2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« エゼキエルの大預言ふたたび~これ抜きに近未来は語れない | トップページ | 想像以上のスピードで聖書の預言の成就に向かっている気がするのだが? »

2015年10月 2日 (金)

ブラッドムーン・テトラッドのサインはロシアによるシリアでの軍事作戦だったのか??

さて、今盛んに西側とロシアで本気とも言える情報戦が繰り広げられてます。

そりゃ、そうでしょう。反アサド・シリア反体制派、アル=ヌスラ戦線、ISの幹部連中とアメリカ軍産複合体、CIAは表裏一体なんだから。
不都合な真実がたくさんあるわけです。
イスラエルをスケープ・ゴートにする事すら厭わない様子 --;
しかし、そう簡単にイスラエルは倒れないでしょう。

それにしても神のタイミングとも言うべく、「IS征伐」という誰も反対できない大義名分をこのタイミングで掲げて、ロシアがシリアで軍事活動を開始したのには開いた口がふさがらない・・・もちろん、エントリー表題の結論を出すにはまだまだ早いですがね。
今はまだそれぞれに、プロパガンダ情報を流しているので、個人的な見解を述べるのは控えたいと思います。

ちょっと気になった情報だけ列記して本日は終わり、時期尚早な気がしますので。

ただ一つだけ言わせてもらえば、エゼキエル38章の陣営が整えられつつある可能性がゼロではないと言うことでしょうか。
いよいよ聖書預言を無視するわけにはいかなくなりつつありますよ。

まずはクレムリンサイドの情報から

露国防省:ロシア航空宇宙軍がIS司令部を破壊

続きを読む http://jp.sputniknews.com/world/20151002/981231.html#ixzz3nPbZ8MlZ

チェチェン大統領、シリアへの歩兵の派兵許可を乞う

続きを読む http://jp.sputniknews.com/politics/20151002/982028.html#ixzz3nPbm5qIw

エリゼ宮に「ノルマンディー4者」首脳が勢ぞろい

続きを読む http://jp.sputniknews.com/politics/20151002/982213.html#ixzz3nPbxuuVW

また某ブログによると、イランとヒズボラの地上軍が合流したとするエルサレム発の情報もある模様。

公平を期すため欧米日メディアサイドから。

ロシア、IS以外も空爆 シリアの反体制派を攻撃か

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151002-00000008-asahi-int

ロシアがシリア空爆開始、「IS標的」を米が否定 民間人犠牲か

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151001-00000000-jij_afp-int

有志連合とトルコ、シリア反体制派への空爆中止をロシアに要請

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20151002-00000057-biz_reut-nb

* 気になるのはベテ・トガルマのトルコが今はまだ西側陣営にいることでしょうか。エルドアン大統領の立場がどうなるか次第なのでしょうか?

デーモンの活動も活発化しているのも間違いないでしょう。

« エゼキエルの大預言ふたたび~これ抜きに近未来は語れない | トップページ | 想像以上のスピードで聖書の預言の成就に向かっている気がするのだが? »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん

その後、大丈夫ですか?体調が守られるように祈ってました。

さて、ジョナサン・カーン師のテトラッド。
私の中ではエルル29日(もしくはその翌日)に何も起きなかった時点で、完全にアウトでした。
だってシュミータは”7年ごとのサイクル”を散々強調していた訳ですし、
秩序の神様は寸分狂わぬ精密さで天体を運行されているのですから、
それが神様が起こす事というのであれば、”いつ起こるか”が最重要ポイントだったと思うのですよね。
それが起こらなかった・・。
アメリカ経済の崩壊は、シュミータであろうがなかろうが、いずれ必ず起こる訳ですし、それが起きた時にシュミータのせいだよ、と言われても
納得できないですね〜。
TETRADはどうなのでしょうね。NASAがつけた名前だ知った時点で、私の中では
どこかに”演出”じゃないか、という疑念が拭い切れなくなって来てます。
ザアカイさんの言うとおり、何か起きてみないと分かりませんが。
今年中に第三神殿が建てば、それかな?とも思えますし・・。
いずれにしても、何が起きてもおかしくないこのご時世。
惑わされないようにするのも簡単じゃないですね・・。

