2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« イラン(ペルシャ)だが、核交渉どころの話じゃないだろう? | トップページ | 今は忍耐の時~時を待つのはなんと厳しいことか »

2015年3月31日 (火)

明るく暖かいものに惹かれる~幸せの観覧車

蒲田東急プラザの屋上にある「幸せの観覧車」。
主にある姉妹が掲示板に画像を投稿してくださり、なんか本能的に気に入ってしまったので、知らない人にも知っていただきたく。
私、蒲田は横浜まで京浜東北線で通過しただけ、降りたことないので一度この目で見てみたいものですね。まさしく、その名の通り「幸せの観覧車」なりき・・・ハイテクなんてクソ食らえ!今の時代、本当に求められているのはこのような昭和の名残りある暖かく、明るい、人情味のあるほのぼのとした嘘偽りない光景なのだなと感じたものです。

同じ画像を貼り付けても芸がないので、ユーチューブで見つけました。


ところで何故?最近このようなものに惹かれるのか?歳のせいでしょうかねえ~?
生きることに疲れてきた?というのもあるのでしょうか?

なんだかねえ・・・最近、リアルな世界、電脳空間で出会った友人を含め周りを見ても、決して自分だけではない、苦しみ、悩み、辛さの荒波の中を泳いで生きている人の何と多いことか・・・
何とこの世はマイナスのエネルギーが充満してるのかと!勘のいい方ならとっくに気づいているはずです。

だからこそ!少なくとも私たちは来るべき「御国を慕い求める」のだと思うのです・・・「メシヤの再臨を待ち望む」のです、たとえ肉の命が先に尽きようとも。

身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたけるししのように、食いつくすべきものを求めて歩き回っている。

この悪魔にむかい、信仰にかたく立って、抵抗しなさい。あなたがたのよく知っているとおり、全世界にいるあなたがたの兄弟たちも、同じような苦しみの数々に会っているのである。

あなたがたをキリストにある永遠の栄光に招き入れて下さったあふるる恵みの神は、しばらくの苦しみの後、あなたがたをいやし、強め、力づけ、不動のものとして下さるであろう。

どうか、力が世々限りなく、神にあるように、アァメン。

第一ペテロ5:8~11

今まさに、上記の第一ペテロの箇所のごとき世界に突入しつつあります、否、半分もう突入していることでしょう。

そんなこんなでこの幸せの観覧車、このようなどうしようもない世の中=現世で見つけたプチ・オアシスのような気がしました。

« イラン(ペルシャ)だが、核交渉どころの話じゃないだろう? | トップページ | 今は忍耐の時~時を待つのはなんと厳しいことか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん、お久しぶりです。
なんとか生きてます!(笑)
幸せの観覧車、すずらんの花ですね。
幸せが来る、だったかな?すずらんの花言葉。
何ともほのぼの〜ですね。


話違うけど、ロシアって日本のお隣の国ってあんまり意識したことないけど、実はお隣なんですね。
私はよく分かんないけど、この際日本はロシアと手を繋ぐってのはどうですか?
すんごい面白そうですが・・・!?

ツバサさん、こんばんは
板への書き込み以来、いつも気になってました。
地べた這いずり回りながら私も生きてます^^;
本当にみんな、激しい環境の変化の中、飛んでくる火の粉を必死に振り払いながら、よくやっていると思いますよ。

おかげ様で私など半分、ポンコツになっちゃいましたが、実年齢80歳超えているような?(笑)

私もアメリカの奴隷としてでなく多角的にやるべきだと思います・・・心ある政治家の端くれなら、正直に言えばいいんですよ。「下手なことするとCIAのスパイに殺されてしまう。だから国民の皆さん、いい知恵を貸してください、応援してください」とかね。

でも今の自民党政権の外道連中じゃ期待できませんね、それよりも「今だけ、カネだけ、自分だけ」のマインドコントロール状態だから(涙;)

この前たまたまテレビを付けっぱなしにしていたら、ドラマが放送されていて、

ふと見ると 屋上遊園地に見覚えある観覧車^^

「アッ」一気にテンションが上がりました!~蒲田で撮影していたんですね
(*^o^*)

木村拓哉『アイムホーム1話』

チュウリップ型の観覧車で分かりました…♪

やっぱり幸せの象徴の一つなのかな?

アンジェリックさん、いつもお世話になります。

私は見逃したのですが、家内に聞いたら、「あ、見たよ。ああ、あれね。蒲田東急のね。」と^^;

某姉妹が母上と二人で蒲田行ったついでに乗ったとのことで、何となくほのぼのとした風景が思い浮かび、何て言うのかなあ~?ハイテク武装されたドライな現代社会において、「明るく暖かいもの」に魅かれるのは私だけではないでしょうね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/61367753

この記事へのトラックバック一覧です: 明るく暖かいものに惹かれる~幸せの観覧車:

« イラン(ペルシャ)だが、核交渉どころの話じゃないだろう? | トップページ | 今は忍耐の時~時を待つのはなんと厳しいことか »