2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 魂に染み入るメッセージ~ワタクシ、泣けました(ToT)/ | トップページ | ひと時のやすらぎ~GW最終日ー(2)~実録編 »

2015年5月10日 (日)

ひと時のやすらぎ~GW最終日ー(1)~観察編

ええ~・・・箱根が危ない、それ以前に富士山が(東日本大震災直後から言われていたことですけど、連動してますからね)、そしてまたネット上では明日、エコノミスト紙の表紙が不気味な予言めいたイラストからか?5・11・・・って!明日!
何か日本でトンでもない自然災害(人工災害の可能性を含めて)が起こる可能性があるかも?しれない?と・・・

かつて、我が師匠が言っておられました。「日本を中東、北アフリカのごとく、戦争に引きずり込んで焦土とするのは難しい(安倍のアホになってから風向きが変わってきましたが)、また腐っても鯛、日本経済はしぶとい、経済的に壊滅させるのも至難の業・・・よって、この世の君、空中の権を持つ者=サタンの手持ちのカードは、自然災害を装ったHARRP、悪名高き地球号を使った、海中への核爆弾の仕込みなのだろう」と。これは鋭い指摘だと思ったものです。

それにしても何故?日本は太平洋戦争を含め、これほどまでに世界を牛耳るメーソン国家に憎まれるのか?そりゃ、日本の歴史を紐解けば野蛮であるのは否定できませんが、戦後は世界でも例を見ない品行方正な紳士淑女国家なわけでして。

誤解を怖れずに書くならば、キリストによる救いにおいては、大きく分けて二つ。

絶対的真理なる「信仰義認」=よく言われるキリストをメシヤだと信じる者は救われるというもの。
問題はもう一つの方で、「選び=カルヴィンの予定調和説」・・・アルミニウス主義もありますが、話が長くなるのでここでは省略、個人的に結果は同じであり、その過程においての差異に過ぎないと結論付けていますがね。私はどちらかと言うと、アルミニズム派ですがね。
学生時代、「刑事政策」でやった「決定論」、「非決定論」に似て非なるものですね。

私の持論としては最優先順位は誰が何と言おうと中東の「人工国家=イスラエル」であり、イコール、カザール=ユダヤ国家と結論付けるのはまだまだ、木を見て森全体を見ていない。そんな単純なものじゃありません。どこの国だって、世界中を見渡してみてください、国家を動かしているのは極悪非道な外道連中ですので。日本だってそうでしょう?

あの国にはオーソドクス=ジューだって、少数派とは言え存在するし、2000年前からすべてのユダヤ人がディアスポラで西東に散っていったわけではない、中東近隣諸国にだっていました。創世記におけるソドムには、アブラハムが必死に3人の御使いに食い下がりましたが、その最低限の10人にすら数が満たなかったから滅ぼされたのでしょう。翻って、今のイスラエル国家にはアブラハム直系の、まだ本物のメシヤを知らないユダヤ人(いわゆるスファラディー)が当時よりは少なくとも多いはずです。これはローマ書11章以降のパウロの同胞に対する慟哭を理解できる人には反論の余地はないはずです。

そもそも、大富豪のサタニストであるユダヤ国際金融財閥の重鎮連中は欧米にその拠点を構えていることからもお分かりでしょう。イスラエルに移民などしませんよ。

ウラで根回しがあり、テオドール=ヘルツェルによる、エドモンド・ロスチャイルドの財政支援がなければ今現在のイスラエル国家は誕生していなかった。
これが神の御心なのか??と問われれば、「そうじゃないかもしれない、かと言って、絶対に違う」と誰が断言できるでしょうか?全知全能なる聖書の神はすべてを用い、時と場合によっては毒を持って毒を制する事だってするお方です、人智を超えた存在なのです。

私は知ったかぶりして、結論を急ぐつもりはありません。かと言って、どこかの和製シオニストの牧師のごとく「イスラエルの為にはパレスチナ人が殺されるのはやむを得ない」などと言うつもりもありません。そもそも旧約聖書は人類の縮図ともいえる古代イスラエル民族の罪の歴史の記録でもあり、けっして褒められたものではないのですから。

ここに、旧約聖書は医学で言うところの診断書であって、その処方箋がキリストによる救いである新約聖書となり、旧約、新約で聖書は一冊であるのだという理由付けがあるのですね。もちろん旧約にもキリストの雛形、予表がたくさんあり、聖書全体はキリストを証ししますが、神学論を語るのが目的ではないので大雑把にはこれで良いかと。

何事を語るにも、バランスは大事で極端はよくありませんね。また時には客観的にニュートラルな視点で、自分好みの解釈はほどほどに。

ちょっと論点がずれてきました --;
つまり、日本人は、古代イスラエルの血が濃いからサタンに目の敵にされる?という仮説が成り立ちはしないだろうか?と言うことなんですがね・・・だからサタンから日本人は嫌われ、憎まれるのではなかろうか?偶像崇拝が盛んなことからも、いわゆる北朝イスラエルである「失われた10部族」、天皇制の存在からしても、ヨセフ直系、エフライム系?

だからなのか?などと妄想が入ったりして?・・・これが言いたかったわけです。

ということでなぜか?前置きだけで長くなりすぎたので一旦切ります~(2)へ続く。

« 魂に染み入るメッセージ~ワタクシ、泣けました(ToT)/ | トップページ | ひと時のやすらぎ~GW最終日ー(2)~実録編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/61570395

この記事へのトラックバック一覧です: ひと時のやすらぎ~GW最終日ー(1)~観察編:

« 魂に染み入るメッセージ~ワタクシ、泣けました(ToT)/ | トップページ | ひと時のやすらぎ~GW最終日ー(2)~実録編 »