2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ポーランド、バルト三国及びシリアから~ロシアからも目を離すな! | トップページ | パリ中東和平会議続報 »

2017年1月14日 (土)

トランプ政権本当に大丈夫?

ちょっと気になる記事を目にしたので貼っておきます。
国防長官候補マティス氏はアメリカ大使館のエルサレム移転に異議申し立て。
元エクソン・モービル会長で国務長官候補のティラーソン氏もプーチンと仲が良いと言われていますけど「ロシアの脅威」を口にしているしで。
また、中国の南シナ海人工埋め立て基地に対してはかなり強硬な発言。

外交政策食い違い=トランプ氏と閣僚候補―対ロシアやイラン核、壁建設・次期米政権

時事通信 1/14(土) 1:26配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000004-jij-n_ame

【ワシントン時事】トランプ次期米政権で外交・安全保障を担当する閣僚の承認に関する上院公聴会で、ロシアに対する強硬姿勢やイラン核合意への支持など、トランプ氏の主張と異なる発言が相次いだ。

 露呈した次期政権内の調整不足を解消し、統一された「トランプ外交」を打ち出すことができるかどうか。トランプ氏の政権運営能力が問われることになりそうだ。

 トランプ氏が関係改善を目指すロシアについて、国防長官に指名されたマティス元中央軍司令官は12日の公聴会で「プーチン大統領は北大西洋条約機構(NATO)を壊そうとしている」と述べ、ロシアと対抗する必要性を強調した。国務長官に指名されたティラーソン前エクソンモービル会長も「NATOがロシアを警戒するのは正しい」と述べた。

 中東政策では、トランプ氏が撤回を示唆したイラン核合意について、マティス氏は「約束したことは守る必要がある」と支持。在イスラエル大使館のエルサレム移転問題でも、マティス氏は「イスラエルの首都はテルアビブだ」と明言し、事実上反対した。

 また、国土安全保障長官に指名されたケリー前南方軍司令官は10日、「不法移民阻止のためにメキシコ国境に壁を造る」というトランプ氏の公約について、「物理的な障壁それ自体は役に立たない」と断じた。

 ティラーソン氏は、トランプ氏が否定的な地球温暖化に関しても「気候変動のリスクは存在する」と指摘。温暖化対策の新枠組み「パリ協定」からの脱退を望まない姿勢を示した。

 一連の「閣内不一致」について、米紙ワシントン・ポストは「閣僚が説得し、トランプ氏の選挙戦中の過激な主張を抑える」可能性を指摘する一方で、「(閣僚候補やトランプ氏が)意見の違いについて全く議論していないようだ」とも指摘。これに対しトランプ氏は13日、ツイッターで「彼ら(閣僚候補)にはありのままでいてほしいし、彼ら自身の考えを述べてほしい。私のではなく!」と述べ、意見の違いを正当化した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、これも話には聞いていましたがどうやらやりそうです。それは何か?

トランプ大統領就任式の妨害活動・・・・まだ反トランプ・キャンペーンは健在だったようです。

反トランプ勢力 大統領宣誓式を台無しにするため大衆抗議活動を準備

続きを読む: https://jp.sputniknews.com/us/201701133236411/

1月20日ワシントンには、米国の次期大統領ドナルド・トランプ氏の宣誓式を失敗させるために、何千人もの人々が集まる見込みだ。ロイター通信が、抗議集会主催者の言葉を引用して伝えた。

抗議デモを組織しているのは、グループDisruptJ20(1月20日をぶち壊せ!)という名の団体で、首都ワシントンの⒓の保安チェックポイントを封鎖する計画だ。また彼らは、ワシントンのメインストリートの一つを4キロにわたりパレードし、首都の未明の通りをマニ状態にする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

反トランプの活動家連中がトランプ大統領就任式典に向けて妨害工作を画策し、本気で動き出しているとの情報あり。さて誰がスポンサーで資金出しているのだろう?

何を考えている?NWOの十八番、双頭戦術か?それとも仲間割れ?ここまで来ると4次元の霊的世界(堕天使連中の暗躍)まで考慮しないとわからない?

アメリカ分断の内戦、アメリカ革命(オバマが三選目指して、これを狙っているなどという噂すらありますからね)なんかになったら・・・日本を含め、世界はただじゃすまないのは明らか。これも以前から言われていたことですが。ロシアにとっては好都合か??

とにかく、今の時期、正直言って、まったく予想がつかない・・・

おまけに明日のパリで行われる中東和平会議、日本との時差を考えると夜でしょうか。
こうなって来ると、ロシア、シリアだけじゃなく、アメリカ、イスラエルまでフォーカスの対象は拡大しますね・・・

最後になりますが、これは喜ばしいニュース。
今中東圏内でイスラム教からキリスト教への改宗、リバイバルが盛んに起こっていると、フランク・ディ・モーラ師のサイト "End Time Research Ministry" にありました。

日本に後の雨が降り、リバイバルが起こるのはいつの日か?連中にたぶらかされて背教へと向かわねばいいのですが。

おそらく終末にはこの双方が起こると聖書からは読み取れると私は解釈してます。

« ポーランド、バルト三国及びシリアから~ロシアからも目を離すな! | トップページ | パリ中東和平会議続報 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/64761261

この記事へのトラックバック一覧です: トランプ政権本当に大丈夫?:

« ポーランド、バルト三国及びシリアから~ロシアからも目を離すな! | トップページ | パリ中東和平会議続報 »