寺院、岩のドームはそのまま、その隣にユダヤの第三神殿が設立されることでしょう。この設立予定場所から直線で結ぶとなんと!今は閉じられている「東の門(黄金門)」に突き当たるそうです!

第三神殿が出来るのが先か?それともその後なのか?
ダニエルの70週のストップ・ウォッチが最後の一週(7年)へと向けて、再び動き出すのもそう遠くないはずです・・・

エルサレムに真の平和が訪れる日・・・それは主なるキリストの再臨まで待たねばならないことでしょう。

主よ、来たりませ、マラナタ。

21:3また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、 21:4人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである」。
21:5すると、御座にいますかたが言われた、「見よ、わたしはすべてのものを新たにする」。また言われた、「書きしるせ。これらの言葉は、信ずべきであり、まことである」。 21:6そして、わたしに仰せられた、「事はすでに成った。わたしは、アルパでありオメガである。初めであり終りである。かわいている者には、いのちの水の泉から価なしに飲ませよう。 21:7勝利を得る者は、これらのものを受け継ぐであろう。わたしは彼の神となり、彼はわたしの子となる。

黙示 21:3~7

2017年7月16日 (日)

神殿の丘(テンプル・マウント)が危ない~第三神殿建立の導火線となるか??

UP DATE 7/17

モスクに新たな安全対策、イスラム教徒ら入場を拒否 イスラエル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170717-00010002-afpbbnewsv-int

【7月17日 AFP】イスラエルは16日、エルサレム(Jerusalem)の旧市街(Old City)で14日に発生し、警察官2人が死亡した襲撃事件を受け閉鎖していた、同地のイスラム寺院「アルアクサ・モスク(Al-Aqsa Mosque)」や、その中にあるイスラム教の聖地「岩のドーム(Dome of the Rock)」などを再オープンした。しかし、安全対策として金属探知機やカメラが新しく導入されたことを受け、イスラム教徒らはモスクへの入場を拒んだ。

* さて・・・どうなることか?平静を取り戻してくれるといいのですが・・・

話は変わりますが、ネタニヤフ首相がフランスのマクロン大統領と会談、シリア停戦に反対の意向を示した模様。シリアにおけるイランの勢力拡大を危惧しているようだ。

それにしても --;・・・プーチンから始まり、トランプ、ネタニヤフと世界の重鎮連中と相次いで会談、ドイツのメルケルとも頻繁に連絡を取り合っていることでしょう。

エマニュエル・ジャン=ミシェル・フレデリック・マクロン・・・幼少の時から、サタンに白羽の矢が立てられていたかどうか?・・・結論を出すには今しばし時間が必要であるのは自明の理ではあろうと思われますが・・・少なくとも?プーチンとサシで、互角の勝負が出来そうな政治家は、今現在、世界広しと言えどマクロンだけでしょう・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://blog.canpan.info/jig/archive/6288

NO4634 7月16日 『エルサレム・アクサ・モスクの閉鎖は世界へ』 [2017年07月16日(Sun)]

*エルサレムで起こった、パレスチナ人の若者による、イスラエル警察殺害事件は、イスラエルにとって大きな問題となった。複数の警官が銃で撃たれて死亡したのだから、イスラエルにしてみれば戦争に並ぶ、被害であったということだ。*

 

このテロ事件は大きな問題となり、以後、イスラエル政府はエルサレムのアクサ・モスクなどのある地域への、立ち入りを禁止している。つまり、パレスチナ人ムスリムはアクサ・モスクや岩のドーム・モスクでの、礼拝が不可能になったということだ。*

 

このことは、アラブ世界全体に伝えられ、大きな反響を呼んでいる。イスラム教の三大聖地であるエルサレムの、しかもアクサ・モスクでの礼拝が禁じられる、ということは、許せないことだからだ。*

~中東TODAYより一部抜粋~

この事件、凶と出るか吉と出るか?

おそらく、エフーダ=グリッグ氏を筆頭にテンプル・インスティテュートのメンバー、ネタニヤフ首相率いるリクードを核とする連立内閣(右派)及び、ユダヤ教超正統派シャス(最右翼で与党)などは、第三神殿建立計画のまたとないチャンスとなるかもしれない事件だ!

・・・と考えているかもしれない。

ところがコトはそう単純なものではなく、どうなるか・・・サウジをはじめとする湾岸金満諸国は親イスラエルではあるが、イラン、トルコ、リビア、スーダン(エゼキエル書に出てくるムスリム国家群)と、イスラエルに敵意を剥き出しにする国も多く、最新の情報によると、イランはシリアに地下軍事基地を構築し、シリア国内へ軍をラタキアだかタルトゥスだか忘れたが、経由でシリアへ送り込んでいるらしい。

イランといえば過激なシーア派のシンボルでもあり、イスラムの救世主=マフディ待望論を標榜する12イマーム派の国家でもある・・・

ま、ここはひとまず一歩引いて、今後の成り行きを静観するのがベターであろう。

2017年7月14日 (金)

