2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« メシヤ~わが神、わが主 | トップページ | ヒズボラと来週のトランプのイスラエル訪問~今月最大のイベントとなるか?? »

2017年5月 8日 (月)

新フランス大統領 エマニュエル=マクロン

決選投票で圧勝した模様ですね。なんと39歳という若さ。なんでも、フランス史上最年少の大統領だそうで。

Emmanuel_macron_2

実は面白いと言っちゃ何ですがスプートニクから。

サプライズはなかった 仏新大統領にマクロン氏

2017年05月08日 16:36

フランス大統領選挙の予測不可能な選挙運動は、サプライズなしで終わった。政治運動「前進」を率いるエマニュエル・マクロン前経済相が仏新大統領に決まった。現在の開票率は99.99%(3540万票)。マクロン氏の得票率は66.06%、政党「国民戦線」のマリーヌ・ルペン候補は33.99%。今回の選挙は、フランス第五共和政における11回目の大統領選挙だった。

https://jp.sputniknews.com/europe/201705083614347/

* 得票率66.06%ですか・・・別に意味はありませんが^^;

次にウィキペディアから独断と偏見で、目に付いた箇所を抜粋引用してみましょう。

2008年、ロスチャイルド家の中核銀行であるロチルド & Cie(フランス語版)に入行する。2010年には副社長格にまで昇進し、一時期の年収は200万ユーロにも上ったという。

2016年4月、「左派右派のあらゆる良き意思を結集」して「左派でも右派でもない政治」を目指すと宣言し、政治運動「アン・マルシェ! (日:前進!、仏:En Marche!)」を結成した。 

29歳の時、高校時代のフランス語の教師であった24歳年上の女性ブリジット・マクロンと結婚している。 

外交面では親イスラエル路線を採用し、パレスチナの国家承認に否定的な立場である。

最後に前々回の記事のコメント欄にフランス在住の方からの興味深いコメントを一部、端折ってますが紹介します、読んでない方もいらっしゃると思いますので。

>現地フランスではマクロン氏が反キリストではないかという噂があるのですが、どうお考えでしょうか?
若くしてロスチャイルド投資銀行に在籍し、金融のモーツァルトと呼ばれる天才であることもあり、ロスチャイルド家、ジャック・アタリを始めとしたヨーロッパのユダヤ人社会からも信頼されてるそうです。
現地にいたら分かりますが、人々はEUはやがてローマ帝国になるのではないかと、うすうす気づいてるようです。

* 興味をそそる人物であるには間違いないでしょうし、前大統領のオランドに比べりゃ、魅力度からすりゃ高いはず・・・

ただ、私にはフライング癖という悪癖があるので、主観的コメントは今回は極力避けたいと思います。
とにもかくにも、スタート地点に立ったに過ぎないのだから。

黙示録の「第一の封印が解かれる?」なんてことになるなどとは、私ごときには口が裂けても断言出来ませんしね。

とりあえず、名前だけは覚えておこう。

« メシヤ~わが神、わが主 | トップページ | ヒズボラと来週のトランプのイスラエル訪問~今月最大のイベントとなるか?? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メシヤ~わが神、わが主 | トップページ | ヒズボラと来週のトランプのイスラエル訪問~今月最大のイベントとなるか?? »