2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月に作成された記事

2015年7月30日 (木)

ここ一週間の雑感を書いておこう

久しぶりに何か書かないと --;

ユーチューブ上では盛んに9月に関することに話題が集まっているようです、というか・・・そのような動画ばかり見ているからお勧め欄にアップされるのか --;?

実際に9月にターゲットを絞った計画があるのか?それとも、人為的なものではなく天来のものなのか?わからないものはわからない。

キーワードとなるのは、シュミター、ヨベル、ブラッドムーンテトラッド、一連の秋のユダヤの祭りetc・・・

論点の多くはアメリカに関わることでして、金融システム、自然(人工?)災害(アステロイド、巨大地震など)、戦争が圧倒的に多い。
それと別ソースから、真偽はわかりませんが、イスラエルが早ければ8月にも動くかもしれません。

実際に26日、神殿の丘で、神殿協会を中心とするユダヤ教徒とイスラム教徒で小競り合いがあった模様。大事には至らなかったようですが。

私も日々、情報は追っているのですが、確信が持てないせいか?ず~っと、ブログの更新が出来ないでいました。下手な情報を提供したくないという思いもあるし、どうも最近、疑い深くなり・・・限界をも感じます。

とりあえずは、第三神殿計画の進展具合とユダヤ人が勘違いするであろう?偽メシヤ=反キリストの登場だけは、無視できない論点ではあろうかと。

ここで参考になる二つの説を書いて、今のところはあまり騒ぎ立てずに静観しようと思っております。

まず、Pastor ジョン=コーソンの解釈。

反キリストが登場する時には我々は地上にはいない、典型的な艱難期前掲挙説。
黙示録の講解メッセージを5章の途中と6章まで聞いたところ、師が言うには黙示録の構成は単純で、

1~3章は教会時代の歴史
4~5章は掲挙後の天上界の様子
6~19章までが、7年の地上の大艱難時代の様子でクライマックスがハルマゲドン
20~22章が千年王国→最後の審判→新天新地、天から降って来るネオ=エルサレムときてやっと!!本当の意味での人類の救いが完了する。

と言う解釈のようです。

興味深かったのが、神は第4の封印までは人間に好き放題させる。
第五の封印が解かれたら、神は黙っていない。自分の子達がやりたい放題やられて、黙っている父親がいるだろうかと・・・ふむふむ。

もうひとつはフランク=ディ・モーラ師の解釈。
この牧師、最近ここのところ、「ゴグ=マゴグはロシアではなくトルコだ」とか、解釈の変更が気になるところですが、ゴメルも変わってましたね、どこか忘れてしまった --;

師によると、第一から第六の封印はサタンと反キリスト陣営によるものであり、後半の三年半、第7の封印(7つのラッパと7つの鉢の裁き)からが神の怒りであるとする解釈。
いつの間にか?艱難期前から艱難期中掲挙説に変わってきているようです。
第六の封印が解かれる頃、掲挙があるのではないか?と・・・

あくまで一つの解釈、説として捉えてください。また、掲挙時期の論争をする気はまったくありませんので了承願います。私としてはまだ、時期の確信が持てず、わからないとしか答えようがありませんので。
そりゃ~、早いに越したことはないですし、それまでに家族を含め、一人でも多くの方が救いに与れることを願ってます。

そうなると気になるのが、どこの時点でエゼキエル38章の大預言が成就するのか?という論点も出てきて当然となりますね。

第一の封印(反キリストを登場させるための手段、マッツィーニとパイク間の手紙)が解かれる前か?それとも、第二の赤い馬がそうなのか?
今現在の世界情勢的にも、私は前者だと考えてましたが、最近わからなくなってきた。

本日はこの辺にしておきます。

2015年7月22日 (水)

何度聴いても涙なくしては聴けない・・・


お叱りを受けるかもしれませんが、時に(いつもか?)何もかも投げ出して、放り出して楽になりたい・・・と思うことがある。

私事で恐縮ですが、今日、我が母校が夏の高校野球甲子園大会地区予選大会でノーシードながら、準決勝で勝利し明日、決勝戦へ!天気がどうだろう?予報は悪い --;

野球部監督がうちの弟の同級生で(弟は中学時代で実力を悟り高校では野球はやってませんけど^^;)、大の仲良しだった模様。今日初めて知ったのですけど、監督も高校時代、キャッチャーで準決勝まで行ったそうで・・・ちなみに私の高校時代は野球部が弱くて、盛り上がらなかった^^;

