2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« アイソン彗星は消滅していない模様 | トップページ | 終着駅 »

2013年12月 6日 (金)

12月初旬、終末のサインあれこれ

ヨーロッパ北西部でもの凄いウィンター=ストームが発生したようです。
フィリピンのスーパータイフーンといい、アメリカのブリザード、カリフォルニアまで雪が降る、まさしく天変地異のオンパレード、終末の予表であるかのようです。

北欧を暴風襲う、航空・鉄道輸送が麻痺
6.12.2013, 09:10

北ヨーロッパを暴風が襲い、陸上輸送が混乱し、沿岸部は浸水している。既に4人の死亡が報告されている。
オランダ、ドイツ、スコットランドの空の便数十が欠航、数ヶ国、特にスコットランドでは全域で鉄道輸送が停止している。数千世帯が停電にあっている。
風速228km毎時に及ぶ突風がスコットランドを襲った。エジンバラ付近の道路でトラックが横転、運転手が死亡した。ロンドンではテムズ河口に堤防が急設され、その他警戒措置がとられている。
オランダでもシェルト河口が封鎖された。オランダ政府は国内の4地域(北部・北西部)に洪水警報を発令した。オランダの航空会社KLMはアムステルダムのスキポール空港を出発する84の便をキャンセルした。ドイツのハンブルグでも20便がキャンセルされた。
BBC

http://japanese.ruvr.ru/2013_12_06/125502976/

風速228Km/hの突風って・・・開いた口が塞がりません。

そして、アイソン彗星の続報ですが、健在のようです・・・そして一つの大きな物体ではなく、21個の岩の集合体らしいです。来年の1月20日頃、地球に再接近するとかべグレーさんは別のユーチューブビデオでアナウンスしてました・・・
地球接近時に何もないことを願いますが、黙示録七つのラッパの1~3の前兆みたいな事にはならないとも言い切れない。
これだけ前代未聞、近代において我々が経験したことのないようなことが起こる時代。一応気に留めておこうと私は感じます。

Comet ISON Update: Large Powerful Moving Fast
http://www.youtube.com/watch?v=PpLzscFiHFI

それからあまり国内政治にはこのブログでは触れてきませんでしたが、特定秘密保護法案・・・委員会で強行採決、どうやら今夜あたり、参院可決も時間の問題でしょう。

私の考えを述べさせていただきますと、この法案のすべてが間違いだとは言いません。国益のためというのも一理あるのは認めます・・・しかしどうです?国を動かしているあの連中。
あんな外道連中に任せていたら国益もへったくれもあったものじゃない。私利私欲のために悪用するのは目に見えている。あのバカボン似の石破に至っては、穏便なデモをテロ呼ばわりし、要するに「自分が法律であり正義、体制に歯向かう者はすべて悪である」とする思考回路のイカレた狂人である事を自ら暴露しました。
そもそも自公政権が半○系勢力、統○協会、創○に乗っ取られているわけで(○を入れたのは露骨に書くと禁止キーワードに引っかかるようなので)、左翼がどうのこうのとかナンセンスなわけで、親米売国奴(BKDと表記するそうな)似非右翼と五十歩百歩でしょう。リチャード=コシミズ氏によると、欧米ユダ金財閥は半島系勢力を使って、日本の政治をコントロールしているそうな。
あと別ルートとして、アメリカ大使館、CIAを通してアメリカ本国からジャパンハンドラーによる直接統治もあるのでしょう。
そもそもこの法案は、アメリカの愛国者法(その後継が国防権限法)のコピーでしょう。日本もうかうかしているとアメリカのように、強制収容所の建設が始まるかもしれません。
歴史は繰り返す。「かつてあったことは今後もある、世の常だ。」(例外的に、今だかつてない今後もないような事態が起こると聖書には記されていますが)とするならば、ファシズムへの道をまっしぐらと言うところでしょう。

「こんな法律たいしたことない、時代は変わった。戦前の治安維持法ふたたびだなんてヒステリーだ」と言う方もいるでしょうが、私はアメリカで反NWOの急先鋒を務めていた旗手、フリッツ=スプリングマイヤー氏が冤罪をでっち上げられ、まともな裁判も受けず、悪徳弁護士しか雇わせてもらえずカネを巻き上げられ、10年間刑務所にぶち込まれた事実を忘れません・・・舐めちゃいけません。

ま、それにしてもわかっていたことですが、民主はダメ、自公もダメ、日本の政治には受け皿がないわけです・・・もっともこれは万国共通でしょうけどね・・・民主と共和、保守と労働米英見たってオーナーは同じで、どちらに転んでも一般国民のためになどならない。ご主人様の利益のためだけの政治なのだから。

あなたがたは鼻から息の出入りする人に、たよることをやめよ、このような者はなんの価値があろうか。

イザヤ書/ 02章 22節

これが真理というものでしょう。

次のように書いてある、/「義人はいない、ひとりもいない。
悟りのある人はいない、/神を求める人はいない。
すべての人は迷い出て、/ことごとく無益なものになっている。善を行う者はいない、/ひとりもいない。
彼らののどは、開いた墓であり、/彼らは、その舌で人を欺き、/彼らのくちびるには、まむしの毒があり、彼らの口は、のろいと苦い言葉とで満ちている。
彼らの足は、血を流すのに速く、彼らの道には、破壊と悲惨とがある。
そして、彼らは平和の道を知らない。
彼らの目の前には、神に対する恐れがない」。

