2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ガリラヤの風とカルバリーの十字架 | トップページ | 背教ここに極まりけり~ロンドン、NYシティにバールの神殿が! »

2016年3月19日 (土)

終末の二人の預言者がエルサレムに現れた?~今度こそ本物かね?

ええ~ --;・・・

この情報をブログ上に書くのは私にとっても冷や汗もので、大変リスキーであることを前もって断っておきます。

なぜなら以前、「“自称”終末の預言者の一人である」という人物がアメリカに現れ、結果として偽預言者であった。

乗りかかった船、「半信半疑」ながらも追跡調査をし、「そないなとこやろ、言わんこっちゃない、ホラ吹きやったちゅうこっちゃ!」という苦い過去がありますので。

己の恥を隠すのはポリシーに反するので、カテゴリーに過去ログとして残してありますので興味ある方はどうぞ、ただし見る価値は・・・ない・・・我が過去の遺物、恥さらしの記録ですので。

まず情報ソースですが

2016/03/18 に公開

Prophecy Alert as 2 witnesses appear in the Old City of Jerusalem before the Sanhedrin to declare the 1st day of the 1st month and this is the first time in 2000 years http://www.paulbegleyprophecy.com also Help Us Spread the Word https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr... also http://www.breakingisraelnews.com/636...

BREAKING ISRAEL NEWS

Sanhedrin Performs Rare Biblical Commandment Not Seen For 2,000 Years

http://www.breakingisraelnews.com/63610/sanhedrin-performs-rare-biblical-commandment-not-seen-2000-years-jewish-world/#7pz0ItlzLTe2BE8a.97

英語記事です。邦訳するエネルギーがなくすいません。

ヘブライ語も登場。ただ、ここで注意したいのは、ここで言うところの「サンヘドリン」ですが、陰謀論の知識がある人ならお解かりでしょうが、古代ローマによるエルサレム神殿破壊とともに姿を消した71人からなる「ユダヤ最高法院」、フリーメーソン=イルミナティの中枢を占める組織とは違う模様。

日本語で検索すると出てきませんが英語で検索したら出てきました。

https://en.wikipedia.org/wiki/Sanhedrin

In October 2004 (Tishrei 5765), a group of rabbis representing varied Orthodox communities in Israel undertook a ceremony in Tiberias,[19] where the original Sanhedrin was disbanded, in which it claimed to re-establish the body according to the proposal of Maimonides and the Jewish legal rulings of Rabbi Yosef Karo. The controversial attempt has been subject to debate within different Jewish communities.

~一部抜粋~

表のサンヘドリンとでも言うべきか?確かにイスラエルにあるようですね。

べグレー牧師の英語は聞き取り易いので、ほぼ聞き取れるのですが、これまた邦訳するエネルギーがなくすみません。

バイタル・キーとなるところだけ言うならば、2016年3月10日に、二人の証人がサンヘドリンの前で、「今日がユダヤ歴の第一の月」であると宣言したそうな。

ジューイッシュ・カレンダーを見てみると、今年はグレゴリオ暦上もそうですが閏年のようで、3月10日は第一アダルの月の30日。ユダヤ歴新年(ニサン)は4月9日のようです(宗教歴)、ちなみに過ぎ越しが、ニサンの14日で4月22日です(日没まで)。

閏年でなければ、3/10/2016の日没後、ニサンの1日となりますね。

http://www.hebcal.com/hebcal/?year=2016&v=1&month=x&yt=G&nx=on&o=on&vis=on&d=on&c=off&maj=on&min=on&mod=on

あまりにも情報が限られているので、これくらいしかわかりませんが、間違っても鵜呑みにしないでください。

もし、もしですよ?今度こそ本物であるとすれば、そのうち世界中で話題となってくることでしょう。

私が言うのもなんですが、慎重には慎重をきして。

今はまだ、このような話がイスラエルであったくらいで。

もし本当なら?「えらいこっちゃ!」となるのでしょうが、果たしてどうでしょうか?・・・

追記;

それにしても、この二人は一体誰で、どこから来たのだろう?

さらに、黙示録11章に出てくる二人の預言者なのかどうか?という論点も残る。

ミステリーとしておこう。

« ガリラヤの風とカルバリーの十字架 | トップページ | 背教ここに極まりけり~ロンドン、NYシティにバールの神殿が! »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/63366996

この記事へのトラックバック一覧です: 終末の二人の預言者がエルサレムに現れた?~今度こそ本物かね?:

« ガリラヤの風とカルバリーの十字架 | トップページ | 背教ここに極まりけり~ロンドン、NYシティにバールの神殿が! »