そもそも筋金入りのトラキチで学生時代、東京栄虎会?だか猛虎会?で応援団に所属していたくらいでして、そのキチガイ度はわが身内ながら半端ない --;
今でも覚えてますね、弟が中学生の時。あの当時、東京キー局では阪神戦と言えば、巨人戦しかテレビ中継しなかった。阪神が9回裏にサヨナラ逆転負けしようものなら、涙流して悔し泣き(-_-;)・・・

そういう縁で、野球部のサポーターというか、オブザーバーをやっていて、よく部員のモチベーションを高めるきっかけとなれば・・・と、監督からプレゼンテーションを頼まれる。
弟も広告業界で切った貼ったで、かなりもまれているので、仕事上の経験談など役立つこともあるのでしょうね。

明日の結果がどうあれ30年ぶりにここまで来れた。
なんか弟自身が今までやってきたことが、どれほど役立ったかわからないにせよ、実を結び、好きなことに情熱をかけて・・・とてもじゃないけど、能力、気力、体力、タフさにおいて、私じゃ真似出来ない・・・今頃、ぶっ倒れてブログ書いてるところじゃなかったことでしょう(-_-;)・・・否、この世にいなかったかな。

正直言ってうらやましい・・・そして「良かったな、影ながらよくやったな」とひと言、エールを送りたい。
性格的にも父親の血が私より濃いのでしょうかねえ~?顔も似てるし(笑)

我が父親も私と違い、目立って他人の上に立つのが好きで、趣味で書道やっており、よく全国レベルの展覧会で入賞したり、戦後の高度成長期でもあったため、新築、改築、そして今隠居生活、もちろん新築と来た。計4回も家をいじっている。わたしゃ~、家一軒、建ちませぬ(涙;)、早くこの世とおさらばしたいものですと、そんなことばかり考えてる --;

二人とも、そりゃ~、苦労もあるし、あったことでしょう。それでも・・・なんか自分の好きなこと出来て、私に比べ輝いて見えて何かなあ~?報いもそれなりに受け、うらやましく感じてしまった。箸にも棒にも架からないダメな自分に嫌でも気づかされる・・・

もう既に半分、過剰ストレスでポンコツの半病人状態。親から受け継いだ傾いた経営のやりくりで四苦八苦。スキー板はエッジが錆び付き、テニスラケットのガットは緩々で倉庫で埃まみれ、ゴルフは接待ゴルフから始めたためそれほど夢中になりませんでしたけど(笑)、これまた付き合いでのお父さんソフトボール、これも高齢化でとうの昔にチーム解散してしまいましたけど。
貧乏になって新車も買えなくなり、フェラーリの動画見るのが関の山と来た(笑)

気がついたらこの世の娯楽をすべて捨てざるを得なくなってしまっていた・・・営業活動も兼ねているので、仕方なしに地域活動にも引っ張り出され、上から目線であごでこき使われる・・・立場的に弱いですからねえ~

そんな空虚な中で唯一残ったのが信仰のみでした・・・神の国の到来という希望がなかったら、それこそ本物の廃人と化していたかもしれない・・・

もちろん、私的には「どこで永遠を過ごすのか」にメインテーマを置いているわけですが、人間そんなに強くない、まして私の場合。この世でも少しでもいいから?祝福も願いたいし、少しも楽したい。ところが現状は厳しさを増すばかりで、惨めな限り。どこか信仰の方向がズレているのか?呪われているのか?とさえ思うこともしばしば・・・何と不信仰で情けないことか。こんなんで、これから先起こるであろう更なる苦難に持ちこたえられるのか?

父親と弟の人生と自分を比較してもナンセンスなのはわかっている、どういうわけか?家族、親戚含めても私だけ突然変異のごとく、キリスト信仰が与えられた・・・が!これがまた、自分では中途半端で役に立っているかどうか疑問だらけなのも正直なところ。妻子には狂人扱いされ、反発されるばかりだし --;

今日一日、母校が勝ったはいいけど、こんなことばかり考えていた。
そんな時でした、このゴスペル=ソングが脳裏に浮かんだのが。

まるで自分のことみたいにシンパシーを感じ、思わず涙が頬を・・・歳とるとだめですね!どうも涙もろくなっていけません --;

別バージョンでもう一度聴いて、心の垢を洗い流して寝ましょうかね。

2015年7月15日 (水)

オバマが合衆国最後の大統領になる??

