2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ↓のエントリー記事の補足 | トップページ | EU圏メガ・バンクの噂~黙示録第三の「黒い騎士」の可能性 »

2016年2月 3日 (水)

荒野の旅は続く

https://www.youtube.com/watch?v=V98Q3JCBRL0

本日アップのサーチライト、コーソン師の発言・・・「この世は遊び場じゃない、戦場なんです」

この事は自分自身10年以上前からそう理解して生きてきたつもりですが、改めて再確認した次第。

あの?石原慎太郎もかつて、確か東京都知事になる前だったか?ひと言だけいいことを本に書いていた。

「日本は平和であるけれども過酷な戦場だ」と。

コーソン師のサーチライトは1996年の頃のメッセージだと聞いています。
石原慎太郎が書いたのも確か1990年代後半だと記憶しています。
私もバブルがはじけ、「何かがおかしい?これは今までとは違うぞ、循環性の不景気ではない。すぐにまた良くなるなんて考えない方がいい」という、悪い予感が幸か不幸か?的中してしまったわけですが。

その後は落ちぶれる一方でして、そのことがキリストを知るきっかけになったのは、ある意味、皮肉と言っちゃ皮肉ですがね。あの当時に比べ一部例外(大企業等)はあれど、今は更に、塗炭の苦しみの中にあるわけですから。

日本はまだ今のところ平和です、しかしこれから先はわからない。

戦争と戦争の噂、経済クラッシュ、天変地異、パンデミックと既に想定内なわけで。

安倍政権の圧政からの解放は近い、と分析する専門家もいますが、私はどうもそう楽観的にはなれない。

0000549m

本番はこれから・・・霊的備え、この世的備えも必要なことでしょう。

キリストを信じ跪き、罪赦され、贖われ、御国への満期日不明?の約束手形を手にしたわけですが、まだ本当の意味での救いは完成していない。

モーセ率いるイスラエルの民が出エジプトし、カナンの地を目指し40年荒野を彷徨ったごとく、我々の人生の歩みも今はまだ、あの時と同じ、荒野の旅の真っ最中なのだから。

91214john1633

« ↓のエントリー記事の補足 | トップページ | EU圏メガ・バンクの噂~黙示録第三の「黒い騎士」の可能性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

毒舌石原さんの言葉、的を得てますね。
治安や物質に恵まれてるのに、過酷ですよね。

私の知る狭い世界(オフィスワーク)での出来事ですが、
第一線で活躍されていた方々がワナにはめられ、精神を崩されて薬漬けで廃人のように
なっておられる姿や、最悪のケースで命を絶たれた方の例を見ました。

オフィスワークでは、実はそれほど難解な仕事はないと思うのですよね。
ただ、他人が簡単に同じことができるようになるのを阻止するために、
くねくねウネウネと、自分のしている仕事が難解なものに仕立て上げ

きちんと引継ぎをしない、整理して理解する時間を与えない、次から次へと
別の課題を課して、”頭がおかしい”、”常識がない”、”スタンダードに満たない”
などの言葉を投げかけ、自分をプレミアムにすることに頭が肥大する人々が当然のようにいる国です(1都1県にしか居住してないけど。)

名ばかりの”成果主義”という言葉が独り歩きして、うつ病になる人が増えたのではないか!?と思います。

サラリーマン生活20年くらいのショボいOLなんですが、職場で”あたりさわりのない人”を見つけるのが本当に難しいと感じます。

さくらパンダさん、いつもコメントありがとうございます。
私も学校出て5年間でしたが、某金融機関の得意先廻りをやっていたので、サラリーマンの過酷さ、わかるつもりです。
残業月平均100時間、ちなみに残業代は10時間分だけ付けてくれる。
家には寝に帰るだけ。

毎日がノルマとの格闘、月末近くなると毎月、行内でも有名な名物課長が、
「おまえ、数字出来るのか?」
「なんとかなるかと・・・」
「嘘ばっかりついてるんじゃねえよ!やったためしがねえだろ?いつまでも甘ったれてんじゃねえよ!大卒が聞いてあきれるわ、お前のせいで出世を棒に振るわ!」

と何度言われたことか・・・私もゴマすり、上に媚びへつらうのが嫌いで、世渡り下手というか、後々、問題起こしそうな金融商品の無理な勧誘しませんでしたからね、数字伸ばす為なら手段を選ばずが出来なかったのですよね。
せめてもの慰めは、営業成績は悪かったけど、顧客からの苦情の少なさと、引継ぎ者から「○○君のあとは顧客からの苦情がほとんど無いから楽だよ、数字は別だけどな」と言ってもらえたことくらいかなあ~

それでも20代の頃はそれだけのストレスを跳ね返せたのですが(結果、円満退職しましたけど)、今は廃人一歩手前まで来てしまいましたよ(笑)

今の事業もうまくいかず、この世的には落ちこぼれのダメ人間なんですよ(笑)

さくらパンダさんも過酷な環境でサラリーマン生活を送ったのですね・・・そのお気持ち痛いほどわかります・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/63161072

この記事へのトラックバック一覧です: 荒野の旅は続く:

« ↓のエントリー記事の補足 | トップページ | EU圏メガ・バンクの噂~黙示録第三の「黒い騎士」の可能性 »