はるみさん、尊い祈り感謝です。
とりあえず、来週の日曜日は晴れの確率が高そうなので、少し気が楽になりましたが、あと一週間、手前のところの商品を含め、その手配で頭が痛いところです。
以前はへのカッパで、いくらでも跳ね返せたのですが・・・心身の一部が壊れると、食ってく為とはいえ、正直しんどい・・・そして皆が皆とは言いませんが、ドライで思いやりのない人が増えてるなと実感します・・・私も他人のこと言えたものじゃありませんがね(笑)

>アメリカ経済の崩壊は、シュミータであろうがなかろうが、いずれ必ず起こる訳ですし、それが起きた時にシュミータのせいだよ、と言われても
納得できないですね〜。

→異論の余地ありません。

>TETRADはどうなのでしょうね。NASAがつけた名前だ知った時点で、私の中では
どこかに”演出”じゃないか、という疑念が拭い切れなくなって来てます。

→これってNASAがオリジナルなんですか?知らなかった --;
私は、マーク=ブリッツ、あとジョン=ヘイギーが盛んに口にしてましたのでこちらかな?と思ってました^^;
日本では久保有政師が詳しいですが、村上密師によるとそのルーツは、メサニック=ジューのマーク=ブリッツらしいですよ・・・

ただ皆既月食とユダヤの祭り、ユダヤ人の苦難の歴史的証明の伝統と歴史は、ジョナサン=カーン師のシュミータ=サイクルとはその重みがまったく違う気はしなくもない??
この現象は、あと200年だか、500年はないといわれているので、シュミータ=サイクルはともかく、
ユダヤ歴に準じて重大な事が起こる可能性の高さは、まだ私、否定してないのですよ。

あとソロモンの第三神殿は、これ、私の考えですが、そうそう簡単じゃないと思われます・・・個人的には反キリストがイスラエルと7年契約を結んだ時点でGOサインが出るかも??しれませんし。
穿った見方をすれば、反キリストのためのソロモン第三神殿ですからね、偽メシヤが神宣言する為の。と言うことは、順番は神殿が先に完成しなくてもいいと思いませんか??これは悲報というか、凶兆と言い換えてもいいかも --;?

そういうわけで、世界中が恐怖におののき震撼する、どうにかしてくれ~?とカリスマ性を持った人物=偽メシヤ待望論に傾倒するのが人間の性ですからね。
それがあるので、私はイスラエルを中心とした世界的大事件であろうと解釈できそうなエゼキエル38章の大預言がまず、頭にどうしても浮かんでしまうのですよ。
余談ですが、タルシシがスペインでなく(歴史的経緯が関係しているのかな?)イギリスで、その若い獅子たちが米豪加、NZであるとする説が存在しますから。

それらを今の時点で統括するとこのタイミングで?ロシアがイスラエルの隣国であるシリアに軍隊を送った意義というのは非常に意味があると思えてなりません。IS、アルヌスラ、反アサド・シリアのお友達のアメリカと違い、八百長の空爆ではなく本気のような気がしてなりません。
プーチン以上の有能な政治家が今後、ロシアから現れるとも思えず、セルゲイ=イワノフ大統領府長官、ラブロフ外相、チェルキン国連大使、ぺスコフ大統領報道官とこれだけ有能な布陣がそろい踏みというのも・・・ロシアの歴史上、最強の布陣が集まったかのような?
ワシントン政府が赤子の無能の集まりに見えます(笑)
もっとも私自身、無能なのでアテになりませんが、このブログ始めた時点から9年間、イランとロシアの動きだけは、アメリカ、イスラエルとともに重きを置いて、ワッチしてきた経緯もありますし^^;