ちょっと興味深い動画を発見。

もちろん、要吟味、鵜呑みはデインジャラスですけど、時期が時期だけに無視するには惜しい。可能性がゼロと言うわけでもない。今まで散々、その手段はともあれ、アメリカ=イーストコースト、特にワシントンDC、NYシティーの壊滅については嫌と言うほど聞かされてきましたので。
情報提供者の Dr Patricia Green なる人物についても今後、探りを入れる必要もあることでしょう(時間がないのでとりあえず)。

要約するに、彼女に示された預言的ヴィジョンによると、オバマが大統領の期間中にイーストコーストにディープ・インパクト級の巨大津波がやってきて東海岸一体が壊滅すると言う。アメリカ東海岸から離れよと。
これは連中お得意の偽旗ヤラセ作戦ではなく、神の裁きであると。もっともアメリカは歴史上その建国以来、それだけのことをしてきてしまったのも事実。
腐っても鯛、それでも今なお世界の表向きの覇権国家であり超大国である事実には違いありません。
アメリカ連邦最高裁はゲイ・マリッジを合法化し、ホモセクシャルであるとの噂のオバマもこれを大歓迎・・・裁かれる要素は充分あるわけです。
話はそれだけではなく、FEMAによる戒厳令が発令され、そして弱りきったアメリカめがけてロシアが核ミサイルを撃ち込んでアメリカは炎上するという内容のものです。

このサタンに乗っ取られた国は心底、神の御前にひれ伏して、国家を挙げて悔い改めないともう許されないのかもしれない・・・しかしながら、真正なるクリスチャンが多いのも事実。彼らレムナントに対しては何らかの形での(たとえば掲挙とか)奇跡的な助けがあると私は信じます。

日本語聖書だとわかりにくいのですが、このことに関してエゼキエル38:13、KJVだとそれらしきことが書いてあります。

Sheba, and Dedan, and the merchants of Tarshish, with all the young lions thereof, shall say unto thee

ここで言う、若い獅子たちとは、イギリス連邦諸国とアメリカ本国であると解釈していいでしょう。
聖書的根拠もないわけじゃない。

今後、何かの近未来に関する資料となるかもしれません。
くどいようですが、鵜呑みにすることなく、慎重に聖霊の助けを借りて、各々各自で判断してください。

God's Warning to Get Out of the East Coast of America - Dr Patricia Green


残念ながら日本語訳はついてません --;

ついでながらおまけ:

ウルトラ・オーソドクス・ジューの高位のラビである Chaim Kanievsky (シャイム?カニエフスキー)が「メシヤの登場はすぐだ」とのたまったそうな。
しかしながら、内容に関しては「イエスこそメシヤであった」と遺言を遺して逝ったイツハーク=カドリ師とは異なる。そういう意味では、カドリ師はメサニック=ジューであったとも言えるでしょうか。

そこには、イエス・キリスト=ジーザス・クライスト=ヤシュア・ハ・マシヤという人物名は出てこないようです。イエスがメシヤであることを認めていないのだから当然と言えば当然なのでしょうけど。
おそらく惑わしのインスピレーションから「反キリストの登場は間もなくだ」というのが、当たらずとも遠からずと言ったところか。

正真正銘の救い主なる主イエスが再臨するときは、受肉した人間として来るとは聖書には書いてありませんので、どうぞ、惑わされませんように。

Rabbi Chaim says "Messiah's Arrival Imminent" says Sept 12th 2015 - WHAT!?


これまた日本語訳ついてません --;
海外発のユーチューブ動画は貴重な情報の宝庫なので残念!

2015年7月10日 (金)

君が通り過ぎたあとに・・・

なんだか7月に入ってからというもの、不穏な空気が漂っていると感じるのは私だけでしょうか??
焦点が定まらず、やってられないので・・・こんな時は、気分転換に限るのかもしれません。
久しぶりにこのようなエントリーもいいでしょう。

みなさん、あだち充という漫画家をご存知でしょうか?
私の世代であれば知っていると思いますが、我が学生時代、高橋留美子の「めぞん一刻」と並び、あだち充の独断と偏見での四部作?「ナイン」「陽あたり良好」「みゆき」と来て!一番ブレイクしたのはやはり「タッチ」でしょうかねえ~?

