2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 戦争か?和平か? | トップページ | 4月の第一弾~ファースト・ブラッド・レッド・ムーンに向けて »

2014年3月24日 (月)

イスラエルが全世界の大使館を閉鎖!?

板のほうには投稿したのですが、これ、ひょっとしたら大事かもしれないのでブログの方にも情報を載せておこうと思います。

一体何が起こっている?何を考えている?

https://www.youtube.com/watch?v=s1OM6UNO-Cs
PROPHECY ALERT: Israel Closes All 102 Embassies "War With Iran"?

このべグレー師のビデオを見て驚いた。

さっそくウラを取るため、ガセの可能性もあるため、検索かけましたが日本語サイトには皆無 --;

そこで英文サイトを検索、ありました。

Israel closes embassies around the world as diplomats strike
http://www.reuters.com/article/2014/03/23/us-israel-diplomacy-idUSBREA2M0ER20140323

ロイター伝ですからおそらく事実なのでしょう・・・

これ、冗談抜きでレッド=アラートにならなきゃいいですが。

やはり中東、特にイスラエルとロシアの動きには気が抜けません。これはやがて、点と線で結びつくと思えてなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おまけとしてプーチン演説からキーポイントを抜粋。

プーチン演説から~北野氏がメルマガでうまく解説を交えてくれてます。

>「数百万のロシア人が同じ国に寝ていたのに、外国で目覚め、1時間のうちに前ソ連共和国で民族的な少数派になっていた。
世界で最も分割された民族にロシア人はなっていた。」

「クリミア人同様、私も最近よく耳にするのは、91年にクリミアがまるで1袋のジャガイモのように手から手へと渡されたということだった。
ロシアとは一体なんなのか?
そうした屈辱について、頭を伏せておとなしくし、じっと我慢していた。 」

この言葉に、プーチンのくやしさがにじみ出ています。
http://archive.mag2.com/0000012950/20140324000000001.html

冷戦に負けて崩壊してしまったソ連。
外国になっていくクリミア。
しかし、ロシアはあまりにも弱く「頭を伏せて、おとなしくし、じっと我慢」するしかなかったというのです。

▼ウクライナ民族主義新政権がプーチンを動かした

プーチンは、ウクライナ政権が腐っていたことを非難し、デモをしている人の気持ちを肯定します。

プーチン
「汚職や国の非効率的な仕事、貧困に反対し、平和的なスローガンを掲げてマイダン(キエフの集会場所となった広場)に集まった人の気持ちは理解できる。
平和的な集会は権利であり、民主的なプロセスである。
選挙は人々に役立たない権力を変えるために存在する。 」

ところが、ウクライナのデモは、平和的ものではなくなっていきました。

プーチン
「しかし、ウクライナの一連の出来事の背景には、別の目的があった。
すなわち、彼らは国家転覆を準備したのであり、権力奪取を計画した。
しかも、それだけにとどまろうとしなかった。テロや殺人、略奪を始めた。 」

バックナンバーで、「右派セクター」など民族主義者が、いろいろ事件を起こしていることお伝えしました。

プーチン
「民族主義者、ネオナチ、ロシア嫌いの人たち、ユダヤ人排斥者が転覆の主要な実行者だった。
彼らは今現在もウクライナにはっきりいるのだ。
いわゆる新政権は、言語政策を見直す法案を提出し、少数民族の権利を制限した。」

要するに、民族主義者が非合法的なクーデターを起こし、少数民族(ロシア人)を弾圧しはじめたと。

そして、プーチンはクーデターの背後に誰がいるのか、断言します。

プーチン
「実際、このような政治家たちや権力の中枢にいる人たちを支援する外国スポンサーたちがそのようなもくろみを主導した。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
外国のスポンサーとは、もちろん欧米のことです。

ところが、欧米の支援によってウクライナの政権についたのは、プーチンにいわせると、「民主主義者」ではない。

そうではなく、「過激な民族主義者」だというのです。

プーチン
「すでに明らかになったのは、今後ウクライナの進歩的な人たちは、ナチスに協力したステパン・バンデーラの後継者ということだ。
第2次大戦でヒトラーの手先となった男だ。 」

クーデターで政権についたのは、「ナチスの後継者だ!」というのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

UP DATE  19:15

ブログを始めた頃からの盟友とも呼べる方が日本語記事を探し出してくれました。

イスラエル外務省がスト 給与引き上げ求め、各国大使館も閉鎖

イスラエル外務省職員は23日、給与引き上げなどを求めて大規模なストライキを開始、当局者は「(外務省の)オフィスを完全に閉鎖した」と述べた。世界各国にある同国大使館も閉鎖された。ロイター通信が報じた。

 ストは無期限とされ、5月に予定されているローマ法王フランシスコのイスラエル訪問などに影響が出ることも懸念されている。

 リーベルマン外相はストを「無責任だ」と批判し「影響を最小限に食い止めるためにできる限りのことをする」などと述べた。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140324/mds14032408060000-n1.htm

そもそもモサドを擁して世界最高峰の情報インテリジェンスを持つ、常時戦時体制に近い国家の外務省職員が給与引き上げなどを求めてストって・・・あ~た?

なんかウラがありそうな、勘ぐりたくなるような気もする無難な内容ですが、私のフライングの可能性も無きにしは非ず --;(汗;)

様子を見ましょうか・・・先入観と確証バイアスがかかっているかもしれないので(-_-;)・・・

« 戦争か?和平か? | トップページ | 4月の第一弾~ファースト・ブラッド・レッド・ムーンに向けて »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/59348388

この記事へのトラックバック一覧です: イスラエルが全世界の大使館を閉鎖!?:

« 戦争か?和平か? | トップページ | 4月の第一弾~ファースト・ブラッド・レッド・ムーンに向けて »