2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 背教ここに極まりけり~ロンドン、NYシティにバールの神殿が! | トップページ | ↓の記事のコメント欄へのレス »

2016年4月 3日 (日)

マゴグの地のゴグ~ロシアかトルコか?代理戦争継続中

エゼキエル書/ 38章 02節

人の子よ、メセクとトバルの大君であるマゴグの地のゴグに、あなたの顔を向け、これに対して預言して、言え。

さて、久々の更新となります。
なかなか先が見えず、ブログを書くにもついつい躊躇してしまう自分がいる・・・テーマ、考えがまとまらず、書けないのです・・・
このブログも低頻度の更新にもかかわらず、180万ヒットを超え、終わり?が見えたか?(笑)

さてテーマ通り、しつこいほど引用している冒頭の聖書箇所で示した通り、マゴグの地のゴグは、通説では「プーチン率いるロシアであろう」というのがマジョリティーですが、トルコ説もあります。
ただ、個人的にはエルドアンがゴグと言うことはなかろうかと。現在、トルコではトルコ軍によるクーデターの噂まである始末。

私の考えとしては通説どおり、ロシアであろうと考えます。確かにトルコもかつてのオスマン帝国として現在でも何かと物議を醸し出し、侮れない国ではありますが、終末において、ロシアほどのメジャー・プレーヤーとはならないのではないだろうか?
近いうちにわかることでしょうが・・・

そんな時です、この記事を書くきっかけとなった事件が発生。

ナゴルノ・カラバフでの紛争悪化のイニシアチブを取ったのはトルコ?

1991年にアゼルバイジャンから独立を宣言した飛び地で、国として認められていないナゴルノ・カラバフ共和国のダヴィド・ババヤン大統領報道官は、地域の紛争悪化にトルコが関与している可能性があると発表した。Panorama.amが2日、報じた。

報道官は、次のように述べた-

「我々は、このようなアゼルバイジャンの行動について、アゼルバイジャンのイニシアチブだけであるはずがないと常に発表してきた。あらゆる可能性から判断して、特にトルコなど、特定の勢力がアゼルバイジャンを支持している。」 

ババヤン報道官によると、地域では1994年以来このような紛争の悪化はなかったという。

報道官は、「アゼルバイジャン軍は重火器を使用し、接触ラインの特定の場所で侵入を試みたが、相応の報復を受け、初めの位置まで戻り、大きな損失を被った」と述べた。 

紛争地域の状況悪化が明らかになったのは2日午前。なおアゼルバイジャンとアルメニアは、起こっている出来事について異なる情報を伝えている。

アゼルバイジャンは、敵の人員や機器の多くの機器の破壊について発表し、アルメニアはアゼルバイジャン軍の大きな損失について語っている。 

ロシアのプーチン大統領はすでに紛争当事者双方に一刻も早い停戦を呼びかけた。

ナゴルノ・カラバフは、1991年にアゼルバイジャンから独立を宣言した飛び地で、主にアルメニア人が住んでいる。アゼルバイジャンは、軍事作戦によって同地を再び支配下に置こうとしたが、失敗した。1994年、アゼルバイジャン、アルメニア、国として認められていないナゴルノ・カラバフ共和国は、ロシア仲介のもとでビシュケク議定書に調印した。

続きを読む http://jp.sputniknews.com/politics/20160403/1890679.html#ixzz44knAAXi2

スプートニクによると、本日4時ごろ、再び戦闘が再開された模様。

S_ice_screenshot_20160403023517

図の右側がカスピ海です。アゼルバイジャンは首都バクーのバクー油田など豊富な天然資源があり、BTCパイプラインありで、このあたり通称、コーカサス(カフカス)地方は地政学的に言っても、資源も豊富であり、何かと問題ありの地域でもある。

2008年の北京オリンピック開幕の時にグルジア(ジョージア)の元サーカシビリ大統領が、推定アメリカ、イスラエルにたぶらかされてロシアに楯突いたはいいが、はしごを外され逆襲され、ボコボコにやられたのを覚えておられる方も多いでしょう。

シリアも今は少し小康状態を保っているようですが、ロシアは海軍、空軍基地とも残したままで、1時間以内にシリアの基地に飛んで来れると豪語しているし、ここシリアでもトルコによるロシアのスホーイ爆撃機が撃ち落された事件が去年あったばかり。

ダーイッシュ(IS)のスポンサーとされる米英イスラエル、カタール、サウジ、トルコ。特にトルコはクルド問題も抱えており国境沿いからシリアへの進入路としての役目、またISのアングラ原油のロンダリング役として、アサド大統領と対立、NATOの切り込み隊として暗躍して来ました。あのエルドアンという男は安倍晋三と同じくらい好きではない・・・

