2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ホントかね?惑星X=惑星ニビルがやってくる?? | トップページ | アメリカ、キューバ国交回復の陰にローマ教皇フランシスが »

2014年12月12日 (金)

ロシア正教会はロシア政府、ツァーリ=プーチンと共に戦う決意か

「サウロンの目」再現を中止、ロシア正教会抗議で モスクワ

2014年12月12日 12:06 発信地:モスクワ/ロシア

>【12月11日 AFP】ロシアの首都モスクワ(Moscow)で予定されていた、J・R・R・トールキン(J.R.R Tolkien)のファンタジー小説に登場する全てを見とおす悪の目をかたどったライトアップイベントについて、ロシア正教会(Russian Orthodox Church)から抗議の声が上がったことを受け、企画した地元デザイナー集団がイベントの中止を発表した。

 このイベントは、トールキン作の小説「ホビットの冒険(The Hobbit)」をピーター・ジャクソン(Peter Jackson)監督が映画化した3部作の最終章『ホビット 決戦のゆくえ(The Hobbit: The Battle of the Five Armies)』が11日に公開されるのを記念し、同作のファンであるデザイナー集団「スベチェニエ(Svecheniye)」が、モスクワ市内にある21階建ての高層ビルで実施する予定だった。

 原作小説の「ホビットの冒険」とその続編に当たる「指輪物語(The Lord of the Rings)」3部作では、力の指輪をつける者を見つけるために冥王サウロン(Sauron)が使う巨大な炎の目「サウロンの目(Eye of Sauron)」が登場する。

 だがロシア正教会の広報責任者であるフセボロド・チャプリン(Vsevolod Chaplin)大司教は、ガバリート・モスクバ(Govorit Moskva)ラジオに対し「これは悪魔のシンボル(象徴)だ」「後になってこの街に悪いことが起きても、驚くべきではない」と警告。また市当局も、イベントの開催には許可が必要な可能性があると述べていた。

 イベントを企画したスベチェニエは10日、フェイスブック(Facebook)上で、「残念ながら、『サウロンの目』プロジェクトは中止せざるを得ない」と発表。「これほどまでの世間の反応」が起きることは予想外だったと説明した。

 さらに「このプロジェクトには宗教的もしくは政治的な意味はなく、どんな形であれ否定的に受け取られることは望んでいないので、プロジェクトに向けた準備を中止することに決めた」と述べた。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3034075

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これですね、名前こそ違えど、「万物を見通すルシファーの目」とか「ホルスの目」とか言われるNWOサタニストのシンボルです。

Images


何度もこのブログでアナウンスしていますように、ロシア=善、欧米=悪と言ったような単純な線引きをするつもりは毛頭ありません。また、疑い出したらキリがありませんが、これが単なるポーズなのか?ロシアは正教会とタイアップし、本気で欧米に巣食うNWOサタニスト陣営と一戦交える覚悟のアナウンスなのか?

見かけ、断片的な情報だけで判断するのは良くないのは承知しておりますが、イーゴリ神父をはじめ、ロシア正教会には、バチカンとはまた一線を画した、荘厳さが何となく感じられなくもなく・・・もちろん、完璧な教会などこの世に存在しない事は自明の理ですが。

案外、歴史を通して、バチカンの悪魔性を知っているのかもしれない。残念なのは私自身が東方正教会に関して、あまり良く知らないと言う事実でありまして --;

参照~

東西教会の分裂

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E8%A5%BF%E6%95%99%E4%BC%9A%E3%81%AE%E5%88%86%E8%A3%82

ま、最終的には神の許しの範囲内において、反キリストを神と崇める世界統一宗教へと収斂する運命なのでしょうがね。

それでも、ミクロ的にはサタン陣営と戦い続ける神の教会、キリスト者が存続し続けることでしょう。

自分自身もそうありたいものです・・・

« ホントかね?惑星X=惑星ニビルがやってくる?? | トップページ | アメリカ、キューバ国交回復の陰にローマ教皇フランシスが »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

サタニスト、と言いますが、あなたはネットから拾った情報だけで、人を傷つけています。
そのような行為こそ、サタニストであります。
あなたがキリスト者と言う時、本当のキリストが嘆いているのではないでしょうか。

言葉さん、アドバイスありがとうございました。

敬虔、イノセント、綺麗なものだけフォーカスするを終止貫く信仰もいいでしょう、私は否定しません。
唯一つ言わせてもらえば、ネットから拾った情報だけというのは間違ってますよ。
あなたは信じないでしょうが、私の情報網はネットだけではありません。知り合いによる外国からの生の取材情報、数々の信頼できる文献から確信を得ているから書いているのです。

あなたは聞きたくも見たくもないでしょうが、実際に存在するのです。
これからますます世の中は悪くなることでしょう。多くのクリスチャンが目覚め(私の知り合いだけかもしれませんが?)終末の入り口に立たされていると確信しております。
真実が露わにされる時が近いはずです。
敵を知らないで己自身を霊的戦場でガードできますか?
現世って、美辞麗句だけで語れるほど綺麗なところでしょうか?

ネガコメ大歓迎です。私はわかる人だけにわかってもらえればそれでいいというポリシーでやっていますので。

ザアカイ様

「サウロン」という名は、ギリシャ語「SAUROS」(トカゲ 恐竜「Dinosaur」にも接尾辞として使われています判り易いと思います)からとったのではないか、という意見があります。
確かにトカゲ目(Sauria)として表現されていますから、妥当な意見だと思います。

さすがは語学に堪能なミヤサカさん、いつも貴重な投稿ありがとうございます。

話は変わりますが、ミヤサカさんの「ナザレの謎」シリーズ、興味深く拝見させていただきました。
私などナザレ村に関して気にもしませんでしたが(笑)、まだまだ聖書には我々の知らない謎が多々隠されていそうですね。

「ナザレの謎」シリーズに関してですが、実は色々とさらに複雑な問題になってしまうので、徐々に書いていこうと思います。かなりエネルギーも使いますので。
しかし現代のクリスチャンが、ナザレの町にいってアラブ人のガイドをつけて「復元されたシナゴーグ」とか観に行って感動して証ししているのを知ると、とても複雑な気持ちになります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/60800238

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア正教会はロシア政府、ツァーリ=プーチンと共に戦う決意か:

« ホントかね?惑星X=惑星ニビルがやってくる?? | トップページ | アメリカ、キューバ国交回復の陰にローマ教皇フランシスが »