2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« これやったらマジやばいかも? | トップページ | 私的感情~これこそ最大の敵 »

2014年10月 5日 (日)

マタイ伝24章、ルカ伝21章より今を見る

4:マタイによる福音書/ 24章 04節
そこでイエスは答えて言われた、「人に惑わされないように気をつけなさい。

5:マタイによる福音書/ 24章 05節
多くの者がわたしの名を名のって現れ、自分がキリストだと言って、多くの人を惑わすであろう。

6:マタイによる福音書/ 24章 06節
また、戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。注意していなさい、あわててはいけない。それは起らねばならないが、まだ終りではない。

7:マタイによる福音書/ 24章 07節
民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。またあちこちに、ききんが起り、また地震があるであろう。

8:マタイによる福音書/ 24章 08節
しかし、すべてこれらは産みの苦しみの初めである。

9:マタイによる福音書/ 24章 09節
そのとき人々は、あなたがたを苦しみにあわせ、また殺すであろう。またあなたがたは、わたしの名のゆえにすべての民に憎まれるであろう。

10:マタイによる福音書/ 24章 10節
そのとき、多くの人がつまずき、また互に裏切り、憎み合うであろう。

11:マタイによる福音書/ 24章 11節
また多くのにせ預言者が起って、多くの人を惑わすであろう。

12:マタイによる福音書/ 24章 12節
また不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう。

13:マタイによる福音書/ 24章 13節
しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9:ルカによる福音書/ 21章 09節
戦争と騒乱とのうわさを聞くときにも、おじ恐れるな。こうしたことはまず起らねばならないが、終りはすぐにはこない」。

10:ルカによる福音書/ 21章 10節
それから彼らに言われた、「民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。

11:ルカによる福音書/ 21章 11節
また大地震があり、あちこちに疫病やききんが起り、いろいろ恐ろしいことや天からの物すごい前兆があるであろう。

~中略~(現在の状況をよりわかりやすくするために。)

25:ルカによる福音書/ 21章 25節
また日と月と星とに、しるしが現れるであろう。そして、地上では、諸国民が悩み、海と大波とのとどろきにおじ惑い、

26:ルカによる福音書/ 21章 26節
人々は世界に起ろうとする事を思い、恐怖と不安で気絶するであろう。もろもろの天体が揺り動かされるからである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が思うに、黙示録の7つの封印が解かれる前の警告がまさに今なのではないのか?と思えて仕方がありません・・・これを世間一般人は妄想と表現するでしょうけど --;
その可能性ももちろん否定はしませんが、力不足ながらも聖書を羅針盤としているのでご勘弁願いたい。

戦争と戦争の噂~言うまでもなく、ウクライナを巡る米露の確執が解決した訳ではありません。アメリカのネオコン勢力が盛り返してきています。

またIS(イスラム国)を使った(という表現が正しいかどうかまだわかりませんが)中東が今後どう展開するのか?

やはり主役は、米露、イスラエル、イランでしょう。その導火線がシリア、イラクであり、今現在、EUとイランを行ったり来たり、こうもり的動きをしている、トルコ(エゼキエル38章のベテ・トガルマ)がキーポイントとなるのか?

飢饉・地震~解説の必要もないでしょう。世界的異常気象で穀物が不作、今は先物価格が市場操作で暴落傾向のようですが、サタンの手足連中は巧妙ですので騙されないようにしたいものです。
日本もおそらく、あのボンクラ安倍と永田町のお友達、子供の頃から人を蹴落とし成り上がる事しか教えてもらわず成長した、現場を知らず血も涙もない他人の痛みがわからない、憐れみの心のかけらもない自分さえよけりゃ良いという思考回路の霞ヶ関の自称エリート連中のおかげで、スタグフレーション(不況下のインフレ)への道へとまっしぐら・・・とほほ。