調子悪いながらも、イスラエル、イラン、ロシア、アメリカ・ワッチャーを続けざるを得ないかもしれませんね・・・

最後になりますがエゼキエル38:4の

>わたしはあなたを引きもどし、あなたのあごにかぎをかけて

の箇所がどうも気になりましてね・・・なんか出エジプトのパロに対するYHWHの意思が働いているような気がして。

あとご存知、、モトイさんの本日のメッセージ、聴いて見てください、というか必聴の価値あり。
この疑問を解く鍵がありそうですよ。

http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/427165670.html

ザアカイさん

体調がよろしくない時に、ご丁寧なお返事をありがとうございました。
う〜ん、やっぱり天候に左右されてしまうのですよね。最近の天候は(自分では健康体と思っている)私でさえ、天気の悪い時には普通に活動するのが辛くなりますから、お仕事をやりとげなければならないザアカイさんには、相当キツいのだろうとお察しします。なるべく休息をとりつつ、無理をしないで下さいね。

>→これってNASAがオリジナルなんですか?知らなかった --;

そうらしいですよ。しかもあだ名らしいですから、それぞれの頭文字に単語があって連なった言葉かも知れないですね。
NASAについては、そもそも論になっちゃうのですが、例の私の友人のリッチ氏からのメールメッセージによると、このNASAを創設した一人がジャック・パーソンズという科学者で、彼はバリバリの悪魔礼拝者。しかもあのアレスター・クロウリーの愛弟子といいますし、NASAも彼の死後月のクレーターにジャックの名前を付けたり、敷地内には彼の名前のビルがあったりする程だというので、創設時においても
かなり主導的な立場の高い地位にいた人物だったんじゃないでしょうか。
そんな背景から見ても、NASAって怪しい〜!・・と思ってしまう次第なのです。
NASAが出す声明には悪魔的な意図が盛り込まれている、と考えてしまっても
仕方ないですよね?

で、向こう500年はテトラッドのような現象は起きないと言っているそうですが、じゃ、ヨエル3:4 or マタイ24:29の現象はどうなるの?
これってイエス様の再臨の時に起きる現象ではないの?
NASAの言う通りなら、500年先までイエス様は戻って来ないの?と
???マークがぐるぐる回っちゃう訳です。

モトイさんの動画、見させて頂きました。
モトイさんはお元気そうで良かった。動画の中でモトイさんもおっしゃっていたし、リッチも言ってたことなんですが、ユダヤの暦もバビロン捕囚以降
変わってしまっているらしいですね。特に祭りについては、例えばパリサイ人は
イエス様を十字架につけるために急いで逮捕したと書かれてありますが、
イエス様は実際にその前日に祭りを祝っている・・ということは、現在開かれているイスラエルの祭りも、神様のカレンダーに沿って正確な日付で開催されていないとすれば、いくらブラッドムーンと一致しても(させても?)それを天のしるしと
見ていいのか、という疑問も湧いてしまうのですよ。

>順番は神殿が先に完成しなくてもいいと思いませんか??

思います!思います!私も同じ事こと考えていました。
今の技術ならあっという間に造れてしまえるでしょうし。

>カリスマ性を持った人物=偽メシヤ待望論に傾倒するのが人間の性ですからね。

ほ〜んとそうですよね。今の日本がいい見本だと思います。
あの首相に呆れて怒って、いくら「○○辞めろ!」と叫んでも、どこを見ても
日本を破壊する顔ぶれしか揃っていない。これもわざとな気がするんですよ。
結局、どこの国も自国を破滅させるようなリーダーで、どうにも望みを持てない時に救世主のごとく完璧なリーダーシップと能力を持った人物が現れて
状況改善してくれたら、そりゃすがっちゃいますよね。
今いるダメダメ政治家は、やがて登場する反キリストの引き立て役なのかも。

