2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« 先が見えず、闇の中を歩もうとも | トップページ | 使徒・預言者回復運動とは? »

2013年9月26日 (木)

Breaking:直近情報をまとめてみる

まず金融経済面

中国もきな臭いが、やはり世界最大の資本主義の総本山といえば・・・9月末から10月にかけてのアメリカの情勢には要注意でしょう。

続いて戦争と戦争の噂
シリア、イラン、イスラエルと・・・中東情勢。

アメリカを始めとして、欧米ユダ金帝国はシリア侵攻を中止したわけではない、延期したに過ぎないと思う。このままでは終わらないはず。

次に災害関連

フクイチ原発は相変わらず危険な状態。11月からいよいよ4号機プールから使用済み核燃料棒を取り出すのだとか。
未知の領域であり、今だかつてない、これからもないかもしれない作業・・・掲示板の方に主にある姉妹が今こそ福島のために力をあわせて執り成しの祈りをしましょうと。
私としてもこの日本がソドムとゴモラのごとく滅ぼされてしまうのは忍びない・・・御使いに食い下がったアブラハムのように祈ろうではありませんか。

最後に地震、噴火の噂・・・これは勘弁してもらいたいところだが。

先日のパキスタンの大地震で新島が海の底から出現 --;・・・実はこのビジョンを見せられていた話が。
アメリカのハーベスト・アーミー・チャーチの情報で、今年の2月か3月だったそうな。詳しくは↓のユーチューブビデオを興味のある方はご覧下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=BPVPlRnRYFo

アメリカ西海岸はサンフランシスコでの地震の噂も。来月、M9超でゴールデン・ゲート・ブリッジが落ちるかもだって?・・・確かに西海岸は環太平洋造山帯における ring of fire の空白地帯だし、サンフランシスコはゲイの町として有名。ハリウッドを擁するカリフォルニアは、故デビッド=メイヤー師によると、霊的にも最悪なデーモンの巣窟だという事だけど・・・だから山火事が多いのだと。しかしこればかりは・・・

あとイエローストーンが騒がしいそうです・・・今は火山性微動地震は治まったとか・・・ここで万が一のことがあったら、それこそ映画「2012」の世界が現実となってしまう。11月末に地球に近づく彗星アイソンが影響を与えるかもしれないと言う話も --;?

http://www.youtube.com/watch?v=14rFKa_pZnY

日本でも阿蘇山、東北のいくつかの火山がどうとか?・・・
起こってもたいしたことなければいいが・・・

私としてはいくら人間の矯正の為とは言え、神がここまでやるとは思えない・・・天災ではなく人災が終末のキーとなるのだろうと思ってましたがこればかりはわからない・・・

あらゆる面において一つの方向へと収斂している気すらする。以下の聖句が脳裏をよぎりました。

キーワードは "sudden destruction"

兄弟たちよ。その時期と場合とについては、書きおくる必要はない。
あなたがた自身がよく知っているとおり、主の日は盗人が夜くるように来る。
人々が平和だ無事だと言っているその矢先に、ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むように、突如として滅びが彼らをおそって来る。そして、それからのがれることは決してできない。
しかし兄弟たちよ。あなたがたは暗やみの中にいないのだから、その日が、盗人のようにあなたがたを不意に襲うことはないであろう。
あなたがたはみな光の子であり、昼の子なのである。わたしたちは、夜の者でもやみの者でもない。
だから、ほかの人々のように眠っていないで、目をさまして慎んでいよう。

第一テサロニケ 5:1~6

何となく掲挙とも関係しそうですが、いくつかに解釈出来そうではあるしで単純ではなさそうだし・・・
今日はここまでに。

« 先が見えず、闇の中を歩もうとも | トップページ | 使徒・預言者回復運動とは? »

黙示録、聖書預言」カテゴリの記事

コメント

最近になって、ますます未信者とクリスチャンの間の霊的な溝が深くなっている感じるのは気のせいでしょうか?