巨大地震は世界的規模で頻発しており、言うまでもありません。御嶽山で悲劇が襲ったばかりでもあり、火山の噴火にも要注意でしょう。

迫害~ナイジェリアを筆頭とする西アフリカ近辺、中東、インドなどではもう既に勃発してます。

疫病~その際たるものがエボラ出血熱、中国北部でペスト患者まで出たって、あ~た --;?
その他、人工ウィルスと思われる疫病が次々と。

日と月と星とのしるし~8日の日没から仮庵の祭りが始まり、いわゆるブラッド・ムーン・テトラッドの第二弾が来ます(2014~2015)。

これはこの先数百年後まで無いという。また過去には、主の十字架刑、ユダヤ人のスペインからの追放、最近(戦後)ではイスラエル建国、エルサレム奪還という実績アリ。
今回は「エルサレム(ソロモン)の第三神殿」が建立されるという説、賭け率?が高いですが、いずれにせよタダじゃすまない気もします。

また今年はユダヤ歴で言う7年毎のシュミッター(安息年)であると言われ、ジョナサン=カーンというメサニック=ジューのレビはリーマンショック以来の経済的カタストロフィーを警告してます。これは安息年を逆手に取ったサタニスト連中のレトリック、陰謀の可能性が考えられますね。
また、ユダヤの慣習上はっきりしないのですが(まともな実績がないらしい)、来年のユダヤ歴新年からヨベルの年となるという説も。

英語わかる方、参考までに。正直、もしこれが真実であれば、あればですよ・・・勘弁して欲しい。このラビ、見た感じネタニヤフ、スピルバーグなどと違う、スファラディー=ユダヤですね。あまりメディアは顔写真載せませんが、こんな感じがアブラハム直系の血を引くユダヤ人の顔です。有名人はアシュケナジー=ユダヤ、カザール系が圧倒的に多いので --;


最後に。
NASAが必死になって隠しているのか?それとも元々ガセなのかわかりませんが、来年、映画「ディープ・インパクト」のような巨大隕石か小惑星が地球に激突するという裏情報も?ルカ21:25~26が脳裏をよぎりますが・・・まさかね?それでも

まだ終わりではない、生みの苦しみの初めであると、聖書にはそうあります・・・

« これやったらマジやばいかも? | トップページ | 私的感情~これこそ最大の敵 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

 ザアカイ様、産みの苦しみの始まりは、全く同意いたしております。
分かりやすく纏めてくださり感謝いたします。(私のは書き方が雑多で済みません。)

 そして、私は、既に、安全な所に引越し済みですが、多くの方々が未だに活断層の
真上や崖・海・川・山・原発・・・付近に住まれてるので、備えが出来ていない方々を思
うと、恐ろしくもあり、体が震える・・・と言う意味で長々書いてしまいました。

 そこで、私が十数年前から公言し続けて来ましたことを、箇条書きに、出来うる限り、
分かりやすく書かせていただきます。


  ===>★ 日本の行く末:ビジョン ★<===

 リバイバル前に、憤りの杯を注がれ、憤りの嵐が吹き荒れるときの過ごし方。
十年以上前から、訴えてきたこと・・・の箇条書き・・・であります・・・。
 
【1】 エジプト(安全な地へ)へ逃げなさい マタイ 2:13

  主イエス降誕後、天使が現れ、ヘロデの手から逃れるためにエジプトへ下れ・・
・と語られるたヨセフとマリヤは、即座に行動(従順に聞き従い)しました。。
 だから、震災塗れになる日本、できるだけ安全な所に引越しておくことが聖書的な
信仰の知恵と信じます。
 ダビデもサウルの前から逃れ、暫くはぺリシテの地に下りました。

【2】 憤りの嵐が吹き荒れる・・・ エレミヤ 23:19~20 

  聖書の三大罪==偶像礼拝・淫行・虐げ(格差拡大)==を、神様は必ず罰する。
また、米国文化と共に悪霊達も入り込み、凶悪犯罪や小・中学生の麻薬や売春まで
当たり前になる。だから、CSの生徒の親子関係のカウンセリングを急ぐとように・・と。
 主の憤りの嵐が吹き荒れ、怒りの杯がばら撒かれるので、
 日本を、<<ぐっじゃぐっじゃ>>に潰される。
 列島が、≪どっしゃ・どっしゃ≫・・・と崩れ去る・・・311の数年前からコメしてました。

