2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« プーチンが死ぬわけない、その心境や如何に? | トップページ | イラン(ペルシャ)だが、核交渉どころの話じゃないだろう? »

2015年3月23日 (月)

いつの日か・・・

わたしたちは、四方から患難を受けても窮しない。途方にくれても行き詰まらない。
迫害に会っても見捨てられない。倒されても滅びない。
いつもイエスの死をこの身に負うている。それはまた、イエスのいのちが、この身に現れるためである。
わたしたち生きている者は、イエスのために絶えず死に渡されているのである。それはイエスのいのちが、わたしたちの死ぬべき肉体に現れるためである。

第二コリント 4:8~11

どうも調子が出ない・・・霊魂ともに絶不調と言ったところか。
いくら祈っても答えが見出せない。己の無能さ、信仰の虚弱さ、限界を嫌と言うほど感じさせられる。

ただ一つ、はっきりしているのは、今現在が2015年という年がどうなるか?非常に重要な岐路に立っているということか。

ブログ始めて約8年7ヶ月、月に6~8本しか記事をアップしない頻度の少なさの割には、PVが160万を超えたのはまさしく奇跡以外の何物でもないと感じる・・・

全国、否、世界各地に散らばる方々ともコミュニケーションが取れたり、オフ会も何度か出来た。
まさしく、我が主、我が神であるイエス=キリストに感謝しても感謝しきれない。

上記の箇所は、刑務所にいるころF・スプリングマイヤー氏の近況を交えて提示してもらった手紙からです。

以下の箇所を抜粋引用するとさらにわかり易いかと。(下手な訳でメンゴ)

狂気に満ちた現代社会において、あらゆる痛みや苦悩の中で、 

私たちにとって必要な事は、私たちの歩みが嵐の渦中にあるにもかかわらず 

その真っ只中においても、神は人知れず静かに働かれるという事を知ることです 

しかし、私たちが心得るべきものは、自分を憐れむこと、苦悩、絶望に焦点を当てる事ではなくて、神が私たちのために、計画しておられる事を知ることなのです。 

もちろん私たちはそれぞれ問題を抱えています。そして精神的に解決する、それらの問題を主を賛美することによって葬り去ろうとする試み・・・残念ながら、そ のことによって完全に消し去る事はできません。しかしこれだけは憶えて下さい・・・これらの事によって、神の全能なる力は、私たちの生命の中から素晴らし いものを、私たちを鍛える事によって、生み出してくださいます。私の言っている事がわかりますか?

 

~中略~ 

あなたに仲間として、友と呼べる兄弟、姉妹がいつも一緒に歩んでくれますように。私は、笑いが主を栄光で輝かせ、疑いが起こった時でも信じ続けること、悲し い時の笑顔、あなたの命を完全なものにする愛、自分自身をよりよく知る勇気、すばらしき主を、よりよく知る信仰のために祈ります。

冤罪をでっち上げられ10年近くムショ暮らし・・・彼のメンタル的強靭さには頭が下がる・・・私だったらどうなっていたか・・・自信がない。

とりあえずブログはアップしているようですが、あまり更新されず、今どうしているのだろうか・・・元気でやっているのだろうか?

この箇所を取り上げると、いつもフリッツ氏のことを思い出さずにはいられない・・・

PS:

不思議と書き出すとけっこう書けるものですね^^;、フリッツのことを思い出した。あとはカツカツの我が家の2台の火の車・・・どうにかして!主よ~!(ToT)/

« プーチンが死ぬわけない、その心境や如何に? | トップページ | イラン(ペルシャ)だが、核交渉どころの話じゃないだろう? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/61326760

この記事へのトラックバック一覧です: いつの日か・・・:

« プーチンが死ぬわけない、その心境や如何に? | トップページ | イラン(ペルシャ)だが、核交渉どころの話じゃないだろう? »