2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 6月も今日で終わりだが | トップページ | 君が通り過ぎたあとに・・・ »

2015年7月 1日 (水)

最悪、最凶、まさしく狂気!~CERN(欧州原子核研究機構) LHC(大型ハドロン衝突型加速器)

去年あたりから少しづつ、CERNの全貌がリーク、否、リリースか?まだまだ私たちに知らされていることは表層的なことかもしれませんが、明らかになりつつあります。
我々はほんのわずかな事しか知らされていない・・・とともに、聖書の真実性が明らかにされつつあることに気づきつつあります、少なくとも私はそう感じます。

実はもう6~7年くらい前になるでしょうか?ブログのコメ欄に質問されたことを今でも鮮明に覚えてます・・・「CERNに関すること、聖書には記述されているのでしょうか?」と・・・

その時、私は迷わず答えました。「それらしき記述は見当たらないと思います」と。
ところがそれから年月は過ぎ去り・・・確かに私にはCERNと思しき記述は今でも見つけることは出来ません。だれか気がついた人がいたなら教えてください。

しかしながら、CERNに関して嫌でも情報が入ってきまして、CERNとLHCについて知ってくると・・・CERNと関係しそうな?聖書箇所がピンと脳裏に浮かぶようになり無視できなくなりつつあります。

まず、脳裏に浮かんだのが黙示録9:1~11の箇所。いわゆる第七の封印の第五のラッパのところ。
長いので引用しませんが、聖書をお持ちの方、是非、調べてください。正直、何のことだかまったくわかりませんでしたが、ひょっとしたら?このことかも?と・・・

あとは第二テサロニケ2;6~7の箇所。
ここは通説では、反キリストの登場に関する箇所であると思いますが、ひょっとしたら?わが持論、聖書のデュアリティーから言って、CERNにも関係するかもしれません。

あの時の対応を撤回せねばならなくなりそうです。やはり、時代とともに分かってくることってあるのでしょうね。

連想ゲームじゃありませんが、CERNと聞いて思い浮かべるイメージを。

異次元空間への扉の開放(黙示録の第五のラッパ)、いわゆる第三の天=霊界への扉の開放ですよ。

そしてブラックホールの創造・・・サタンはキリストに対する最終兵器と考えているかどうかわかりませんけど、これは悪あがき以外の何ものでもないでしょう。

反物質~物質同士が触れ合うと破壊が起こる、相容れることが不可能(「さらば宇宙戦艦ヤマト」で初めて反物質という単語を高校時代知りました(笑))

そして、淫祠邪教たるヒンズー教の破壊神=シヴァ神を崇拝し(実際にシヴァ神の像がCERNの敷地内にあるし、そのロゴマークは666 --;・・・

まだ断言するつもりはありませんが、獣の国の正体、真打はやはりEUではないでしょうか?落ちぶれて、ギリシャ一国もコントロール出来ない弱いふりをしているだけかも?
そして反キリストはEUから登場する・・・ありゃ~かなり、ヤバイですよ・・・間違いなくデーモンの知識、技術の援助がありそうだし、その存在地がフランスとスイスの国境沿い。

私はピンと来ました。推測でしかないですが、フランス国王=ダビド・レネ・ロスチャイルドとその後継者と見られるアレクサンデル。そしてフランス分家の牛耳る人工金融センター国家たるスイス帝王=ベンジャミン・ロスチャイルド。
湯水のごとく、資金は打ち出の小槌から、いくらでも出てきますよ(ToT)/

ま、こんなところで、ダメクリの代名詞たる私の雑談は終わりにして、↓のユーチューブ動画をご覧ください。
私は、確信が益々深まりました。終末とCERNは切っても切り離せないかもしれない。

ただ注意すべきは、これだけ完成度が高い動画でも、どこまで本当か?ヤラセが全くないとは言い切れない・・・ご自身で判断を。

そして、これだけは肝に銘じてください。異論反論結構!唯一のメシヤはイエス=キリストただお一人です。50分近く長いですが必見!日本語訳ついているし、興味のある方は決して退屈しません・・・

« 6月も今日で終わりだが | トップページ | 君が通り過ぎたあとに・・・ »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

愚かな政治家は国を破滅させますが、悪魔に魂を売った愚かな物理学者や技術者たちは、神様の創造物を根底から破壊させることが出来るのですね。

彼らは世界最高水準の知能の持ち主でありながら、自分たちのしていることが分からない・・、これほど恐ろしいことがあるでしょうか。
ザアカイさんのおっしゃる通り、これ以上の狂気があるのでしょうか。

