2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月に作成された記事

2017年3月30日 (木)

いいねえ~♪若かりし頃を思い出す・・・


なんかこの動画を見ているとホッとする。

私の世代はスノボーではなくて、スキーの時代・・・板の長さ=身長+10~15cm、よって私は185cmの板を使ってました。

ところが今はどうよ?身長ー○○cmのカービング・スキーが主流やないかい!
私がスキーから撤退する頃登場したから、私はどんなものだかわからない(涙;)

聞いたところによると、パラレル・ターンが面白いほど綺麗に出来ると従兄弟が言ってた。
「面白いくらいに良くターン出来る」と・・・

あのな~!こちとらロング・スキー板で、緩斜面でのみ!やっとこさ、ウェーデルンもどきをマスターしたと言うのに(涙;)

少しウォーミング・アップすれば身体は覚えているから、カービング・スキーを使えば、ワタクシでも急斜面をウェーデルンもどきで滑って降りることが可能だろうか?コブコブの30度超える急斜面に行くと・・・ラレル・ターンがいいところだった。

とおしゃべりが過ぎました。

で何が言いたいの?と言われますと、とりあえずこのブログはハード・ボイルド路線が原則。
この Eden Media  のサイトはいわゆる、キリスト教系陰謀論ユーチューブサイト。
珍しい、らしくない動画の投稿です。

でもなんか・・・わかる気がする・・・永遠の時間軸から見て、この世の時間は短いもの。
みんな、もがき苦しみながら自戒し、従順に努めようとしているけど、その一方で楽しいこと、心の奥底から笑いが込み上げてくる心地よいものをも求めているのだと思う。これは生きていく上で必要だし、決して悪いことではなく否定するべきものでもない。

我々は「十字架の贖い」によって、罪、律法から解放され自由の身になったのだから。
もちろん、だからと言って、何やっても赦されるというものではないので誤解なく。

そもそもPastor JD にあやかるなら

「救いのABC」と言って

Admit~ 自分が罪人であることを認識する、認める。

Believe ~主イエスこそ唯一のメシヤであると信じる。

Confess~イエスこそ救い主であると告白する。

10:9すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。
10:10なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。

ローマ書 10:9~10

動画の表題にもあるように「平和と感謝」・・・

さあ~♪賛美しよう~♪救~い主、イエスに~♪ なのである。

今は違うけど、かつては私も「平和と感謝」を実感できる時期があったからわかる。

しかし時代は変わってしまった・・・いわゆる "The point of no return" のところまで来てしまったのではないか。

今は表面上、小康状態で " Watchman on the wall" を自称する私としては???これと言ったニュースもない。

しかし、これだけは真理ではなかろうか。「もう元には戻らない」・・・と・・・

時代はそこまで進んでしまったのですね・・・


ある愛の詩~ライアン=オニール、若かったねえ。
と、私的にはそれはどうでも良く、このSnow Frolic という映画内の挿入歌。

映画音楽界の双璧と言えば私は迷わず、このフランシス=レイ(他に「さらば夏の日」、「個人教授」)と、「太陽がいっぱい」、「ゴッド=ファーザー」、「ロミオとジュリエット」のニーノ=ロータを挙げますね。

2017年3月20日 (月)

シリアがイスラエルに楯突いたことの意義

ブレイキング・ニュースを二つほど。

シリアの戦闘地域の最前線はアレッポ、ホムス、ラッカ等、北部地域ですが、ここに来てダマスカス奇襲と来ましたか・・・ダマスカスは都市の2/3は廃墟と化しているそうですが、ダマスカスをターゲットにして来たとなるとこれは危険。

なんでもイスラエルのインテリジェンス系(モサドとか)の情報によると、ダマスカスの地下には大量の生物・化学兵器が貯蔵されているらしいのです・・・

パスターJDとアミール・サルファティ(これが正しい発音らしい --;?)氏によると、常にゴラン高原からダマスカスを監視しているとの事。

シリア政府軍と反政府勢力、首都ダマスカス近郊で激しく戦闘

BBC News 3/20(月) 11:50配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-39324337-bbc-int

