2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« プテ=リビア続報~ロシアと同盟か? | トップページ | リアル・ジャイアン?ドナルド=トランプ米大統領 »

2017年1月27日 (金)

リビアの動きが激しい!

さて、リビア関連の記事が続きますが --;
聖書預言に詳しい方であれば、リビアがどれだけ重要なキーとなるかご理解いただけるかと。

ここに来て本当に、リビアがシリア、イスラエル同様、動きの激しさを増しているように感じます。

O4403 1月27A 日 『リビア状況進展セラジ・ハフタル会談近い』 [2017年01月26日(Thu)]
http://blog.canpan.info/jig/archive/6110

リビアの混乱状況が、鎮静化の兆しを見せている。先にリビア軍が、シルテ市をIS(ISIL)の手から解放したが、次いでベンガジ市の解放が近いようだ。リビア軍がベンガジ市に立てこもる、アルカーイダ系テロ組織や、IS(ISIL)と戦闘を展開しているが、大分リビア軍の支配地区が、拡大しているようだ。

合わせて、カイロでリビアの統一政府(トリポリ)代表のセラジ首相と、トブルク政府のハフタル将軍が、対談することが、予定されている。この対談は、セラジ首相とハフタル将軍が、直接二人きりで行う場面もある、と報じられている。

この会議に先立ち、チュニジアのバージー大統領がカイロを訪問し、二国間関係に加え、アフリカ首脳会議でリビアの問題を、話しあうことで意見交換を、行っている。

なお、セラジ首相とハフタル将軍との話し合いには、エジプトとロシアの後ろ盾がある、ということだ。ロシアとすれば、アスタナで開催された、シリアの和平会議が、ほぼ成功したことに合わせ、リビアの問題解決も成功させたい、ということであろう。

こうなると、ロシアはシリアに次いで、リビアに軍事基地を、持つことになろうし、中東での発言力も拡大し、アラブ各国との関係も、進展するということになろう。それは、アメリカの民主党や軍産複合体にとっては、不愉快な動きということになろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

補足として;

まだまだトランプ政権は未知数な点が多々あり。
この先、アメリカはどう出るか?アメリカ大使館のエルサレム移転は本当に可能なのか?
否、本気でやるつもりなのだろうか?

アメリカの出方次第で、詩篇83篇の預言が既に成就しているのか?いや、これからなのかもおいおいわかってくることでしょう。それに関連しイザヤ17章の預言も・・・

そしてその先に待つものも察しがつく人には、つくことでしょう。

掲示板にも貼り付けたのですが、ブログの方にも参考までに貼り付けておこう。

10分ほどですが、日本語字幕ついてません・・・私ではそこまでの作業は不可能なのでごめんチャイ。


Israel’s Lieberman setting the road to fulfilling the Psalm 83 war against Israel

End Times Research Ministry

« プテ=リビア続報~ロシアと同盟か? | トップページ | リアル・ジャイアン?ドナルド=トランプ米大統領 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/64816677

この記事へのトラックバック一覧です: リビアの動きが激しい!:

« プテ=リビア続報~ロシアと同盟か? | トップページ | リアル・ジャイアン?ドナルド=トランプ米大統領 »