こちらは劇場版「タッチ3」の主題歌、アルフィーのブレイン、高見沢俊彦の作詞、作曲による一部マニアでの名曲?
「メリーアン」「星空のディスタンス」「シンデレラは眠れない」ほど、正直言って大ヒットしたわけじゃない --;

確かこの3作目で甲子園出場を決めるんだったっけかなあ~?幼なじみの「みなみ」にも愛の告白をするんだっけか?・・・80年代のことなので、調べ直さないと記憶が定かでなくスミマセン(-_-;)・・・テレビアニメ版、コミック版だと時間かかるから、省エネで(笑)、久しぶりにDVD借りてきてシリーズ、観てみましょうかねえ~♪

Img_02





2015年7月 1日 (水)

最悪、最凶、まさしく狂気!~CERN(欧州原子核研究機構) LHC(大型ハドロン衝突型加速器)

去年あたりから少しづつ、CERNの全貌がリーク、否、リリースか?まだまだ私たちに知らされていることは表層的なことかもしれませんが、明らかになりつつあります。
我々はほんのわずかな事しか知らされていない・・・とともに、聖書の真実性が明らかにされつつあることに気づきつつあります、少なくとも私はそう感じます。

実はもう6~7年くらい前になるでしょうか?ブログのコメ欄に質問されたことを今でも鮮明に覚えてます・・・「CERNに関すること、聖書には記述されているのでしょうか?」と・・・

その時、私は迷わず答えました。「それらしき記述は見当たらないと思います」と。
ところがそれから年月は過ぎ去り・・・確かに私にはCERNと思しき記述は今でも見つけることは出来ません。だれか気がついた人がいたなら教えてください。

しかしながら、CERNに関して嫌でも情報が入ってきまして、CERNとLHCについて知ってくると・・・CERNと関係しそうな?聖書箇所がピンと脳裏に浮かぶようになり無視できなくなりつつあります。

まず、脳裏に浮かんだのが黙示録9:1~11の箇所。いわゆる第七の封印の第五のラッパのところ。
長いので引用しませんが、聖書をお持ちの方、是非、調べてください。正直、何のことだかまったくわかりませんでしたが、ひょっとしたら?このことかも?と・・・

あとは第二テサロニケ2;6~7の箇所。
ここは通説では、反キリストの登場に関する箇所であると思いますが、ひょっとしたら?わが持論、聖書のデュアリティーから言って、CERNにも関係するかもしれません。

あの時の対応を撤回せねばならなくなりそうです。やはり、時代とともに分かってくることってあるのでしょうね。

連想ゲームじゃありませんが、CERNと聞いて思い浮かべるイメージを。

異次元空間への扉の開放(黙示録の第五のラッパ)、いわゆる第三の天=霊界への扉の開放ですよ。

そしてブラックホールの創造・・・サタンはキリストに対する最終兵器と考えているかどうかわかりませんけど、これは悪あがき以外の何ものでもないでしょう。

反物質~物質同士が触れ合うと破壊が起こる、相容れることが不可能(「さらば宇宙戦艦ヤマト」で初めて反物質という単語を高校時代知りました(笑))

そして、淫祠邪教たるヒンズー教の破壊神=シヴァ神を崇拝し(実際にシヴァ神の像がCERNの敷地内にあるし、そのロゴマークは666 --;・・・

まだ断言するつもりはありませんが、獣の国の正体、真打はやはりEUではないでしょうか?落ちぶれて、ギリシャ一国もコントロール出来ない弱いふりをしているだけかも?
そして反キリストはEUから登場する・・・ありゃ~かなり、ヤバイですよ・・・間違いなくデーモンの知識、技術の援助がありそうだし、その存在地がフランスとスイスの国境沿い。

私はピンと来ました。推測でしかないですが、フランス国王=ダビド・レネ・ロスチャイルドとその後継者と見られるアレクサンデル。そしてフランス分家の牛耳る人工金融センター国家たるスイス帝王=ベンジャミン・ロスチャイルド。
湯水のごとく、資金は打ち出の小槌から、いくらでも出てきますよ(ToT)/

ま、こんなところで、ダメクリの代名詞たる私の雑談は終わりにして、↓のユーチューブ動画をご覧ください。
私は、確信が益々深まりました。終末とCERNは切っても切り離せないかもしれない。

ただ注意すべきは、これだけ完成度が高い動画でも、どこまで本当か?ヤラセが全くないとは言い切れない・・・ご自身で判断を。

そして、これだけは肝に銘じてください。異論反論結構!唯一のメシヤはイエス=キリストただお一人です。50分近く長いですが必見!日本語訳ついているし、興味のある方は決して退屈しません・・・

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »