2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 「己に死す」・・・なんと難しいことか | トップページ | 告知 »

2015年9月16日 (水)

いよいよ9月も後半へ

以前、ロシアはシリアを見捨てたかもしれない?というエントリー記事を書きましたが、どうやらその逆で、アサドを守る方針のようですね --;・・・
ウクライナはもうどうにでもなると、プーチンは踏んでいるのかも気になるところ。

しかもイランとジョイントで。もうそろそろ、クリミアを出発した核弾頭搭載の超大型原潜がシリア沖に到着する頃でしょう。
既にシリア領内で、イランとロシアの軍隊は活動を開始しているようですし、戦車、戦闘機の支援もするようです。
ISに対し欧米と行動をともにすることはないでしょう。その黒幕をイランとロシアは知っているから。
こうなると、気が気でないのがイスラエル。神殿の丘でも、ユダヤ歴新年から3日連続でアルアクサ・モスクを巡り、パレスチナとイスラエル治安当局でイザコザが続いているようです。
実はソロモンの第三神殿が建っていた場所は、岩のドームの場所ではなく、その隣であるとする調査結果もあるようですし、否、アルアクサ・モスクの場所だとする学説もあるようで、真相は藪の中と言ったところ・・・いずれ近いうちに答えが出ることでしょう。

エルル29がらみでの金融崩壊はどうやら免れたとみていいのでしょうか。あとはFOMCでのアメリカの利上げ問題が残ってますが。

聖書的にはゼカリヤ12章、イザヤ17章、詩篇83篇(これに関しては個人的には疑問点がなくもありませんが)、そしてエゼキエル38章の預言がひょっとしたら?もうすぐ成就するのだろうか?

そしておそらくエゼキエル38章は、ロシア+イスラム連合軍とイスラエル間の問題だけじゃなくて、全世界を巻き込むものと思われます。エゼキエル38章の預言の詳細は今まで散々、このブログで書いてきたので、ここでは割愛させていただきます。

未だに黙示録第一の封印の記述である反キリストの正体が見えてきませんが、第二の封印の赤い馬がこの一連の中東から始まる世界的動乱となるのか?
となると、第三の封印、第四の封印と、連鎖的に続くのは明らかでしょう。いわゆる四騎士と言われる記述ですね。

私はエゼキエル=ウォーは反キリスト擁立の為の手段だと今まで考えていましたが、最近の世界的動きを見て、正直わからなくなってきました。

教皇フランシスの動きも気になるところですし・・・

まだまだ不確定要素が多すぎてまとまらず、先がなかなか見えません。私の能力ではここまで書くのが精一杯・・・今月の23~28日を過ぎると少しも見えてくるものがあるかもしれないし、まったくの徒労で終わる可能性も否定できないのも事実。

本当にキリストと聖書信仰は、すべてを賭けた人生最大の大博打ですね。「中途半端な信仰なら持たないほうが良い、人生を棒に振る。」とは故某牧師のセリフですが否定の余地が私には・・・ない --;
ま、成就を見ずして死んでも天国ですしね・・・たぶん?大丈夫でしょう --;??

ところで今日、ビッグブロガーの双璧ともいえる玉蔵氏とハリマオ氏も揃って、第三次世界大戦に関する記事を書いていたのも気になるところです。

Jesusembrace

私は信じます(ToT)/
他にもう生きていて楽しみ、希望を失ってしまったから。もう一丁(ToT)

« 「己に死す」・・・なんと難しいことか | トップページ | 告知 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

今朝の産経新聞のビジネスアイで「露、アサド氏退陣を容認か」という記事があったのですが、アサド氏を守るのですか?!
あと、ハリマオ氏のブログって検索してもみつからなかったのですが、URL教えていただければ幸いです。
安保法案のことで、今夜も緊迫した雰囲気ですが、今週中に強行採決にもっていこうとするのは、第三次大戦がまじかに迫っていることを意味しているのかなあとか、いろいろ考えますが、とにかく、何が起ころうと、ただ主を信じ主にすべてを委ねていき、自分にできることを精一杯やっていきたいです。

みゅうさん、こんばんは。
最終調査の結果、ロシアとイランはシリアを手放すつもりはないようですね。
海外の情報筋(特にアメリカのユーチューブ・エバンジェリストの方々、クレムリン情報筋)を統括するとそう取れそうです。

ハリマオ氏のブログですが、左サイドバーの「お勧めサイト」の“カレイド・スコープ”をクリックするのが早いです。

同じく「お勧めサイト」の“Sputnik日本”もそれなりに西側メディアとはまた違った情報を得るには有益ですよ。

>とにかく、何が起ころうと、ただ主を信じ主にすべてを委ねていき、自分にできることを精一杯やっていきたいです。

アーメンです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/62293401

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ9月も後半へ:

« 「己に死す」・・・なんと難しいことか | トップページ | 告知 »