2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ついにヨルダンとISがバトルに突入 | トップページ | 迫害とリバイバルに思う »

2015年2月11日 (水)

緊喫の命題をまとめてみました

ええ~、数日前にダニエル書11章40節から45節をベースに、エゼキエル書と黙示録にある数箇所が思い浮かんだのですが、これがなかなか点と線で結びつかず、一つの記事にするのが至難の業でして・・・そもそもダニエル書11章自体、ダニエル書の中で一番難しいしで --;・・・万が一にでも、アップ出来そうな時にはアップしようと思います。手ごわいのなんのって --;

そういうわけでまったく関係ないとは言えない命題をいくつか。

緊急度から独断と偏見でA~Cランクづけしてみました。

1・ 日本におけるフォッサ=マグナ (C)

Images

数年前から富士山爆発の噂が絶えませんが、フォッサ・マグナ、特に危惧される糸魚川~静岡線近くにあるのも不気味と言えば不気味・・・

こればかりは地震研究家が何と言おうと私はあまり信じない、どうなっているのか?わからないものはわからない。

よって ランクCでいいでしょう。まだしばし時間が残されているような気がします・・・何となく終末の7年のうちのどこかのような気がする・・・

2・イエロー=ストーン大噴火 (C)

Imagessnqn4dyc


1月25日に、イエローストーンを観察し続けているアメリカの地質学者が、「2週間以内に噴火の可能性があるかもしれない、確かに兆候が見受けられる」と、アナウンスしました。「まさか?いくらなんでも嘘だろ?あり得ねえ~!北半球壊滅してまうやないかい!」と心中で絶叫しましたが、2週間経過した今とりあえずは無事 --;

実は黙示録にある7番目の封印の第一から第四までのラッパは核戦争のことかと今まで思ってました。ところが最近、第一と第四のラッパの記述がこのイエローストーンの噴火に思えてきたのでした・・・これまた、あくまで可能性ですが。ちなみに第二、第三が、小惑星か隕石の地球へのディープ・インパクトかも?

よって、これまた聖書解釈が万が一にもまぐれ当たりするならば、するならばですがまだ時間的猶予はありそう?・・・よってランクC

3・ シナイ半島でのテロ(中東) (A)

アンサール・マクド・バイシスというムスリム同胞団系(ISと接点があるようです)テロ組織が、イスラエルとエジプトで同時にテロ攻撃を仕掛けるという情報が。

Israel and Egypt forewarned of synchronized ISIS-Sinai assaults in both countries

http://endtimesresearchministry.com/ より

前々からISはシナイ半島にも手を伸ばし、テロ活動をやっていたようです。

イスラエル南部ガザ地区にはハマスが反撃の機会を狙ってますし、あの有名なブログ「カレイド=スコープ」の2/8付の記事に詳しいので興味ある方はどうぞ。なんでも「2/11までに外国人は退去せよ」とアナウンスしたそうです。

これは詩篇83篇の預言にも繋がりそうなので要チェックです。

これは危険かもしれない・・・もっとも中東全域が危険なのですけど。ランクAをつけておきましょうか。

4・ ウクライナ東部ドネツク・ルガンスク地方の内戦(米露代理戦) (A)

つい先日

>ウクライナ軍の砲撃が新露派の弾薬補給所、軍事、化学プラントに着弾し大爆発を起こし、多大な成果を上げたとウクライナの右派政治家が発表~ブログのコメ欄より引用。

これがおそらく核心を突いているような気がしますね。

11日にベラルーシのミンスクでウクライナ独仏露の4者会談を控えてのキエフ政府側からの攻撃だっただけに・・・あえて欧米と言う表現ではなく、アメリカとします。既に経済戦、情報戦は去年のソチ・オリンピック開催中から始まっているわけで、これは繰り返し書いてますがエゼキエル38章の預言の成就の可能性があまりにも近づいているような気がして非常に危険な臭いがします。

大陸ヨーロッパは、米英イスラエルと分離するかもしれませんね。これまたエゼキエル38章と照らし合わせると・・・時は刻一刻と、という気が・・・オバマ政権のイスラエルに対する態度の変化も気になるところ。明らかに今までとは違うように見受けられますので。ランクAとしておきます。

5・ ギリシャがEUから離脱する? (B)

ECBを中心とするギリシャへの財政支援が今月末で切れようとしております。また一説によるとギリシャ政府の財政はあと3ヶ月しか持たないとか?

ギリシャの銀行株が売られている様子。取り付け騒ぎ、いわゆるバンク=ホリデーが起こる可能性も大きい。万が一、ギリシャ通貨がドラクマに戻った時のことを考え、今のうちに手持ち資金をユーロにしておこうと。

ドイツ政府の判断次第といわれてます、スイスもおそらく一枚噛んでいるのでしょうけど。

何となくですが?獣の10本の角のうちの3本が抜け落ちる・・・その1本である可能性を私は排除できないでいます。

もちろんなってみなければわからない。今までのように土壇場で救済、世界金融危機回避となるかもしれない。もうリーマンショック以上の経済危機はこりごり・・・と言っても・・・それほど世界は、言い換えるならば「この世の君」は甘くないだろう・・・とほほ。

よってランクBとしておきましょう。

最後に日付が変わってしまいましたが本日のふと無心でいる時に閃いた聖書箇所。

マタイによる福音書/ 26章 52節

そこで、イエスは彼に言われた、「あなたの剣をもとの所におさめなさい。剣をとる者はみな、剣で滅びる。

« ついにヨルダンとISがバトルに突入 | トップページ | 迫害とリバイバルに思う »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