【3】 ・・・部屋に入り、後ろの戸を閉めなさい イザヤ 26:20

  アラビヤの荒野に退いたパウロの如く、今は、退いて祈る“時(カイロス)”である。
 また、祈りと共に、み言葉を深く・正しく学ぶべきときでもある。
 嵐・暴風が吹き荒れるときに、外に出て出歩いてしまうと、『転倒』(※)してしまう。
 (※)『転倒』とは、“カルト化”や“異端化”などによる信仰の躓きを意味する。

【4】 偽預言者達が『 平和だ・・・』と惑わす時代となる エレミヤ 23:17など

  『主が、あなた方に平安(平和)があると、“しきりに”言っており・・・』 
                                     エレミヤ 23:17~
 <しきりに>平安==シャローム==祝福・繁栄・≪enjoy≫・勝利・解放・成長
  == を語り惑わす。
震災や子供問題(麻薬・非行・援交)の備えを怠らせてしまう・・・。
 ※ 真の預言の器は、祝福と共に、神様の聖さ・畏れ・試練・悔い改め・ 鍛錬・
砕き~~も語る。

【5】 偽預言者の汚れが伝染し、また、暴かれる・・・ エレミヤ 23:13

  『サマリヤの預言者の中に、みだらなこと・・・・』 ===>ホモの自称・預言者な
ど・・・多数・・・
 世界中の多くの教会が、惑わしの霊や占いの霊に、振り回される・・・・。
 ★ 関わらない教会も悪霊にやられる===>極度に賜物を否定し、命を失い、
教会が寂びれる。

【6】 すっかりと干からびた骨々と化す教会・・・ エゼキエル 37:1~

  谷間には骨が満ちていて、それは酷く干からびていた。教会は、絶望しか見えな
いほどになる。
 誰も、リバイバルを信じれなくなり、悟れないまま、暫くの試練の時が過ぎる。
  
   『 聞き続けよ。だが、悟るな。
          見続けよ。だが、知るな。』 イザヤ6:9
 
【7】 新しい心と、新しい霊を注ぐ・・・ エゼキエル 36:26、使徒 2:1~

  イザヤ6:9・・・のサタンの束縛から解放される時が訪れ、万軍の主の熱心(イ
ザヤ9:7)とその力強い真実(哀歌3:23)により、この国にも、遂にリバイバルが
訪れる。(3000万人位は救霊?)

********** ********** ********** 

アジアには、無名であっても、国内に約1000個の教会を指導し、海外にも約100
0人の働き人を送り出してる牧師とか、約400の教会を開拓してる預言者の使命も
持つ牧師なども存在します。ラインハルト・ボンケ師が、一度に100万人以上のイ
スラム教徒に伝道し、半分もその場で救われ、足萎えも盲人もおしも、数え切れな
いほどその場で癒される===>まるで使徒行伝を目で観る様な働き・・・までして
いながら、殆ど無名のまま・・・の器など、霊的に優れた器は部分を捨てるので、余
り、カリスマ的な存在にならないからではないでしょうか。(ボンケ師がベニー・ヒンの
結婚式に出たのがちょっと気になりますが・・・)
 ※あれだけの規模の働きは、キリスト教史上存在しません。だからと言って、信奉
・偶像視は致しません。

*********** ************ ***************

 とても喜ばしいことですが、中国共産党政府は、

 『 わが国のキリスト者人口は、遂に、一億人に達した・・・』と、公表しました。

それ以上に嬉しい事は、中国政府はなんと、教会に行くことを勧めだしています。
(外部教団と繋がる事は禁止、政治活動も禁止→→→その場合は拘束される。)

何故ならば、 
         1:自殺が激増し、信仰をもつと自殺を免れるから・・・  
         2:穏やかになり、デモやテロを起こさなくなるから・・・
         3:飢えている失業した出稼ぎ人がを教会がサポートするから・・・
         4:不満分子が犯罪に走らなくなり、治安が改善するから・・・
であります。

