2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

なんでも&緊急連絡版

« シリア=ファイナル・ステージ? | トップページ | 平和ボケの国~前任の牧師先生からのメールに思う »

2013年9月 2日 (月)

9月に向けて

まずはじめに訂正 --;・・・2013年のユダヤ歴新年=ロシュ・ハシャナは9月8日ですと、コメ欄に書いてしまったのですが、私の勘違いでして、9月5日(9月4日の日没より)のようです。
ここにお詫びいたしまして訂正させていただきます。

ということで、一週間ぶりの更新です。
ず~っと、シリア情勢をワッチしておりました。とりあえず9月9日、米議会にオバマはシリアを懲らしめるかどうか賛否を問うようです。
実はお恥ずかしい話・・・米議会の承認が無ければ軍事介入できないと勘違いしてましたが、別に議会承認がなくとも因縁つけてやろうと思えば出来るようですね。
振り上げた拳を降ろす事など出来るのか?フランスもやる時はアメリカと行動を共にする模様。
それから5日~6日とロシアのサンクトペテルブルクでG20サミットもあるようで、これがどう影響を与えるか?
何はともあれとりあえず、時間が与えられたのは確かなようです。

それにしても、あれだけ前のめりだったイギリスがアメリカのはしごを外した大どんでん返し・・・どうも、確信犯的臭いがしてしかたがない・・・あの狡猾な老大国のやること・・・引き続きこちらも要チェックです。

参考までに今年の秋のユダヤ・フェスティバルの日程などを。これは勝手な思い込みなのですが、ど~も?ユダヤ歴を無視するわけにはいかないと感じるものでして。

木曜日9月5日 新年祭(1日目)

ユダヤ人の新年、別名ラッパの祭り。 

土曜日9月14日 贖罪の日

贖罪の日 - ユダヤ人の今年の最も厳粛な日。

木曜日9月19日 仮庵の祭り

仮庵の祭りは、ユダヤ人が約束の地に向かう途中の砂漠で過ごした年記念し、神は不可能な条件の下で、それらの特別な世話をする方法を祝います。 仮庵の祭りは7日間続き、作業は最初の二日に許可されていません。

水曜日9月25日 Hoshanahラバ

仮庵の7日目。

これは上から、掲挙、再臨、千年王国の予表であるとする見解があります。

« シリア=ファイナル・ステージ? | トップページ | 平和ボケの国~前任の牧師先生からのメールに思う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とにかく、4日日没あたりから、しばらくは要注意の期間と考えてください。
あと、村でも指摘したように本日と十日も注意警戒怠りなく、関西方面が危ないと複数の情報ありました。首都圏もです。

昨日のトルネードは衝撃的でした。被害にあわれた方に主が臨んで下さり、御心ならば回心し、再び立ち上がる勇気が与えられますように。

私も何となく今年の9月、10月は要注意であると感じます。

ザアカイさん、こんばんは。

名古屋が雨でひどいです^^; 僕はやっと帰宅できました。

ここで、大地震なんてきたらたまったもんじゃない!

なんだか、霊的に不穏な空気を感じるのは僕だけでしょうか?
今までに体験したことのない感じです。

今週から祈りに専念します^ ^

ヒーブルンさんは名古屋でしたか。
大変でしたね、でも無事帰宅できて良かったです。

>なんだか、霊的に不穏な空気を感じるのは僕だけでしょうか?
今までに体験したことのない感じです。

そうですか、私も調子が悪いだけなのか?と思ってるのですが、それだけじゃないかもしれませんね・・・

仰るとおり、祈りを積まねばなりませんね。

ザアカイさん、皆さん、こんにちは。

緑の葉が美しく揺れる木の枝に
鳥が巣を作り、卵を抱いている。
秋の気配が漂う風に
木の枝は揺れているのに、
そこには静かな風景が流れている。

人間の世界はとても悲しい。
戦争の足音・・・。
自然災害の増加・・・。
心が悲鳴を上げて飢え渇いているよう。
助けを求めているよう。
深い満足と喜びに飢え渇いているよう。

人に愛が必要。
心の満足を埋めてくれる愛が・・・。
それを完全に霊・肉・魂を満たすお方はイエスの愛。
決して消えず、
決して見捨てない、
いつもどこにいても共にいてくださる。
そんな深い静かな愛。

戦う心さえも覆いつくしてしまう愛。
イエスの愛はご自身の犠牲をもって与えた愛。
ご自身の栄光さえも投げ出された愛。

そこに感動するとき人は喜びに満たされる。
人間の愛には限界がある。
けれどもこのお方の愛は
その人が老いても、病気でも、
お金がなくても、
さまざまな困難の中にあっても決して変わらない。
その感動の中に多くの人の魂が満たされますように。

たとい私が預言の賜物を持っており、
またあらゆる奥義とあらゆる知識とに通じ、
山を動かすほどの完全な信仰を持っていても、
愛がないなら、何の値打ちもありません。
また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、
また私のからだを焼かれるために渡しても、
愛がなければ、何の役にも立ちません。
愛は寛容であり、愛は親切です。
また人をねたみません。
愛は自慢せず、高慢になりません。
礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、
怒らず、人のした悪を思わず、
不正を喜ばず、審理を喜びます。
すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、
すべてを耐え忍びます、
愛は決して絶えることがありません。(コリントⅠ13・2-8)

神は愛です。愛のうちにいる者は神のうちにおり、
神もその人のうちにおられます。(ヨハネⅠ4・16)

愛には恐れがありません。
全き愛は恐れを締め出します。(ヨハネⅠ4・18)

私たちは愛しています。
神がまず私たちを愛してくださったからです。(ヨハネⅠ4・19)

enjeruさん、いつもありがとうございます。

愛、特にキリストにある愛に留まっていなければなりませんね。

私っておかしなもので、危機感を感じるとテンションが上がり、戦意が湧き、心が燃え立つのですが・・・なぜか?今回は戦意喪失、自信喪失状態でして --;・・・

第一ヨハネからの引用、ありがとうございます。

言葉アソビです。杏はキョウとも読みます。だんだん、リアルネームから遠くなっていく気がします。キョウコにしたら、姉の名になりますし

ちなみに、生まれた姪の名前は、真実に書きますが

「まりん」ちゃんです。

なんか、海物語みたいで、ハア!?って感じです。

で、木口は杏の変型です。苗字にしたらアレなんで木口斜里はこの際やめまして、

ヤッパリゆうきのままにします。大昔、清美ってハンネだったのでキヨが杏になるんですよね。

ちなみにわたしの知り合いのハンネは、芙美子→文子→綾子→彩

です。名前ってハンネでも大事だなってつくづく思います。

重大なる訂正

生まれた姪の名

生まれた姪の子の名前は

でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187398/58114821

この記事へのトラックバック一覧です: 9月に向けて:

« シリア=ファイナル・ステージ? | トップページ | 平和ボケの国~前任の牧師先生からのメールに思う »