まだ寝言を言っているのか? 「世の終わり」は「東海地震」から始まり、「世界中がそれが始まり」だと認識する。もっとも「東海地震」の前に「夕方の東の空に青い大きな星」が「突如」輝き、それが合図だが。私何でも知っているぞ、日本のクリスチャンはほぼ全てロクでもない事を。私の家から遠くない、山武のクリスチャンは自分のブログのメンテナンスが一定以上に無かったら「携挙がありました。皆さんがこのメッセージを聴いているということは残念ながら携挙されなかったということです」と音声メッセージが流れるように設定してあり、実際に311前にそのメッセージが流れた事がある。

実際に携挙に近い事はあるが、携挙はない。神に選ばれた者は、艱難の最中に身体が変容し、何処にいても死なない身体になる。もちろん、原水爆が直撃しても死なない。まるで反物質の身体になるが如く。そう言えば、違う投稿のコメントで映画オーメン、ダミアンについてのコメントがあったが、あのダミアンが反キリストであると確信した時に正気でいられるかという話は、お前達一般人にこそ当てはまる。すなわち、救われない事を確信した時、666を「本物のメシア」だと思い、後に「それを666、アンチ・キリスト」だと確信した時の感情だ。

反キリスト、666がユダヤ=キリスト教圏から現れるとは常識だと思うが、最初の内にユダヤ=キリスト教圏からだと決定的に最初に現れた者が「本物」か「偽物」かは分からない。少なくとも混乱する。その点、日本では「大本」の教え、すなわち「神の正体」、「救世主の神格、正体」、「預言」が非常に重要になり666を本物だと認識させない重要なストッパーになる。これは、重要な事で反キリストを認識する際の重要な手掛かりになるが、当初から666はYHWHについてあまり言及せずに、途中からYHWHについては全く言及しなくなる。最もその頃には、ヨーロッパではキリスト、反キリスト、YHWH、ルシファーがどういう関係なのか全ての者が混乱をきたし訳が分からなくなるだろうが。とにかく、一般にキリスト教徒の間で世の終わりに関して合意された解釈では「666」は絶対に日本から現れない事は承知の事だとは思う。

YHWHさん、あなた、しつこい。
誰もあなたの書き込みなんてまともに読まないし、聞く耳も持たないと思う。
管理人さんも迷惑していらっしゃるのですから、どこか他に行って語ったらどうですか?

アンジェリックさん、フォロー感謝。
あのデーモンに憑依されたサイコパス、機種を複数持っているようで、なかなか手が込んでいる、いわゆる「オタク」のようです。
一つだけIDと機種、リモートホスト、使っているOSとブラウザが特定出来ました。考えようによっては、かわいそうで気の毒、誰にも相手にされない孤独であろう人間なんでしょう。
ここまで来ると新聞記事になるような社会的犯罪を犯しやしないか?とこちらが心配になります。明らかな偏執狂ですから。

このような攻撃はブログ始めた当初から想定していたし、随分場数踏んでるので気にしませんが、いくら相手にする価値も無い下衆とは言え、これ以上、泳がせておくと読み手に不快感を与えますし、他者にも迷惑がかかるでしょう。
私はいいですが、私も知っている、ある人を特定までしてきては放っておけないですね。

自由闊達な情報交換、議論をもっとうとしてましたが、仕方がありません。コメント承認制に移行します。

こんにちは。初めて書き込みします。一キリスト者です。

 いつもはロム専門ですが、ここ数日の騒がしいコメントでさぞかしお困りのことと思い、書き込みします。
管理人さんは、2010年7月16日の掲示板/子羊村で、コメ主@暴と
接近遭遇しています。

 HN「じゅり」さんの書き込みをご覧ください。
   http://8559.teacup.com/saviorcoming/bbs?page=134&
 
 じゅりさんが言及したブログはこちら。
   http://blogs.yahoo.co.jp/magtaranomaria/35707030.html

 上記ブログのコメント欄の終わり近くに書き込んでいるHN「万軍の・・」にご注目ください。現コメ主と同一人物です。ヤフブロにコメ主のブログがあります。

  わたしたちキリスト者にとって、「神を畏れることが知恵の始まり」です。
どうぞ、悪しきものに負けずに、これからも生き生きとしたブログを続けていかれますように。深く祈ります。

priscaさん、はじめまして。情報提供ありがとうございます。

ジュリちゃん、懐かしいですね。時折、モトイさんのブログのコメ欄で見かけておりましたが。元気でやっているんでしょうか?

ご紹介いただいたブログ、リンク先か何かで?一度だけ見たことあります。一つ記事を読みましたが --;・・・
「ダメだ、こりゃ・・・カルトじゃん!」となり、「君子、危うきに近寄らず」と結論付けたのを覚えております。

>上記ブログのコメント欄の終わり近くに書き込んでいるHN「万軍の・・」にご注目ください。

ははあ~、あの上から目線の傲慢極まりない口のきき方、同じ霊臭というか腐臭がプンプンしますね。ブログもあるんですか?私は気分が悪くなりそうなので遠慮しときます(笑)

>わたしたちキリスト者にとって、「神を畏れることが知恵の始まり」です。

アーメンです。
本当に貴重な情報ありがとうございました、重ね重ね感謝申し上げます。

マタイによる福音書/ 10章 42節
わたしの弟子であるという名のゆえに(プリスカさん)、この小さい者のひとり(ワタクシ)に冷たい水一杯でも飲ませてくれる者は、よく言っておくが、決してその報いからもれることはない」。

プリスカさんの上にどうぞ、天来の豊かなる恵みが注がれますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/61116969

この記事へのトラックバック一覧です: 緊喫の命題をまとめてみました:

« ついにヨルダンとISがバトルに突入 | トップページ | 迫害とリバイバルに思う »