>反政府勢力はダマスカスの東にあるジョバル地区で奇襲をかけ、迫撃砲やロケット砲が市の中心部にも到達した。

次、行きましょう。

こちらの方がヤバそうな事件ですね。今までIAF(イスラエル・エア・フォース=イスラエル空軍)に何度となく領空侵犯され、先制空爆されては泣き寝入りしていたシリア軍が初めて!イスラエルのF-15戦闘機に対し、地対空ミサイルで反撃した!

配備されていたのが地対空迎撃ミサイルシステムS-300、S-400に性能的に劣る償却兵器のS-200だったようでして、シリア側は1機撃墜し、1機損傷させたとアナウンス。一方、イスラエルの方は無事に全機、任務を完了し帰還したとの報道。
真偽のほどは???

さっそく在ロシア・イスラエル大使がクレムリンから呼び出しがかかった模様。
先週、プーチンとネタニヤフが会談しているだけに・・・

イスラエル国防相、「シリア防空システムの破壊」を警告

CNN.co.jp 3/20(月) 9:37配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-35098353-cnn-int

エルサレム(CNN) イスラエル軍によるシリア空爆にシリア軍が地対空ミサイルなどで応じたことに対し、イスラエルのリーベルマン国防相は19日、次回同じ動きがあればただちに報復すると警告した。

 

リーベルマン氏は同日午前にイスラエルの公共ラジオを通し、「シリアがまた我が国の航空機に対して防空システムを使ったら、次はためらうことなくシステム全体を破壊する」と述べた。

 

イスラエル軍は16日夜から17日朝にかけて、シリアの首都ダマスカスや遺跡都市パルミラ周辺を空爆した。イスラエルと敵対するレバノンのシーア派組織「ヒズボラ」への武器流出を阻止するのが目的だったとしている。

 

これに対してシリア軍は複数のミサイルを発射し、イスラエル軍機1機を撃墜、もう1機を損壊させたと主張。イスラエル軍はこれを「全くのうそ」だと否定していた。

 

リーベルマン氏は「我々の問題の中心は何よりもまず、シリアからレバノンへ高度な武器が流出していることだ」と語り、「流出の現場を見つけるたびに、その阻止を図る。この点については一切妥協しない」と強調した。

 

同氏は昨年の就任以降、こうした強硬発言を繰り返している。

 

シリアのアサド政権を支援するロシアは、空爆から24時間以内にイスラエルの駐ロシア大使を呼び出すという異例の反応を示した。イスラエルのネタニヤフ首相は先週、ロシアのプーチン大統領と会談し、シリアでの軍事行動を互いに調整して偶発的事故を防ぐとの方針を確認していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、シリアにイスラエルが本格的に介入して来るとなると・・・

果たして中東だけの問題ですむだろうか?

エゼキエル38章には、タルシシの商人(スペインではなくイギリス説がここでは有力のようだ)及び若い獅子たち(米、加、豪、NZ)に対する記述がある。

ここは英語訳のKJVのほうが、はっきりと書かれていてわかり易い。

今現在、中東の大家さんはアメリカではなくロシアだが、NWOグローバリスト連中がロシアにやりたい放題させ、知らぬ、存ぜぬと、いけしゃあしゃあ~とすると言うのだろうか?

