2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« イスラエルに楯突くオバマ&ケリーコンビ | トップページ | 聖書にケチをつけるキリスト者 »

2013年11月13日 (水)

2014年春に向けて~時計は動き始めているか?

また日と月と星とに、しるしが現れるであろう。そして、地上では、諸国民が悩み、海と大波とのとどろきにおじ惑い、 人々は世界に起ろうとする事を思い、恐怖と不安で気絶するであろう。もろもろの天体が揺り動かされるからである。

ルカ 21:25~26

先だってのフィリピンでの台風30号ハイヤン、個人的には独断と偏見で、今世紀に入り、9.11テロ、リーマンショック、3.11東日本大震災及びフクイチ原発のカタストロフィと並ぶほどの、インパクトのある災害であると感じられてなりません。
AFPの報道によると、被災した人々が死人の脇を食料を求めて彷徨っている、場合によっては死体からさえ、生活に役立つものを強奪している、まさしくゾンビのごとし、この世の地獄であるとレポートしてます・・・何とも言葉がありません。

一説によると、マイクロウェーブビーム照射による人工台風であると分析している人もいますが、私には・・・これだけでは何とも結論付ける事は出来ません。そうかもしれないし、違うかもしれない・・・今の時点ではわからないとしておきます。

まるで黙示録の厄災の予表であるかのようで、黙示録を文字通りに解釈するならば、本番に至ってはこんなものではすまないのでしょう。

そんな中、今月の28~29日ごろ、コメット・アイソンが地球に最接近とか。アメリカでは日中でも月の明るさの15倍なので、肉眼で見えるだろうとか。
そして奇しくも、ユダヤ教のハヌカとキリスト教のサンクス・ギビング・デイが重なるようです --;
単なる天体ショーで終わるのか?それとも星のしるしとなるのか?一応、無視しない方がいいかもしれません。

また日と月のしるしに関して言えば、度々触れてきたので詳しくは繰り返しませんが、2014~2015年のペサハ、スコットのドンピシャ・マッチの皆既月食、フォー・ブラッド・ムーンですね。

ここに参考となるユーチューブ・ビデオを貼り付けておきます。

何言ってるかわからない人は、ユーチューブにダイレクトにジャンプして(プレーヤー下部右側のユーチューブロゴをクリック)
プレーヤー下部の右側にある左から2番目の字幕(キャプション)をクリックしてオンをクリックすると英語文字起こしが出来ます。さらに英語→字幕を翻訳→言語をクリックして日本語を選択→OKをクリックで日本語に翻訳できます、ちと不完全な訳ですが --;


ちょっと補足情報を付け足すならば

果たして?どういう経緯で?どのような形で3月末くらいまでに、要するに4月15日のペサハ、最初のブラッドムーンに間に合うように、現在イラン核交渉 5+1 VS イラン、そして同時進行のパレスチナとのエルサレム分割案=コードネーム・ピース&セキュリティを必死こいて画策中であるとべグレー説。
イラン核交渉問題が先にとりあえず妥結してからパレスチナ和平合意だろうと。

でも私としては、本当にそんなんでイスラエルが納得するの?それともイランとイスラエルで狐と狸の化かし合いをするのか?あるいは反キリスト候補がすでに水面下で動いており、圧力でもかけるの?という疑問がありますが、これまたなってみなけりゃわからないとしておきましょう。預言者でもない限り、もしくはインサイダーのトップクラスでもなければ、わかろうはずもないので --;
今は、このような計画があるようではある・・・としておきましょう。

また欧米で流行っているようですが、同姓婚の立法化が進んでいるようです。つい最近もハワイで法制定だとか。そもそもアメリカでは一国の大統領でもあるオバマが同性愛を認めているくらいですので --;

ノアが箱舟にはいる日まで、人々は食い、飲み、めとり、とつぎなどしていたが、そこへ洪水が襲ってきて、彼らをことごとく滅ぼした。
ロトの時にも同じようなことが起った。人々は食い、飲み、買い、売り、植え、建てなどしていたが、ロトがソドムから出て行った日に、天から火と硫黄とが降ってきて、彼らをことごとく滅ぼした。人の子が現れる日も、ちょうどそれと同様であろう。

ルカ 17:27~30

同性愛が社会的に国家レベルで認可される。これがまさしく今現在、ロトの日、ノアの日であるとハワイの牧師(教会名を失念 --;)、JD ファラグ師は解釈してますが、確かにいくつかある解釈の一つとして妥当性はあるなと私も感じます。
そしてこの方、筋金入りの艱難期前掲挙論者ですので、黙示録の裁きが始る前に、反キリストの登場さえ見ることなく、真性のキリスト者は掲挙される、その時期は我々が考えている以上に早いだろうと・・・私は相も変わらずニュートラル路線ですが。艱難期中というシナリオもありかな?とか。