ローマ書:3:10~18

だから私は政治などには何も期待しません。利用するだけ利用して、利用価値がなくなりゃお払い箱、我が生業、業界がそうなので痛いほどよくわかる。
よって国内政治ネタにはあまり触れないのです。無知、関心がないわけではないのですけどね。書くだけの値打ちがないから必要以上に、国内政治ネタを書かないだけなのです。

あと聖書を持ち出すので、アレルギーを感じる方も多々いる模様。実際に以前、「国際政治経済を語るに当たり、聖書を絡めるのはどうでしょう?」というコメントを頂いた事もあります。
よって、一応?陰謀系ブログに分類されている中ではすこぶるアクセス数が低く、閑古鳥が鳴いてると言うのが実態(笑)

また補足として人間を描写するならば、もちろん、自分も含め、

わたしは自分のしていることが、わからない。なぜなら、わたしは自分の欲する事は行わず、かえって自分の憎む事をしているからである。
もし、自分の欲しない事をしているとすれば、わたしは律法が良いものであることを承認していることになる。
そこで、この事をしているのは、もはやわたしではなく、わたしの内に宿っている罪である。

ローマ書:7:15~17

私の価値観を他人に押し付けるつもりは毛頭ありません。客観的に、冷静に、ご自分で判断なさってください。私はバブル崩壊後、何かおかしい?と感じて経営、政治、経済から入り、歴史、宗教から陰謀論に突き当たり、その先に聖書とキリストが見えたわけでして、我が人生においてこう結論付けただけですので。

人間の力で世の中良くなるなら、とうの昔に理想郷が出来上がっていたはずです。ところがどうでしょう?その実態は

わたしはわが愛する者のために、そのぶどう畑についてのわが愛の歌をうたおう。わが愛する者は土肥えた小山の上に、一つのぶどう畑をもっていた。
彼はそれを掘りおこし、石を除き、それに良いぶどうを植え、その中に物見やぐらを建て、またその中に酒ぶねを掘り、良いぶどうの結ぶのを待ち望んだ。ところが結んだものは野ぶどうであった。

それで、エルサレムに住む者とユダの人々よ、どうか、わたしとぶどう畑との間をさばけ。
わたしが、ぶどう畑になした事のほかに、何かなすべきことがあるか。わたしは良いぶどうの結ぶのを待ち望んだのに、どうして野ぶどうを結んだのか。

万軍の主のぶどう畑はイスラエルの家であり、主が喜んでそこに植えられた物は、ユダの人々である。主はこれに公平を望まれたのに、見よ、流血。正義を望まれたのに、見よ、叫び。

イザヤ:1~4,7

旧約の時代からとりあえず6000年とします、その本質においては全然変わってないではないですか。旧約のイスラエルは人類の縮図であったことがここからもわかります。確かに物質的に豊かになり、便利になり、ハイテク時代になった。
あの時代の人から見れば、我々はマジシャンに見えることでしょう。それでも何か空しさを感じるのが現代でしょう。

神は人間がとことんやれることをやるまで、行き着くところまで行き着かないと介入はされないことでしょう。
そして繰り返します、特に政治家、官僚、財界人、学者、マスコミの権力の権化など頼りにならない。そうでないと惑わされ、近々現われるであろう、反キリストなる偽メシヤを拝む結果になり、裁きへの道が待つばかりですから。

あなたの真実なる主を見出してください。あなたの主は誰ですか?少なくとも己自身の力で乗り切れる時代はとうの昔に過ぎ去りました。
私は時事評論に聖書を持ち出すなと言われようと、聖書的視点から物質世界を見る事をやめるつもりはありません。
私の主はイエスただ一人であり、どこまでもついて行くつもりです。

イエスは彼に言われた、「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。

ヨハネによる福音書/ 14章 06節

これ以外に希望があるという方、もしいらっしゃいましたらどうぞ教えて下さい。

主イエスよ、来たりませ
マラナタ

« アイソン彗星は消滅していない模様 | トップページ | 終着駅 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

ザアカイさん(^o^)。こんばんは(*^_^*) 秘密保護法案を通す為の不正選挙(=_=;)(=_=;)。結局予想通り可決ヽ(*`Д´)ノ。ここまできてしまったら、「時事評論に聖書を持ち出すな。」どころか、もう聖書預言しかないでしょう(x_x;)・・イエス様に頼る以外、方法はない。 「彼に信頼するものは、決して失望することがない。」・・イエス様以外に希望はない!(・・人類創世からそうなんだけど(^^;)・・)・・・「私の主はイエスただ一人」・・アーメンです!!! I破(自称4代目のクリスチャン・・(--;))達・・ユダ金・・イエズス会・・・覚醒した人々に、クリスチャンとユダヤ人を憎ませる為にサタンが仕掛けている罠ですね。しかし、その上に我らが主がいらっしゃる('-^*) 蛇のように聡く!!! ザアカイさん、応援してまっせ〜〜p(^-^)q

クロスさん、こんにちは。いつもありがとうございます。
ここのところ、更新頻度が落ちておりまして --;・・・

なんだかわが国も来るべきところまで来たような気がしますねえ・・・
でも現実から逃避してもしょうがない、これがこの世の君に支配された現実・・・今こそ、ローマ時代の原始キリスト教会の先達方を見習わねばならないのでしょうが、なかなかそこまでなれる気がしません(涙;)

すべては母マリヤの「この身になりますように」で行くしかありませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/58709304

この記事へのトラックバック一覧です: 12月初旬、終末のサインあれこれ:

« アイソン彗星は消滅していない模様 | トップページ | 終着駅 »