2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 使徒行伝より;パウロから学ぶ事 | トップページ | シリアはどこまで忍従できるのか »

2013年10月30日 (水)

メッセージ名言集

特に書くこともないので手抜きです。
コピペのみですがお許しを。

私がいつも眼を通しているブログからの抜粋です。
デスクトップにショートカット作ってあります。
ただし、これだけは言えます・・・珠玉の名言だと思います。

物事が自分の望むように進まなくとも、神様への絶対的信頼を持ち続ける雄々しい信仰が神に喜ばれるのです。(ここは特に新改訳聖書ではわかりにくい箇所です。)
あなたがたのうち主を恐れ、そのしもべの声に聞き従い、暗い中を歩いて光を得なくても、なお主の名を頼み、おのれの神にたよる者はだれか。イザヤ50:10(口語訳)
常に主をほめまつる。この荘厳な命がけの決意。このような信仰を神は軽んじられません。神と共に生きる人はこういう人です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

信仰とは無から始まるのだと言うことを示したいのです。可能性の無いところから可能性が始まり、駄目なところから良いものが生まれ、無理なところから大丈夫が育ちます。
もう駄目だ! OK、そこから主に任せなさい。それが信仰です。季節でなくともいちじくを結ぶのが信仰なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

贖いの信仰があればそれでいいという境地に達したい なぜなら神は善だからである 創3:15 イザヤ53:2-3 私の友人に長い間試みにある方がいる しかしその方は十字架ただ十字架だけを見上げ 来る日も来る日もすごしている そうすると問題そのものより十字架の愛に圧倒されて 根が喜びに変えられていくそうである 神は善だからあなたを苦しみにあわせようとして虎視眈々と狙っているのではない しかしもし苦しみがあっても十字架の贖罪愛はそれを上回るのである

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

痛いのは生きているから

転んだのは歩いたから

迷っているのは前に進みたいから

逃げ出したいのはたたかっているから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「仕事がうまく行ってない時にも勇気を失わないで下さい。

神様はいつも荒波を叱り、沈ませたりはしません。

かえって神様はその荒波のために心が動揺している私たちの心をいつも安心させて下さいます。

神様は私たちにいつも安定し、平安であるようにとは言っておられません。

しかし神様は私たちにいつも神ご自身を信頼するように言われます。

神様はいつも私たちに行くべき道の最後の目的地を見させたりはしません。

しかし神様は私たちに信仰と従順、心を尽くして次の一歩を踏み出すための

充分な光を与えて下さいます。」

~中略~

苦難と失敗は深ければ深いほど、神様は私たちの一番近くにおられることを忘れないようにしよう。

私たちの力では何もできないと感じるその時こそ、イエスの愛の奇跡が起きるかもしれない。

Jesusembrace

« 使徒行伝より;パウロから学ぶ事 | トップページ | シリアはどこまで忍従できるのか »

主イエス=キリストの愛」カテゴリの記事

コメント

ハレルヤ!ザアカイさん

>神様はいつも私たちに行くべき道の最後の目的地を見させたりはしません。


僕は、最近、神様からある将来の事柄を示されました。でも神様ははっきりと見せてくれませんでした。いくら尋ね求めても、語りかけは遠回しです。

信仰を持たせるためですね^ ^ こんな困難な状況でも絶対になる!という信仰。正直難しいです。悪霊との戦いが....

悪霊a「そんなわけあるかいな!」
悪霊b「諦めなさい!過去にあんなことしたのだから!」
悪霊c「無理!絶対に無理!」

祈って「神様が言ったんだから、絶対になる!」という宣言の繰り返しです(・_・;

ザアカイさん、素敵なメッセージ名言集、ありがとう!

ヒーブルンさん、ツバサさん、いつもコメントありがとうございます。

自分に言い聞かせるつもりで書き出してみました。
本当に先が見えない中、ある意味、涙ぐましい??努力をしておりますが、なかなか消化して自分の血肉とすることが出来ません(涙;)

信じて少なくとも我が霊は救われたとまではいきますが、その先・・・厳しい戦いが続きますね・・・

アーメン

ちよさん、簡潔明瞭、最終的には自分自身との戦いなのだなと思う今日この頃・・・

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

神には約束されたことを成就する力があることを
堅く信じました。(ローマ4・21)

信仰の力は堅く信じること。
あらゆる偽りの声を遠くに追いやり、
耳をすまして聖霊の声を聞き分け、
真に真実なことは何なのかを見極め、
ただキリストの助けを疑わず
生きていくこと。

時に多くの惑わしを経験しても
憐れみ豊かな神はその弱き手を握って
正しい道に引き戻してくださる。
貧しき者の叫びを聞いて救われる。
心の全てをご覧になられる神は、
くじけそうな心を見捨てられない。

真の神の助け・・・
聖徒の天への憐れみの助け。
それを成就する力があることを堅く信じて
今も主と共に歩もう。
朝も昼も夜も主イエスの助けをいただきなら
この身に主の御心だけが成るように
祈りつつ歩もう。

夜のとばりが暗い世の中にあっても
主イエスの光は少しもあせることなく
光を放っているのは恵み。
いのちも心も全て主の光を反映させながら
主にお会いする時まで
歩もう。

イエスの栄光がただイエスのみにありますように。
父なる神さまの御名があがめられますように。

enjeruさん、いつもありがとうございます。
貴殿の投稿があるとアクセス数が急に伸びる、やはりあなたの純真な信仰は私にとっても見習うべきものがありますね。

>夜のとばりが暗い世の中にあっても
主イエスの光は少しもあせることなく
光を放っているのは恵み。
いのちも心も全て主の光を反映させながら
主にお会いする時まで
歩もう。

ええ、励みになります。
感謝です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/58483680

この記事へのトラックバック一覧です: メッセージ名言集:

« 使徒行伝より;パウロから学ぶ事 | トップページ | シリアはどこまで忍従できるのか »