***********  ************** ***************

 ミャンマーには、ド○ンと言う名の親しい牧師が降ります。
北の2州は麻薬組織が支配し、政府から独立してるので、宗教は自由であり、昔、
裏シルクロードから北側に多くの宣教師が入ったので、教会も多く存在し、アフリカ
のボンケ師のリバイバルのビデオを観せましたら、自分らも全く同じだ・・・と小躍り
してはしゃいでました。
 インドでも州により、かなりクリスチャン人口が増えてる州もあり、アジアには欧米
とは異なり、ちらほらと恵みの業が起こされております。
 そして、この日本にも・・・・・・・

  『 主の真実は、力強い。
     主こそ、わたしの受ける分です。
       私はなおも、主を待ち望む・・・。』   哀歌 3:22~23

 アーメン。アーメン。
  

P.S.

Rabbi Cahn牧師の、アメリカの栄華と衰退、かん難時の金融破産、主の日の
悲劇など、ユダヤ暦と世界の歴史の関わり等・・・面白く拝見しました。

先日の雷だけでも度肝を抜かれましたが、ほんの入り口ではない産みの苦し
みが始まっております。311震災では、報道規制があるので知らない方が多
く、しかし、震災障害者==>突然に手や足や両目を失う・・・方々が大勢出
ています。

生まれながらであれば、不便でも頑張れますが、ある年齢になってから突然
失うと、かなりの衝撃となります。

中部地方の某・国立大の前(付近)には、多いときには1000人近くも礼拝に
集うモスクが建っています。イスラエルに武器を輸出する日本、原発テロなど、
また、米軍の新たなレーダー基地などを狙われたら、近隣住人までも大惨事・
修羅場・・・になること思います。みんな、のんびりし過ぎでは・・・・???
既に、イスラム教徒が大勢日本に在住しているのですが・・・。
(小泉イラクは兵でも自衛隊は18人死亡===>帰国後PTSDで自殺。)

悪魔に隙を与えてはならない・・・エペソ4章・・・・

油断も隙も無い、主を畏れるべき時代になっていると思います。

直ぐ、長くなりますので、暫くは反省・・・お休みいたします。

済みません。
最後に、一報を・・

26歳の「鵜澤佳史」さん、去年の5月に、シリアで実際に戦闘に参加してきた

んです。NHKの顔出しで証言していました・・・・・
自民・官僚・越後屋・アメリカの悪魔覇権主義・・・に嫌気が差して、イスラム国に
加わって、銃を持って、戦闘したんです。

民主主義的な経済至上主義に失望したからで、結局は、格差拡大・WP・非正規、
悪魔のアメリカ政府と自民と官僚の政策に、反旗を翻したわけです。

格差拡大===>「虐げの罪」は、20代の自殺急増のみならず、

とうとう、反米組織に加勢するまでになりました。虐げは国家の罪でもあります。

イスラム賞賛=反米組織・・・に賛同する日本人は既に多いようで、日本人
がアメリカの象徴の<原子炉>を自爆テロしても可笑しくない時代になりま
した。

 戦争財閥と悪代官の失政で、放射能塗れ、借金塗れ、格差・貧困・高齢化社会の付
けだけを押し付けられた20代が、とうとう、堪忍袋の緒が切れた訳です。

 香港の運動も、17歳の少年が始めています。
彼は14歳のときも、大きな運動をして、政府を翻させました。
日本でも、「正しい」国民蜂起が期待されるところです。
あくまでも、平和裏に・・・、

 権威を認めよ・・・と教える聖書は、
  
 だが、 主イエスは、パウロは、ペテロは、権威の律法学者やパリサイ派やローマ政
府には妥協はしていません・・・

 とも教えています。

 静かに、激動の時代へと・・・突入しつつあるのでしょうかぁ・・・
  信仰を持って歓迎しつつも、

 『民よどんなときでも、あなたの心を神にに心を注ぎ出せ。
   沈黙して神を待ち焦がれよ・・・・』               詩篇 62

 益々、戸を閉めて、静かに祈りたく思います・・・
 

http://blogs.yahoo.co.jp/yamazakitaneko

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/60429141

この記事へのトラックバック一覧です: マタイ伝24章、ルカ伝21章より今を見る:

« これやったらマジやばいかも? | トップページ | 私的感情~これこそ最大の敵 »