T1largerdogangi_1

シリアに続いて、アゼルバイジャンでもロシアとトルコの対立の構図、ましてや露土戦争、トルコによるアルメニア人大虐殺の歴史といい、ロシアがトルコを飼い馴らさない限り、ベテ・トガルマ(トルコ、アルメニア)説のフォーメーションが完成しない。アルメニアは親露国であるようですが。

要は、ロシアであろうが、万が一、トルコであろうがお互い、ジャブの打ち合いをしているうちはエゼキエルの大預言は成就しないと言うことなのだろう。

ついでなのでプテ(リビア)情勢ですが、こちらもカダフィ亡き後さっぱり、カオス状態 --;

現在ある二つの政府は、西のトリポリのファジュル・ル・リビア(リビアの夜明け)と呼ばれるイスラム原理主義の支持を得ているものと、東のトブルクにある、国際的に認められている、と言われている世俗政府です。

これに加えて、欧米の送り込んだであろう、チュニジアからのセラジ首相が、トリポリへの飛行機での乗り入れは、リビアの夜明けグループなどによって、拒否され、リビア統一政府の新首相は、何とか船でトリポリ港に、乗り付けることが出来た模様。

どうですか?これ?三つの政府が出来る??リビアもまだまだのような気がしてなりませんね。

さて、最後に真打なるイスラエルの最新情報?とまではいきませんが、書いておこう。

オバマ政権のイスラエルに対するスタンスか?はたまたディス・インフォメーションのミスリードか?あと考えられるのは、餌をダーイッシュに与えなくなって、飼い犬に手を噛まれるかのごとくなのか?ISがイスラエルに対して攻撃を仕掛けるという噂が広がっていますね・・・

あともう一つの未確認情報は、ネタニヤフが必要とあらば、単独でイランの核施設を空爆することもあり得るという噂・・・としておきましょう。ま、同じことを何年、何回繰り返してアナウンスしていることか・・・イラク、シリアの時のように簡単ではないのでしょうが、そうこうしているうちに私の知る限り、イスラエルによるイラン核施設空爆情報は、10年以上の歳月が過ぎた。今現在、そのミッションは更に困難を伴うことでしょう。

確かなことは間違いなく、事態は見えないところで進行してはいる、しかし、コトはそう簡単なことではなさそうであるということ。

一つ前の記事でも書きましたが、ベル神殿のレプリカのNY、ロンドンでの建立。これはその先を見据えたエルサレム第三神殿への布石となるのか?
反キリストの登場が間近なしるしなのか?
エゼキエルの預言のタイミングは?果たしてその順番はどうなのか?

イランとロシアのタッグは既に完成しているとして、とりあえずはトルコ、ロシアをマークする必要がありそうです。

« 背教ここに極まりけり~ロンドン、NYシティにバールの神殿が! | トップページ | ↓の記事のコメント欄へのレス »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

なぜ、ベルギーのブリュッセルが狙われるのか・・・

それは、ベルギーには「666」という暗号名がつけられたNATOのスーパーコンピュータがあるからです。
いや、すでにそれは人工知能に置き換えられていることでしょう。

とにもかくにも、ニューヨークで、(ソースとして示したいのですが、怖い画像が出てくるので気の弱い人はクリックしないでください→)ビースト(反キリスト)が始動するのは、どうも4月19日のようです。

ttp://endoftheamericandream.com/archives/april-19-temple-of-baal-in-new-york-is-going-up-same-day-the-blood-sacrifice-to-the-beast-begins

取り上げてもらえるならばURL和訳希望します。

美容院に行って、出される女性誌の中から、「VOGUE」なら読みたいと思います。
ザアカイさんのブログも(私的に)「VOGUE」です。
故牧師のように、ブッ飛び続けていただきたい。
今さら遅いですが、FB始めたので、与太郎ブログは閉じましたぁ。

SPさん、誰だかその正体見切ったり(笑)
VOGUEって確か女性向けのファッション雑誌でしたよね?見たこと、読んだことありませんけど^^;

ぶっ飛び続けて墜落しなけりゃいいですけどね --;・・・

FBアカウントは私も持ってはいるのですが、ほとんど放りっぱなしの状態です。
使い方もよくわからなくてね。
ちなみにFBの友人登録はなんと!たった二人・・・うち一人は故人なので実質、一人しかいません(爆;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/63435439

この記事へのトラックバック一覧です: マゴグの地のゴグ~ロシアかトルコか?代理戦争継続中:

« 背教ここに極まりけり~ロンドン、NYシティにバールの神殿が! | トップページ | ↓の記事のコメント欄へのレス »