>イスラエルを中心とした世界的大事件であろうと解釈できそうなエゼキエル38章の大預言がまず、頭にどうしても浮かんでしまう

これも全く同意見です。ここまで来たら、エゼキエル38を無視して通り過ぎることは出来ないでしょう。イランの核合意と国連総会でのパレスチナ国旗掲揚に
さすがの堪忍袋の緒が切れたのか、ネタニヤフが会衆を睨みつけつつ45秒間も
沈黙したなんてのを見ていると、お!いよいよ?!と思っちゃいます。
世界中のシナゴーグで10/4からいっせいにエゼキエル38章が読まれるって話も聞きましたし、シナリオはグイグイ進んでる感じがしますよね。

>タルシシがスペインでなく(歴史的経緯が関係しているのかな?)イギリスで、その若い獅子たちが米豪加、NZであるとする説が存在しますから。

えーー?それは初耳!!イギリスは今、国内の勢力が統一されていないので、あまり身動きが取れないみたいですが、アメリカを見捨ててるみたいですから
いずれにしても預言通りになるかも知れないですね。

>>わたしはあなたを引きもどし、あなたのあごにかぎをかけて

私もずっとこの箇所、気になってました。
ものすごく深い意味があると私も思います。
それだけイスラエルの民は頑なで、眠りが深いということなのかも知れませんね。
いつになったら覚醒するのか!と愛を込めて神様が揺さぶりをかけるのでしょう。
(一体何度揺さぶられたら気が済むの?)

モトイさんのメッセージでハッとしましたが、封印が解かれる前に捧げられる礼拝・・そして祈りの香。今祈らないでいつ祈るの?と、私も揺さぶられた思いでした。今地上ではあまりに多くのことが凄い速度で展開していて、祈る課題も後を絶ちませんが、でも本当に大事な祈りはとてもシンプルなものなのかも知れませんね。主の深い愛の心に沿って祈ること・・それを心がけたいと思いました。

ザアカイさん、モトイさん、ありがとうございます。

NASAが曲者のようで --;・・・疑い出したら何が真実なのかキリがありませんね。
一杯食わされたのかな??
やれやれです、事態の推移を見守りますか。とりあえず、状況がきな臭いのは間違いないしで。

>で、向こう500年はテトラッドのような現象は起きないと言っているそうですが、じゃ、ヨエル3:4 or マタイ24:29の現象はどうなるの?
これってイエス様の再臨の時に起きる現象ではないの?

確かに!ご指摘感謝ですm(__)m

う~む?やはり限界を感じる・・・

調子が悪いとろくな祈りになりませんが、執り成し手がいるのは感謝です。主に頭下げて、謝罪してばかり・・・このろくでもない役立たずをお許しくださいという感じで(涙;)

色々と勉強になりました、暑く御礼申し上げます。

ザアカイさんと皆さんこんばんは

最近小石先生のアメリカ炎上の講演会の動画を見直しました。3次世界大戦自体が超短期間で覆わるという事とイスラエルに攻め込む軍隊が速やかに占領できるという前提でがんがえるならばイランイラクシリア近辺をロシア連合国が支配するという下地はもう完成してるのではないのですか?
ベテ・トガルマのトルコが動くのはもう少し先だとおもいます。
それと2026年が小石先生の計算上では怪しいとされているのでそこから逆算して神殿再建とアメリカ攻撃とロシア連合の中東支配の完成時期を大まかに予測してみるのはいかがですか?

