2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« ロシア正教会はロシア政府、ツァーリ=プーチンと共に戦う決意か | トップページ | 太平洋戦争へと突き進んだ大日本帝国と今現在のロシアの相似点 »

2014年12月19日 (金)

アメリカ、キューバ国交回復の陰にローマ教皇フランシスが

米とキューバ ローマ法王が仲介

12月18日 6時48分

アメリカとキューバが国交正常化交渉を開始すると発表したことについて、バチカンは声明を発表し、ローマ法王のフランシスコ法王が両国の仲介に当たったことを明らかにしました。

アメリカのオバマ大統領とキューバのカストロ国家評議会議長は17日、それぞれ国民向けに演説し、国交正常化交渉を直ちに開始することを明らかにしました。
これについて、バチカンのローマ法王庁は17日、声明を発表し、フランシスコ法王が国交正常化交渉の開始へ向けて、アメリカとキューバの間の仲介役を務めたことを明らかにしました。
声明は、フランシスコ法王がオバマ大統領とカストロ議長に書簡を送り「両国の関係の新たな段階を開始するため人道問題などの共通の課題を解決することを促した」としています。
また、ことし10月には両国の代表団をバチカンに招いたということで、「難しい問題について建設的な対話の場を提供することで双方にとって受け入れが可能な解決策につながった」と明らかにしました。
バチカンは、今後の国交正常化交渉でも引き続き仲介役を務める用意があるとしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141218/k10014072941000.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キューバはあまりと言うか、ほとんどノーマークだったのですが --;・・・
と言うより、ここでフォーカスすべきは教皇フランチェスコ(フランシス、どちらでもいいですが)が仲介に関わっているということでしょう。

今現在、ネット上での反キリスト候補の最右翼はなぜか?
オバマとローマ教皇が双璧 --;・・・
オバマということは、聖書的に観察してもまずは、あり得ないと思いますが。
では教皇フランチェスコは?・・・ノーコメントとしておきます。ただし、可能性がゼロだとは断言できないでしょう。

まだまだ慎重に情勢を観察していかねばならない。今年に入ってから、わりと目立った活躍?をしてなくはありませんがね。
どちらかと言うと、反キリスト登場の道備えをする第二の獣=偽預言者としての可能性の方が高そうですが、これまた現時点ではノーコメとしておきます。

イエズス会(末端の信徒方はごく真っ当で信仰心の厚い方も多いと聞きますけど)が送り込んだ教皇だからかどうか私にはわかりませんが、カトリック教徒の中でも、教皇フランシスは反教皇だなどと言っている人もそれなりにいるようですね。

なんせ全世界にabout12億もの信徒を抱える世界最大の教派、教団・・・エキュメニズムの中枢を担うには、もってこいのはずであるのも確か。

今さらバチカン内部を浄化しようなどとしてもそれは無理と言うものでしょう。しようとでもするならば、ヨハネ=パウロ1世(アルビノ=ルチアーノ)のように在位33日目に毒盛られて暗殺されてしまいますから。ここでカンのいい読者であるならばこの「33日目」というのが何を意味するかピンと来ることでしょう。

それこそ見事なマフィアのやり方で速やかに葬儀屋が呼ばれ、教皇の体は側近のマッギー神父が発見する前に保存処置が施されたと、あるカトリック筋の資料にあるそうです。情報提供者本人に危害が及ぶといけないので、情報ソースはあえて載せませんが。

とにかく連中のやることに関しては、そのウラ、またそのウラ読みをしても・・・なかなか真相にたどり着けないことが多々あります。
やつらのラスボスである「年老いた狡猾な蛇」の英知は我々などがそう容易く見極められるものではありませんゆえ。

« ロシア正教会はロシア政府、ツァーリ=プーチンと共に戦う決意か | トップページ | 太平洋戦争へと突き進んだ大日本帝国と今現在のロシアの相似点 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/60835588

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ、キューバ国交回復の陰にローマ教皇フランシスが:

« ロシア正教会はロシア政府、ツァーリ=プーチンと共に戦う決意か | トップページ | 太平洋戦争へと突き進んだ大日本帝国と今現在のロシアの相似点 »