そしてこれらにリンクする箇所をヨエル書から引用してみます。

わたしはまた、天と地とにしるしを示す。すなわち血と、火と、煙の柱とがあるであろう。
主の大いなる恐るべき日が来る前に、日は暗く、月は血に変る。
すべて主の名を呼ぶ者は救われる。それは主が言われたように、シオンの山とエルサレムとに、のがれる者があるからである。その残った者のうちに、主のお召しになる者がある。

ヨエル書 2:30~32

憂鬱になるのであまり考えたくはないのですが、おそらくは来年あたり・・・

金融市場クラッシュ
戦争(詩篇83篇、エゼキエル38章)
さらなる自然(人工?)災害

最悪のケースを想定しておいたほうがいいかもしれません。
しかし希望はいつもあります、主イエスはいつも御自ら手を差し伸べておられます。

>すべて主の名を呼ぶ者は救われる。それは主が言われたように、シオンの山とエルサレムとに、のがれる者があるからである。その残った者のうちに、主のお召しになる者がある。

とあるように、残りの者=レムナントは何らかの形で文字通り残るはずです。
そのためにも、唯一の希望であるキリストの十字架の前に跪き、信じない者とならずに信じる者となりたいものです。

なかなか神が見えず、感じる事すら難しい時代ですが、復活の主がトマスの前に現われ

「信じない者にならないで、信じる者になりなさい」 ヨハネ 20:27 

と言われたように、我々も

「我が主よ、我が神よ」同 28節 のように、素直に一片の疑いも持たずに応えられるのならなんと幸いな事でしょうか。

(と・・・偉そうに〆ましたが、口で言うほど現実は簡単ではなく、迷える羊状態な私であります・・・とほほ)

« イスラエルに楯突くオバマ&ケリーコンビ | トップページ | 聖書にケチをつけるキリスト者 »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

来年2014年に南海トラフ大地震が起きます。911のようにアメリカは11の数字にこだわります。然るに2014年1月3日、2月2日、3月1日、12月1日です。デビット・ロックフェラーがプラズマ兵器を使い大地震を起こし世界大恐慌が起こります。

デビット・ロックフェラーがプラズマ兵器、HAARPを使って人工地震南海トラフ大地震を起こす理由は日本を壊滅的にして日本を発端にした世界大恐慌を起こすのが狙いです。第三次世界大戦の前に世界大恐慌が必要だからです。ヨハネの黙示録の終末は近いでしょう。最低限の備えが必要です。

もし来年に南海トラフ大地震ならば原発が再稼動していたらまた福島原発事故のように原発事故が起こる可能性があります。そうなれば西日本も壊滅的な被害をこうむります。

世界大恐慌が起きると第三次世界大戦が勃発します。そして世界統一政府が樹立されます。世界で食料危機、今のフィリピンの台風30号のように苦しみます。そしてヨハネの黙示録666の獣が現れ3年半世界を制覇します。もうこの世の終末は近いです。そしてイエス・キリストが降臨します。

台風30号でオスプレイの訓練の意図が理解できました。南海トラフ大地震に備えアメリカ人を救出するのが在日アメリカ軍の目的であり軍事的な抑止力なないと理解できました。高知で訓練をするという事は今年の冬に南海トラフ大地震が起こるのも可能性が高いです。デビット・ロックフェラー・ジュニアが和歌山に来ました。訓練が中止だったので来年かもしれません。

しかし中国の元首相李鵬は李家ですが1995年に20年後には日本は世界から消えてなくなるという発言をしています。まず日本はあと2年で滅びます。シャローム。

信じて、歩もう!
出来ることは、それだけ・・・。

世の中はますます暗くなりますが、むしろ喜びましょう(≧∇≦)

僕たちの主イエス様の来られるのが近いから

いよいよイエス様が来ると思うと嬉しいです!

エリヤさん、お久しぶりです。
たぶん何か禁止キーワードに引っかかったのでしょう、出しました。

来年、再来年はいよいよかも?と何となく感じております。
ここまで来たらジタバタしても始らないかもしれませんし、終始、キリスト本願で行きますか。

ツバサさん、ええ、アーメンです。

ヒーブルンさん、要はどう取るか?考え方にもよりますよね。
いつかのモトイさんのブログのモーシェくんの言葉じゃありませんが、「笑っちゃおう!どうせ死んでも天国行きだし。ギャハハ」くらいに^^;

ぎゃはは( ´ ▽ ` )ノ
本当にいよいよな感じになって来ましたよね!

主よ、来りませ!
モーシェ君のように、お気楽ご気楽で参りましょう!がはは(^○^)v

モトイさん、毎度です。
主よ、来たりませ。
アーメンです。

いよいよ来年は今度こそ本当に正念場なのか~?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/58569844

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年春に向けて~時計は動き始めているか?:

« イスラエルに楯突くオバマ&ケリーコンビ | トップページ | 聖書にケチをつけるキリスト者 »