2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ロシアが潜水艦から巡航ミサイル発射~嫌な予感 | トップページ | アメリカ在住の愛すべき人たち »

2015年12月12日 (土)

ロシア北方艦隊に関する幻視

まずは気になったニュースの提示を。

ブログを始めてから9年が過ぎ去りました。その間、絶えず、中東ウォッチャー、ロシア・ウォッチャーを忍耐を持って??やってきました。
時は2015年9月末、ついに「北の白熊」なるロシアが動いた・・・私にとって、これは今年最大のニュースです。

弾道ミサイル「シネワ」発射、無事成功

バレンツ海の戦略ミサイル原子力巡洋艦「ヴェルホトゥリエ」より弾道ミサイル「シネワ」が無事発射された。国防省広報の発表。

潜水艦が潜水状態から発射した、と国防省。

大陸間弾道ミサイル「シネワ」打ち上げは戦略核抑止海上システムの信頼性チェックの枠内で行われた。

準備と打ち上げの際には乗員らは高度なプロフェッショナリズムと練度を発揮したという。

続きを読む http://jp.sputniknews.com/russia/20151212/1308810.html#ixzz3u6m1Z4pc

バレンツ海とはここ ↓

Photo

ロシア海軍は4つの大エリアから構成されてます。

太平洋艦隊 黒海艦隊 バルチック艦隊 そしてこのバレンツ海が北方艦隊の管轄となります。その他、カスピ小艦隊と、これだけ押さえておけば充分でしょう。

ここでまたヘンリー=グルーバー師の登場となりますが、師が見せられた幻というのが、この北方艦隊の潜水艦がムルマンスクから出動するというものらしい。

なんだかねえ・・・

米国は対露戦争に準備万端か?

米国主導のいわゆる反テロ連合軍がまたもや「誤って」シリア軍の陣地を空爆した。こうした中で米国の政治家、外交官らはEUに新たな対露制裁を採らせるよう動きを活発化させている。

続きを読む http://jp.sputniknews.com/opinion/20151212/1307233.html#ixzz3u6ZPt1N1

ショイグ大臣:米国の核爆弾200発が欧州に配備されている

ベルギー、イタリア、オランダ、ドイツ、トルコに米国の核爆弾200発が配備されている。ショイグ国防相が発表した。

「ベルギー、イタリア、オランダ、ドイツ、トルコに米国の核爆弾200発が集中している。その更新も検討されている」ショイグ大臣が部下らに述べた。

運搬可能な航空機が310機、様々なレベルで準備を整えているという。

続きを読む http://jp.sputniknews.com/politics/20151212/1307560.html#ixzz3u6YylSNg

上記のような記事がここのところ続けざまにロシアのメディアから発表されるということは、もうルビコン川を渡る寸前なのかもしれない。

アメリカとの対決は避けられないところまで来ているのでしょうか・・・それからイスラエルを忘れてはならない。

もう我々の力で世の中を変えられるなどとは考えない方がいい、時代はもうそこまでの状態になってしまっていると言うことです。
この状況を変えられるのは・・・「来るべきメシヤ」、そう、イエス=キリストの再臨しかありません。

まだ自分たちの力で世の中を変えられると考えている人がいることでしょうが、我々が相手にしているのは人間じゃないのです・・・主の十字架の御前に平伏しましょう、まだ間に合ううちに。

« ロシアが潜水艦から巡航ミサイル発射~嫌な予感 | トップページ | アメリカ在住の愛すべき人たち »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

また村で活躍しますのでヨロシク御願いいたします。取りあえず年内一杯+松の内位まで、ってことで、
先ずは御挨拶まで

吉田由美子

いつでもどうぞ。
居場所は確保してありますので(爆;)

原油を筆頭に軒並み株価下げが止まりません!!
案外、この年末クリスマス休暇明けになにかあるかなと

本日は株価は上がっているようですが、FRBのFOMCの結果がどう出るか?注目ですね。

利上げするとなったら・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/62857490

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア北方艦隊に関する幻視:

« ロシアが潜水艦から巡航ミサイル発射~嫌な予感 | トップページ | アメリカ在住の愛すべき人たち »