Breaking N~あのポンペイを壊滅させたベスビオ火山で山火事が

ええ~、シチリア島のエトナ山が活発に活動しているのは知ってましたが、ここに来て?あのポンペイを壊滅させたベスビオ火山が再び活動期に入ったとか?・・・

昔々・・・若かりし頃、一度だけポンペイの遺跡、観光旅行で訪れたことがあります。

あと今すぐどうこうとは思えませんが、アメリカのスーパー・カルデラ・ボルケイノ=イエロー・ストーンの活動の活発化も無視できませんね。

↓動画では、ノスドラダムスの予言によると、2018年というから来年、再び噴火するらしいですが、ま、眉唾ものとしてとりあえず?頭の片隅にでも置いておけばよろしいかと。

それにしてもこの動画・・・レア・ピクチャー(画像編集ソフトによる補正なしらしい)ですが、日本だけではなくて、世界的に天変地異、異常気象のオンパレードの今夏と言ってもいいでしょう。

個人的にノストラダムスの予言はもはや興味なしですが、この画像・・・あらゆる方面から察するに無視は出来ないかも??

例によって日本語訳付いてませんのでよろしくです、3分ちょいです


Breaking "Menacing Demonic Smoke Cloud Rises Over Vesuvius " Apocalyptic Sign

2017/07/13 に公開

Breaking An apocalyptic scene over Italy Mount Vesuvius like a "Demon" in the smoke

単なる山火事?なのか、それとも全世界的にマグマなどによる地表面温度が上昇しているのだろうか??

2017年7月 6日 (木)

2017/7/6~節目・・・いつの日か必ず

それにしても更新頻度が低い^^;
省エネモードで焦点を出来るだけ絞って書いている?よく言えば?
否、単なる怠慢で、話題性に乏しい?悪く言えば?

ま、どちらでもいいのですが、洪水のように溢れかえる情報の海の中から、重要と思われるデータの取捨選択作業だけは毎日やってます・・・フリーランスの仕事でもやってなきゃ、サラリーマンやっていては私の能力では無理だったことでしょう。

さて本日、ブログのカウンタを見てみたら200万PVHitをやっと超えた模様。
サブでやっている子羊村掲示板も45万visit(こちらは1人で一日に何度見ても1カウントなのでvisit)を超え、2本合わせて245万ヒットで一つの節目かな?などと(246だともっと良かったのだが・・・わかる人にはわかるでしょう^^:)。

ラプチャーもまだ、ダニエルの最後の1週=70週目(7年)のストップ=ウォッチも69週目で止まったまま、まだ動き出している気配は無く、黙示録の第一の封印も開いてなさそう・・・

今しばし、続けるようかな?まだやめるわけにもいかなそう・・・それまで生きていられるかな?

そういうわけで?(どこがよ!)本日は聖句の引用で〆ましょう。

その前についでなので、私のキリスト信仰の基本概念を記しておきます。

1)聖書が神の霊観を受けた書物であること
2)イエスが処女マリアから生まれたこと
3)イエスが罪の代価となって十字架上で死んだこと
4)イエスの復活
5)イエスの行った奇跡が事実であること

注;これらをすべて文字通り信じるキリスト者は、アメリカではキリスト教原理主義者として、極端な信仰を持つ危険な人物とされるそうな(笑)

あと、「再臨」「掲挙」が抜けているのはご愛嬌でしょうか^^;

14:13モーセは民に言った、「あなたがたは恐れてはならない。かたく立って、主がきょう、あなたがたのためになされる救を見なさい。きょう、あなたがたはエジプトびとを見るが、もはや永久に、二度と彼らを見ないであろう。

出エジプト 14:13

24:7門よ、こうべをあげよ。とこしえの戸よ、あがれ。
栄光の王がはいられる。
24:8栄光の王とはだれか。
強く勇ましい主、戦いに勇ましい主である。
24:9門よ、こうべをあげよ。とこしえの戸よ、あがれ。
栄光の王がはいられる。
24:10この栄光の王とはだれか。万軍の主、これこそ栄光の王である。〔セラ

詩篇 24:7~10

28:16さて、十一人の弟子たちはガリラヤに行って、イエスが彼らに行くように命じられた山に登った。 28:17そして、イエスに会って拝した。しかし、疑う者もいた。 28:18イエスは彼らに近づいてきて言われた、「わたしは、天においても地においても、いっさいの権威を授けられた。 28:19それゆえに、あなたがたは行って、すべての国民を弟子として、父と子と聖霊との名によって、彼らにバプテスマを施し、 28:20あなたがたに命じておいたいっさいのことを守るように教えよ。見よ、わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである」。

マタイ 28:16~20

16:33これらのことをあなたがたに話したのは、わたしにあって平安を得るためである。あなたがたは、この世ではなやみがある。しかし、勇気を出しなさい。わたしはすでに世に勝っている」。

ヨハネ 16:33

1:9こう言い終ると、イエスは彼らの見ている前で天に上げられ、雲に迎えられて、その姿が見えなくなった。 1:10イエスの上って行かれるとき、彼らが天を見つめていると、見よ、白い衣を着たふたりの人が、彼らのそばに立っていて 1:11言った、「ガリラヤの人たちよ、なぜ天を仰いで立っているのか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになるであろう」。

使徒行伝 1:9~11

主よ来たりませ、マラナタ・・・

« 2017年6月 | トップページ