2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 世界経済が危ない | トップページ | 荒野の旅は続く »

2016年1月29日 (金)

↓のエントリー記事の補足

大事なので別記事にします。

デビッド=ウィルカーソン師の手記によると正しくは「某国がデフォルトしたあと、メキシコで金融危機が起こり取り付け騒ぎ、その2週間後にアメリカに波及しバンク=ホリデーとなる」という内容のようです。

板の方で活躍してくださっている、主にある2名の姉妹方が捜査?してくださいました、感謝m(__)m

ただし、聖書にはこのように「具体的」には書いてないので、慎重にを忘れないでおこう。

それにしても、確かに私も行名は忘れましたが、イタリアの大手銀行の株が暴落しているとの情報は聞いてましたが、本当に大騒ぎになるほどの取り付け騒ぎが起きているのだろうか?

本当だとしても、住専危機の時の木津信金レベル?なのかもしれない??

しかしながら、危険な状況にあるのは間違いないから、霊的、可能な限りの物質的備え(我々ではたかが知れてるかもしれませんが)は怠らずにいきたいものです。

« 世界経済が危ない | トップページ | 荒野の旅は続く »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、反応が遅くてすみません。
 イタリアでは今年の1月1日から法律が変わり、今まで国や中央銀行によって破綻から救済されていた銀行が、それぞれの株主や100.000ユーロ(1千3百円相当)以上の預金者によって負担しなければいけない「Bail-In」というシステムが導入され、それが今月の大幅な株価下落につながったと聞いています。
 預金がたとえ現金で200.000ユーロあったとしても、負担優先順位としては株によって対応されるようです。いずれにせよ、預金が100.000ユーロ以下の場合、保護されていることです。銀行窓口に引き出すために列ができたという話もありましたが、おそらく情報不足によってパニックになった個人預金者が取付けしようとしたのだと思います。
 いずれにせよ、市民レベルでは影響はないように見えますが。まあ、私は金融のことなど知識がないので、私の印象はあてにはなりませんが。

 しかし財産を抱えている人は、気苦労が絶えませんね。

ミヤサカさん、現地情報感謝です!!
いや何ね、実はミヤサカさんの現地レポート聞きたかったのですよ(笑)
いくら報道規制がなされたとしても、世界GDPベスト10に入るイタリアで本格的な取り付け騒動と来れば、どこかで漏れてメインストリーム=メディアが報道しないわけにはいきませんからね、キプロスの時とはスケールが違いますからね。

前々から薄々感じてはいたのですが、情報元のBefore It's News の情報の信頼性には疑問を感じていまして・・・ガセが多いのですよね。

それにしてもイタリアの取り付け騒ぎから2週間後にアメリカへ波及、それを故ウィルカーソン師の預言手記をうまく手直ししてアレンジとは・・・ある意味、ウラを感じさせますね。ホント、慎重に吟味しないと油断も隙もあったものじゃない。

重ね重ね御礼申し上げます。

1300円だったら確かに暴動になりますね。1300万円以上です。

ウィルカーソン牧師のメッセージは、特に悔い改めの勧告のものはとても霊的だと思います。以前よく読んでいました。
ただ預言書の解釈に関して、文脈を無視してかなり作為的に自国の状況に適応したものが少なくないと思います。
預言者的扱いによって、彼が一番伝えようとしていたキリストの救いと異なるところで騒がれているのは残念です。

>1300円だったら確かに暴動になりますね。1300万円以上です

あら、ほんとだ。先入観とは恐いもので、私は何の疑問も持たず1300万と読んでしまい、まったく気がつきませんでした(爆;)
日本でいうところのペイオフ=預金保護上限1000万円みたいなものですね。

私もウィルカーソン師のイメージって、『十字架と飛び出しナイフ』でして、「預言手記など書いていたの?」という感じです。

いつも、女性達からのサポートがあるなんて、ザアカイさんも
○○○様みたいなんですね、隅に置けませんねo(*^▽^*)o

Pastor Jon Coursonさんのメッセージ、
最近の『癒し、奇跡』の力強いメッセージが発信されるなか、
癒されないのは自分の心の中の問題という、つまずきから保護するメッセージだと思いました。

経済の問題は気になります。2020年の東京オリンピックで、ますます景気が良くなる!とあおるメディア、ウリにする企業、まだまだ平和なニッポンではありまするが。

^^;・・・○○○様って誰やねん?(笑)

そうなんですよね、よく癒しの聖会で牧師、宣教師方が熱く語るのですが、皆が皆そうなるとは限らない。
そんな時、「あなたの信仰が弱いからだ~!」などと言われた日には傷つき、つまづきともなりますからね・・・コーソン師のメッセージは間違ってないと私も思います。

星野富広さんや、ニック=ブイジッチさんなんかは、あの不自由な身体で、否、だからこそ主の栄光を大胆に現せるのでしょう。
選びの器ですよね、私じゃ逆立ちしても無理です --;

それから東京オリンピック、本当に出来るのでしょうか??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/63136853

この記事へのトラックバック一覧です: ↓のエントリー記事の補足:

« 世界経済が危ない | トップページ | 荒野の旅は続く »