あら、ちよさん、こちらではお久しぶりかな。

私も小石牧師が今現在、健在であればどのような見解を出すだろう?と考えると残念で仕方がありません。及ばずながら、大きな宿題を残された感じです。

確かにトルコは今しばし時間がかかると私も考えます。

あと最近、あまり日付指定に興味が失せちゃってね^^;・・・失望するばかりだったので。

皆さん、お早う御座います(^^)

ワタクシ、人呼んで“ネット出不精”ですので、クリスチャンのくせになんちゃら大魔王のように、呼ばれないと飛び出ない自己システムを有しておりますので、呼ばれたので飛び出てみましたです・・・f(^皿^;)ぎしししし

テトラッドについては、マーク・ビルツさんがNASAのHPの天体の運行プログラムをせっせと検索して、紀元前3000年までさかのぼってユダヤの祭り(主の例祭)の日の空を調べたのがきっかけだそうです。(自分で言ってました。ちなみにその番組はプロフェシ-・インザ・ニュースという番組で、検索名人の我らがバルナバさんが、子羊板で「こんなの有る」と張り付けていたので、覚えている方もいらっしゃるかと思います。2008年ごろの事でした。)

このNASAのプログラムもサタン崇拝者たちの道具であったらアウトですね~・・・。
でも天体の動きは完全に数学的な運航で偶然性が全くなく、他の研究機関も独自の自己プログラムを持っていると思います。なので米人がおかしなことを言えば指摘されると思います。

NASAが世界を牛耳って本当の天体運行の情報を統制しちゃって、NASAのプログラムしか使わせないようにしているのなら、それもあり得るとは思います。でもそこまでの情報統制ができているとはちょっと考えにくいのではないかと、私は思います。できていたら恐ろしい事ですね・・・う~む・・・。

何でもありの「不法のはびこるので多くの人々の愛が冷える」時代ですので、そんなことも実はあるのかも?と疑う冷静さも必要かもしれませんね・・・。


私がアメリカのメシアニックジューの集会に集っていたのは1996年から1999年の3年ほどでしたが、その時は「安息年とヨベルの年については、一度も守られた事がない」と聞きました。
本当はその事もメッセージの中に入れたかったのだけれども、誰から聞いたかが不確かだったためにメッセージには入れませんでした。私の記憶では誰もシュミータについて話していませんでした。聞いた事も有りませんでした。
それに7年周期X7=49年プラス1年の50年ががレビ記25章のサイクルで、マーク・ビルツ師の言うようにヨベルの年が次の周期の1年目となる49年サイクルではないと思っていました。

つまりヨベルの年が分らなくなった以上、7年のサイクルは完全に崩壊してしまったと、当時集会のバイブルスタディーで学んだように記憶しております。これもうろ覚えですf^^;)

うろ覚え情報を続けますと・・・
ではなぜ一度も守られなかったかこの記述が聖書の中に記され、私たち今の信仰者に伝えられているのかと言うと、そこにはイスラエルへの罰(バビロン捕囚の70年:安息年を守らなかった490年間の罰)と、終末のしるし的メッセージがあるのだと聞きました。
終末のしるしとは何かと言うと、どこかの基点から50年目が大解放の年(ヨベル)になるのだ、っという事です。

そこで1997年は建国50周年だったので、集会では「携挙があるかも?」と多少騒いだ思い出があります。


祭りについては安息年とヨベルとは違い、おそらくほぼ間違いなくユダヤ人はバビロン捕囚中も守り続けていたと考えられます。なぜならそれが彼らの唯一のアイデンティティーだからです。だから新年の位置がずれても、カレンダーそのものは昔のまま使われ、いまもそれが維持されているという事のようです。でもこれについても疑ってみる必要があるのかも?