私はあまりにも恐ろしくなって、祈る言葉も失いました。

長い年月、クリスチャンや神学者たちは携挙の時期を議論して来ました。
私もいまだその時期については、確信を持つ事は出来ません。
ただ仮に私たちが艱難期後期までこの地上にいたとして、たとえ神様に守られて
悪霊の攻撃から守られたにせよ、異次元からの扉が開いて悪霊が蔓延した、
地獄と化したこの地上の有様を見させられて、私は正気でいられるのか・・と
自分自身に問わざる得ませんでした。

最後まで耐え忍ぶ者は命を得る、と聖書には書かれてありますが、
これはあまりに恐ろし過ぎます。
世界の人々はこの現実をどう受け止めるのでしょうか。
CERNについて、いまだ活発な議論さえ起こっていないのが、不思議でなりません。

アンジェリックさん、いつもどもです。
元はと言えば、貴女が投稿してくれた動画がきっかけでこのエントリーを書くインスピレーションが与えられたわけでして・・・
ダブっている箇所もありますしね。

ダニエル書12章に、終末になると知識が増すとありますけど、本当に摩訶不思議ですが、時とともに今までわからなかったことが、うっすらぼんやりと見えてくるから不思議・・・

まだまだこの命題は奥が深く、引き続き観察していかねばならないようですね。

>たとえ神様に守られて
悪霊の攻撃から守られたにせよ、異次元からの扉が開いて悪霊が蔓延した、
地獄と化したこの地上の有様を見させられて、私は正気でいられるのか・・と

異論ありません、私も最近考えますよ。正直言いまして自信はまったくなし・・・逆にそれこそ瞬殺、ピンコロで召されたほうが気が楽かも?などと考えなくもありませんから --;

おそらく周りを見ても、否、教会内でさえこんな話したところで相手にもされないことでしょう。健全な信仰には不必要だと言われることでしょう、たぶん?そもそもCERNを知らない人の方が多いでしょう。
大多数の方はどこ吹く風でしょうが、これほどのレベルで終わりの始まりに過ぎないとしたら?これでプレリュードかよ?勘弁してくれとしたら?

この辺でやめましょう(笑)

現代の科学技術は創世記の善悪の知識の木の実で実現したと私は信じています。歴史的にはルネサンス、宗教革命、産業革命はキリスト教が深く関わっています。万有引力が旧約聖書で相対性理論が新約聖書の結果の現代科学です。原子爆弾も善悪の知識の木を食べた人類の罪だと受け止めています。

2年ほど前、ノーベル物理学賞を受賞した、益川先生の講演を聞きにいった時、LHCやヒッグス粒子の話がなされたのですが、その装置の規模のすごさにびっくりしました。
今回、ザアカイさんのCERNの記事を読んで、もっとびっくりです。
もともと神は人間に、「地を従えよ。」(創世記1:28)と命じました。ヘブル2:6-13を読むと、人間は他の被造物を支配(管理)する存在であると読み取れます。
サタンはいつも神の命令の逆をいきますよね。「産めよ、ふえよ」と言われれば、人を殺し、「地を従えよ」と言われれば、地を破壊するのです。CERNがその道具の一つになるのでしょうか。

匿名さん、エレミヤさん、示唆深いコメントありがとうございます。

私自身、現地へ取材に行き見聞きし、体験したわけじゃないので証明は出来ませんけど、なんか人類はサタンにそそのかされて超えてはならない一線近くまで到達してそうですね。

これから先、子羊なる主イエスの贖いの血の重要さ、神の裁きが近づきつつあるように感じてなりません。

ザアカイさん こんにちは。

昔、CERNについて質問をした者です。
本日、久しぶりに「子羊通信」にアクセスしましたら、CERNについて書かれていたので、心から驚き、コメントを書いております。

さまざまな理由があって、私はクリスチャンではありませんが、信仰は大切だと思っていますし、キリスト教に対しても敬意をいだいております。
終末期のような今日この頃ですが、明るく、素直に、謙虚に生きたいと思っています。

また、ときどき、こちらにアクセスします。
ザアカイさんも、お体に気をつけて頑張ってください。

ガリラヤの風さん、お久しぶりです。
どうも歳のせいか、物忘れがひどく、HNが思い出せずにすみませんでした。
ただ、示唆深いコメントだったので覚えてました。
私もまさか?とは思ってましたが、このような形で関連する可能性が出てくるとは夢にも思いませんでした。

暖かいお言葉、感謝に耐えません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/61823082

この記事へのトラックバック一覧です: 最悪、最凶、まさしく狂気!~CERN(欧州原子核研究機構) LHC(大型ハドロン衝突型加速器):

« 6月も今日で終わりだが | トップページ | 君が通り過ぎたあとに・・・ »