光はさらに輝き、闇はさらに暗くなる!? でしょうか。^ ^

もう地球には安全な場所はどこにもありませんね(*_*)。 先は短いと思います。


イエス様早く来てー(*^o^*)

ヒーブルンさん、毎度さんです。

教会においても、終末?再臨?何のこと?そんなのまだまだ先、信仰を持ち続ければ死んでも天国で暮らせますよ、というのが健全?な教会の教えというかセオリーになっているような気がします。

マラナタです・・・

ザアカイさん、皆さん、こんばんは。

罪は渦を巻いて人の心を支配する。
その恐るべき罪は、
霊を死に至らしめ、
あらゆる心の悪を見出す。
びっしりとへばりついた罪は
心の思いと言葉となって口から出てくる。
悪臭を放つ言葉は罪の結果。

この罪は必ず裁かなければならない。
この裁きを免れるただ一つの道。
それが父なる神が遣わされた御ひとり子イエス。
その罪を背負う重荷の大きさ。
十字架は全人類の罪の重さ。
重くて・・・重くて・・・。
その罪を神の御子が一身に十字架で引き受けられた時、
罪に勝利された。
サタンがエバを誘惑して依頼、
人間を苦悩の貶められた罪の勝利。

もしあなたの口でイエスを主と告白し、
あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださった
と信じるなら、あなたは救われるからです。
(ローマ10・9)

「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」(マタイ4・17)

主を愛する方々に。

彼に信頼する者は、失望させられることがない。
(ローマ10・11)

正しい者の救いは、主から来る。
苦難のときの彼らのとりでは主である。
主は彼らを助け、彼らを解き放たれる。
主は、悪者どもから彼らを解き放ち、
彼らを救われる。
彼らが主に身を避けるからだ。(詩篇37・39-40)

御言葉は力。決して疑わないように。

コメントはお久しぶりです。
「あまちゃん」も終わったことだし、そろそろ携挙でもいいかなぁ?と思っています(笑)
最後まで楽しいドラマで、私の聖書理解(曲解?)にも影響を与えました。

さて、最近の私はCISに注目しています。ここが第七の王国になって艱難期前半に活躍すれば、聖書の難解な箇所がすっきりするように思います。
元東ローマ帝国が先に権力を持ち、プーちんが反バプテスマのヨハネを演じれば(?)今度は元西ローマ帝国に妬みが起こり、艱難時代後半では主役となり得るのです。
もっとも反キリは黄泉から復活するので一般市民は「じぇじぇじぇじぇ!!」となります(笑)

反キリ登場で10ヶ国のうちいくつかは脱落するようですが、トルクメニスタンやベラルーシなどの独自システムを持つ国を落とせばいいのでは?

以上が「あまちゃん」と聖書のコラボ(?)、最近の私の珍解釈です。
あまり本気にしないで下さいね(笑)

>御言葉は力。決して疑わないように。

→主のしもべさんですね、いつもありがとうございます。
ここなんですよね、アタマではわかっている。
しかし悲しいかな、現実を見ちゃうと・・・ダメダメな私です。
もっとしっかりせねばなりませんね。

Thomasさん、どうも。

珍解釈ですか^^;
なんだか私も最近、調べれば調べるほど、考えれば考えるほどもやがかかってきます・・・きっと、時とともに真実が見えてくるんでしょうね。

はじめてのコメントです。
災害関連について、立川教会の泉パウロ先生が書いている本によれば、
地震兵器による、人工地震について書かれています。竜巻や火山の噴火なども人工的におこすことが、可能との事です。疫病も細菌兵器でおこせます。イエス様のおっしゃっている終末のしるし(前兆)とは、神の許可のもとに、敵側(サタン)が起こすものなのだと思います。ちょうどヨブの苦難が神様の許可のもとにサタンが起こしたように、終末の艱難も、神様の許可のもと(ご計画の中にある)、サタンが起こすのでしょう。
それと携挙は、艱難時代の後だと思います。

エレミヤさん、コメントありがとうございます。

仰ること、納得です。
ただ、100%の災害すべてが人工とは考えにくく、そのあたりの見極めが難しいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/58272120

この記事へのトラックバック一覧です: Breaking:直近情報をまとめてみる:

« 先が見えず、闇の中を歩もうとも | トップページ | 使徒・預言者回復運動とは? »