少なくともトランプは、アメリカ大使館のエルサレム移転をあきらめてはなさそうだし、娘婿のクシュナーも自称?ユダヤ人で、娘のイヴァンカも表向き?ユダヤ教に改宗している。

これからの動きには、注意が必要だ。特にダマスカス、ゴラン高原付近のシリア、イスラエル国境に。

追記:

イスラエル国防相がシリアを攻撃した自国の戦闘機を攻撃したシリア軍を非難する倒錯した世界
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201703190000/
2017.03.20 05:45:52 櫻井ジャーナル

* これなんかも客観的に見れば、ごもっともな記事ですね。
欧米諸国同様、イスラエル国家の中枢もNWOグローバリストの巣窟なのだから。
シオニスト=クリスチャンに警告しておきます。
何でもかんでもイスラエルのやることは許されるなどという、おめでたい考えは捨てたほうがいいです。神は決して侮られるような方ではない。

旧約聖書はメシヤとしてのイエスを予表、預言等を通じて証している(もっとも、聖書自体がそうですけども)とともに、人間の罪の記録、医学的に言うところの診断書です。そのためのメシヤの初臨=世の罪を取り除く神の子羊なるキリストが、医学的に言うところの処方箋=新約聖書という見方も出来る。この方以外に救いはない。

ユダヤ人は確かに神が選んだ選民ですが、しょせん罪人、人類の縮図であって、その歴史は決して褒められたものではない。ましてや現代においては混血が進み、定義もユダヤ教徒である事とか、母方が血統的にユダヤ人だとか、ざっくり言うと、切り口によっては曖昧もいいところ。
何を特別媚びへつらう必要があろうか?

これまた参考までに、レムナントのユダヤ人・・・J・コーソン師、アミール氏とも、おそらく悔い改め真の意味で、神に立ち返り救われるユダヤ人は3人に1人ではなかろうか?と。

その根拠となる聖書箇所を記して終わります。

13:7万軍の主は言われる、
「つるぎよ、立ち上がってわが牧者を攻めよ。
わたしの次に立つ人を攻めよ。
牧者を撃て、その羊は散る。
わたしは手をかえして、小さい者どもを攻める。
13:8主は言われる、全地の人の三分の二は断たれて死に、
三分の一は生き残る。
13:9わたしはこの三分の一を火の中に入れ、
銀をふき分けるように、これをふき分け、
金を精錬するように、これを精錬する。
彼らはわたしの名を呼び、わたしは彼らに答える。
わたしは『彼らはわが民である』と言い、彼らは『主はわが神である』と言う」。

ゼカリヤ 13:7~9 

2017年3月15日 (水)

ロシアがリビアに本格介入か

さて、ロシア、イラン、トルコと・・・そしていよいよ、ロシアがリビアをターゲットにしつつあるようです。
これって?・・・散々、私はこのブログで書いてきたので言いたいことはわかることでしょう。

「リビア国境にロシア部隊」=旧カダフィ派支援で介入か

時事通信 3/15(水) 7:02配信

【ワシントン、ベンガジAFP=時事】米当局者は14日、ロシア軍特殊部隊が、リビア国境に近いエジプト西部の空軍基地に展開したもようだと明らかにした。

 2011年から続くリビア内戦に、旧カダフィ政権友好国のロシアが極秘介入している可能性がある。

 内戦では、カダフィ時代の軍将校で東部の実力者であるハフタル氏の部隊が昨年9月、石油輸出港を次々と制圧。これにより、国連が支援する統一政府に対する影響力を確保した。今月に入って主要な石油輸出港の支配権を失い、劣勢に転じていたが、ハフタル氏の部隊は14日になって「奪還した」と宣言した。

 ロシア国防省は声明で「エジプト西部に特殊部隊はいない。欧米メディアは匿名の情報で読者を面白がらせている」と主張。ロシアのペスコフ大統領報道官も「(派兵の)情報はない」と否定した。ただ、米当局者は、米軍が今回の状況を注視していると話した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、マゴグの地のゴグがいよいよ本格的に動き出すのだろうか?
プーチン、ネタニヤフ会談でもわかるように、確かにプーチンは政治家として、今現在の世界の政治指導者としては、最高峰の指導者と言えるだろう。しかし、そのウラの顔はKGBのスパイにルーツを置くだけあって、帝政ロシアの復活、国益の為には、冷酷無比・・・これが現世で言われる有能な政治家の姿でもあるのだ。

イスラエルの石油、天然ガスを巡って、この先、どのような展開が待ち構えているのだろうか?

