2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« For nation shall rise against nation, and kingdom against kingdom~マタイ伝24章から見えること | トップページ | ちょっと気になる情報~これも天からのしるし?? »

2014年4月 8日 (火)

尋ね人さんへのレス

ちょっと長くなってしまったので、こちらに書きますね。

尋ね人さん、こんばんは。
別に気にする事はありませんよ。私の霊眼によれば、貴殿は誠実な方に思えますのでね。

う~ん?実際にお会いすればベストなのでしょうが、見えないものを見えるかのように信じるのが信仰で、再臨の主に会いまみえるならば、その時点で信仰ではなく現実になりますからね・・・

あまり参考にならないかもしれませんが、私のケースです。
私は一般のクリスチャンの典型的な導かれ方とは違い、バブルが崩壊した時、「今度の不況は今までとは何か違う、なんかおかしいぞ?」と疑問を感じ、政治、経済、歴史、経営の社会科学方面から入ってきました。50冊くらいは読みましたか。
それでも納得する答は見つからない・・・そこで出会ったのが本屋で見つけた一冊の本だったのです・・・その名も「誰も書けなかった悪魔の秘密組織~ユダヤ・イルミナティ」と言う過激な題名の本、1996年秋のことでした。著者はプロテスタントの牧師先生・・・正直その時、我が目を疑いましたが、騙されたと思って読んでみようと決心。おかげさまで、三度ほど毎日本屋に足を運び、三度目で覚悟を決めたのでした・・・これも不思議と言っちゃ、不思議な出来事でした・・・まるで、この本に引き付けられたかのようでした。

そしたらなんと、この世をウラから支配するフリーメーソン=イルミナティ、400人(300人とか500人との説も)委員会、ユダヤ国際金融財閥、カバリスティック=ユダヤ、NWOグローバリストと、呼び名は様々ですが、そのトップに君臨する霊的存在のサタンと、その悪魔崇拝者達の存在を知りました。

ここで普通のまともな?人であれば一笑に付すのでしょうが、私はこれで今なお続く、世界的に時代を逆行するかのような、二極化に向かう経済不況の根本的原因の謎が解けたと溜飲を下げた思いを感じたのを憶えてます。
これですべての謎が解けた、これですべてが説明つく、我々は学校教育を通じ洗脳され、マトリクスの世界で従順な家畜のごとく純粋培養されてきたのだと。

それからです、聖書とキリストについてもっと知りたいと霊的なる渇きを覚えたのは。

つまりこういうことです。闇なる悪魔が存在するならば、光なる神は間違いなく存在するとの結論に至ったのです。
聖霊は人知れず静かに介入されるので、実感としてあまり感じる事が出来ませんが、それらしき経験もしております、たぶん?そうでしょう --;?

その逆に、「出たよ~、来やがったよ、間違いなく悪霊だ」という体験も数回しております・・・特にキリストを信じ、回心してからの方が多いですね。悪霊は露骨に現われますから。別に霊感が強いわけではありませんよ。

だから、聖霊も存在し、その先におられるイエス様、はたまた新天新地でも見えないことでしょうけど、父なる神の存在は絶対にあると自信を持って言えます。

今は毎日がサバイバルの迷い出た羊状態ですが、あのキリストの救いを肌で感じた、いわゆる、ビギナーズ=ラックだったのでしょうね・・・

空を見上げれば、悲しくもないのに涙が頬を伝う、この世の出来事、悩みが取るに足りないちっぽけなものに思える、今まで生きてきて感じたことのない心の平安を、わずか一週間ほどでしたが体験させていただきました・・・その後、俗世の垢にまみれて、元に戻ってしまいましたが、あの心地よい爽やかな風が心の中を吹き抜けた、まるで魂が浄化されるような、この世のものとは思えない体験は、間違いなく天なる神からのものだったと今でも信じますよ。
唯物論者は「気の持ちようだ」と言うでしょうが、あれは違っていました・・・

だから私は確信します、もう元へ戻る気もありませんし、キリストにすべての人生を賭けます・・・私、博打ごとは一切やりませんが、「キリストにある真理」・・・この大博打だけはやってます。この賭けに、人生最大の大博打にすべてを賭けますね。だから私は不合理で、気休め程度のいわゆる「宗教」をやっているつもりはまったくないのです・・・万が一間違っていたら、それはそれでいいとさえ思っております。

と、うまくまとまりませんが、少しでもお役に立てれば。

« For nation shall rise against nation, and kingdom against kingdom~マタイ伝24章から見えること | トップページ | ちょっと気になる情報~これも天からのしるし?? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

不思議なものですね。私なんかクリスチャンを休み休み続けてきました。ほかのクリスチャンから見れば模範的でもないのにひたすら震災以降情報をネットを通してかき集めて毎日インターネットに張り付いて記事を読んでるしかないのに今か今かと待ち望んでいます。聖書をまともに読んだことがないのに・・・汗

ただひたすら黙示録の預言がどうとか、世界情勢がどうとか未来がどうなるとか楽しんで読んでいるのに過ぎないのにイエスキリストに望みを置いて大ばくちを打つ覚悟を決めることができるのがおかしくもあり楽しくもあります。

ほかに誇って良いものはありませんが約30年間もクリスチャンでいられたことを感謝するとともに自分に対して誇ってもいいんじゃないかと最近思うようになりました。

震災以降、目覚めたという方、けっこういるようですよ。
私もそうでしたが、人間、自分に火の粉が降りかからないとなかなか神の御前に首を垂れる事は難しいのかもしれませんね。

30年間信仰を維持するのは大変なことだし、立派だと思いますね。
私などまだ・・・覚醒して18年くらい、洗礼受けてから・・・9年ちょいですから(汗;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/59436015

この記事へのトラックバック一覧です: 尋ね人さんへのレス:

« For nation shall rise against nation, and kingdom against kingdom~マタイ伝24章から見えること | トップページ | ちょっと気になる情報~これも天からのしるし?? »