2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« CNN支局長がロシアを恫喝!~本気で言ってるの? | トップページ | クリスマスにまつわる話 »

2016年12月21日 (水)

シリアはいつまでイスラエルの空爆に沈黙するのか?

まず確認、アレッポ解放は終結ではない、むしろ始まりに過ぎない。

イスラエルがミサイル発射、シリア首都郊外に着弾 地元メディア

2016年12月07日 20:22 発信地:ダマスカス/シリア

http://www.afpbb.com/articles/-/3110557

* やはりダマスカスを廃墟にするのはイスラエルか?
アミール氏の「エゼキエル38章の預言の成就はまず、イザヤ17:1が成就してから」はかなり信憑性が高いのではないか。
私の記憶が正しければ、今月に入ってから、ゴラン高原からのダマスカス近郊の軍事施設、車列への空爆は三度目のはず。

もう一つ、今現在、最大の不確定要素、キャスティング・ボードはあのトランプ・・・
あやつのおかげで(笑)、予測が非常に困難になってしまった・・・

中東においては、ある程度の予測がつきそうだが、米(NATO)露がどうなるか?わからなくなってきた。

ロシアとアメリカの関が原の戦いは、ゴグ・マゴグの乱とは別物かもしれないと考えが傾倒しつつある。
アメリカのユーチューバー・エバンジェリストの方々の言うように、「アメリカはロシアに「抗議するだけ」に終わるかもしれない。

ひょっとしたらだが、第二の封印=赤い馬の可能性はどうなのだろうか??
第三の封印=黒い馬、第四=青白い馬、の封印ともリンクする可能性も否定できないだろう。

今はまだ何とも言えないというのが正直なところである。

来年1月20日が大統領就任式、それまでに大イベントがあるかもしれないし、ないかもしれない。無事、就任式が終わったとしても春先までは予測が困難な期間が続くかもしれない・・・

これも全知全能なる父なる神の配慮なのだろうか?

« CNN支局長がロシアを恫喝!~本気で言ってるの? | トップページ | クリスマスにまつわる話 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/64655232

この記事へのトラックバック一覧です: シリアはいつまでイスラエルの空爆に沈黙するのか?:

« CNN支局長がロシアを恫喝!~本気で言ってるの? | トップページ | クリスマスにまつわる話 »