・・・不法の時代はあちらさん(サタン)も必死で、何でもありですからね~。


ところで朝一でのネット情報で聞きかじりですが、中国がシリアに空軍を送るようです・・・:

BREAKING: Chinese Warplanes Join Russian Airstrikes in Syria!
https://youtu.be/TT9PfGu0SLY

ISに対峙しているのは今や中国・イラン・イラク・ロシア・ヒズボラとの事です。

それにしてもこのアニータさんの英語はすんごいカッコいいですが、早くてついて行くのが必死で、1分くらいでグロッキーですf^^;)


あっ、そうそう、はるみさんが書き込みで「いま祈らないでいつ祈るの?と思わされた」と仰っていたので、私も逆に励まされました(^O^)

自分のメッセージで言っておきながら朝一でネットサーフィンをしている場合ではない!っと、思わされつつ・・・またもや熱心にここで書き込みをしちゃって居る訳です(爆)・・・反省・・・f^0^;)


んではでは、皆さま聖霊様に在って良い一日をお過ごしください・・・。

主イエス、ハレルヤ!
\(^o^)/
モトイ


モトイさん、詳しい説明ありがとうございます!
マーク=ブリッツじゃなくて、ビルツ師でしたか、失礼しました。

判例法的に考えるなら、今年から来年当たりにイスラエル関係で何か起きる可能性はやはりゼロではないかな??

あとふと思いついたのですが、再臨の時は特別だから、ユダヤの祭りの日と皆既月食との一致は関係ないかも??

はるみさん、ちよさん、モトイさん、ありがとうございました。
やはりこの論点は一筋縄ではいかないですね --;

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!!

モトイさん、こんにちは。お久しぶりです!
そしてお返事をありがとうございました。wink

>でも天体の動きは完全に数学的な運航で偶然性が全くなく、他の研究機関も独自の自己プログラムを持っていると思います。なので米人がおかしなことを言えば指摘されると思います。

な〜るほど!確かにそう言われてみたらそうですね。
米国以外の(特にロシアとか?)天体観測機関も同じ見解を出しているなら
確実ですね。

いずれにしてももうこの領域は神様にしか、結局のところは判らないというものなのかな??
ザアカイさんがおっしゃる通り、イエス様の再臨時には超自然的な現象が起きる可能性も大ですしね。

エゼキエル38では北の大軍が大敗するとき、大地震が起きたり雹が降ったりするのですよね?預言されている以上、それもやっぱり超自然現象なのだと思います。

イエス様のお戻りを待ち望みつつ、そして祈りつつ、緊張感を忘れず、それでも
与えられた毎日を出来るだけ楽しんで過ごせたらいいですね。
ラストが一番難しいけど・・・coldsweats01sweat01

追伸:

モトイさ〜ん
今度オフ会するとき、モトイさんもぜひ参加されて下さいね〜!
お会いしてみたいです!!
(・・って年増の人妻に会いたいと言われても嬉しくないか・・rain

ザアカイさん、皆さん、お早う御座います(^^)
はるみさん、どもでつ♪

私はブライダル牧師をしている関係上、人が休む時に働いているので、なかなかスケジュールが合わないと思いますが、オフ会も良いですね~♪(^_-)-☆

でもなんだか世の中の動きが黙示録的になって来ているので、オフ会は天の御国でになるかもですよ(#^皿^#)

そういやハワイのJDファラグ牧師のメッセージで、いまの中東情勢をエゼキエル38のはじまりと分析していましたね~・・・。

自然現象ではなくて超自然的な奇跡によって、月は血に染まり太陽が光を放たなくなるその時が近付いているのだと思います・・・。

いよいよますます祈らねば!ですね!( ̄^ ̄)ゞ

主イエス、万歳!
\(^o^)/

モトイさん

ありがとうございます!
秋も一気に深まりつつあって、もうブライダルシーズンに突入しましたから
最近はモトイさんも大忙しの真っ最中なのでしょうね。
くれぐれもお体を大事になさって下さいね。
天国でか地上でかは分かりませんが、神様の時にお会い出来る日を楽しみにしています〜〜!catfacesun

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/62397716

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッドムーン・テトラッドのサインはロシアによるシリアでの軍事作戦だったのか??:

« エゼキエルの大預言ふたたび~これ抜きに近未来は語れない | トップページ | 想像以上のスピードで聖書の預言の成就に向かっている気がするのだが? »