2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 相模原障碍者施設殺傷事件に思う | トップページ | ↓の記事の補足と追記 »

2016年7月31日 (日)

黙示録12章1~2節における天空のしるし

12:1また、大いなるしるしが天に現れた。ひとりの女が太陽を着て、足の下に月を踏み、その頭に十二の星の冠をかぶっていた。
12:2この女は子を宿しており、産みの苦しみと悩みとのために、泣き叫んでいた。

黙示 12:1~2

実は私、2~3年前にブログ記事にした記憶があります。
たぶん?過去ログ探れば出てくるのではないかと?
そしたらまた?ここのところユーチューブで話題になりつつあり・・・って!私だけだろうか?
忘れていた過去の記憶が再び甦り、心の片隅に追いやった血が騒ぐ?(笑)

いやいや、TSeekerさんもご自身のブログで触れていたし、おそらくスコッティー・クラークのユーチューブ・ビデオでこの手の話題・・・モトイさんも興味を持っていることだろう^^; と振ってみる~(爆;)

もったいぶりましたが、早い話が 9/23/2017 に、乙女座のバルゴを中心に星座と太陽と月がこの状態になるというから、ただ事ではない(だろう?)
しかも、 あと1年と2ヶ月ほどで。

しかしながら、この命題、疑問点、突っ込みどころ、論点が山積していて解釈が難しく、結論など出るわけが無く、なってみなけりゃわからないという非常に厄介なる難問中の難問・・・クリアーすべき問題点が多すぎて、私ごときではお手上げ状態なのです。
なんせ、基になる資料があの難解なダニエル書と黙示録なので(特に12章は難しすぎる)~(涙;)
おまけに、前回ブログ記事にした時と今ではかなり世の情勢が変化しているし、その聖書的視点から見た分析、判断がより困難になっていますゆえ。
これにエゼキエル38章と詩篇83篇をリンクさせたら、まったく持ってダイヤが乱れてしまう。

せっかく?エゼキエル38章の各国の配置図が整いつつある中、特にその中心となるロシアとイランに加え、トルコのベールが剥がれつつあるのに。

残念ながら、全編英語です --;、しかも3部作で〆て90分近くです。続編もこの先出そう? たぶん出るでしょう?

時間と興味ある方は、是非!見て下さい。






そしてこちらは、TSeekerさんのブログで教えてもらったビデオ。なんでもこの天空の配置図は7000年に1度なのだという。


キーとなるところをプリントスクリーンでコピーしてみました。

1212

(クリックで拡大可)

* 個人的には艱難期中のサインであろう?と考えてますが(もちろん掲挙との関連も無視できないでしょうし、反キリストが第三神殿で己の神宣言をして、ユダヤ人レムナントがヨルダンの荒野にある『ペトラ』で三年半過ごすだろうと言われている説も説得力あるし)、もしそうだとすると反キリストが現れ、ソロモンの第三神殿の建立も始まり、終末の二人の預言者も活動を始めていてもおかしくなさそうなのだが、その兆候はあるにせよ、現実には起こっていないし、現れてもいない。そもそもイスラエルとの7年(1週)の契約もまだなのではなかろうか??スコッティーは三作目で「実は契約は出来ている」(ホントかよ!)と、何気なく言っていたのですが、私の英語力はあてにならないので聞き間違いかもしれません。

それともこのサインを持って大艱難期の7年に突入?? 時間軸を考慮に入れて黙示録12章を読んでみると、そう解釈出来なくもない?し、取り込んだ画像のタイムラインを見ると、まったく持って戯言だと無視できないものもある・・・

« 相模原障碍者施設殺傷事件に思う | トップページ | ↓の記事の補足と追記 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

がはは、ザアカイさんども(^^)/♪
呼ばれて飛び出ました(爆)

スコティーがまた、にわかに元気づいて動画配信してますね(^^)
思えば、去年のラッパの祭り以後は、(携挙がなくって彼も多少は意気消沈してたのか)、動画配信がめっきり少なくなってましたね。

私個人としましては、来年のラッパの祭りに注目するあたり、今回の一連の動画配信を多少冷静に見てます。どうも彼としては来年の天のしるしに注目するあまり、今年のラッパの祭りまでの時期にはあまり興味がないみたいなので、私としては多少不満ですf^^;)

今週また配信するようですね。これまでの3本でほとんど説明し尽しているような気がしますが、追加的な何かが出てくるのかな・・・。

英語なのでスルーしてしまう人のために、ざっと要約すると、黙示録12章に出てくる天のしるし、(月を足台にし、12の星を冠にする女性が、男の子を産み、その子が天に引き上げられる幻)、についての説明動画です。

2017年9月23日(だったか?)に、乙女座の足下に月がとどまり、木星(キリストを象徴するらしい)が乙女座内でリトロゲート(惑星が行きつ戻りつする現象で日本語では何というのか不明f^^;)が起って、子を産むように外に出るそうです。乙女座内にとどまるのも、人間の出産と似ていて、9ヶ月(日本語では十月十日)身ごもっているのだとか・・・。

この現象が黙示録12章と一致することと、黙示録11章でふたりの証人について説明されている(ふたりの証人は7年患難期の前半の3年半の活躍の)説明が、患難期前半の様々な災いのあとに並んで書かれていることから、ふたりの証人の活躍が後半でないことが明らかなように、この乙女座のしるしの意味することも患難期後半のしるしではなく前半より前の、患難期前の携挙についての説明である・・・、っという内容です。
その説明、とりわけ男の子がキリスト者であることの説明が重点的にされている感じでした。

スコティーは「携挙はラッパの祭りに起る(この日以外ない)」と言い切っているので、その点は危ういとは思いますが、私も応援しつつ注目しているので、今後の動画が楽しみです(^^)v

主イエス、万歳!
\(^O^)/
モトイ

あはは、お呼びたてしてしまったようで(笑)

私もスコッティーの英語は比較的聞き取りやすいのでほぼ?理解したつもりですが、モトイさんの仰るところの不満、わかります。
モトイさんの内容説明のフォローによると、私の聞き取り調査?もだいたいあっている模様(笑)、感謝申し上げます。

何となく彼の説とタイムラインだと艱難期は7年ではなく3年半?と言いたいような気もしますね?私のヒアリング力が頼りないせいかもしれませんが。

もうお一方は終末の7年の始まりのしるしとして捉えているようですが。

それと個人的にはやはり、こればかりに拘ってしまうと的を外すおそれもありそうなので、慎重に吟味すべきでしょうね、ベレヤの人々を模範にして。このしるしだけで終末のタイムラインと言うか全貌がわかるはずもないと考えますので。
聖書全体から吟味検証せねばならないですね、私にはあまりにも難解な作業なので、仮説もどきをアップするのが精一杯ですが。
ただ時とともに少しずつベールが剥がれているのも事実のようで。

そして、それまでの約1年2ヶ月の間、平和に何もなく過ぎ去る保障も感じられませんし・・・

貴重なるフォロー、感謝申し上げます。

あとモトイさんのブログ、その他ユーチューブビデオでも見たのですが、死海のシンクホールから真水が湧き出て魚が泳いで緑が周辺に現れたと、エゼキエル書47章の前兆?ともとれる情報もありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/63989687

この記事へのトラックバック一覧です: 黙示録12章1~2節における天空のしるし:

« 相模原障碍者施設殺傷事件に思う | トップページ | ↓の記事の補足と追記 »