そのバイタル=キーとなるのは、やはりシリア、なかでもゴラン高原、そこに隣するダマスカスとなるのだろう。

2017年3月12日 (日)

絶不調・・・

どうも調子が悪い --;・・・

51:8わたしに喜びと楽しみとを満たし、
あなたが砕いた骨を喜ばせてください。
51:9み顔をわたしの罪から隠し、
わたしの不義をことごとくぬぐい去ってください。
51:10神よ、わたしのために清い心をつくり、
わたしのうちに新しい、正しい霊を与えてください。
51:11わたしをみ前から捨てないでください。
あなたの聖なる霊をわたしから取らないでください。
51:12あなたの救の喜びをわたしに返し、
自由の霊をもって、わたしをささえてください。
51:13そうすればわたしは、とがを犯した者に
あなたの道を教え、
罪びとはあなたに帰ってくるでしょう。

詩篇 51:8~13

この詩篇51編は、あの有名な箇所、ダビデがバテ・シェバを寝取って、その夫であるウリヤを戦場の最前線に送り、間接的に殺してしまったことを、預言者ナタンに糾弾され、涙を流して悔い改めた時に詠んだ箇所です。

詩篇には度々、「主を待ち望め」と繰り返し出てくる・・・希望を捨てるな!と自分に必死になって言い聞かせるが、人間弱いもの・・・

あの「救われた日の喜び」、確かに聖霊なる爽やかな風がわが心の中を吹き抜けていった・・・この箇所だけ抜粋しましたが、聖書をお持ちの方は是非、51篇を通してお読みいただくことをお勧めします。

今一度、あの時の喜び、平安を返してください、と叫ばずにはいられない・・・

2017年3月 7日 (火)

ネタニヤフ首相、ロシアへ飛ぶ

今度で去年から数えて何回目になるのか?
今週の木曜日にネタニヤフが再びロシアを訪問し、プーチンと会談する模様です。
おそらく?イランのS-300ミサイル迎撃システムのテストが成功したからでしょうが、一体、何を話すというのでしょう?

パスター=べクレーの情報によると、イランはシリアのゴラン高原近くに軍事拠点を設立する計画があるそうですが、これか?
もし、これをやられたらイスラエルにとっては足元に火がつくようなもの。

イラン、ロシア製地対空ミサイル「S300」の発射実験に成功

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00000020-jij_afp-int

【AFP=時事】イラン国営テレビは4日、イランがロシア製高性能地対空ミサイルシステム「S300」の発射実験を実施し、弾道ミサイル1発と無人機1機を含む複数の標的の迎撃に成功したと発表した。

~一部抜粋引用~

イスラエルのメサニック=ジューであるアミール師も動画で、「これでイスラエルによるイランの核施設空爆は不可能となった」と述べていますが、そのとおりでしょう。
要するに、イスラエル側のイランに対する軍事オプションはジ・エンドということ。
バンカーバスターミサイルなど過去のものになってしまった。

中東におけるロシア、イラン、トルコの新三国同盟におそらくはスーダン、リビアその他何カ国か加わってくるのでしょうが、この三国だけで、もうフォーメーションは8割がた完成していることでしょう。

これはちょっと、要注意です。くどいですが、エゼキエルの大預言が脳裏をかすめるのは、聖書預言を知っている人にとってはピン!と来るはずで、私だけではないことでしょう。

そして蛇足になりますが、危機は何も中東だけじゃありません。否、中東だけで済むはずがない。朝鮮半島もかなり、きな臭いですし。

日本語訳ついてませんが、動画を見ているだけでもその危機感は伝わるでしょう、14分ほどです。いわゆるネオ・鉄のカーテンを巡ってのロシアとNATO陣営のチキンレースです。

トランプは米軍を原則、海外へは派遣しないと言ってますが・・・そうは問屋が卸さない、と私は見る。

2017年3月 1日 (水)

地球空洞説~信じる?信じない?

またまた久々の更新。このブログもそろそろ賞味期限切れかな?(笑)
ま、10年以上経つのだから、順境の時もあれば、逆境の時があっても仕方がないということにしておこう。

何となく今のところ世の中、小康状態で安定しているように見えます・・・が、こういう時こそ油断大敵、絶えず目を覚ましていよう・・・と無理にでも?自分に言い聞かせる。

では本題。
なんか最近、にわかにプラネットX=惑星二ビル(太陽系にその軌道が入ったらしい?)と共に、「地球空洞説」がネット上で取り上げられる頻度が増えているような?特に南極(Antarctica)関連で・・・
そう言えば、私がブログを始めたころ、「南極のマザー」というフェイク・ブログが大ブレイクしていたのを思い出します・・・
私が小学校の時だったでしょうか?「メギドの火」という「つのだじろう」原作の漫画で、このような話が存在するのを知ってました・・・しばらく忘れてた・・・

私が付け焼刃の拙い解説をするより、4分ほどの動画をまずは見ていただいた方がいいでしょう。


それで、私の考えというか結論!にはなりませんが、正直申し上げて「わからない、だって行った事ないんだもん」としか言えません(爆:)

ただし、異次元の世界の存在は信じております。我々が住んでいる三次元の物質世界がすべてではないでしょう。
これは聖書にも根拠がある。

パウロ自身、ぼかして書いてますが、間違いなくパウロ自身のことでしょう。

12:1わたしは誇らざるを得ないので、無益ではあろうが、主のまぼろしと啓示とについて語ろう。
12:2わたしはキリストにあるひとりの人を知っている。この人は十四年前に第三の天にまで引き上げられた――それが、からだのままであったか、わたしは知らない。からだを離れてであったか、それも知らない。神がご存じである。
12:3この人が――それが、からだのままであったか、からだを離れてであったか、わたしは知らない。神がご存じである――
12:4パラダイスに引き上げられ、そして口に言い表わせない、人間が語ってはならない言葉を聞いたのを、わたしは知っている。

第二コリント 12:1~4

いわゆる「第三の天」・・・これも異次元の世界であることでしょう。
その他にも堕天使を閉じ込めたなど、異次元世界のことであろうと思われる記述が聖書の中には見られますが、ここでは触れません。この箇所だけで充分でしょう。もちろん、これだって、ほんのさわりに触れているに過ぎないと私は思う。必要以上の深入りは、信仰の破船につながりますゆえ。

いわゆるインナー=ワールドとでも言いましょうか、地底都市シャンバラとか、レプテリアン、堕天使のアジトであるとか、UFOの発着基地があるとか、旧約聖書に出てくる巨人(ネピリム)がいるとか?よくはまあ~想像たくましく・・・この辺にしておきましょう。

本題とは少しずれますが、結局はこういうことではないでしょうか?
自分が博学だと思い込んで、あたかも真実のように断定的に思い込む・・・栄光を帰すのは自分ではなく主なる神であるということ。これはよくよく注意せねばならない!

13:9なぜなら、わたしたちの知るところは一部分であり、預言するところも一部分にすぎない。
13:10全きものが来る時には、部分的なものはすたれる。
13:11わたしたちが幼な子であった時には、幼な子らしく語り、幼な子らしく感じ、また、幼な子らしく考えていた。しかし、おとなとなった今は、幼な子らしいことを捨ててしまった。
13:12わたしたちは、今は、鏡に映して見るようにおぼろげに見ている。しかしその時には、顔と顔とを合わせて、見るであろう。わたしの知るところは、今は一部分にすぎない。しかしその時には、わたしが完全に知られているように、完全に知るであろう。
13:13このように、いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。このうちで最も大いなるものは、愛である。

第一コリント 13;9~13

今はまだ結論を急いで断定する必要はない・・・いずれ真実がわかる時が来る。
「信仰と希望と愛」、自戒せねばなりませんね。

PS:かなり論点がずれたかも? --;

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »